1時間お茶するだけで1万円…パパ活で荒稼ぎする30歳美人「茶飯女」の人心掌握術

1時間お茶するだけで1万円…パパ活で荒稼ぎする30歳美人「茶飯女」の人心掌握術

あわよくば女性を口説き落としてホテルに連れ込みたいという下心を持つ男性のほうが多いのではないか(写真はイメージです)

 現代社会を生きる女性が避けては通れない「婚活」「結婚」「妊活」「子育て」。これらのライフイベントに伴う様々な困難にぶつかりつつも、彼女たちは最終的には自分なりに編み出した「ライフハック」で壁を乗り越えていきます。読めば勇気が湧いてくるノンフィクション連載「女のライフハック」、待望の第9回です。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/rikaoizumi/

***


■真面目そうな、普通のサラリーマン風の男性が多い


 年上の男性とデートをして、その対価としてお金やプレゼントを貰う“パパ活”は、必ずしも性行為を前提としていないライトさから、気軽に始める若い女性が多いと言われている。しかし、果たして男性側は、何を思って“パパ”になることを希望するのだろうか。もちろん、本当に一緒に食事や会話を楽しむ以上のことを一切求めずに、それで相手の女性に相当の対価を支払う男性も存在するとは思う。

 けれど、あわよくば口説き落としてホテルに連れ込みたいという下心を持っていたり、手っ取り早く、金銭の授受と引き換えに性行為へと及びたいと考える男性のほうが実際は多いのではないかと思うし、パパ活する女性たちは、前者のようなおいしい相手に巡りあうことを期待しつつも、実際は手練手管を駆使して、男性の下心をかわしているのではないだろうか……。
 
 そこで今回は、実際にパパ活をしているという阪野麻衣さん(仮名・30歳、独身、キャバクラ勤務)に、そのあたりの実状を尋ねてみることにした。

 取材当日、新宿にある老舗の喫茶店に現れた麻衣さんは、秋らしいブラウンのパンツスーツに、レースでデコルテのあたりが透けてみえる黒いノースリーブニット姿で現れた。耳たぶにはシャネルのピアス、バッグはプラダ。ファッションに疎いわたしが見ても、お金のかかっていることはわかる服装をしている。

 すらりとした長身で、ヘアスタイルは顔の小ささが引き立つショートカット。本業はキャバクラ嬢ということだが、メイクも服装もシックにまとめているため、ほどよく落ち着いた雰囲気だ。彼女がオーダーしたアイスティーが届いたところで、さっそく本題を切り出した。

「パパ活の相手は、主にアプリで見つけています。パパ活アプリっていうのがあるんですよね。わたしの場合は、paters(ペイターズ)や、paddy67(パディロクナナ)を使うことが多いんですが、実際にやってみるんで、ちょっと見ててもらってもいいですか」

 麻衣さんはスマートフォンを取り出すと、パパ活アプリのアイコンをクリックした。するとずらりと男性の顔写真が並んで表示される。年齢層は40代から50代くらいがメインだろうか。一時期前に流行した“ちょい悪オヤジ”のようなタイプは少なく、むしろ真面目そうな、至極普通のサラリーマンといった風貌の男性が多い。そんな彼らに対して、 麻衣さんは片っ端から『いいね』を付けていく。

「私の場合は、お相手は誰でもいいので、ひたすら『いいね』しちゃってますね。それで、向こうからも『いいね』が来たら、メッセージのやり取りができる状態になります。メッセージは、あらかじめ定型文をセットしてあるので、送信ボタンを押すだけです」

 スマホの画面を見せてもらうと、可愛らしい絵文字付きの定型文が入力フォームに表示されていた。こうすることで、必要最低限の手間で、相手とのやり取りをスタートさせることが出来るという。

 しかし、お相手は誰でもいいといっても、遠方の人とは、なかなか会いにくいのではないだろうか。気になって尋ねると、麻衣さんは首を横に振った。登録している男性たちは、仕事で東京を訪れる機会の多い出張族も多いため、たとえ地方に住んでいる相手であっても、関係ないという。地元を離れたテンションで、財布の紐も緩みがちになるメリットすらあるそうだ。

 それよりもむしろ避けるべきはイケメンと、若い男性だという。イケメンの男性は、自分に自信があるために金払いが悪く、若い男性もお金を払わない出会いを求めていることが多い、というのが麻衣さんの主張だ。なるほど、そう言われれば確かにその通りのようにも思えるが、イケメンと若い男性さえ避ければ、いざ会ってから、金銭の授受で揉めることはないのだろうか。


■初回はお顔合わせのみ、お茶1時間で1万円のワケ


「それは、事前のやり取りで、しっかりと決めておくんです。例えばこの方は、今度お会いする予定で連絡を取っているんですが、こういうやり取りをしています」

 麻衣さんが再び見せてくれたスマホの画面には、『私の条件ですが、初回はお顔合わせのみ。新宿でのお茶1時間で1万円。次回以降はお食事で1万。フィーリング合えば継続。あとはお察しで……』という男性とのメッセージのやり取りが表示されていた。“お察し”という言葉のセレクトが絶妙だ。

