18年ぶり新作長編『十二国記』の楽しみ方【後編・全10タイトル、どこから読むか?】

■18年ぶり新作長編登場『十二国記』の楽しみ方――大森望(2/2)


〈十二国〉を舞台にしたファンタジー小説《十二国記》シリーズの新作が、この10月と11月に2冊ずつ刊行される。“続き”がじつに18年ぶりに出るとあって、発売前から予約殺到の大反響。その魅力はどこにあるのか。特徴と設定を解説した前回に続き、翻訳家・書評家の大森望氏が、楽しみ方をご紹介する。

 ***

 刊行予定の新作も含め、シリーズ全10タイトルを、新潮文庫で付されたEpisode番号順に並べてみよう(2ケタ数字は初刊年、※印は短編集を示す)。

(0)『魔性の子』'91
(1)『月の影 影の海』'92
(2)『風の海 迷宮の岸』'93
(3)『東の海神(わだつみ) 西の滄海』'94
(4)『風の万里 黎明の空』'94
(5)『丕緒(ひしょ)の鳥』'13※
(6)『図南(となん)の翼』'96
(7)『華胥(かしょ)の幽夢(ゆめ)』'01※
(8)『黄昏(たそがれ)の岸 曉の天(そら)』'01
(9)『白銀(しろがね)の墟(おか) 玄(くろ)の月』'19

 シリーズの刊行歴をおさらいしておくと、現代日本を舞台にしたプロローグというかパイロット版にあたる(0)が新潮文庫ファンタジーノベル・シリーズから刊行されたのは、いまから28年前。この時から、カバーイラストは山田章博だった。

 その翌年、少女向けライトノベルレーベルの講談社X文庫ホワイトハートに移ってシリーズ本編が開幕、2001年までに7タイトルを出した。当初から絶大な人気を誇り、同人誌が山のように出て《十二国記》オンリーイベントが開かれるほどだったが、その評判が一般読者にも浸透し始めたのは(6)あたりから。その人気を受けて、00年からは挿絵なしバージョンが講談社文庫にも収録され始める。初の短編集(7)(「冬栄」「乗月」「書簡」「華胥」「帰山」)の刊行は、講談社文庫版が初めて先行した。

 02〜03年にはNHKでTVアニメ化。(1)→(2)→「書簡」→(4)→「乗月」→(3)の順で、全45話が放送された(監督は小林常夫、脚本は40話までが會川昇、41話以降が藤間晴夜)。このアニメの影響もあり、《十二国記》人気はさらに拡大。日本を代表するファンタジーという地位を確立した。

 そして12年、《十二国記》は新潮文庫に復帰。それまで別枠だった『魔性の子』をEpisode0としてシリーズに組み込んだうえ、“完全版”と銘打ち、既刊の新装版を出し始める。(0)から(4)までを順に再刊したのち、13年には新たな短編集『丕緒の鳥』を(5)として刊行。その後、(6)、(7)、(8)と再刊し、(8)の直接の続編にあたる新作(9)につないだ。

 この10タイトル((1)と(4)が上下、(9)が4分冊なので、新潮文庫版は全15冊となる)をどういう順番で読むのがベストかという問題はなかなかむずかしい。発表順やEpisode番号順に必ずしもこだわる必要はないが、(8)と(9)はセットなので、(9)の前に、最低限(8)は読んでおいたほうがいい。

 この高里ルートの起点が(0)『魔性の子』。ただしこれは、前述の通り現代日本が舞台で、ホラー色が強く、他とは肌合いが違う。核になるのは、名門私立男子高校の2年生、高里要。幼いころ神隠しに遭って以来、彼のまわりでは不可解な事故が相次ぐ。教育実習生の広瀬は高里に興味を持つが、“祟り”はさらにエスカレートし……。一見、王道の青春ホラーだが、その背後に聞き慣れない言葉や謎めいた存在が見え隠れする。“ここは自分の本当の居場所じゃない”という思春期の思いにかたちを与え、最後はすさまじいカタストロフとカタルシスを同時に味わわせてくれる作品。

 その高里が神隠しに遭っていた(十二国にいた)幼少期を描くのが(2)。麒麟が王を選ぶとはどういうことか。“運命の人”は本当に“運命の人”なのか。まるで結婚に迷う恋愛小説の主人公のような幼い麒麟の心模様が瑞々しく描かれる。牧歌的な短編「冬栄」をはさんで、その後の戴(たい)国に訪れる災厄と、それを克服するための努力を描くのが(8)と(9)。シリーズ中でも、戴国をめぐるこの流れが主軸と言っていいだろう。


■日本の「女子高生」編も


 もうひとつの大きな軸が、現代日本の女子高生だった中嶋陽子をめぐる慶国のストーリー。陽子がわけもわからずとつぜん十二国に連れてこられてたいへんな目に遭うのが、シリーズ本編の開幕編(1)。陽子の物語は、3人の少女たちを主役とする波瀾万丈の傑作(4)につながり、この巻で《十二国記》は最初のクライマックスを迎えることになる。

 作中の時系列でもっとも古いのが(3)。戦国時代の日本で、滅亡に瀕した小松水軍を率いる小松尚隆は、延麒・六太に救われ、「国が欲しいか」と問われて「欲しい」と言い切り、雁国の王となって、おそろしく荒廃した国の再建に乗り出す。時代小説ファンなら、この巻から読み始めるのもありだろう。主要登場人物の流れを追うルートなら、(3)→(1)→(4)→(2)→(8)→(9)か。

 長編で唯一、胎果が登場しない番外編が(6)『図南の翼』。恭(きょう)国の大商家の娘・珠晶(しゅしょう)が12歳にして家出し、王となるために麒麟のいる蓬山へと向かう、明朗冒険活劇。時代設定は(3)の次に古く、話は他の巻から独立している。北上次郎氏はこの巻から《十二国記》に思いきりハマったそうなので、まず一冊読むなら、これを選ぶのも悪くない。

 短編で試したいという人には、市井の人々が主人公となる短編4編を集めた(5)がおすすめ。表題作は陶製の鳥をつくる陶工の話で、珍しく技術にスポットがあたる。死刑制度をテーマにした「落照の獄」、国土の荒廃を食い止めるため、絶望的な状況下にあっても最善をつくす人々を描く「青条の蘭」と「風信」もすばらしい。著者の実力と《十二国記》の魅力を思い知るには、短編ひとつでじゅうぶんだろう。

 とはいえ、どのみちぜんぶ読むことになるんだから、あれこれ考えずに(0)から順に読むのが正解かもしれない。手垢のついた言葉だが、いまから《十二国記》を初体験する人がうらやましい。一路順風(よいたびを)!

大森望(おおもりのぞみ)
翻訳家・書評家。1961年高知県生まれ。京都大学文学部卒。出版社勤務を経て、翻訳、評論活動に入る。主な著作に『現代SF1500冊 乱闘編』『同・回天編』『特盛! SF翻訳講座』『現代SF観光局』、『文学賞メッタ斬り!』シリーズ(共著)ほか。訳書も多数ある。

「週刊新潮」2019年10月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)