男に捨てられホストクラブにもハマった31歳女子が自己肯定できた瞬間

 2018年に東洋経済オンラインで最も記事が読まれ、新書『発達障害グレーゾーン』が発売1ヶ月で4刷の気鋭のライター・姫野桂さんが「女性の生きづらさ」について綴る連載「『普通の女子』になれなかった私へ」待望の第2回です。今回のテーマは「30代成人説」。現在、日本の法律上では二十歳で成人と認められますが、実際には二十歳を過ぎてもなかなかオトナになりきれないもので……。


■2万くれればセンスの良い服買ってきてやるよ


 女性は24歳までしか結婚できるような性的魅力がなく「女はクリスマスケーキ」(24歳過ぎると結婚が難しい)なんて言われていたのはとうの昔。大晦日の31日に例えて「年越しそば」なんて言われた時期もあったそうだが、その価値観も今はガラガラと崩れ落ち、これらの比喩すら知らない人もいるのではないだろうか。そして私自身はクリスマスケーキ年齢を過ぎ、今現在は年越しそば年齢の31歳。今年の9月で32歳を迎える。

 これはお世辞であると思うが「20代かと思ってた」と言われることは多い。そりゃ、金髪でカジュアルな格好をしていたらそう見える可能性もあるし、何より今は美容の技術が上がり、個人差はあるが高級な基礎化粧品を使用しなくてもそれなりの容姿を保てる。最近、美容皮膚科や美容外科の競争も激しいのか、メスを入れるような大掛かりな手術でない限り、安価で美容サービスを受けられるところが多い。実際私も、美肌効果と疲労回復効果を得るため、1本500円のプラセンタ注射に週2回通っている。

 しかし、どんなに見た目年齢が若く見えようが、やはり実年齢を重視している男性がいることは確かだ。

 私が連載の第1回目で書いた、1年半に渡ってモラハラを受けてきた男性――仮にR氏としよう――は最終的には20歳も年下の美大生の彼女を作った。

 その際は、やっぱり若さと、そして私には持ち合わせていない芸術的センスを求めていたのかと落ち込んだが、彼と共通の友人経由でよくよく探りを入れてみると、私の前には30代後半の女性に手を出し、やはり私と同じように傷つけて彼女のメンタルをボロボロに追いやっていた。その前には女子大生と付き合っていたと聞いた。

 彼にとってあまり年齢は関係なく、相手の女性よりも自分自身が大好きで、自分の都合の良いように解釈して支配できる女性が好物の、正真正銘のヤリチンクズ男だったのだと推測している。

 前回の記事で詳細に書いたが、R氏からは私のファッションを散々ディスられた挙げ句「2万くれればセンスの良い服買ってきてあげるよ。付き合ってないから一緒に買い物には行けないけど」と言われたことすらある。当時は自分がとんでもなくおかしな格好をしていると思っていたので「2万用意するので頼みたい」と願い出ると、「え、本気にしたの?」と鼻で笑われた。

■人は30代でやっとオトナになる?


 それはさておき、昨年末に上梓した拙著『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)の中で発達障害傾向のある人を対象に就職支援を行っている株式会社LITALICOの鈴木悠平氏が語っていた「30代成人説」が興味深かったので、今回のテーマとして取り上げたい。

〈発達障害って決して「発達しない」わけではないんですよ。僕は発達障害当事者の友人などから相談を受けたときに、半分冗談で「30代成人説で、気長にやっていこう」などと言っているのですが、ほかの人よりも時間をかけてゆっくり発達していくんだと思ったほうが気楽になれるかもしれません〉(『発達障害グレーゾーン』p150より引用)

 この「30代成人説」は、別に発達障害の人だけが当てはまるわけではないと思う。私自身、30歳を越えたあたりからようやく社会の仕組みが分かるようになってきた。それまでは自己肯定感が低かったことが生きづらさの一番の要因ではあったが、自分を受け入れられるようになったのは、様々なつらい経験、そして少しの成功体験などを積んだ末に自分を客観視できる能力が身についたからだと言える。精神的に成人していなかったからこそ、R氏のモラハラを1年半も受け続けてしまったのだ。

 そして、精神的に未熟なゆえ、R氏からのモラハラ行為と彼とのセックスに依存した。彼にとってのセックスは愛情ではなく、支配、そして手軽に快楽を得るための自分勝手なセックスだったのに、私は錯覚の愛でもいいと自分に言い聞かせてその関係を続け、血を流している心に絆創膏を貼り続けた。

 前著が2冊とも発達障害関係の本だったので、どうしても発達障害の例が多くなってしまいがちだが、発達障害、特にASD(自閉スペクトラム症:自分の世界に閉じこもりがちでコミュニケーションが苦手だったり、特定の分野にこだわりを生じる障害)傾向の強い人は自分を客観視することが苦手だ。

 だから、ネット上で、どんどん自分の理想と現実の自分との乖離が進んでいって苦しんでいる当事者を見かけることがある(例えば、現実的に考えると厳しそうな目標に挑戦していたり、どう考えても自分の能力以上のことを無計画に実践しようと意気込んでトンデモ発言をしていたりする)。

 誤解や偏見を生む表現かもしれないが、おそらく客観視ができる状態の人が見たら彼らは「痛い人」という印象を受けるだろう。

 これらは本人に自覚症状があって苦しんでいたり、その様子を周りの人が気遣ってうまく導いてあげると、認知行動療法やカウンセリングなどの訓練次第で、生きやすさのヒントを得ることも可能だ。

