ブラック認定!? ティファニー×ゼクシィの“プロポーズ動画”に批判殺到のワケ

婚約指輪

 6月17日、労働基準監督署により、昨年2月に大手自動車メーカー勤務の男性社員が自死を遂げたのは、過労による「労災」にあたると認定された。報道によれば男性は、平日は単身赴任先の寮内で残業、土日も自宅に戻って近くの図書館でテレワークを続け、時間外労働は月139時間以上にのぼったという。

 そうした中、とあるCMに対して「過労死を生み出す価値観を全肯定している」として批判の声が上がっている。そのCMとは、ティファニーとゼクシィがコラボした、ショートフィルム形式のCM「TIFFANY BLUE」の第3弾。

 ストーリーは、仲野太賀演じる丸の内企業の若手サラリーマンと森七菜演じるカフェ店員の同棲カップルが、すれ違いの日々から最後は結婚へ…というもの。日々残業と先輩社員との飲みが続く彼氏。彼女から毎朝、勤務先のカフェで手渡されるコーヒーカップには手書きのメッセージが書かれていた。ある日、取っておいた沢山のメッセージを見て、改めて彼女の想いに気づく彼氏。「これからどうする?」と彼女が不安な心境をつづったコーヒーカップに「結婚しよう」というメッセージを添え、ティファニーリングの箱を手に結婚を申し込むところでエンディングとなる。

 感動と共感を呼ぶラブストーリーと銘打たれ、YouTubeで公開され半年以上が経つが、そのコメント欄でも「素敵」「泣ける」「憧れる」との称賛コメントが書き込まれている。しかしその一方では、反感の声も強いようで、別のネット掲示板では以下のような書き込みも見られた。

「こんなに残業してたら普通に労基法アウト。過労させられてるのを美化すんな。しかも同棲の状態でこんだけすれ違ってるなら、結婚しても同じ状態が続くだけ。 結婚さえすれば幸せ、みたいな洗脳やめろ」

「所得格差あり、男女格差も当たり前という昭和カップルの設定」

「無駄に冗長で“男は会社の奴隷”で“女は奴隷の癒し係”である事しか読み取れない」

「『ホットコーヒー』って最後近くで男が言うとこ『下さい』も『作ってくれる?』も言わずにそれだけってもう『メシ・風呂・寝る』一直線じゃん」

「この二人に子どもが生まれたら…と想像すると恐怖」

「彼氏がいつも一人だけ残業させられてて典型的なブラック企業」

 雇用問題に詳しいNPO法人職員にコメントをもらった。

「まさに古い男尊女卑の価値観と、社会に対する個人の従属を美化しかねない洗脳的なCMと言えるかもしれません。これを良しとする感覚が過労死を生み出す土壌となっていると思います。大手自動車メーカーで“悲劇”が起きたのと同じ年にこれが製作されたと思うと、怒りに似た感情を覚えます」

 ティファニーブルー(高貴さ)を感じるか、それともブルー(憂鬱)な将来を想像するか…。「TIFFANY BLUE」の映像の完成度が高かっただけに、主人公のサラリーマンの過酷な労働環境に注目が集まってしまったようだ。

(オフィスキング)

関連記事(外部サイト)