「これでよければ会いましょうっていう流れです。わたしの場合は、待ち合わせの場所はだいたい新宿にしています。それで、真面目っぽい人は『R』に連れて行って、経営者タイプの人はハンバーガーとかが置いてあるようなカフェ、気難しそうな人や、タバコが吸いたい人は、ここの喫茶店。約束通り、1時間だけお茶をして解散するんですけど、『もうちょっと、一緒にいたい』っていう人は、『じゃあ、買い物に行こう』って誘う。なので、駅ビルやデパートのすぐ近くのお店が、都合いいんです」

 デートの延長を望む男性には、ショッピングデートを提案し、行った先で服やコスメ、小物などを買ってもらうという。が、会ってまだたった1時間しか一緒に過ごしていない女性に、そうホイホイと財布を開く男性がいることが、わたしにはどうしても信じられない。麻衣さんは何か特別なテクニックでも持っているのだろうか。

「男性の“ヤリたい”っていう感情を、分析して明確にすると、実は、女の子の肌を見たいとか、エッチな格好を見たいってところに行きつくんです。そこをくすぐる。

 あと実はわたし、洋服屋の店員さんの、何人かとグルなんですよ。それで、パパを連れていった時は、『あの人、買ってくれる人で、あなたの売り上げ成績にもなるので、どんどんノセちゃってください』って、こっそり伝える。なんなら、パパと会う予定の2日前に下見に行って、店員さんと『今回はこれを買わせよう』って打ち合わせをしておくことも。

 そうやって口裏合わせて、決めておいた服を持って来てもらって、試着室から出た瞬間に、『めっちゃかわいいー。似合うー。彼氏さんにこんなに買ってもらうなんてマジ幸せですね〜』って褒めてもらうんです。

 そこで『買っていい? 今度のデートで着ようと思うんだけど』って次のデートを匂わす。目の前に、新しい可愛い服を着てる女性がいて、その女性の肌が見えていて、さらに店員さんからの圧力がかかると、『これ、俺払うしかなくない?』ってなるんですよ。

 そうなったら、もうこっちのもの。『ありがとう! じゃあこれもいい?』ってそこらへんにある数千円の小物も追加して。男性側は、その時には感覚が麻痺してるので、ダメとは言いませんね」


■裕福ではない男性に財布を開かせるテクニック


 男性の財布を開かせるために、あらかじめ協力者を作っておく鮮やかな手口に驚いたが、この手法を見出したのは、麻衣さんの前歴の経験を踏まえてのことだという。実は麻衣さんには20代前半、アパレルブランドのショップ店員として働いていた時期があったという。

 ショップ店員は通常、自分の勤め先のブランドの服を身に着けることになる。購入に当たっては、一応、社販で割引されるものの、それでも負担は大きく、家賃や水道光熱費や携帯代、社販の引き落としの後に、麻衣さんの手元に残るのは、3万円ほどだったという。

「クレジットカードを使いすぎて負債がかさんで、それがパパ活を始めたきっかけでもあったんですが、だからショップ店員さんの事情もわかるんです。この間も、ずっと仲良くしていた店員さんが辞めちゃったので、シャネルをプレゼントしました。『今まで、ありがとう』って」

 自分が欲しい服ばかりでなく、コスメやハイブランドの小物やバッグといった、転売しやすいものを買ってもらう場合もあるという。話を聞いていると、パパ活男性は、なかなか気前のいい人ばかりに思えるが、いざ会ったとこで、必ずしも裕福な男性ではない場合もある。そうした場合は、どうしているのか。

「あんまりお金がなさそうな人の場合はファストファッションブランドのお店に連れて行くんです。『散歩しよう』って、腕を組んだりして、ハートをキュッとさせつつ、『鞄がないから、ファストファッションブランドのやつでもいいから買って』って。

 で、店に入ったら2千円の二ットとか3千円のワンピースを『可愛い、これもいい?』ってどんどん籠に入れていく。ファストファッションブランドって、一品一品は安いイメージがあるけど、それでも、数をのせていったら2万円とかなるんですよ。

 買ってもらったあとに、クレジットカードじゃない場合は、会計の時にレシートを貰うんです。30日以内にタグを切らない状態でレシートを持っていけば返品できて、お金が返ってくる。これが1万円にプラスのお手当になります」

 1万円という現金を渡し、さらには服やブランド品までも貢がされた男性が次に期待することといえば、ホテルに行くことだ。しかし、麻衣さんはそこもテクニックで乗り切っているという。

