【DOD】アウトドアの頼れる力持ち。キャリーワゴン!

たのキャンしてますかー?
どもっ!りんだです。

自粛中に増えたキャンプギア、ありますよねー!
我が家も自粛じゃなくても着々とギアが増えています…。

増えれば充実するのですが、運ぶの大変じゃないですか?!

我が家はオートキャンプ場が中心ですが、車がテントの近くに停めれないところだと、荷物の持ち運びが大変!!!

そんな時に役立つ、キャリーワゴンを紹介します!

■ うさちゃん登場??

そうです。DODのキャリーワゴン!

DOD キャリーワゴン

■ 使い方は簡単!

1.収納カバーを外す。

DOD キャリーワゴン

2.矢印の方向に四方を広げる。

DOD キャリーワゴン

3.フレームのサイドを持ち上げ、キャリーの底部分を下に押す。

DOD キャリーワゴン

4.ハンドルを持ち上げる。

DOD キャリーワゴン

5.固定具を下に下げて、ハンドルを固定する。

DOD キャリーワゴン

6.フロアマットを底に敷いたら完成!

DOD キャリーワゴン

■ 大容量積載可能!

りんだ、ものづくりが趣味で、手作りマルシェなどに良く出店していました。
会場は駐車場から自分のブースまでは離れていることが多く、商品や什器を持ち運ぶために4年ほど前に購入。

それまで何度も往復していた荷物運びが、1回で運べるようになり、かなり効率が上がりました!

今はイベント出店は控えていますが、キャンプの道具を運ぶのに重宝しています!!

DOD キャリーワゴン

荷物を運んだあとは仮置き場所として使えます。
内側のポケットが小物入れに役立ちますよー!

DOD キャリーワゴン

■ 付属品も充実!

■ トップシート

積載物の落下防止のほか、ほこりや突然の雨からも荷物を守ってくれます。

DOD キャリーワゴン

次のページ:長く使っていると、こういうこともあります!

■ ホイールが壊れたー!!!!!

ステイホームで庭づくりをしていた際、砂を運ぼうと過積載してしまった結果、ホイールが破損…。(当たり前)

DOD キャリーワゴン

大慌てでいろいろ調べたら、スペアホイールが販売されていました!!

まー!ありがたい!!

というわけで、交換してみました。

1.スパナと六角レンチで壊れたホイールを外す。

DOD キャリーワゴン

2.今回は後輪なので、後輪用アジャストポールを新しいホイールに差し込む。

DOD キャリーワゴン
前輪の場合はアジャスタポールの差し込みは不要。

3.スパナと六角レンチで新しいホイールを取り付ける。

DOD キャリーワゴン

良かった〜。
これで今まで通り使用できます。
過積載には注意しましょう!
っと言いつつ、他のホイールを念のため確認したら、他のも割れてました…。

DOD キャリーワゴン

4年も使用すれば、それなりに経年劣化は免れませんね。
家で使用しているときに気が付いて良かったです。
これを機会に全入れ替え!!!
これでしばらく安心です。

消耗品のホイールが販売されているってありがたいですね。
お気に入りを長く使うという目で見てもとても良いです。

■ テーブルにもなる?!

オール天板がオプションで販売されています。

天然木を使用したナチュラルな天板。いいですね!コンパクトにまとまるし、DODのうさちゃんロゴもバッチリ入っています!

テーブルって意外と嵩張るので、荷物を減らしたい人にはとってもおすすめです!

■ 最後に…。

とても使える頼れる味方です!

が、1つだけ気になるところが…。
とにかく重い!
本体が重たいです!!!!!

なので、収納するときとか、車に載せるときとか、気合いを入れないと持ち上げられない!
積載時はしっかり計画して置く場所を決めてくださいね。

ちなみに、アルミ合金で作られた軽量キャリーワゴンもあります!

良かったらこちらもチェックしてみてくださいね。
DODの人は、良く考えてくれてますね〜!

さて、重さ問題以外はパーフェクト!!
使っている人が多いのも頷けます。

キャンプだけでなく、イベントやフェスなどでも役立つキャリー。
フリーマーケットで買ったものを、たくさん積みこんでいる人を見たりもします。
使い方は人それぞれですが、頼れる力持ちな事には間違いない!!

関連記事(外部サイト)