乳酸菌だけでは不十分? 高齢者が大腸のために取るべき菌とは

乳酸菌だけでは不十分? 高齢者が大腸のために取るべき菌とは

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌だけでは不十分? 高齢者が大腸のために取るべき菌とは

齋藤忠夫東北大学名誉教授

「免疫力アップ」に乳酸菌を、とヨーグルトを摂取する向きは多いに違いない。しかし、それだけでは壮健な生活に不十分だとしたらどうだろう。乳酸菌では守れない大腸の健康を保つ唯一無二の手段は「ビフィズス菌」。製品別効能から摂取の仕方まで徹底ガイドする。

 ***

 一般の方で乳酸菌とビフィズス菌の違いを正確に理解している人はあまり多くないと思います。メディアやネット情報でこの二つを一緒くたに紹介していることもありますが、その役割や効能は大きく違います。

 まず、二つの菌について代表的な三つの違いをご説明します。

 一つ目は作り出す「酸」の種類と比率が違うことです。乳酸菌は大量の乳酸のみを作り出し、腸内細菌のバランスを保つ働きをします。ビフィズス菌は乳酸に加え、酢酸を作り出します。比率でいえば、乳酸2に対して酢酸が3。酢酸は短鎖脂肪酸の一つで殺菌能力が非常に高く、悪玉菌の生育と増殖を抑えたり、腸の動きを活発にして便通を改善する効果があります。また、血糖値を制御したり、太りにくい体質を作る、ともされています。腸内で酢酸を作り出すのは、乳酸菌にはないビフィズス菌の最大の特徴といえるでしょう。

 さらにビフィズス菌の作る乳酸や酢酸はほかの腸内細菌の餌ともなり、酪酸へと形を変えます。腸管の内側には突起(腸絨毛(じゅうもう))がたくさんあります。腸絨毛が長く発達すればするほど有害な菌の付着を防ぐことができます。酪酸は腸管細胞のエネルギー源となり腸絨毛を長く伸ばす効果があるので、腸管のバリア機能を高めることができます。


■開封後早めに食べたほうがいい理由


 二つ目はビフィズス菌が「偏性嫌気性菌」と呼ばれ、酸素が非常に苦手な菌ということです。乳酸菌はある程度酸素があっても増殖できる一方で、ビフィズス菌は酸素があると増殖できないので、腸管の中でも酸素の少ない大腸、特にS字結腸や直腸に多くすんでいます。こうした場所では乳酸菌1に対してビフィズス菌は千と圧倒的にビフィズス菌の存在比が高いのです。基本的にビフィズス菌を含む製品は酸素に触れると菌がどんどん死んでしまうので、開封した後は早めに飲食されることをお勧めします。

 最近の研究では、ビフィズス菌が大腸に多くすむ理由として、酸素だけでなく食物繊維の存在も指摘されています。ビフィズス菌はヒトが利用できない食物繊維を分解・利用できるので、それが多く存在する大腸での生育と増殖に適応している、というわけです。


■形状の違い


 三つ目は形状の違いです。電子顕微鏡で1万倍ほどに拡大すると、ビフィズス菌はY字状に枝分かれしているものが多く、乳酸菌は棒状や球状なので形状が大きく異なります。

 ビフィズス菌は1899年にフランスのアンリ・ティシエという研究者によって発見されました。現在では50〜90種類が知られていて、菌株によってさまざまな健康への効能があります。ただし、乳酸菌に比べると免疫関連の効果は少ない傾向にあると思います。

 乳酸菌は酸素が比較的多く存在する小腸で働きます。小腸には体に悪いものが入ってきた時に対処できるよう、異物を取り込んで分析するパイエル板やM細胞があります。しかし、ビフィズス菌がすむ大腸にはこれらの免疫情報収集器官はありません。つまり、大腸では小腸のように直接、菌体を吸収して免疫担当細胞を刺激することはないのです。ビフィズス菌を含んだ製品でアレルギーを抑えるものがありますが、それは、小腸パイエル板で菌が吸収されることで機能性を発揮するものと考えられます。


■70代で20代の1割


 従って、ビフィズス菌が発揮する効能は(1)整腸作用(排便回数を増やす、便臭を抑える)、(2)大腸がん抑制作用(大腸がんの原因となる有害菌を酢酸で殺菌する)が主となります。小腸でいろいろな働きをする乳酸菌、それを含んだヨーグルトや飲料などと比べると華々しさに欠ける印象があるかもしれませんが、酸素が少なく、乳酸菌が生きられない大腸の健康を守る菌はビフィズス菌以外にはないと言っても過言ではないので、腸の健康には極めて重要な菌といえます。

