「東大合格者」2019高校別ランキングベスト20 合格者激減の“名門”も…

「東大合格者」2019高校別ランキングベスト20 合格者激減の“名門”も…

東大合格者 名門高で激減も

■「東大合格校」悲喜劇の舞台裏(1/2)


 盛者必衰の理というけれど、猛き者がいつまでも滅びないこともあれば、あっという間に風の前の塵と消えるケースも。東大合格校の話だ。今年も受験生たちの真剣なまなざしの背後で、盛者と塵が入り乱れた。むろん、そこで繰り広げられたのは悲喜劇である。

 ***

 めざす頂きが高いほど悲喜劇も深まるというものだ。たとえば、東大が毎年合格者を発表する3月10日、受験生とその家族はもちろん、合格者数が看板になる高校や、OBたちの間にも、甲子園出場を決める戦いを見守るかのように固唾をのむ姿が見られた。

 だが、各々のドラマに焦点を当てる前に、合格者数ランキングのトップ校に目を向けたい。

 1学年160人中、毎年100人以上が東大に合格する筑波大附属駒場が未発表で、暫定的に開成と麻布という有名校がトップ2に並ぶ。開成は38年連続1位だが、187人はここ数年で最多。麻布も近年で最も良かった昨年に迫り、しかも現役が昨年より9人多い70人と内容がいい。

「校則がない自由な校風で知られる麻布も、2013年に平秀明校長が就任してから、落ちこぼれないようにきめ細かい指導が行われ、学力が高まっています。ところで、麻布は橋本龍太郎、福田康夫と2人の首相が輩出していますが、開成はまだ。OBの岸田文雄総理誕生が開成の悲願です」(さる教育ジャーナリスト)

 2校のつばぜり合いの陰には、サイドストーリーがあったのである。

 ところで、この2校の良好な結果は、入試問題とからめても語れそうだ。駿台教育研究所の石原賢一進学情報事業部長は、

「今年は、昨年数を減らした首都圏の中高一貫校が盛り返した印象があります」

 と言って、続ける。

「入試で英語が易化(いか)してあまり差がつかず、国語も古文が易化した。世界史もやさしく、文系で合否の決め手になったのは数学です。理系は数学と物理、化学が難化し、これらのできが合否を分けた。こうなると強いのは、進度が速くしっかり演習できる中高一貫校の生徒です。公立は高校に入ってから高校分野の勉強を始めるので、数学IIIなどは演習量が少なくなりがちです。特に理系の現役生は、理科2科目を仕上げるのが難しいんです」


■聖光と栄光


 中高一貫校のなかでも今年、合格者を増やしたのが93人の聖光学院だ。ずっと同じ神奈川の栄光学園の後塵を拝し、四半世紀前の1994年は栄光の66人に対し35人だった。ちなみに聖光学院は、野球の強豪である福島県の同名の高校とはなんら関係がない。著名なOBは小田和正で、聖光学院関係者が言うには、

「小田は栄光に落ちて聖光に進学。やはり栄光に入れず聖光の同級生になった鈴木康博と、オフコースを結成しました。以前から聖光がいまのように難関だったら、オフコースは誕生しなかったのです。だから、小田はいまも時々、聖光のホールで歌っています」

 小田が母校愛を寄せる聖光は、なぜこうも伸びたのか。聖光の進路担当は、

「例年通りの指導をしており、今年の結果は生徒たちが一生懸命やったから」

 と話すが、中学受験塾サピックス小学部の教育情報センター本部長、広野雅明氏が説明する。

「一昔前、サピックスの80%合格偏差値では聖光と栄光は横並びか、栄光のほうが上でした。それが6年前の偏差値は、聖光が64で栄光は61。栄光は試験問題が凝っていて、できる子でも相性が悪いと落ちる。一方、聖光は入試を2回行い、帰国生入試も行い、入口のチャンネルが多様で優秀層を逃がしません。また栄光は、いまは大学入試に関して面倒見がいいですが、6年前は思考力や記述力の鍛錬には熱心でも、入試対策は自分でやりなさいという面が残っていた。対して聖光は、大学受験対策も学校の使命だと早くから公言。校舎を新しくしたことにも人気が支えられました」

