安倍総理「辞任」でアッキー離れが加速!?「予約でいっぱいだった居酒屋も…」

安倍昭恵

「これまでは”総理夫人”という肩書があればこそ、人も寄ってきたでしょうが、そのブランドがなくなれば、ただの『不思議ちゃん』ですからね(笑)。もう”忖度”する必要もありませんし、今後、アッキー離れが加速することは間違いないでしょうね」

 そう語るのは全国紙の政治部記者だ。

 8月28日、電撃辞任を発表した安倍晋三首相(65)。その妻で、これまで世間をなにかと騒がせてきたアッキーこと昭恵夫人(58)のファーストレディー卒業後の動向が注目されている。前出の政治部記者が続ける。

「安倍氏は会見で、『政治において最も重要なことは結果を出すことだが、病気と治療を抱え体力が万全でない苦痛の中、大切な政治判断を誤る、結果を出せないことがあってはならない』と、24日に辞任を決断したと語っていますが、持病である潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症が起こる病気で、激しい下痢や血便、強い腹痛、発熱などの症状を伴う難病。したがって、今後は通院しながら投薬や点滴による治療が行われる予定ですが、回復までにはそれ相応の時間がかかるはず。ただ、入院ではなく、通院治療ということもあり、昭恵夫人が特別に看病などをする必要はないようです。そんなこともあり、永田町界隈では、手かせ足かせがなくなった昭恵夫人が、また何かやらかすのではないか、とささやかれているんです」

 たしかに、これまでの昭恵夫人が”やらかしてきた”問題は枚挙に暇がない。

「まず、驚かされたのが、自民党が政権を奪還し、第2次安倍内閣が発足する12年10月、その前夜に居酒屋『UZU』をオープンさせたことです。現役総理大臣の妻が居酒屋のオーナ?になるなど、まさに前代未聞のこと。この時は、安倍氏の母・洋子さんが大反対したものの、夫人はどこ吹く風だったと言われます。そして、近年では自死者まで出した森友学園問題を始め、“違法草”の合法化を謡う関係者との交流、また、コロナ禍の最中には『不安と恐怖が、ウイルスに対する愛と感謝に変わった途端、ウイルスは目の前で、ブラックホールから突然、喜んで、消え去ります』と説く“ドクタードルフィン“に傾倒して、『神ドクター降臨 in Oita』なるツアーに参加、大分県の宇佐神宮にお参りに行き、大騒ぎになりましたからね。自分の置かれている立場が全く理解できないのか、あるいは場の空気が読めないのか……その言動が、まさに『不思議ちゃん』と言われるゆえんです」(前出・政治部記者)

 さらには、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也とも親交があり、新しいビジネスを始める手越に何らかの協力をするのでは、とも言われるほどその関係は親密とされる。

 その背景にあるのが、彼女の「どんな人でも話せばわかる。人間はすべていい人」という、世間知らずのお嬢様体質にある、というのが昭恵夫人に取材したことがある、政治ジャーナリストだ。

「彼女は祖父と父が森永製菓の社長となる家系に生まれ、聖心女子を小中高と進み、専門学校を経て電通に入社、というまさに親が敷いたレールの上だけを歩いてきたお嬢様。就職時はバブルの真っただ中で、ロングヘアにボディコン姿でジュリアナ東京に通い、連日VIP席にたむろしていたのだとか。で、その時に、神戸製鋼をやめ、父親の安倍晋太郎外相の秘書官になっていた8歳年上の安倍氏と知り合い、安倍氏が一目ぼれ。結果、87年6月、昭恵さんが25歳になる直前に2人は結婚することになるのですが、ふたりの結婚には、ゴッドマザーである母・洋子さんも手放しの喜びようだったそうです」

 ところが、昭恵さんの常識は世間の非常識、というくらい次から次へと問題を起こす夫人に、洋子さんの怒りも徐々に募り、森友学園問題が発覚した際には、ついに怒りが爆発。

「一部メディアによれば、洋子さんがものすごい形相で『あなたのことで晋三が総理の座を追われるようなことがあったら、私は絶対にあなたを許しません』と叱りつけた、と報じていますが、以来、昭恵さんは洋子さんの家に寄りつかなくなったのだとか。安倍氏にしても第一次政権で苦労をかけたという負い目があるため、夫人に何も言えない。結果、昭恵さんの言動に歯止めがかからなくなってしまったのではないでしょうか」(前出・政治ジャーナリスト)

 そして、昭恵さんは「総理夫人」という立場について、「私は利用されてもいい。それでその人が、やるべきことをやれるのであれば、全然かまわない」と公言。結果、さまざまなトラブルを招いてしまったのである。

「ただ、彼女に近づいてきた人々は、昭恵さんが総理夫人で利用価値があったから。その証拠に、安倍氏が辞意を表明した直後から、昭恵さん経営の居酒屋にも変化が…。コロナ禍でも予約でいっぱいだったのですが、今では普通に予約できるようになったと聞きますからね。今後はどうなることやら……」

 2次内閣発足から約7年8カ月。”現”ファーストレディーから”元”ファーストレディーとなるアッキーの今後は……!?

(灯倫太郎)

関連記事(外部サイト)