 また、高齢になるとビフィズス菌などの善玉菌が減少することも示されています。ビフィズス菌でいえば、20代の時と比べて70代では1割程度にまで減ってしまうとされています。誰でも老化が進むとそれだけ腸管の蠕動(ぜんどう)運動が弱まり、胃酸、胆汁酸の分泌が少なくなっていきます。そうすると、腸内に悪玉菌などが増殖しやすくなり、悪玉菌の産生する悪い酸や悪い物質により、腸管の細胞が傷ついていく。腸内環境を守る善玉菌さえも減少しているところに老化に伴って腸内の環境が悪くなっているわけですから、高齢者は二重に腸内のリスクを抱えていることになります。ビフィズス菌を外から食品の形態で取り込むことは特に重要になってくる時期といえるのではないでしょうか。


■乳酸菌製品に比べて圧倒的に少ない


 しかし、ヨーグルトなどのビフィズス菌製品は、多種多様で活況を呈する乳酸菌製品に比べると圧倒的に少ないのが実状です。それはビフィズス菌が酸素に弱く、かつ牛乳中で増殖しにくいために培養がとても難しく、製品化が容易ではないことを示しています。大腸にすんでいるビフィズス菌は待っていれば食物繊維などの餌が流れてきて食べられる状況にあります。動物園の動物が檻の中で餌を与えられていると、獲物の捕り方を忘れ、野生の本能が失われていくように、ビフィズス菌もごく限られた物質しか分解してエネルギーにできないようになっています。つまり、ビフィズス菌を培養しようとすると、この限られた餌を探して選び、加えないといけなくなり、メーカーは開発にお金も労力もかかってしまいます。


■森永乳業のビフィズス菌に関する論文数は世界一?


 その中でも森永乳業はビフィズス菌にいち早く注目して商品展開をしており、メーカーの中では頭一つ抜けていると思います。ビフィズス菌に関する論文を世界で一番出しているのは森永乳業ともいわれているほどです。その森永ではビフィズス菌BB536を含むトクホの「ビヒダスヨーグルト」がよく知られています。市販のヨーグルトの中には、ブタの腸管から採取されたビフィズス菌を用いているものもあるのですが、このBB536は50年以上前にヒトの赤ちゃんの腸から採取されており、なかなかの万能選手です。この菌は便通改善はもちろん、総コレステロール値を下げる作用、花粉症、インフルエンザの予防効果を示します。インフルエンザへの予防効果は、菌が小腸から吸収されて、NK細胞などの免疫細胞を活性化するからだと思います。

 ヤクルトの「ミルミル」に含まれるBY株の詳細はオープンになっていないようですが、ミルミル1本に含まれる菌数は120億個となっています。森永乳業の「ビヒダスヨーグルト便通改善」が1本につき20億個と記載されているので、ミルミルの菌数は非常に多いといえます。また、特徴的なのはパッケージ作りにこだわっているところです。酸素がパッケージを透過してビフィズス菌に触れないよう、ポリエチレンやアルミ箔を5層構造にしています。


■長寿効果も?


アンチエイジングに効果のあるビフィズス菌もあります。協同乳業の「LKM512ヨーグルト」に含まれるビフィズス菌は、善玉物質であるポリアミンが増える環境を作り出します。このポリアミンは学習記憶の改善や心臓機能の維持、腸細胞の増殖などさまざまな機能を示すことで知られていて、細胞の活動に不可欠な物質なのです。これを増やすことで若く健康を維持していきましょうというのが協同乳業の考えのようですね。具体的にはLKM512はポリアミンの一種、スペルミジンの体内産生に寄与するといわれています。LKM512とアルギニンというアミノ酸を原料にスペルミジンの材料となる物質を腸内で作る、という仕組みです。すでにマウスに対してはLKM512に寿命延伸の効果があると発表されており、今後ヒトへの長寿効果も期待できるかもしれませんね。

 雪印メグミルクが発売している「恵ビフィズス菌SP株」では胃酸に弱いビフィズス菌をカプセルで保護しています。このカプセルは、酸性では溶けずにアルカリ性で溶けるように設計されています。酸性の胃酸や胆汁酸の中ではカプセルは溶けずに菌が生き延び、アルカリ性の腸内で溶けてビフィズス菌が放出されます。ビフィズス菌が生きて腸内まで到達するのでその分、整腸作用も大いに期待できるのではないでしょうか。

 SP株はがん細胞を殺す細胞や免疫担当細胞を活性化するとされます。これもBB536と同様、小腸で吸収されて効果を発揮する仕組みだと思います。また、同社の「ナチュレ恵」は免疫機能を高めたり、内臓脂肪減少を助ける乳酸菌のガセリ菌SP株と、ビフィズス菌SP株がブレンドされている数少ないハイブリッド商品で、乳酸菌とビフィズス菌の相乗効果が期待できます。


■腸管と脳機能の関係


 小岩井乳業の「小岩井生乳100%ヨーグルト」も菌を生きたまま腸まで届かせるための工夫がなされています。これに含まれるBB−12というビフィズス菌は、pH2.0という強い酸性下でも生存が確かめられ、胃酸の中でも生き延びて大腸に届くことが期待できます。同様に「ダノンビオ」のビフィズス菌BE80も胃酸や胆汁酸に強く、菌が腸内で減少しにくいとされています。

