悪気なく失礼なことを言っている可能性も…在日コリアンに言わないほうがよさそうな五つのセリフ

悪気なく失礼なことを言っている可能性も…在日コリアンに言わないほうがよさそうな五つのセリフ

Illustration ニャロメロン

「じつはこれは失礼な行為である」

「厳密にはこれも失礼に当たる」

 当失礼研究所は、そんなふうに重箱の隅をつついて「失礼」を作り出すために、研究を重ねているわけではありません。

 基本の失礼は押さえつつも、自分と周囲が日々を平和に穏やかに過ごすために、失礼とどう付き合っていけばいいかを考えていく所存です。

 ***

 前回に続いて、3人の在日コリアン3世の話を聞きながら、日本人のひとりとして「自分に恥ずかしくない処し方」を考えてみましょう。

「混んだ電車の中で、前にいた30代ぐらいの女性のスマホがたまたま見えたんです。その人は、Yahoo!の韓国関連のニュースを見ながら、ヘイトなコメントに、次々と『そう思う』を押しまくっていました。ごく普通のおとなしそうな人が、韓国や韓国人にすごい勢いで悪意をぶつけている。あのときは震えるぐらいの恐怖を覚えましたね」(Cさん、30代女性、韓国籍)

 それ以来、人と話している最中、ふとした拍子に「この人も、韓国が嫌いなのかな」という思いがよぎるようになったとか。

「よく言われている『在日特権』は、ウソも100回言えばホントに聞こえるの典型で、もしそんなものがあるなら受けさせてほしいですよ。面と向かって『あるの?』と聞いてくる人は、まだいいんです。否定できますから。信じ込んでいる人に『こいつもきっと』と思われているかもしれないのが、すごく嫌です」(Aさん、40代男性、韓国籍)

 在日コリアンに関するデマを信じたがる人は、残念なことに少なくありません。「差別する口実がほしいんでしょうね」とAさん。なるほど、それはきっと図星です。

「いつの頃からか、飲み屋に行くとおじさんが、大声で韓国や韓国人を批判している場面に遭遇することが増えました。たいていは『お前のかあちゃんデベソ』みたいな幼稚な悪口だったりする。呆れるだけで腹も立たないし、デベソかどうかを議論する気はありません。でも居心地は悪いので、すぐに店を出ます」(Bさん、40代男性、日本国籍)

 そういうおじさんは、たしかによく見かけます。おじさんがどんな考えを持とうが勝手ですが、人前ですっかり油断して、特定の国や民族の悪口を言えてしまう世の中は、お世辞にも美しくはありません。


■「在日」というレッテル


 凶悪犯罪が起きると、ネット上には必ず「こんなことは日本人にはできない」「日本国籍かどうか調べたほうがいい」など、暗に「犯人は在日コリアンに違いない」と言いたげなコメントが現われます。極めて失礼でみっともない光景です。しかも「濡れ衣」だとわかっても、謝っている人は見たことがありません。

「安倍元首相が殺害されたときも、直後はその手の声がたくさんありましたよね。もちろん、あの犯人はとんでもないヤツです。ただ、在日コリアンじゃなかったのは、正直言ってホッとしました。もしそうだったら、日本と韓国の関係は修復不可能になってしまいます」(Aさん)

 在日コリアン3世は、政治が作り出す世の中の激流に翻弄されたり、見えない悪意に恐怖を覚えたりせざるを得ません。名前や国籍をどうするか、己のアイデンティティーをどうとらえるかなど、悩みや葛藤を乗り越える必要もあります。

「私は、在日として生まれてよかったです。日本が好きだし、違う視点から日本や世界を見ることもできる。やはり差別には敏感になるので『自分は差別をしない人になろう』と思えますしね」(Cさん)

 話を聞いた3人とも「日本は好きだし愛着もある」と言います。

 当たり前ですが大半の日本人は、在日コリアンを差別したいなんて思っていません。しかし、悪気なく失礼なことを言っている可能性はあります。3人の話などから、「言わないほうがよさそう」という五つのセリフをピックアップしました。もちろんお互いの関係性や話の流れで、意味合いは大きく変わります。

「日本人にしか見えないね」

→日本で生まれ育っているんだから、自然なことです。ホメ言葉のつもりで言える傲慢さに、言っている側は気付いていません。

「なぜ韓国の名前を使わないの?(or日本名を使えばいいのに)」

→どちらを使うかは、デリケートな問題。その人の選択に軽々しく疑問を呈するのは無神経です。日本名を使っている人に「ぼくは君を民族名で呼ぶ」と、謎の信念を押しつけてくるケースもあるとか。

「わー、在日の人とお友達になれて嬉しいな」

→自分は差別はしないという意思表示かもしれませんが、個人ではなく「在日」という属性で見られたら、本人はいい気はしません。

「最近は韓国も発展してきたよね」

→「日本のほうが進んでいる」という前提で話しているのは、失礼だし滑稽。いろんな部分で、とっくに追い抜かれています。

「ほら、韓国って昔はこういう人がいて、こういう歴史があったよね」

→韓国について勉強していたり韓国好きだったりする日本人が「当然、知ってるでしょ」という口調で言いがち。たぶん、知らないと言わせて優越感を得たいんですね。

「かなり前ですが、大学の先輩に『昔は在日差別がたいへんだったけど、今はよくなったよね』と言われたんです。あれは腹が立ったなあ。最初からグリーン車に乗っている人に、『キミもグリーン車に乗れてよかったね』と言われているみたいで。しかも、その人が何かしてくれたわけでもないし」(Bさん)

 無自覚な「上から目線」には、くれぐれも気を付けたいものです。


■日本人の仕事


 昨今の日本は、なぜこんなにもヘイトがあふれてしまったのか。

「お互いの政府にとって、憎む対象を作ったほうが都合がいいんでしょう。政府が『差別はダメだ』とはっきり言わないから、お墨付きを与えられた気になる。世間って意外にチョロイんだなと」(Aさん)

「自分の現状に何かしら不満があって、世の中に文句を言いたい人には、在日や韓国って格好の対象なんじゃないですか。ネットで言っている分には言い返してこないし、賛同者も現われる。安全圏から攻撃しているという点では、若者批判をしている老人と同じですよね」(Bさん)

 困ったもんです。「差別は人間のサガ」で片付けていい話ではありません。いっぽう、こんな意見も。

「どうしてなんでしょう。でも、それって被害者である私たちが考えることなのかな」(Cさん)

 たしかにそうですね。ヘイトについて考えるのも、ヘイトと戦うのも、“加害者”である日本人の仕事です。被害者の側に負担をかけることではありません。

 3人の話を聞いて、知ったこと気付いたことがたくさんあります。いい年をして、無知という大きな失礼をしでかしていることを自覚しました。「傍観者でいる」という失礼からも、全力で脱していく所存です。

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)
1963年三重県生まれ。「失礼とは何か」を追究する失礼研究所所長。コラムニスト。大人力研究の第一人者でもある。『大人力検定』など著書多数。

ニャロメロン
1988年大分県生まれ。大分大学漫画研究部在席時より、サイト「週刊メロンコリニスタ」を立ち上げ、ツイッター等でも漫画を発表。『凝縮メロンコリニスタ』『ベルリンは鐘』『バンバンドリドリ』『マウントセレブ金田さん』等、著書多数。

「週刊新潮」2022年9月29日号 掲載

関連記事(外部サイト)