 実際に私も、発達障害や機能不全家族、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、依存症などの本を数冊参考にして、ノートに自分の現状や事実として起こっていること、必要以上に思い込みをしていないか、周りの反応などを書き出して整理し、今ではだいぶ物事を客観的に捉えられるようになった。この作業には3〜4ヶ月費やした。そうやって少しずつ、私は「発達」していった。

 法律としての成人は二十歳だけれども、何か壁にぶつかり、悩み、そして自分の弱さや醜さまで受け入れて精神的に“成人”になるのは、おそらく30代以降だ。そう考えると、モラハラ男R氏はまだ成人していないのかもしれない。私はR氏こそ認知行動療法やカウンセリングを受けるべきなのではないかと思っている。そうでないと、これからもモラハラ被害女性が生まれてしまう。


■孤独と依存はセットである


 中国の孔子の有名な格言に「子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず」がある。

 平均寿命の短い時代を生きた孔子でさえ、30歳でようやく自立できたと言っている。30代成人説は孔子の言葉とも言えそうだ。

 精神的に自立できていないと、様々な弊害、時には人生の破滅へ向かうこともある。以前、作家の中村うさぎさんと精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳先生のトークイベントに参加した際、うさぎさんは会社員時代、経済的には自立していたが、「孤独」という病に侵されていたと語っていた。そのため作家デビュー後、買い物依存症に陥り、最終的には出版社から印税を前借りしてブランド物を買い漁る生活にまで堕落してしまった。
 
 孤独と依存はセットなのだ。大先輩作家であるうさぎさんに自分を重ねることは大変恐縮ではあるが、以前の私の唯一誇れたことは「若手ライターにしては仕事ができること」だった。会社員時代のうさぎさん状態である。私にできることはライターという仕事しかなかった。仕事ができる自分に陶酔し、そしてもっと仕事を頑張れば収入が増えて、愛だってお金で買えるかもしれないとホストクラブに通ったこともあった。

 しかし、ホストたちが求めている額のレベルは違った。3〜4万しか使わない客には最低限のサービスしかしてくれない。コンビニで買えば1缶105円の「カロリ。」がホストクラブという名のディズニーランドでは4缶で3万円に化ける。300万のシャンパンタワーでも積まない限り、私が求めている、チヤホヤしてくれるホストなんていないのだ(そうではない、細客をこまめに大事にする営業法のホストもいるけれど)。

※細客(ほそきゃく)→ホストクラブ用語で、あまりお金を使わない客のこと


■年齢なんてただの記号でしかない


 私は自己肯定感の低さと精神的に成人していなかったことからR氏に依存し、そしてメンタルが崩壊した。しかし、幸いにも私には理解のある友達がいた。友達に癒やしや承認を求めたこともあったが、それでも私は完全には満たされなかった。私の満足度に欠けていたのは、優しくて尊敬し合える男性からの承認だったのだと今なら分かる。私は今、依存先が分散されていたり、客観的なものの捉え方ができるようになったことから、健康的な依存の状態だと主治医に言われている。

 また、類友なのか、私の友達にもそれぞれ「孤独」を抱えている子が多い。連絡が1ヶ月もとれなくなり、最悪の場合一人暮らしの部屋で孤独死しているのではないかと心配し、彼女の職場の人に彼女が出勤しているか連絡を入れたこともあった。結果、誰とも連絡を取りたくないほどうつ状態に陥っていただけできちんと仕事には出ていて、とりあえず生きていたことに安心した。
 
 高校時代や10年ほど前は「このまま一生、目が覚めなければいいのに」と思いながらベッドに入っていた。成人してからは酩酊状態になるまでアルコールを摂取して、倒れるように眠りに落ちていた。軽いアルコール依存症だったのだと思う。
 
 しかし今は、毎晩朝が来るのが楽しみで仕方がない。朝目が覚めたらコーヒーを淹れ、マグカップ片手にベランダに出る。そして、カップを手すりに置いて両手を広げ、目を閉じて存分に朝日を浴びる。最高に気持ちが良い。このときは「私のために朝日が降り注いでくれている」と思える。そして目を開け、遠くに見えるビルや流れ行く車を5分ほど眺める。その後は部屋に戻って飼い猫の水を換え、ロボット掃除機のスイッチと洗濯機のスイッチを入れ、歯磨きをしつつメールをチェックしたり原稿に向かったり、打ち合わせや取材がある日は支度をして出かける。

 二十歳そこそこの若者からするとアラサー女性の「年齢なんて記号」という言葉は若さへの嫉妬や言い訳のように聞こえるかもしれない。恥ずかしながら私も、10代後半の頃はそう思っていた。

 でも、実際に年齢はただの記号であり、重要なのは中身の年齢なのだ。実年齢を重ねたって、いつまでも精神的に自立できずに苦しんでいたり、身近な人を傷つけている大人だっている。今後も鈴木悠平氏の言う「30代成人説」を胸に、笑顔で毎年誕生日を迎えたいし、もっともっと精神年齢の発達にも期待したい。

姫野桂さん連載『「普通の女子」になれなかった私へ』バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/himeno/

姫野桂(ひめの けい)
宮崎県宮崎市出身。1987年生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。現在は週刊誌やWebで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イースト・プレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。ツイッター:@himeno_kei

2019年3月22日 掲載

関連記事(外部サイト)