 最近増加している認知症や物忘れが気になる人は、新しい機能性表示食品として森永乳業の「メモリービフィズス記憶対策ヨーグルト」を頭に入れておいてもいいでしょう。森永乳業独自の「ビフィズス菌MCC1274」が「認知機能の一部である記憶力を維持する」としています。その研究結果は、日本認知症予防学会でも発表されました。

 例えば、グルタミン酸を食べると舌にある受容体にくっついて、脳にシグナルが送られて「おいしい」と感じます。この受容体は胃の中にもあることを味の素が発見しています。腸の細胞のDNA配列にもこの受容体の存在が推定されており、おいしさを感じると、消化液を出し蠕動運動も活発にして消化吸収を促進します。


■認知機能改善という報告も


 最近では、腸管と脳機能は関連しているという「脳腸相関」という概念が登場しています。これは、脳と腸は自律神経を介して密接に影響を及ぼし合うと同時に、腸内細菌が作り出した代謝産物が腸管から吸収され、その刺激が脳に伝わるとも考えられています。

 これらの商品もその延長で考えることができるでしょう。ヨーグルト中に含まれる菌の代謝産物などを腸内の受容体が受け取ることでその刺激が脳に伝わり機能の改善に寄与するのではないでしょうか。ビフィズス菌ではないですが、他にも、カマンベールなどの白カビ系チーズを摂取すると、カビが作り出した成分が腸管から吸収され、認知機能を改善するという報告もあります。

 ビフィズス菌を効果的に腸内で増殖させるため、その餌となるオリゴ糖や水溶性食物繊維を一緒に加えている製品もあります。例えば、江崎グリコの「BifiX」にはイヌリンという水溶性食物繊維が配合されています。


■自分に合った商品を


 ヒトの消化酵素に分解されずに腸に届くオリゴ糖としては、ガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖などがあります。バナナやゴボウなどはフラクトオリゴ糖を比較的多く含んでいますが、食物に含まれるオリゴ糖は基本的にわずかです。母乳中には100種類以上のミルクオリゴ糖が存在するものの、それらは構造が複雑で化学的に合成するのが難しい。食品に添加できる比較的安価なオリゴ糖はフラクトオリゴ糖など数種類しかなく、そうしたオリゴ糖が含まれるヨーグルトやサプリメントを一緒に取るのがいいでしょう。

 例えば、ミルミルにはパラチノースというオリゴ糖が含まれています。パラチノースは決して安価なオリゴ糖ではないので、さすが大企業という印象があります。ビヒダスヨーグルトにもラクチュロースというオリゴ糖が含まれています。あるいは水溶性食物繊維は果物に多く含まれるので、オレンジやキウイをヨーグルトと一緒に食べるのが効果的でしょう。

 ただ、こうしたビフィズス菌の効果は人によって異なります。唾液や胃酸、胆汁酸の量、食事と一緒に飲み込む空気の量は人それぞれです。早食いの人は空気を飲み込む量が多くなり、腸内の酸素分圧が高まることで、大腸下部でのビフィズス菌数が減少するので注意が必要です。自分に合った商品を見つけ、便秘の方は排便数の増加、下痢の方は下痢の回数減少や腹痛改善、などを確かめるのがよいと思います。2週間ほど摂取してみて気になっている症状が軽減されるようでしたら、そのビフィズス菌が体に合っている、と思います。


■いつ食べるのがいい?


 また、摂取のタイミングも大事です。よく急激な血糖値の上昇を抑えるために、炭水化物を取る前にヨーグルトを食べるといいといわれます。しかし、本来ビフィズス菌は胃酸に非常に弱いので、胃酸が弱まる食後がいいと思います。さらに、脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸にも弱いので、脂肪分の少ない食品と一緒に取ると、胆汁酸の分泌が低く抑えられ、ビフィズス菌が生きたまま大腸に到達する可能性が高まります。免疫機能を刺激する乳酸菌は小腸の機能が活発になる就寝前に摂取するのが理想ですが、先述の通りビフィズス菌にはそうした効果のある菌株は少ないので、免疫機能を高めたいなら乳酸菌にお任せすればよいでしょう。働く場所が小腸と大腸で違うのでバッティングはしません。

 ビフィズス菌は腸内の善玉菌の代表です。腸内における有害菌の比率は低いに越したことはなく、特に高齢者の方は外部からビフィズス菌を摂取することで、近年、急増している大腸がん予防はもちろん、極めて有効な腸管老化防止策となることは間違いありません。

齋藤忠夫(さいとうただお)
東北大学名誉教授。1952年東京都生まれ。82年東北大学大学院農学研究科博士課程修了。農学博士。2018年より東北大学名誉教授。専門は畜産物利用学および応用微生物学。日本酪農科学会会長などを歴任する乳酸菌研究の第一人者。

「週刊新潮」2022年4月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)