「大腸がん」死亡率8倍でアメリカ超え… 京丹後市民の腸内環境に解決のヒントあり?

「大腸がん」死亡率8倍でアメリカ超え… 京丹後市民の腸内環境に解決のヒントあり?

死活問題となった便秘解消の「腸活」(※写真はイメージ)

 大腸がんでの死亡率は半世紀前に比べて8倍に激増し、あのアメリカを圧倒するという。死活問題となった便秘解消の「腸活」は、全国民を魅了する京丹後市民の腸内宇宙とは――。

 ***

「あらゆる臓器や血液などを含め細かく分類すると、がんは250種類にものぼり、1年に約90万人ががんを発症しています。そのうち、大腸がんと診断される人は約16%で男女合わせて14万人。すべてのがんの中で、大腸がんがトップを占めているのです」

 と解説してくれるのは、帝京平成大の松井輝明教授。『日本人の大腸は「劣化」している! 大腸活のすすめ〜腸は自分で変えられる〜』の著者でもある。

「そして、大腸がんで亡くなる方は年間約5万人。男性は1位肺がん、2位胃がんに続く第3位。女性は大腸がんが第1位です。およそ半世紀の間に大腸がんでの死亡率はがん全体の中で上昇しており、男性は8倍、女性は6倍にもなっています。悪玉菌が増えて腸内の環境が悪化すると、免疫力が低くなり、毒素もたまっていく。こういった『腸内劣化』によって、大腸がんになりやすくなるわけです」

 これまでに4万件以上の大腸内視鏡検査を行った腸のスペシャリストで、松生(まついけ)クリニックの松生恒夫院長が後を受け、

「直近、大腸がんで亡くなった人は日本とアメリカでほぼ同じくらいの人数です。日本の人口はアメリカの4割なので、大腸がんでの死亡率はアメリカよりもはるかに高い。1960年代、大腸がんを患う日本人はほとんどいませんでしたが、90年代に入ったところで増えてきました。一方で、胃潰瘍や胃がんは減ってきた。病気の質がこのように60年間で変化してきたんです。はっきりとした原因はわかっていないのですが、一つには食生活、食文化が変化したことが挙げられます」

 臨床を通じて感じた原因の一つは、過剰な糖質制限だ。

「炭水化物は、糖質プラス食物繊維。炭水化物を制限すると、糖質のみならず食物繊維を摂らないということになる。そうなると、腸に負担がかかります。それに、炭水化物を制限する時に肉をたくさん食べることも奨励されますよね。アメリカの対がん協会というがん専門の協会は、肉を食べる量を1日80グラムまでにすることを推奨しています。肉の中でも特に赤身肉が大腸がんのリスクをあげるという報告があります」(同)

 先の松井教授も同様に、

「1950年には1日当たりの食物繊維摂取量は男性で20グラム、女性で18グラムだったのが、今では共に14グラム程度にとどまる。その一方で、50年時点の便量が400グラムに対して、今は200グラムへと減少しています。日本人の大腸が劣化しているのは間違いなく、その原因の一つに、食物繊維の摂取量が減少していることが挙げられる。正常な便の70%は水分、10%は細菌の死骸、10%が食物残渣(ざんさ)、そして10%が大腸の細胞が剥がれ落ちたものだと言われています。昔の人の便量がより多いということは、細菌数も種類も多かったと推察されます」

 と指摘するのだ。

“脳内がお花畑”とは考えの浅さを指してあまり言われたくない文言の一つだが、腸内はお花畑(フローラ)であるに越したことはない。そこに棲みついた100兆個もの細菌が作るフローラのバランスが腸内環境、ひいては当人の生殺与奪の権を握っていると言っても過言ではないからだ。カフェインの摂取が腸内フローラの環境改善に寄与するという米ベイラー医科大の研究結果もある。昨年12月、吸引してカフェインを摂取するデバイス「ston」をJTの関連会社が発売したが、その利用も奏効するのか。もっとも、

「腸内環境=腸内フローラだと思っている人がいますが、それは嘘です。腸内細菌だけ良くしても、腸の病気は減りません。食べ物を見直したり、腸の動きを良くしたりすることも大きな要素です。腸内環境と寿命の関係について、面白いデータがあります。それは米ミネソタ州に住む1988〜93年の間に20歳以上だった3993人を2008年までの15年間に亘って追跡したもの。その調査において、“慢性的な便秘がある”と答えた人の方が“慢性的な便秘がない”と答えた人と比べ、生存率が低いことがわかったのです。この点からも、腸内の環境を良くした方が健康に資するだろうと思います」(松生院長)

 便秘は命にかかわる諸悪の根源で、大腸がんの原因にもなる。便秘になりにくいような食べ物とは、水溶性の食物繊維が多く含まれている海藻類や大麦やキウイフルーツ。更には納豆などの発酵食。腸のすべりを良くするオリーブオイルなど。生野菜、サラダといった不溶性の食物繊維ばかりだと便が硬くなってしまうので要注意だ。

