映画館やデパ地下では片頭痛が悪化…予防策は? 症状を緩和する注射薬とは

映画館やデパ地下では片頭痛が悪化…予防策は? 症状を緩和する注射薬とは

デパ地下で片頭痛が悪化も

映画館やデパ地下では片頭痛が悪化…予防策は? 症状を緩和する注射薬とは

頭痛が離婚や不登校の原因になることも

 猛烈な痛みに加え、めまいや吐き気に襲われ、満足に眠ることすらできない。しかも、苦しみを周囲に理解してもらえず孤独と絶望感に苛(さいな)まれる。日本人の3人に1人が苦悩する「頭痛」という難敵。では、具体的にどのような対処法があるのだろうか。

 ***

 最初に紹介したいのは、緊張型頭痛に効果的な「頭痛体操」(掲載のイラスト参照)。原因となる首や肩のこりは頸部から背中に広がる肩僧帽筋の収縮によって生じる。そこで、日本頭痛学会顧問で、埼玉国際頭痛センターの坂井文彦センター長は、

「肩僧帽筋のストレッチをお勧めします。足を肩幅に開いて立ち、両ひじを90度に曲げ、肩を中心に前から後ろへ“上着を脱ぐ”感じで腕を大きく5回まわします。前まわし5回と、後ろまわし5回を2セット。日常的に続ければ予防効果も見込めます。ただし、肩はまわしても、首をまわすことは厳禁です。そもそも首への負荷が原因なので、頭痛が悪化しかねません」

 他方、群発頭痛にはトリプタン製剤という薬が効果的だという。セロトニンの代わりに三叉神経に働きかけ、興奮を抑えて“CGRP”という血管拡張物質の放出を防ぐ働きをする。

「また、副腎皮質ホルモンを服用すれば発作を予防できることも分かってきた。もう一点、群発頭痛が生じやすいタイミングでお酒を飲むと必ずといってよいほど発作が起きるので、控えた方がいいですね」(同)

 問題は、片頭痛への対処である。実は、片頭痛には多種多様な“誘発因子”が存在する。東京女子医科大学脳神経外科の清水俊彦客員教授は代表的な誘発因子として「光」、「音」、「におい」を挙げる。

「たとえば、デパートの1階と地下1階で頭痛に襲われる人も少なくありません。というのも、1階には化粧品や香水の売り場があるため、強烈な“におい”が入り混じって充満しています。デパ地下には食料品店が並び、においだけでなく、半密室空間に店員やお客さんの声が反響している。しかも、商品の見映えを良くする目的で強い照明を用いていることも多い。つまり、こうした場所にはさまざまな頭痛の誘発因子が集まっているわけです。また、映画館は常に大きな音と激しい光に晒されます」


■“週末片頭痛”


 そこで清水氏は、誘発因子の多い場所には長居しないことを心がけ、映画館ではコーラや砂糖入りのコーヒーを飲むことを勧める。どちらも血管の拡張を防ぐ糖分やカフェインが含まれているからだ。他にも、

「片頭痛に特有なのは、週末に痛みを訴えるケースです。この“週末片頭痛”は仕事のある平日は平気なのに、休日に入ると急に頭が痛むというもの。誰しも週末はリラックスした状態になるため、副交感神経の働きで血管が拡張されてしまうのです。いつもより遅い時間に起きると血糖値が低下してさらに血管が拡張する。頭痛対策のためには、休日であっても起床や食事の時間を普段と一緒にすべきだと思います」(同)

 加えて、気圧や天候の変化、季節の変わり目に頭痛に見舞われるケースは少なくない。

 清水氏によれば、

「梅雨時や台風シーズンに天候が悪化して気圧が下がると、人間の身体はむくみを帯び、そのむくみが血管に及んで血管が拡張してしまう。加えて、春や秋は昼夜の気温差が大きいことから、身体がストレスを感じてセロトニンのバランスが崩れる。その結果、片頭痛がもたらされるのです。加えて、セロトニンは小腸で合成されるので、腸の働きも左右します。片頭痛と腹痛・下痢といった症状を併発するのは決して珍しいことではありません」

 そんな厄介な片頭痛の治療において代表的な薬として、坂井氏が挙げるのは、群発頭痛の治療にも用いられるトリプタン製剤である。

「 そのほかに、今年に入って承認され始めたのが、エムガルティやアジョビといった抗CGRP抗体や、アイモビーグといった抗CGRP受容体抗体と呼ばれる片頭痛抑制の注射薬です。これらは血管拡張物質・CGRPの働きやその受容体をブロックすることで発作を防ぎます。その効果はかなり高く、発作の頻度や症状が半減した患者が5割、症状がなくなったという患者も2割にのぼるほど。問題は価格が高額な点で、月1本使用が原則ながら、保険を適用しても1本1万4千円程度かかる。加えて、片頭痛以外のタイプには効かないため、診断や説明は慎重に行う必要があります」

 悩ましい苦痛から解放されるのであれば、専門医のアドバイスを検討したいと考える向きも多いのでは。文字通り“頭の痛い”話ではあるが、まずは自分の痛みと向き合うことが肝要だ。

「週刊新潮」2021年10月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)