「私、ダブルワークをしてるということにしてあるんです。キャバクラ嬢であることは伏せて、昼はOLで、夜は健気にカラオケボックスでバイトをしているっていう設定で。『その隙間時間をぬって、あなたと会ってるの。だから収入が減ったら困る』って。それでも引き下がらない人は、『もう7時だ、遅れちゃう。店長にメールしなきゃ』って言いますね。

 男性って社会的なので、ヤリたいっていう自分の欲望よりも、仕事には行かないといけないっていう正義感のほうが働くんですよ。真面目な人ほどそうなるんです。で、『行っておいで』って。そのままドロンします。

 わたしは基本的には初回荒らしというか、ほとんどの人とは1回だけしか会わないんです。初回のほうが時間的な拘束が1時間で済む。2回目の食事の場合だと、もう少し長い時間になるから、相手の話がおもしろくなくて、こっちに実りがないとつらいし、わたしは、体目当てで近づいてくる、知らないおじさんと食べる何万円もする高級なフレンチより、一人で食べる400円前後のチェーン店の牛丼のほうが気楽で好きなんです」


■パパ活男性に毎日が充実してる人はいない


“パパ活”の流行りで、アプリを通していくらでも新しい“パパ”に会うことが出来るこの状況は、麻衣さんにとって追い風のようだ。しかし、トラブルに巻き込まれたことは一度もないのだろうか。

「一度だけありますよ。お茶をするって約束で、その時は品川のホテルのラウンジを指定されて行ったら、入口で、『俺、俳優志望だったんだけど、女優志望で俺に抱かれたい女ってめちゃくちゃいるわけ。だから、ホテルに行かないなら金は払わない』って。もちろんこの時はお茶もなかったのでお手当もなく、交通費でマイナスで、そのまま帰ってアプリに違反通告しました。違反通告が募ると、強制退会になるので」

 こうして質の良くない男性は振り落とされる仕組みもパパ活サイトにはあるという。もちろん、女性側も同じで、デートのドタキャンや、写真と顔が違うこと、明らかな業者が間に入っている場合や、シャワーを浴びている間にお金を盗られた等が、違反通告されることになる。

「あとは、いきなり売春を吹っかけてくる女性も、嫌がられることが多いですね。パパ活用語で『有害』って呼ばれて晒されていることがよくあるんですが、初めましての言葉もなく、ろくにしゃべりもせずに『私、1回5万円です』みたいな病んでるタイプ。5万で愛人って、安すぎるって思うんですけど。

 ただ、わたしみたいなお茶だけしか付き合わない女性も、ネットの掲示板では『茶飯女』って呼ばれてますね。そういう女性を落とすことを『茶飯返し』って言うんですが、『茶飯返しが一番楽しい』っていう書き込みはすごく多いです。

 けどわたしは、パパとホテルに行くことは絶対にない。だから、あんまり恨みを買わないように、会うのは1回こっきりで、数を稼ぐことにしてるんです。サラリーマンでも高収入の社長でも、パパ活する男性にとっての1万円は、ゲームセンターのワンプレイ感覚と一緒なので」

 パパ活男性にとって1万円は、たとえホテルに誘うことに失敗したとしても、そこまで怒りや落胆を感じることはない金額であり、たとえ買い物で、もういくらかを費やしていたとしても、自己責任の意識の強い男性ならば、「支払うという決断をしたのは、自分だし、そもそも最初からお茶だけだと言っている女性を落とせなかったのは自分の力不足」として諦める……そういうリスクを負ってまでして、パパ活サイトに登録しようというのは、いったいどういう男性なのだろうか。最後に麻衣さんに、パパ活で出会う男性の特徴を聞いてみた。

「既婚の方が多いですね。キャバクラはただの商業施設だから嫌で、不倫に憧れがある人や、承認欲求が強い人が多いと思います。いつも家庭で無下に扱われてて、淡々と平凡な日々を過ごしてて、会社でもあたり障りない存在で、不満を抱えている人。自分が承認される場所が欲しいっていう。

 逆に、家庭で美味しいご飯を食べて、思いやりのある会話をして、規則正しい生活をしてっていう、毎日が充実してる人はパパ活男性にはいないです。足りない部分がないから。男も女も、足りない部分を満たして欲しいから、パパ活に手を出してるんですよ。足りない部分を、人の気持ちとか善意とかお金とかで補おうとしているんだと思います。それが私の分析です」

大泉りか(おおいずみ・りか)
1977年東京生まれ。2004年『FUCK ME TENDER』(講談社刊)を上梓してデビュー。官能小説家、ラノベ作家、漫画原作者として活躍する一方で、スポーツ新聞やウェブサイトなどで、女性向けに性愛と生き方、子育て、男性向けに女心をレクチャーするコラムも多く手掛ける。『もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる』(イースト・プレス 文庫ぎんが堂)他著書多数。2017年に第1子を出産。以後育児エッセイも手掛け、2019年には育児に悩む親をテーマとしたトークイベント『親であること、毒になること』を主催。

2019年11月12日 掲載

関連記事(外部サイト)