「また、京都府立医科大での研究によると、100歳以上の高齢者が多く住んでいる京丹後市の人は野菜、海藻、芋の煮ころがしなど食物繊維の含有量が高く、品数が豊富な食事をしていると報告されています。彼らの腸内環境には、いわゆる長寿菌である酪酸産生菌が多いと見てよいでしょう」(前出・松井教授)


■京丹後市の3世代調査


 当の京都府立医科大の内藤裕二准教授(消化器内科学教室)に聞いてみると、

「京丹後市は人口10万人当たりの100歳以上が全国平均の約2・8倍と長寿の地域だと言われてきました。寿命が長いというだけでなく、毎日元気に畑に行ったりして健康長寿を全うしている人が少なくない。市と大学でタイアップして研究をしてみようということで、17年に疫学調査が始まりました」

 京都市との比較で見ると、胃がんの罹患率は変わらない。胃がんの原因はピロリ菌なので、それに感染している限り日本人の胃がん罹患リスクは高いままだ。しかし、

「大腸がんの罹患率は京都市の人と比べて有意に低かった。大腸がんが日本で増えているのは、食べ物の変化や腸内環境・腸内細菌の変化が大きな影響を及ぼしていると考えられています。そこで、私たちは京丹後市の人の腸内細菌に注目してみました。とはいえ、腸内細菌を調べてその人が大腸がんになるかどうか見ていく研究は時間がかかりすぎるので、まずは京都市内の65歳以上の51人と京丹後市の65歳以上の51人の性別と年齢をマッチングして腸内細菌を比較したんです」(同)

 結果は、興味深いものだった。

「『ファーミキューテス門』に分類される細菌が、京都市の人よりも10%多いことがわかりました。ファーミキューテス門は腸内細菌の50〜70%を占め、善玉菌が多いことで知られています。加えて、京丹後市の人の腸内細菌トップ4はすべて酪酸産生菌でした」(同)

 先の松井教授の話にもあった酪酸産生菌の存在。これは一体、何なのか。慶應大などのグループは、

〈酪酸産生菌は制御性T細胞という炎症やアレルギーなどを抑える免疫細胞を増やす働きがあること、そしてそれは日本人に特徴的である〉という研究結果を16年に発表している。酪酸とは短鎖脂肪酸の一種であり、腸内細菌が食物繊維を分解し、短鎖脂肪酸を作り出すことを「発酵」と呼んでいると聞けば、幾らか親しみが湧くだろうか。その酪酸について内藤准教授に解説してもらうと、

「酪酸は腸と腸内細菌をつなげるキーです。大腸上皮細胞は腸内細菌が作った酪酸を利用してエネルギーのもとになるATP(アデノシン三リン酸)を作っています。つまり、酪酸は大腸上皮細胞のエネルギー源になる。そのATPを作る時に酸素を使うので大腸の粘膜のところで酸素がなくなります。腸内細菌の常在菌にとって、酸素がない方が好ましい状態。我々はエネルギーをもらって、その代わりに腸内細菌が棲みやすいように酸素をなくしてあげているということです」

 大腸上皮細胞は悪いものが入ってこないように病気を防ぐバリアになっている。

「大腸は上皮細胞が一層しかないので、ちょっと弱っただけで隙間ができてしまいます。また、腸内での酪酸のこういう効果を期待し、酪酸を口から摂取してもうまくいきません。大腸に行く前に吸収されてしまうので、大腸で腸内細菌が酪酸を作ることが大事。そのためには、腸内細菌のエサになる食物繊維がないとダメなんです」(同)

 疫学調査の話に戻ろう。比較した人に簡単な食事調査をしたところ、

「京丹後市では、白いご飯ではなく玄米などの全粒穀類を毎日食べている人が27%もいました。あと、海が近いため海藻類を食べている人が多く、じゃがいもやサツマイモといった食物繊維が多いものもよく食べられていました。動物性脂肪の摂取が少なくて食物繊維が多い、伝統的な食生活を今でもしている人が少なくない。食事と酪酸産生菌が多いことと寿命の因果関係を示すことは難しいのですが、実際に調査をしたらそうなっていたということですね」(同)

 内藤准教授は、アメリカと日本の人口比を考えれば、日本の大腸がん死亡率の高さは異常だと指摘する。その理由については、

「はっきりとはわかっていませんが、動物性脂肪は腸内細菌を悪くし、食物繊維が良い働きをするのは間違いありません。つまり、京丹後の人のような食生活が腸内細菌を改善していくんだと僕は考えています。それは5年後の健康には有効でないかもしれませんが、50年後の健康には絶対効いてきます。京丹後の調査では、当人とその子孫まで、3世代に亘って調査しています。初代と比べて3代目では、腸内細菌がだいぶ悪くなりかけている。京丹後も開発が進み、今までなかったコンビニができて、都市化が進んでいる。大腸がんについてだけ見るなら、良い方向には進んでいないんです」(同)

「週刊新潮」2020年2月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)