がん化抑制効果が高いのはどの野菜? 意外な野菜がランクイン、毎日の「野菜スープ」が効果的

 抗がん剤の世界的権威、故前田浩・熊本大学名誉教授は生前、「がんを予防するには野菜スープがベスト」との結論を導きだしていた。では、「がん化抑制効果」が高いのはどの野菜なのか。上位にくるのはアブラナ科の野菜や豆類だが、それらをしのぐ“最強野菜”とは?

 ***

 現在、人間はもちろんのこと、猿もモルモットも体内でビタミンC(抗酸化物質の一種)の合成はできない。はるか昔はできたが、数千万年前から合成しなくなったようだ。植物や果実を食べるようになって、その必要がなくなったのだろう。やがて火を使うようになると、消化しやすくなり、より多くのエネルギーが得られるようになった。これが、大量のブドウ糖を必要とする脳を発達させたといわれる。

 「週刊新潮」6月3日号にも少し書いたが、私たちは活性酸素の海にいるようなもので、呼吸するだけで、取り入れた酸素の2〜3%は活性酸素になる。故前田浩・熊本大学名誉教授(今年5月死去)によれば、主ながんの原因は(1)化学物質、(2)放射線、(3)慢性感染(による炎症)の三つだが、いずれも活性酸素が発生して、DNAを傷つけることで発がんが始まるそうだ。この三つの中で、現代に生きる私たちの体が常に晒されているのが化学物質だろう。現在、約10万種類の化学物質が日常生活で使われているといわれ、EUでは、人の健康被害にもっとも影響を与える化学物質は農薬だとしている。

 さらに活性酸素は、ストレスを受けても大量に発生するから、私たちは活性酸素から逃れられなくなっている。つまり、活性酸素を消去する抗酸化物質を外から補充することでしか、健康を維持できなくなっているのだろう。その役目を担うのが野菜や果物なのだ。

 前田教授は抗がん剤の研究者でもあるが、その一方で力を入れていたのは、活性酸素を抑えることでがんを未然に防ぐことはできないかというテーマだった。そしていくつかの研究を経て、「がん予防とは、がんの炎症を取ることであり、それには活性酸素を消去してくれる野菜スープがベスト」という考えに至った。

 掲載のグラフのタテ軸は発がんの進行を抑える度合いで、ヨコ軸は活性酸素を50%抑制する強さだから、グラフ右上の野菜ほど細胞のがん化を抑えてくれる。

 がん化は、正常細胞がいきなりがん細胞になるのではない。いくつかの段階を経てがん細胞になっていくのだが、前田教授によれば、抗酸化物質はこの過程で細胞のがん化を抑制してくれるのだという。

 グラフの上部には豆類が多いが、タネでもある豆は、中に子孫たちの遺伝情報にあたるDNAを詰めた“ノアの方舟”のようなものだから、活性酸素や脂質ラジカル(脂質が酸化してできる)で壊されないように抗酸化物質で守られている。いわば抗酸化物質の塊だから右上に来るのは当然として、意外にも、カリフラワー、大根、キャベツ、京菜、ブロッコリーといったアブラナ科の野菜が上部に多いのには驚く。

 野菜の抗酸化物質が発がんの予防効果があるのは、肺がん、胃がん、大腸がんなどにおいてだが、では、がんになってしまったら、野菜スープを飲んでも無駄なのだろうか。

 がん患者を中心に「野菜スープ」を勧めている人がいる。兵庫県の池田佳之さん(68)である。池田さんは大腸がんで闘病していたが、3年3カ月前に肝臓への転移が分かった。それも転移したのが7個。外科手術で取ることができず、5年後の生存率が15%、3年生きるのは難しいと宣告されたという。ある時、前田教授の野菜スープを試したところ、体調が良かったので周囲にも勧めてみた。すると、肝臓の数値が良くなったという人たちから、抗がん剤の副作用がびっくりするほど軽減したといった証言が相次いだそうだ。

 池田さん自身も、「野菜スープを始めて4カ月後、エコー検査をすると7個の転移がんのうち3個は壊死がすすんでいた」そうで、「これはえらいことだ。抗がん剤の副作用に苦しんでる人に野菜スープのことを知ってほしいと思って『野菜スープ専用LINE』を立ち上げたんです」と言う。

■さまざまな「効果」


 手元には野菜スープの体験談が600通以上寄せられていて、その中からいくつか紹介したい。野菜スープを飲んでいる期間も、示してある。

「舌がん、リンパ節がん、喉頭がんの再発をくいとめたいと思って野菜スープを始めました。3食野菜スープを飲んでいます。まず肌がスベスベになって肌荒れが少なくなり、お通じが定期的に出るようになりました。以前は白血球の値が低くて抗がん剤が打てない時もありましたが、少しずつ値が高くなっていて主治医も驚いています」(6カ月以上 53歳女性)

