人は耳から衰える… 「認知症」「うつ病」を引き起こす「加齢性難聴」対処法

■人は耳から衰える! 「認知症」「うつ病」リスク増大の「加齢性難聴」(2/2)


 年齢を重ねることで聴力が衰える「加齢性難聴」患者は、1千万人以上と言われている。その影響は、単に耳のみにあらず。難聴は「認知症」も引き起こすとされ、英の医学誌「ランセット」が2017年に掲載した論文では、糖尿病や高血圧などを抑え、難聴を“最大”のリスク要因に挙げているのだ。対策はあるのだろうか。

 ***

 まずは「聞こえ」のメカニズムについておさらいしておきたい。

 川越耳科学クリニックの坂田英明院長が解説する。

「空気の振動である“音”は、まず耳介で集められ、外耳道を通って鼓膜に届きます。鼓膜に伝わった振動はツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨と呼ばれる三つの骨で増幅され、内耳にある“蝸牛(かぎゅう)”に至ります。リンパ液で満たされた蝸牛の内側には“有毛細胞”が毛のように生えていて、それがリンパ液と一緒に揺れて電気信号を発生させる。そして、電気信号が神経を伝って脳へと達し、音として認識されるわけです」

 この有毛細胞が壊れて機能が低下したり、細胞数が減って起こるのが、加齢性難聴だ。ちなみに、壊れてしまった有毛細胞は二度と元には戻らない。

 だからこそ、難聴には早めの対処が何より肝要。

 坂田氏が対策として挙げるのはまず生活習慣の見直しだ。

「動脈硬化をはじめとする血管障害は難聴の原因となり得ます。というのも、内耳には細い血管が走っている。そのため、糖尿病や脂質異常症といった生活習慣病のせいで動脈硬化が進むと、血管から有毛細胞にエネルギーを運べなくなってしまうのです」(同)

 内耳の血流が悪くなるという意味では、喫煙にも注意が必要。1日にタバコを21本以上吸う人は吸わない人に比べ、高音域で「1・7倍」も聴力低下リスクが増すと報告されている。

 その上で、坂田氏が勧めるのは耳を鍛える二つの方法だ。ひとつ目は「井戸端会議」である。

「他愛ない話題で構わないので3〜4人程度のグループで会話をしてもらう。全員の発言に耳を傾けて会話についていき、自分も発言して脳の機能を維持する。標準語よりも音に抑揚がある関西弁の方が効果的という説もあります」

 もうひとつは「速聴トレーニング」なる方法で、

「録音した音声を2〜3倍の速度で再生して聞き取るのです。素早く言葉を把握するには耳を研ぎ澄ませる必要があるので脳が活性化します。慣れてくると、普段の会話がゆっくりと聞こえ、言葉が明瞭に理解できるようになります」(同)

 しかし、前述したように、ひと度、加齢性難聴になれば不可逆的で、現代の医学では聴力を取り戻すことは不可能。特効薬も存在しない。

 そうしたなか、専門医は異口同音に「なるべく早く補聴器をつける」ことを勧めるのだ。

■脳のリハビリ


 誤解されがちだが、老眼に悩む人が老眼鏡をかけるのと、難聴の人が補聴器をつけるのでは、全く意味合いが異なる。

「確かに、近眼や老眼の場合は、メガネをかけて物理的に矯正すれば見えやすくなります。しかし、加齢性難聴は、音を感じるセンサーの能力自体が落ちてしまっている。目でいえば近視ではなく、弱視のような状態なのです」

 とは、慶應義塾大学医学部・耳鼻咽喉科教授の小川郁医師の弁。

「難聴の人が補聴器をつけるのは単に耳に届く音を大きくするためではなく、脳をトレーニングして聞こえを補うため。その意味で、補聴器は脳のリハビリに他なりません」(同)

 済生会宇都宮病院で耳鼻咽喉科主任診療科長を務める新田(しんでん)清一氏が言葉を継ぐ。

「有毛細胞は再生しないため、失われた聴力が回復することはありません。ただ、興味深いデータもあるのです。両耳の聴力が同じ程度の難聴患者に、片耳だけ補聴器をつけてもらう。すると、補聴器をつけた耳だけ“言葉を聞き取る能力”が維持されていた。聴力が衰えても、脳を刺激することで言葉を聞き取る能力は保持できるのです」

 だが、理解不足から、現在の日本では補聴器が広く普及しているとは言い難い。

 実際、難聴者のうち補聴器を使用しているのはわずか14%。普及率が50%近いイギリスと比べれば3分の1にも満たない数字だ。


■「聞こえの脳」に変える


 背景には、「補聴器がなくてもどうにかなる」「年寄りじみて見えるのが嫌だ」といった理由に加え、モノによっては両耳で100万円を超える価格も影響している。他方、思いのほか多いのは、「購入したものの合わないのでやめてしまった」ケースだという。

「本来は補聴器を購入してから定期的に耳鼻科に通い、聞こえの状態を確認しながら音量を上げていく必要があります。しかし、日本ではそうしたケアが万全ではない。欧米では8割近くが耳鼻科で検診を受けて補聴器を購入しますが、日本の場合は、半数以上が耳鼻科を介さず、デパートや通信販売で補聴器を入手している。これでは十分なサポートは望めません」(小川氏)

 新田氏が続ける。

「初診で来られる患者さんは、よく“補聴器は持っているけど、たいして聞こえるようにならない”と仰います。ただ、これは補聴器の音量設定が小さすぎるからなのです。加齢による難聴では耳の機能低下が進んで、脳が音の刺激の少ない状態に慣れている。そのせいで、必要な音量に設定すると多くの患者さんは“うるさい”と感じます」

 そうした苦情を避けるために、販売する業者はあらかじめ補聴器の音量設定を下げてしまうのだ。

 だが、これでは脳のトレーニングにはならない。

「私の病院では“難聴の脳”から“聞こえの脳”に変えるトレーニングとして3カ月間、お風呂と就寝の時間以外は常に補聴器をつけてもらいます。音量は目標の約7割からスタートしますが、それでも“うるさい”と感じる人が多い。しかし、1カ月も我慢すると日常会話を聞き取りやすくなる。2カ月経てば脳も慣れてきて、3カ月目には微調整する程度。患者さんの印象も見違えるように変わって“これから人生を取り戻します”と仰る方も少なくありません。たとえ90歳からでも“聞こえ”が良かった頃の脳に近づけることは可能です」(同)

 難聴は人に疎外感を抱かせ、孤独感を増幅させる。そこから抜け出すには、家族や専門家の声に耳を傾ける努力こそが必要なのだ。

「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)