リモートワークで「外耳炎」が急増!長時間のイヤホン習慣から耳を守るには?

【新型コロナ】リモートワークでイヤホンを長時間使用することにより外耳炎発症が急増

記事まとめ

  • リモートワークでイヤホンを長時間使用することにより外耳炎の発症が急増しているよう
  • 都内のデザイン事務所に勤めるAさんは、最初は耳の穴のまわりが痒い程度だったという
  • 予防法としては「耳に触れる部分を清潔に保つ」ことが最も重要とのこと

リモートワークで「外耳炎」が急増!長時間のイヤホン習慣から耳を守るには?

<a href='/topics/keyword/イヤホン/160530008554/'>イヤホン</a>

 新型コロナウイルスの感染拡大に終わりが見えない中、リモートワークでイヤホンを長時間使用することにより、外耳炎を発症するケースが急増しているという。

 都内のデザイン事務所に勤めるAさん(43歳・男性)が、耳に突然異変を感じるようになったのは7月初めのことだ。

「コロナ禍の影響で5月の連休明けから完全な在宅勤務になり、会議だけでなく、上司や部下との細かい打ち合わせも、すべてリモート。おかげで1日10時間くらいイヤホンを付けっぱなしの日もあり、気になるのでついつい綿棒で触る機会が増えてしまって。それでも最初は耳の穴のまわりが痒い程度で、それが次第に痛みに代わって、ついには耳の穴が真っ赤に腫れあがり、痛くてイヤホンが入れられない状態になってしまったんです」

 慌てたAさんは、すぐに耳鼻科を受診。すると、医師から告げられた病名が「外耳炎」だったという。

 一般社団法人「日本耳鼻咽喉科学会」の公式サイトによれば、「外耳炎」とは、鼓膜の手前にある「外耳」の炎症のことで、耳かきや指の爪などで耳の中をこすった際に傷ができることで、傷口から雑菌が入り、それが原因で炎症を引き起こすとされる。だが、こうした傷だけが原因とは限らないようで……。

「耳の穴にイヤホンを入れて長時間使うことで、皮膚が炎症を起こして、結果外耳炎になってしまうというケースも増えているようです。しかも痛くても仕事だからイヤホンを外せない、と、この状態を放置しておくと、細菌に感染して患部が膿んでしまったり、耳の穴の腫れがひどくなると最悪ふさがってしまう。一時的な難聴になることもあるので、たかが外耳炎と侮ってはいけない疾患なんです」(医療ジャーナリスト)

 実は、ここ数カ月でAさんのように「リモートが原因の外耳炎では?」というケースが右肩上がりで増えており、SNS上でも、《在宅でのイヤホン生活のせいで耳から膿みが出た!?》《仕事で1日10時間イヤホンしていたら、穴が真っ赤にはれ上がってイヤホン入らなくなった〜》といった投稿が急増。17日には「外耳炎」が、トレンドの上位にランクインされることに。

 前出のジャーナリストによれば、予防法としては、「当然のことですが、長時間耳にイヤホンを入れっぱなしにしないことが一番。また、耳に触れる部分を清潔に保つ。あるいは、スピーカーを使い耳への負担を和らげるなどの方法があります。ただ、外耳炎を放置していたことで、カビに感染(外耳道真菌症)し、外耳炎がより治りにくくなるケースもあるため、そうならないためにも、局所に痛みやかゆみが出たら迷わず耳鼻科を訪れるべきです。治療としては、患部の洗浄、抗真菌薬の塗布となりますが、とにかく局部を清潔にすること。それが最も重要になる」とのこと。

 イヤホンによる「外耳炎」が増えていることに加え、在宅勤務でスマホやパソコンを直視する時間が増えたことで、「パソコン老眼」「スマホ老眼」なる疾患も急増していると聞く。

 なるほど、新しい生活様式には、新しい病気や疾患が潜んでいるようだ。

(灯倫太郎)

関連記事(外部サイト)

×