「乳がんのステージ4です。月並みですが、便の出がいいです。野菜スープを飲む前と比べたら歴然です。体調も元気な日が多くなって食欲もあります。腫瘍マーカーは横ばいですが、こちらも下がってほしい」(6カ月以上 44歳女性)

「白内障の予防のために始めました。風邪をひくと、必ず1カ月ほど咳がとまらなくなり、扁桃腺が腫れて高熱が出ましたが、飲み始めてから悪化することなく、数日で回復するようになりました。また、毎朝決まった時間になると便意で目覚めるようになりました」(1カ月以上 55歳女性)

「肺がんの治療中。血圧が下がった。便通が安定した。熟睡できている感じ。内臓脂肪が減った」(3カ月以上 50代男性)

「動脈硬化症です。野菜スープに鶏ガラの骨スープも混ぜて飲んでいます。スープを飲む前の血管年齢は年相応でしたが、先月の測定では30代になっていました。血管がそんなに若くなるなんて思っていなかったのでビックリです」(6カ月以上 50代女性)

「乳がんの治療が終わったので体調を整えたいと思って始めました。これまで胃の調子が悪くて胃薬を飲んでいましたが、スープを飲むようになって薬を飲むことがなくなりました。これは自分でも驚いています。お通じもバッチリです」(3カ月以上 56歳女性)

「更年期障害で悩んでいましたが、スープを飲んでから格段に良くなりました。一緒に飲んでいる娘は17歳の高校生ですが、生理痛が軽くなり、ニキビも一気に減りました」(3カ月以上 51歳女性)

「がんの闘病中です。今までは便の色が黒く固いものが多かったのに、明るい黄褐色で柔らかい便で安定してます」(3カ月以上 61歳男性)

「治療方針が抗がん剤と決まってから野菜スープを始めました。がんが発覚する1年以上前から原因不明の下痢が続いていたのに、それがなくなり、バナナ便が1日2回も出るようになりました。がんになる前より元気です。血液検査でも白血球の数値は下がっていません」(3カ月以上 41歳女性)

「乳がんの再発予防に野菜スープを始めました。肌のコンディションが良くなったと思います。毎月通うエステで、肌がモチモチしていると言われます。便通がとても良くなり、あれほど悩んでいた下半身太りがなくなったのは浮腫(むくみ)が解消されたからではないかと思います。野菜スープを止めると、明らかに便の状態が不良になります」(1カ月以上 40代女性)

 このLINEに寄せられた投稿を分析すると、野菜スープを飲み始めて1カ月未満で、「体調が良い」と答えた人はそれほど多くないが、3カ月を超えると約7割が、6カ月を超えたら約9割が「体調が良い」と答えている。また「あまり感じない」と答えた人でも、全員が「今後も続けたい」と回答している。

 ちなみにこの証言で多いのが、「便の状態が良くなった」に次いで「肌がきれいになった」と回答していることだ。後者に関しては、老化によるシワやシミは活性酸素が原因だから、当然かもしれない。

 前田教授から、野菜の抗酸化物質は予防にはいいが、完全ながん細胞に変わってしまうと効果はないと言われたことがある。先ほどの体験談でも、がんが消えたといった証言がほとんどないのはそのためだろう。

 しかし、多くの患者が抗がん剤治療をしながら「体調がいい」と答えているのは非常に興味深い。


■コロナ感染予防に有効


 がんになる頻度は年齢のN乗に比例するといわれる。Nの値はがんによって違うが、いずれにしろ、免疫が落ち始める40代以降なら、いつがんになってもおかしくないのだから、できれば、グラフの右上にある、ちさ、黒豆、小豆、緑豆、大根(葉)、カリフラワー、ごぼう、なども野菜スープに加えたい。とくに豆類は、同時にタンパク質も摂れてバランスがいい野菜だから、嫌いでなければぜひ使いたい。

 ちなみに独特な香りがするよもぎだが、本土より沖縄産のよもぎ(フーチバー)のほうが、強い紫外線に曝されるだけあって、抗酸化活性は高い。よもぎをよく食べる沖縄のオバァたちが長生きするのは当然かもしれない。そういえば、オバァたちがよく食べる「ボロボロジューシー(おじや)」は、野菜スープのようなものだ。

 ところで、7月に入って新型コロナの感染者が急増しているが、前田教授が生前語っていたところによると、野菜スープに含まれる成分は感染予防にも有効で、感染してもウイルスの侵入で発生した活性酸素を抑えてくれるので炎症が起こりにくくなるという。

