日本では感じられない “究極の民泊”、フランス「シャンブル・ドット」の世界

シャンブル・ドットと呼ばれる、フランスの「民泊」

 東京オリンピックを前に、ホテルの建築ラッシュが続いています。日本を代表する東京・銀座でも、ホテルが乱立。オリンピックが終わったら銀座がゴーストタウンになるのでは!? と不安になるほど。

 でも、オリンピックに集結するであろう地球のはしばしからの観光客の宿泊には、まだ足りないそうで。

 というわけで、ホテルからあふれたオリンピックファンのための受け皿、民泊が注目を集めているのはご存じのとおり。

■貴族になったような空間も

 そもそも民泊とは、住宅の全部、あるいは一部を宿泊客に貸し出すことで、宿泊料をいただくというサービス。2018年から施工された「民泊新法」に基づいていて、キッチン、浴室、サニタリー、消防設備がマストなどの条件があります。

 響きは民宿と似ていますが、民宿のほうは「旅館業法」に基づいて厳しい条件が敷かれています。民泊は個人の住宅での宿泊サービスなので、大きく違います。

 さて、この民泊。日本では個人が自宅の空き部屋を貸し出すようなものから、企業が建設した宿泊施設にいたるまでカタチはさまざま。そこに家主が一緒に生活し、トイレやお風呂、キッチンなどを“共有”しているパターンはほとんどありません。

 そこで今回、注目したいのがフランスのシャンブル・ドット(Chambre d’hote)と呼ばれている民泊。シャンブルは寝室、ドットはオーナーを意味する言葉です。響きが一気におしゃれな印象になりますね。さすがフランス語。

 このシャンブル・ドットは基本的に朝食がつき、オーナーが住む自宅の一部を宿泊者に貸し出して宿泊料をとるというシステム。イギリスではB&B(ベッド&ブレックファースト)と呼ばれるなど、ヨーロッパでは長く活用されてきました。

シャンブル・ドットと呼ばれる、フランスの「民泊」

 もちろん日本の民泊と同じように、シャンブル・ドットも“ピンキリ”です。ホテル顔負けの豪華なものから、「日本の住宅事情より厳しいのでは!?」とガッカリするものまで、千差万別。

 ただ、日本人がフランスに抱くおしゃれなイメージに応えてくれる完成度のシャンブル・ドットも多いのです。インテリア&ライフスタイル誌の『私のカントリー』(主婦と生活社)では、たびたびシャンブル・ドットの特集を組み、インテリア自慢やオーナーの美味しそうな手料理を紹介するたびに、多くの反響があります。

 なかでも特に人気があるのは、フランス南部の田舎の村にあるシャンブル・ドット。ちょっと広めの古い家をリフォームして、ゲストルームを設けた住まいが、貴族になったような気分になり、まさに夢のよう! オーナーは必ずしもお金持ちとは限らず、住まいのリフォームも自力の場合がほとんど。中流の経済力でも、とても素敵な家に住んでいるのです。

シャンブル・ドットと呼ばれる、フランスの「民泊」

 写真は、パリから電車で1時間ほどの村にあるソフィーさんのシャンブル・ドットです。東京から埼玉県や千葉県といった距離感になります。緑が適度にあふれた環境は、日本でいう、軽井沢や箱根といったところでしょうか。

 そんな村で空き家を買い取り、暮らしながらセルフリフォーム。数年かけてこのシャンブル・ドットをつくり上げました。現在、1階が家族のスペース。2階にゲストルームが2部屋(朝食付きで1室120ユーロ〜)あります。ソフィーさんが芸術に理解があることもあり、とても上質な空間です。

 インテリアのアイデアは素晴らしく、部屋を広く見せるためにイスの背もたれをカットした豪快なアイデアや、IKEA製品とアンティークを違和感なく溶け込ませるセンスは必見です。

 シャンブル・ドットに宿泊すると、トイレにお風呂、食事はオーナー家族とともにし、必然的に親しくなるのでホームステイをイメージしてもいいかもしれません。お友達の家に招かれたような気分を楽しめます。英語ができなくても、安心を。フランスの人も意外と英語が苦手。身振り手振りでコミュニケーションをとるのも醍醐味(だいごみ)のひとつです。

■シャンブル・ドットに泊まるなら……

 お値段もさることながら、目的が大切です。

 例えば、農家体験。ファーマーズハウス(農家)がシャンブル・ドットになっている場合は、何よりも食事が楽しみ。とれたての新鮮な野菜が食卓に並ぶことでしょう。また、収穫を手伝う楽しみもあります。

 その土地の郷土料理を目当てにするなら、オーナーが腕をふるってくれます。ただし食事の際は、ある程度の会話力が必要。「おいしい」「おかわりをください」といったフランス語だけは覚えておいたほうがいいかもしれませんね。

『私のカントリー』No.111(主婦と生活社)記事の中の写真をクリックすると、アマゾンの購入ページにジャンプします

 田舎だけでなく、パリ市内にもシャンブル・ドットはあります。大豪邸だったり、アパルトマン(マンション)の1室だったり。パリ市内は立地がいいので、どうしても割高にはなりますが、観光やお買い物に便利なのは間違いありません。

 このように、シャンブル・ドットはただの民泊ではありません。

 その土地や家人に密着して、あなただけの体験を楽しめます。ただ泊まるだけでなく、その家で宿泊すること自体が、目的になるのです。もちろん、オーナーが気難しく、期待はずれのこともあるかもしれません。でも、そんな体験も含めて楽しみたいならシャンブル・ドットはおすすめです。

 大人になってからのホームステイは、きっと素敵な思い出になるはずーー。

■EARLY GREZ MAISON D’HOTES
http://earlygrez.com/
77880 Grez Sur Loing,
Seine-et-Marne en Ile-de-France

関連記事(外部サイト)