壊し屋・河野太郎行革相が「第2の小泉純一郎」に!? 韓国にもブレない姿勢で…

河野太郎行政改革相に『第2の小泉純一郎』との評価も 韓国にもブレない姿勢で猛抗議

記事まとめ

  • 河野太郎行革相は大臣職を歴任しており、政治家としての実力に大きな疑問符も付かない
  • 駐日韓国大使に猛抗議したり報道に厳しい態度を見せるなど、ブレない姿勢も見せている
  • 政治評論家・小林吉弥氏は、状況しだいでは『第2の小泉純一郎』になれると評している

壊し屋・河野太郎行革相が「第2の小泉純一郎」に!? 韓国にもブレない姿勢で…

<a href='/topics/keyword/河野太郎/160530016455/'>河野太郎</a>

 河野太郎氏(57)は防衛相から行政改革相へと横滑りするや、「縦割り110番」や「ハンコ廃止」など、鼻息荒く辣腕を見せつける。「永田町の変人」と称されながら次期総理候補に急浮上したお坊ちゃま大臣はこの先、「第2の小泉純一郎」へと大化けするのか。「身体検査」を実施すると……。

 河野氏は「変人」あるいは「異端児」と呼ばれながら、15年に行政改革担当相に就くと、その後も外相、防衛相を歴任。政治家としての実力に大きな疑問符は付かず、特に英語力の高さは折り紙付き。議員の中でトップクラスと評される。

「アメリカのジョージタウン大学に留学する際、『総理になった時に英語は必須』と父の洋平氏(83)を説得しています。大学時代はディベートで徹底的に鍛え上げたそうです」(政治部記者)

 学生時代から総理のイスを見据えていたとは、さすが「河野家」の遺伝子のなせるワザか。

 記者会見ではムスッとした表情で受け答えをしたり、文化庁の職員を震え上がらせる場面もあったが、政治ジャーナリストの山村明義氏は、現場で見聞した評価を次のように語る。

「誰に聞いても、よほどのことがないかぎり、秘書や職員に対して声を荒らげることはなく、ふだんは全然怖くなくて優しいといいます。敵味方の区別がハッキリしていて、SNSを通じて発信はみずからできるので、マスコミは敵と見なして厳しい態度を見せることが多い」

 外国の要人に対しても、歯に衣着せぬ発言、毅然とした態度表明で、ブレない姿勢を貫いている。

 外相時代の19年7月、元徴用工訴訟問題を巡り、韓国の南官杓駐日韓国大使と面会した際のこと。テレビカメラの前で通訳を遮ると、「韓国側の提案はまったく受け入れられるものでない」「きわめて無礼でございます」と、身を乗り出して猛抗議する姿が映し出された。

 今年6月には防衛相として、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の断念を決定。その後、根回し不足で批判の声が噴出するも、防衛省内の評価は逆に高まっていた。

「『イージス・アショア』は迎撃ミサイルのブースターに技術的な問題点が見つかり、海上や演習場内に安全に落下させるのが困難であることが判明。その改修には莫大なコストと時間がかかります。それがわかっていながら、誰もがアメリカの顔色をうかがい、見て見ぬ振り。そんな中で河野氏は『白紙撤回』を決断しました。職員からは『言いにくいことをよく言ってくれた』と称賛されたのです」(山村氏)

 言いすぎてしまうのは玉にきずだが、ただの変人ではなかったのである。

 祖父・河野一郎氏は農林相や建設相、副総理などを歴任。大叔父は河野謙三元参議院議長、そして父・河野洋平氏は元自民党総裁、元衆議院議長。河野氏はそんな政治家一家に生まれ育った。洋平氏はハト派を代表する政治家で「親中派」で知られたが、河野氏は若手時代から、比べられることを嫌っていた。01年に月刊誌「諸君!」で河野氏にインタビューした、山村氏が述懐する。

「当時30代後半の河野氏は闘志満々な印象で、インタビュー前から『私は親父とは仲よくない。洋平と太郎は別人格です』とキッパリ言い切っていました。初めての選挙でも、旧河野洋平後援会の人に『父親に応援を頼んだらどうか』とアドバイスされ、頑なに拒否。お互いの選挙区である小田原と二宮を結んだ線から、『一歩でも入ってもらっては困る』と洋平氏に通告した、と言っていました。インタビューでは終始、論理的で筋の通った話をしながら、政策にも詳しい。相手の言いたいことを先回りして自分の主張を述べる能力は、すでに一流でしたね」

 洋平氏とは真逆の政治スタンスである一方、「横紙破り」と呼ばれた祖父の一郎氏とは似ているようだ。政治評論家・小林吉弥氏はこう評する。

「政治家としてのやり方は、一郎氏の血をより強く引く隔世遺伝。一郎氏は戦後ドタバタの時代に吉田茂に徹底的に反発し、官僚政治に歯向かったように、太郎氏も強気な改革をやろうとしています。ただ、お互い徹底的に相手をやっつけるため、敵が多くなってしまう。お酒を飲めないのも共通点です」

 永田町の歴史を振り返れば、祖父も父親も名を残しているが、あと一歩のところで総理には届かなかった。そんな中、河野氏を高く評価するのが、小泉純一郎元総理(78)だ。17年8月、山梨県鳴沢村で森喜朗元総理(83)、麻生太郎氏(80)と会食した際、小泉氏は、

「あの男は大化けするかもしれない」

 と漏らしたという。小泉氏といえば、01年の総裁選で「自民党をぶっ壊す」のワンフレーズで旋風を巻き起こしたことはご承知のとおり。同じ「壊し屋」の河野氏ははたして「第2の小泉純一郎」になれるのか。小林氏が続ける。

「状況しだい。この先、自民党の体たらくが露見する事態が続けば、河野氏のような『壊し屋』に期待が集まってくる」

 あとを引き取り、山村氏も、

「小泉氏は自民党をぶっ壊すと言いましたが、壊したのは一部の利権や利害関係のある官庁、自民党の中の業界団体につながっていた人たち。むしろ、自民党の票数は伸びました。今のところ、河野氏は誰かれかまわず敵を作っている印象があるので、そこを見極めれば可能性は出てくるでしょう」

 そんな中、「河野家」を巡っては、こんな情報も。

「本気度はわかりませんが、河野氏の奥さんが『息子を総理にしたい』と周囲に話していた、と聞いたことがある」(政治部記者)

 ブレない政治スタンスと「変人力」で親子3代の悲願を達成するか。そして4代目へ‥‥の新たな野望はこの先、いかなる展開を迎えるのだろうか。

関連記事(外部サイト)

×