 さて、「週刊新潮」6月3日号では野菜スープの作り方をあまりにも簡単に紹介したせいか、いろいろと質問をいただいた。少し説明を追加したい。

 たとえば、野菜スープは「1日に最低1回」は食べると書いたら、では何回食べればいいのか尋ねられたのだが、2回でも3回でもいい。お好み次第である。また、前田教授は、水1リットルに10種類ぐらいの野菜400グラムほど入れて煮るそうだが、これは前田流であって、5種類でも8種類でも自分の好みで加えればいい。水も800ccでも1200ccでもかまわない。自分が好きな旬の野菜を煮て、そのスープを飲む(食べる)こと以外は勝手次第なのだ。

 かぼちゃを使う場合、スーパーなら2分の1か4分の1にカットして売っているが、有機野菜なら通常一玉丸ごと買うことが多いだろう。中のタネは、おそらく捨てると思うが、先にも述べたように、タネは抗酸化物質の宝庫だから、これを捨てるなんてもったいない。出汁をとる袋に入れて一緒に煮ればいい。

 余談だが、知らずに捨てられているものは意外にたくさんあって、たとえば玉ねぎの皮もポリフェノール(ケルセチン)の宝庫なのだから、出汁袋に入れて一緒に煮ればいい。また、緑豆もやしを茹でてサラダなどに使うことはよくあるが、煮汁を捨てていないだろうか? もやしは新芽だから活性酸素を抑える成分がたくさん含まれている。この煮汁を捨てるなんてお宝を捨てるようなものだ。


■農薬には要注意


 味付けについてはブイヨンを使ってもいいと書いたが、できれば最初は味付けせず、本来の野菜の風味を味わっていただきたい。有機栽培で育てると、野菜に含まれるミネラル分が高くなる。うま味はグルタミン酸やイノシン酸などにミネラルが結合したものだから、通常の野菜に比べて美味しいと感じるはずである。まずはこれを堪能し、そのうえで、自分の舌に合わないと思ったら好みの味付けをするのもいい。

 少し慣れてくれば、自分の体質に合わせた野菜スープを作るのもいい。

 たとえば、グルタチオンという強力な活性酸素消去物質がある。心筋梗塞や脳梗塞、肝機能低下などのリスクを抑えてくれると言われていて、こうしたことが気になるなら、グルタチオンをたくさん含む野菜を使うのもいいだろう。

 基本的にレバーに多いが、野菜ではパセリ、ブロッコリー(特にスプラウトと呼ばれる新芽)、カリフラワー、アスパラガスの穂先などに多い。穂先に多いのは、野菜の新芽を紫外線から守るためである。

 グルタチオンは熱に弱いから穂先は茹でるなと書いている書物は多いが、前田教授によれば、茹でても20〜60%は残るそうだから、あまり気にしないほうがいいだろう。

 また、前立腺の腫瘍マーカーに使われるPSAが少し高めだという方なら、リコペンを多く含むトマトをメインにした野菜スープもいい。リコペンは油に溶けやすいから、オリーブオイルで炒めてから他の野菜と煮るか、トマトジュースにオリーブオイルを入れて加熱してもいい。ただ、トマトは比較的農薬の散布回数が多いので、有機トマトジュースが手に入るならその方が安心だろう。

 農薬は危険だから、野菜スープに使う野菜は、「できれば有機野菜を」と書いたところ、こう言われた。

「日本人の平均寿命は世界でもトップレベル。農薬は危険ならこんなに寿命が延びるはずがない」

 これに納得する方が意外に多いのに驚いた。

 まず、平均寿命と農薬は関係がない。中国は世界一の農薬大国でも、平均寿命は延びている。平均寿命に大きな影響を与えたのは感染症だ。戦前も70代80代まで生きる人はいたが、戦後になっても日本の寿命が50歳代を推移したのは、乳幼児の死亡率が高く、結核など感染症が蔓延していて、平均すると寿命が短くなったからだ。その後、公衆衛生が改善され、医療環境が充実して平均寿命が延びていった。

 では、農薬を大量に使うようになって何が起こったかというと、がん、パーキンソン病、発達障害、うつ病、自己免疫疾患、アレルギー疾患、アルツハイマー等々、半世紀前は想像もしなかった病が増えたことだ。この多くに農薬が関連していることは、拙著『本当は危ない国産食品』(新潮新書)でも記したが、問題は、発症しても因果関係の特定はむずかしいことである。

 農薬の問題は「水俣病」に通じる。病気と化学物質の因果関係が科学的に証明されないからといって大勢の被害者を長い間苦しませてきたし、その苦しみは今も続いているが、農薬が同じ道を歩まないと、誰が断言できるだろうか。

奥野修司(おくのしゅうじ)
ノンフィクション作家。1948年生まれ。『ナツコ 沖縄密貿易の女王』で講談社ノンフィクション賞と大宅ノンフィクション賞を受賞。『ねじれた絆』『皇太子誕生』『心にナイフをしのばせて』『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』など著作多数。

「週刊新潮」2021年8月12・19日号 掲載

関連記事(外部サイト)