会計前の魚を食べて逮捕!迷惑系ユーチューバーに“コロナ拡散疑惑”が浮上

※写真は加工しています

 “迷惑系ユーチューバー”の「へずまりゅう」と知られる住所不定の男性(以下、へずま容疑者)が、7月11日、愛知県岡崎市内のスーパーの店内で会計前の魚の切り身のパックを開封して食べたとして、窃盗容疑で愛知県警に逮捕されたとして話題になっている。

 現在は見られない状態となっているが、へずま容疑者は自身のYouTubeチャンネルに「店の商品、会計前に食ってやったぜー」というタイトルで動画をアップ(写真)。

 へずま容疑者が魚の切り身のパックを持ち、店内で笑いながらその商品を食べ終えると、空になったパックをレジに持って行き会計を済ますまでの様子が映し出されていたが、この動画を見たスーパーの店長が被害届を出したことで事件が発覚したようだ。ITライターはこう語る。

「“迷惑系ユーチューバー”は海外でも物議を醸していますが、へずま容疑者も売名や自身のチャンネルの登録者数や動画の再生回数をアップするため、はじめしゃちょーやレペゼン地球のメンバーら人気ユーチューバーに対し、かなり強引に自身とのコラボを要求するアポなしの突撃行為を行って波紋を広げていました。逮捕を受けて、はじめしゃちょーがアップした動画によれば、いきなり突撃されて拒否しても動画を撮られたり、近所のコンビニエンスストアの駐車場で数日間にわたって張り込まれたり、家の前で大声で叫ばれたりといった迷惑行為の被害を受けていたそうです」

 動画のKYすぎる内容や業界内の評判からしても逮捕は時間の問題だったという見方も強いようだが、ここにきてさらなる問題も浮上している。

「一部メディアが、愛知県警岡崎署の留置場で勾留されていた20代の男に新型コロナウイルスの感染が判明したと報じたのですが、これがへずま容疑者ではないかと話題になっているんです。もしこれが事実なら、へずま容疑者は全国津々浦々で人気ユーチューバーを相手に迷惑行為を繰り返していただけでなく、新型コロナウイルスを拡散していた可能性すらある。実際、人気ユーチューバーのエドさんはへずま容疑者に突撃された際、自身のカメラマンがしていたマスクを強引に引きちぎられたと動画で明かしています。へずま容疑者本人は7月4日に発熱などの症状を自覚していたという情報もあり、もしこれらが事実ならば、傷害罪が適用されて再逮捕される可能性は大。さらに余罪が出てくれば、裁判で実刑判決がくだされるかもしれません」(前出・ITライター)

 突撃取材の猛威にさらされたYouTube界で、新型コロナがクラスター化しないことを祈るばかりである。

(大友宗)

※写真は加工しています

関連記事(外部サイト)