缶詰タイプキャットフードの選び方とおすすめ8選

水分たっぷりで味の種類も豊富な猫用缶詰「猫缶」。でもあまりに種類が多すぎて、何を選べばいいのか分からないですよね。今回は、缶詰タイプのキャットフードの選び方と人気のおすすめ商品をご紹介します。

缶詰タイプキャットフードの選び方とおすすめ8選

猫ねこさん
猫缶ってほんとにたくさん種類がありますよねぇ。最近歯が悪くなってきた私には、とっても食べやすくって。でも缶詰にもちゃんと選び方があるんですねぇ。しっかり勉強していきましょう〜。

猫ねこ部ディレクターとして猫に関する様々な情報をご提供するなか、特に猫の健康に直結する食事に関する知識を深めるため、ペットフード販売士資格を取得。様々な種類の猫や状況などに合うフードの提案、情報発信を行います。
───
ペットフード販売士:https://petfood-kentei.jp/pro/が認定している認定資格で、ペットフードに関する様々な知識及び情報を習得したペットフードの専門家です。ペットの適正な発育と健康維持・増進に寄与します。

カリカリと呼ばれる「ドライフード」に比べて、水分たっぷりで味の種類も豊富な猫用缶詰。「猫缶」なんて呼ばれることもありますよね。

でも「あまりに種類が多すぎて、何を選べばいいのか分からない!」という飼い主さんも多いのでは。

そこで今回は、缶詰タイプのキャットフードの選び方と人気のおすすめ商品をご紹介します。

ふくふく動物病院院長・平松先生のアドバイスコメントも是非参考にしてくださいね。

■缶詰タイプのキャットフードの選び方4つのポイント

猫の食事

ではさっそく缶詰タイプのキャットフードの選び方を見ていきましょう。ポイントは次の4つです。

目的にあわせて選ぶ

猫の好みやライフステージ、体調などにあわせて形状を選ぶ

化学添加物が多く使われていないものを選ぶ

年齢にあったものを選ぶ

〜 目的にあわせて選ぶ 〜

ドライフードと同じく、缶詰にも主食向きの「総合栄養食」とおやつ向きの「一般食」があります。パッケージに必ず記載されていますので、必ず事前に確認して目的にあわせて選びましょう。

主食として与えるなら総合栄養食を

毎日の主食として与えるなら「総合栄養食」を選びましょう。

総合栄養食とは、水と一緒に与えるだけで猫が健康を維持できるよう、猫に必要な栄養素がバランスよく含まれているフードのことをいいます。

主食に「一般食」や「副食」表示の缶詰を与えてしまうと、1日に必要な栄養が摂れなくなる恐れがあるので、必ず総合栄養食を選ぶようにしてください。

ただし、缶詰などのウェットフードは歯垢がつきやすい、保存性が低いなどのデメリットもあるので、以下のような場合にだけ使うことをおすすめします。

子猫や老猫で噛む力が弱い

歯の病気で食べづらい

平松先生基本的にはドライフードをお勧めします。ウエットフードが多くなると歯石が付きやすくなる傾向があります。

食欲がない場合や、水分を多めにとってもらいたい時、高齢になりドライを食べにくくなってきた場合などはウエットフードが良いでしょう。
ただし、一度ウエットフードをあげるとドライフードだけでは食べなくなることもあります。悩むところです。

トッピングやおやつとして与えるなら一般食を

ドライフードを食べてくれないときのトッピングやおやつとして与えるなら「一般食」もしくは「副食」を選びましょう。

特定の栄養を補完してくれたり、カロリーを補給してくれるフードなので、必ず総合栄養食と併用するようにしてください。

〜 猫の好みやライフステージ、体調などにあわせて形状を選ぶ 〜

缶詰タイプのウェットフードには、次の3つの形状があります。それぞれに特徴がありますので、猫の好みやライフステージ、体調などにあわせて選びましょう。

素材の食感が残る「フレークタイプ」〜しっかり噛んで食べられるので主食向き

フレーク

素材そのものの香りや食感を楽しめる「フレークタイプ」。食べ応えがあって腹持ちも良いので主食向きですが、一般食のものも多いので必ずパッケージをチェックして選びましょう。

味の種類も豊富なので、猫の好みにあわせていくつかお気に入りをストックしておくと良いですね。

ペースト状でなめらかな食感の「パテタイプ」〜子猫の離乳食や歯の弱った老猫に

パテ

ペースト状でなめらかな食感の「パテタイプ」。子猫の離乳食や歯の弱った老猫、消化器官の弱っている猫などに向いています。

また、薬を包んで食べさせることもできますので、薬を嫌がって飲んでくれない場合にも便利です。

素材を細かく切って混ぜて作られているので、ドライフードにも混ぜやすいのが特徴。ドライフードを食べてくれないときにも使いやすいでしょう。

おやつ向きの「スープ・シチュータイプ」〜体調の良くないときにドライフードをふやかすために使うのも◎

スープ

出典:https://www.green-dog.com/shop/products/detail.php?product_cd=NOWINTR1-00

素材を煮込んで作られている「スープ・シチュータイプ」はおやつ向き。中にごろりとした素材が入っていたり、とろみなどがついているものが多いです。

他の形状に比べて水分量が多いので、体調が良くないときにお湯のかわりにドライフードをふやかして食べさせることもできます。

温めると香りが高まるので、食欲のないときにも◎。

〜 化学添加物が多く使われていないものを選ぶ 〜

ペットフードの添加物の基準値は、毎日食べ続けても猫の健康に影響が出ないよう定められているので、必要以上に気にしすぎることはありません。しかし、猫の健康を考えるなら、なるべく化学添加物が多く使われていないものを選んだ方が安心でしょう。

