パパ活市場に“ピンク嬢”が続々参入「肩書きはエステティシャンと偽って…」

新型コロナウィルスの影響でパパ活市場が活況を呈す ホステスや"ピンク嬢"登録者増も

記事まとめ

  • 新型コロナウィルスの感染拡大の影響により夜の街のクラブやキャバクラなどが休業に
  • 大手パパ活サイトではクラブ嬢やホステスや"ピンク嬢"の登録者が増えているという
  • 生活費に困った舞台女優やグラビアタレント、地下アイドルがパパ活に励んでいるという

パパ活市場に“ピンク嬢”が続々参入「肩書きはエステティシャンと偽って…」

写真はイメーシ?て?す

 新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、夜の街のクラブやキャバクラなどいわゆる“接待を伴う飲食店”が休業や時短営業を余儀なくされる中、活況を呈しているのがパパ活市場だ。

「水商売は実入りが良い反面、出費も多い。店からの収入が減少して生活に支障をきたしたクラブ嬢やホステスにとってパパ活は手っ取り早くお金を稼ぐ最良の策なのでしょう。昨今ではスマホで簡単に登録できるサイトも多く、お店で不特定多数のお客さんを接客するよりも、特定の“太パパ”を抱えて相手にした方が費用対効果的にも、新型コロナ対策という点においても良いですからね。もちろん、経済的に優れた“太パパ”をゲットできればの話ですけど」とはパパ活事情に詳しいライター。

 実際、大手パパ活サイトでは新型コロナ騒動以来、目に見えてクラブ嬢やホステスの登録者が増えているようだが、他にもこんな現象が…。

「水商売のコ以外に“隠れピンク嬢”も増えていますね。性産業も新型コロナの影響で総じて客足が遠のいていますし、とくに重症化しやすいと言われる年配層の客が多いソープはとりわけ厳しい状況に追い込まれています。加えてソープのコは一本で生活しているコも多く、ほとんどが完全歩合制のため、客が減るのは死活問題ですからね。エステティシャンやマッサージ店員などと肩書を偽ってパパ活に励んでいるコも多いですよ」(夜の情報サイト編集者)

 コロナ禍の経済不安から、パパ活に勤しむのは“夜の街”の住民に限らないようで…。

「新型コロナの影響は芸能界にも及んでおり、舞台やイベント、ショーなどが軒並み中止になっていることから、生活費に困った舞台女優やグラビアタレント、地下アイドル、コンパニオンなんかもパパ活に励むコが急激に増えています。テレビや映画に出演するクラスの大物はさすがにサイトなどではなく、ある程度秘匿性の高い会員制の高級交際クラブ経由でパパ漁りをしているようですが、背に腹はかえられないですからね。そこそこ名の知れたグラビア系のコなんかも偽名でサイト登録をしたりもしているそうです」(前出・ライター)

 他方、減少傾向にあるのがホンモノの既婚者女性だという。

「一時期は小遣い稼ぎ目的で独身と偽ってパパ活に励む人妻も多かったのですが、さすがにパパ活で新型コロナにかかって夫にうつしたら感染経路を明確にしないとまずいということで、奥様たちの間では活動を控えようという自粛の動きもあるようです。もっとも、以前から既婚者をうたっていたバツイチやシングルマザーの女性に関しては、いまだに変わらずパパ活に励んでいるみたいですけどね」(前出・ライター)

 新型コロナはパパ活女子の勢力分布にも多大な影響を及ぼしているようである。

関連記事(外部サイト)