 だが、聖光の勝利、とは言い切れないようだ。

「19年の中学入試で、栄光と聖光の差はだいぶ縮まりました。栄光は昨年の東大合格実績がよく、校舎も新しくなったばかりで、人気が高まりました」(同)

 校舎の建設を監修したのは、OBで新国立競技場の設計者、隈研吾氏。小田に対する隈氏の逆襲はなるか。


■100人超から1人に


 ところで、神奈川の私立といえば、90年代には桐蔭学園がたびたび100人を超える東大合格者を送り出していたが、今年は推薦の1名のみで、一般入試の合格者はなんとゼロだ。

「このところ中学と高校ともに、あまり優秀でない生徒を入学させています。一時は毎年、千数百人の卒業生を送り出していましたが、少子化が進み、親が小規模な学校でのキメ細かい指導を好むようになり、レベルが落ちてしまった」

 と、大学通信常務取締役の安田賢治氏。もはや国破れて山河もなし、とでもいうべき状況で、桐蔭から早稲田に進んだデーモン閣下、慶應に進んだ巨人前監督の高橋由伸氏、そして聖マリアンナ医科大に進んだ西川史子女史らの嘆きの声が聞こえてくるのである。

 聖光学院と入れ替わるように合格者を減らしたのが、進学校の代名詞、灘だ。73人は、65年の66人以来の少ない数字だが、一方で最難関の理科3類(医学部進学コース)に20人、京大医学部に26人など、実績は驚異的でもあるのだ。

「今年は、医学部志向が強かった面はある」

 と言うのは同校の進路担当で、安田氏が補う。

「今年の灘は卒業生219人のうち、文系が40人を切って、理系の多くが医学部をめざしたんです。関西では、投資して回収という意識か、医学部志向が強い」

 そして、経済学部進学コースである文科2類の合格者はゼロである。その文2だが、今年は文系の最高峰とされる文科1類の最低点を上回っていた。

「東大が最低点を公表するようになった01年以降、初めて。官僚が叩かれ、政治家志向も低い状況下で、優秀層が経済学部に流れているのでしょう」

 と話すのは駿台の石原氏だが、灘はわれ関せず。そういえば、オウム真理教の元幹部の石川公一氏も、灘から東大理科3類に進学していた。むろん、だれも彼の背中を追っているわけではあるまいが。


■史上初トップテン入りした福岡の高校


 一昨年の78人が去年は48人に激減、今年72人に戻した渋谷教育学園幕張は、

「今後も増加基調になると思います。1月の試験で渋幕に合格したサピックスの生徒の3分の1弱は、2月以降受験していない。第1志望にする人が増えていて、特に千葉寄りに住む受験生は、都内の御三家に合格しても渋幕に進学する場合が年々増えています」

 と広野氏。では、なぜ昨年減ったのか。

「去年の卒業生は、東日本大震災後に初めて受験した層。地震で、埋め立て地にある渋幕の敷地は液状化に見舞われ、それを見て避けた家庭が多かったといわれた。すると案の定、東大合格者が減ったのです」

 と、先のジャーナリスト。広野氏は「数字的根拠はないのでは」と一蹴するが。

 3年続けて下がっていた駒場東邦は、少し盛り返したが、実は入試直前、危機に直面していた。

「1月下旬、週刊文春と週刊朝日が相次いで、駒東内で理科室不倫とパワハラが起き、校長が更迭されると報じたのです。悔しがったのは在校生たち。こんな報道に負けるか、という気概も、よい結果につながったのでは」(駒東関係者)

 雨降って地固まる、か。

 さて、意外と言っては失礼だが、久留米大附設が躍進し、同じ九州のラ・サールを突き放した。

「福岡の高校がトップテンに入るのは史上初」

 とは安田氏の弁。同校の進路指導室に尋ねると、

「実は附設中学を6年前に共学化して、今年が初めての大学受験でした。東大や理系は女子に厳しいという印象があり、どうなるかと思いましたが、期待以上に頑張ってくれました」

 ところで久留米大附設は、今年、東大文1を受験して不合格だったホリエモンこと堀江貴文氏の母校。すでに述べたように、今年の入試は数学勝負だった。「数学なめてたよね」とぼやいて見せたホリエモン、あと少し頑張れば、母校の合格者数は51になったのか。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年3月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)