缶詰のなかにはシンプルな素材とビタミンEだけしか使っていないものもありますので、気になる方はこうした缶詰を選ぶと安心です。

〜 年齢にあったものを選ぶ 〜

ドライフードと同様ですが、缶詰も年齢にあったものを選びましょう。

例えば、子猫期には成猫の約3倍のエネルギ―が必要なので、成猫期に比べるとたんぱく質や脂質を多くとらなければなりません。このように、猫に必要な栄養素の量は年齢によって変わってくるので、健康のためには年齢にあったフードを選ぶことが大切です。

また、消化器官の弱い子猫や老猫にはパテタイプなど、缶詰の形状もその年齢にあわせて工夫されています。年齢にあったものを選べば、猫も食べやすいでしょう。

猫ねこさん
缶詰ってとても食いつきがいいんですけど、健康な猫には基本的にドライフードを主食にした方がいいんですねぇ。

美味しくて食べやすいし、毎日これでもいいって思ってました^^。でも、特に食欲がないわけでもないし、歯もばっちりだし、な僕なら主食はドライですねっ。缶詰はおやつにしないとっ。クロベエ

■缶詰タイプのおすすめキャットフード

ここからは、Amazonや楽天で人気のある缶詰を「総合栄養食」と「一般食」に分けてご紹介していきます。

※価格は購入する時期やショップによって変わる可能性があります。

〜 総合栄養食 〜

モンプチ 成猫用 あらほぐし仕立て ロースト若鶏 

モンプチ成猫用あらほぐし仕立てロースト若鶏

粗くほぐした若鶏ローストが主原料で食べごたえあり

主食としても使える栄養価の高い総合栄養食

たっぷりとろとろソース、粗挽き仕立て、テリーヌ仕立てなど種類豊富

価格68円
内容量85g
形状フレーク
原産国アメリカ
対象年齢成猫期
原材料肉類(ポーク、チキン)、穀類(小麦グルテン等)、豆類(大豆たんぱく)、増粘安定剤(加工でんぷん)、ミネラル類、アミノ酸類、着色料(酸化チタン)、ビタミン類
主な成分粗たんぱく質:11.0%以上 粗脂肪:2.0%以上 粗繊維:1.5%以下 水分80%? 85kcal / 100g

粗くほぐした若鶏ローストが食べ応えありのモンプチ缶。たっぷりとろとろソース、粗挽き仕立てなど種類も豊富で選ぶ楽しさも。

ピュリナのドライフードとのミックスフィーディング定期便なら、いつでも20%OFFで購入できます。かさばる缶タイプのフードを定期的に自宅に届けてもらえるのは便利ですね。

黒缶 毎日黒缶3P かつお節入りかつお 160g×3缶パック×18個入り

毎日黒缶

タウリン、ビタミン、ミネラル、DHAがたっぷり含まれたかつおの血合肉にかつおの白身肉をトッピング

オリゴ糖配合で腸内環境の健康をサポート

40年以上愛され続けるロングベストセラー

価格(税抜)4,000円
内容量160g×3缶パック18個入り
形状フレーク
原産国韓国
対象年齢成猫期
原材料魚介類(カツオ、かつお節、フィッシュエキス)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1)
主な成分粗たんぱく質:13.90% 粗脂肪:0.90%以上 粗繊維:0.10%以下 80kcal / 100g

キャットフードの定番として40年以上愛される「黒缶」。DHA・EPA、タウリン、ミネラルなどがたっぷり含まれる赤身肉にかつおの白身肉をトッピングした一品。

長年培った生産管理体制があるからこそ、酸化が早いと言われる赤身肉の鮮度もしっかり管理。安心できる品質とお手頃価格で飼い主さんと猫の心を虜にする商品です。

アボ・ダーム キャット フィッシュ缶 156g 全年齢猫用

アボ・ダーム キャット フィッシュ缶 156g 全年齢猫用

フィッシュ&アボガドオイルで皮膚と被毛の健康をサポート

高消化・高吸収でドライフードの補助に

人工酸化防止剤、合成着色料不使用

価格327円
内容量156g
形状パテ
原産国アメリカ
対象年齢オールステージ
原材料フィッシュスープ、オーシャンフィッシュ、チキン、チキンレバー、ターキー、米粉、オート麦糠、アボカドオイル、グァーガム、塩化カリウム、タウリン、カラギナン、硫酸鉄、ビタミンE、塩化コリン、酸化亜鉛、ビタミンB1、銅蛋白質化合物、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB6、ヨウ化カリウム、硫酸マンガン、ビタミンB2、ビタミンB12、葉酸、ビオチン、亜セレン酸ナトリウム
主な成分粗たんぱく質:10.00%以上 粗脂肪:7.00%以上 粗繊維:1.50%以下 182kcal/100g

11種のビタミン、14種のミネラルなど栄養価の高い果物として知られるアボガドを使ったアメリカ産フード。フィッシュ&アボガドオイル配合で皮膚や被毛の健康をサポートします。

消化吸収が良いので、食欲のない猫にも◎。人工酸化防止剤や合成着色料不使用なのも安心ですね。

カナガン チキン&サーモン 75g×12缶セット

関連記事(外部サイト)