「きちんと準備できている」のネイティブな表現は? 在米医師が教える生きた英語

 コロンビア大学医学部外科教授であり、ニューヨークのトップドクターとして知られる加藤友朗医師。『ネイティブを動かすプレミアム英会話50』(新潮社)の著者でもある加藤氏が日常で出会う“ネイティブ英語”を紹介。

 ***

 このコラムで扱っている表現は、ネイティブ・スピーカーだけでなくヨーロッパ人や中南米の人などで英語の上手な人たちも問題なく使いこなします。日本語という英語からかなりかけ離れた言語を母国語とする我々にとっては、問題なく通じるようにするので精一杯で、なかなか流暢な表現は使えないことが多いのですが、ここで扱っている表現は堅苦しい言い方ではなく、どちらかといえば砕けた表現です。僕自身も正直に言って完全に使いこなせているわけではないのですが、こういう表現が使えると、会話がより親しみのあるものになります。ぜひ試してみてください。

 さて今回の表現はsquare away。これは帆船での航海から生まれた表現です。帆船でsquareというのは竜骨に対して直角に帆を張った状態のことです。帆がきちんとした状態にあることを意味するsquareは船乗りの間で「きちんとした」「準備のできた」という意味を持つことになったようです。そこから派生してsquare awayは「きちんと準備を整える」「(懸案の)問題を解決する」という意味になります。漫画でキャサリンが言っているのは、それが全て解決されれば、あとは問題ありませんということです。

 square awayの使い方の例は“I will make sure to square this issue away before the new product launch.”「新製品の発売開始前にこの問題は必ずきちんと解決します」や、“Don’t you worry, leave it to me, it will all be squared away.”「心配いらないよ、任せとけ。そのことは全てきちんとするから」などです。

 では練習問題です。(答えは下)

1.日本語に訳すと?

“The flight and hotel accommodations are squared away, so you are all ready to go.”

2.square awayを使って英語で言うと?

「今夜は行けないな。いくつかやらないといけないことがあるんだ。」

加藤友朗(かとうともあき)
コロンビア大学医学部外科教授。東京大学薬学部、大阪大学医学部を卒業後渡米。世界初の多臓器摘出体外腫瘍切除手術を成功させ、ニューヨークのトップドクターとして世界中から集まる患者の命を救う。『ネイティブを動かすプレミアム英会話50』(新潮社)が発売中。

「週刊新潮」2021年8月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)