【全国版】今年こそはキャンプを始めたい!手ぶらキャンプを満喫できるグランピング施設12選

私自身がキャンプを始めたのは2008年ですが、始めたきっかけは娘の幼稚園イベントでした。
当時、子供たちにもアウトドア体験をさせたいと一念発起して、イベントに参加したのを覚えています。

その後、アウトドアブームとなり、キャンプを始める方も増えてきました。
そんな中でも、「キャンプはハードルが高い」という方、きっといると感じています。

その不安は…
@道具がわからない、何を揃えればよいかわからない
Aキャンプの仕方、設営などがわからない
に集約されるのではないかと思います。

このような不安に対して、近年では、テントの常設、キャンプ道具、食材もいらない、手ぶらでキャンプを楽しめる施設が急増しています。
そこで今回は、おすすめのグランピング施設をご紹介したいと思います。

■ 北海道・東北

■ 1.中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ(北海道)

中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ(北海道)

■ 関東

■ 1.snow peak glamping 京急観音崎(神奈川)

snow peak glamping 京急観音崎(神奈川)
出典:Snow Peak glamping 京急観音崎

Snow Peak glamping 京急観音崎は、スノーピークと観音崎京急ホテルのコラボレーションにより生まれたグランピング施設で、世界的建築家、隈研吾氏がデザインを手がけたモバイルハウス「住箱」でスノーピーク製品に囲まれたアウトドア体験をすることができます。
東京湾を臨む絶好のロケーションで、三浦半島の食材を堪能できます。

モバイルハウス「住箱−JYUBAKO−」から臨む海の景色は、まるでフォトフレームで切り取られたような素敵な景色です。

snow peak glamping 京急観音崎(神奈川)
出典:Snow Peak glamping 京急観音崎

食事は、三浦半島の食材をふんだんに使い、前菜・スープ・メイン(バーベキュー)・パン・コーヒー・デザートなどを堪能できます。
また、疲れた身体を癒してくれる温浴施設「SPASSO」も利用でき、非日常のアウトドア体験を楽しむ事ができます。

住所:神奈川県横須賀市走水2
電話:046-841-2200
ホームぺージ:https://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/
アクセス:横浜横須賀道路 馬堀海岸ICより5分

■ 2.WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK(千葉県)

WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK(千葉県)
出典:WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK

東京からわずか30分と好アクセスの立地にありながら、手ぶらでキャンプ&BBQ、グランピング、770トンの白い砂浜カフェレストランなど、アウトドア体験のできる複合施設です。

ビンテージからラグジュアリーまで18種類の異なるデザインのテント、トレーラー、ロッジを選ぶことができるので、自分が楽しみたいスタイルでグランピングが楽しめます。

WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK(千葉県)
出典:WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK

また、敷地内では、ランチやディナー、770坪の真っ白い砂浜でリゾートバーベキューを満喫したり、さまざまなプランがあるので手ぶらでも楽しめますね。

住所:千葉県木更津市金田東2-10-1
電話:070-3669-8480
ホームぺージ:https://wildbeach.jp/kisarazu/
アクセス:東京湾アクアライン木更津金田ICから5分

■ 3.温泉グランピング シマブルー(群馬県)

温泉グランピング シマブルー(群馬県)

■ 2.PICA初島(静岡県)

PICA初島(静岡県)
出典:PICA初島

PICA初島は、熱海港から高速船で約30分の駿河湾に浮かぶ初島にあります。
南国のリゾート気分を味わえる施設として人気があります。
亜熱帯の植物が生い茂るアジアンガーデン「R-Asia」でハンモックに揺られたり、海泉浴「島の湯」に浸かりながら広がる海を眺めるなど、まさに南国気分を楽しめます。

PICA初島(静岡県)
出典:PICA初島

宿泊施設は、ソテツなどの亜熱帯の木々と芝で緑が一面に広がり、一区画あたり200平方メートル以上もあります。
食事は、ロブスターなどのシーフードのBBQや牛ロースを使用したアジアンBBQなどのセットプランがあります。

住所:静岡県熱海市初島 PICA初島
電話:0557-67-2151
ホームぺージ:https://www.pica-resort.jp/hatsushima/index.html
アクセス:熱海港より高速船で約30分

■ 3.Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(長野県)

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(長野県)
出典:Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE

2019年7月にグランドオープンしたSnow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGENは、世界有数のスキーリゾートの白馬・八方尾根を眺めながら四季を通じて魅力あふれる絶景を楽しむことができます。

Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN(長野県)
出典:Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE

客室はスノーピークがFIELD SUITEのために開発した特別仕様のテント(約50u)が常設されており、外には約50uのデッキが広がり、アウトドア体験ができるリビングとして過ごすことができます。
また、食事は信州の土地が生み出した肉や野菜の食材を、若手気鋭のシェフが腕を振るう創作料理が楽しめます。

住所:長野県北安曇郡白馬村北城八方
電話:090-2524-4555
ホームぺージ:https://fieldsuite-hakuba.com/

■ 関西

■ 1.GLAMP ELEMENT (グランエレメント) (滋賀県)

GLAMP ELEMENT (グランエレメント) (滋賀県)

■ 中国・四国・九州

■ 1.FBI DAISEN(鳥取県)

FBI DAISEN(鳥取県)
出典:FBI DAISEN

FBI DAISENは、大山の麓で木々にかこまれて自然の中にいることを楽しめる施設です。レストラン・バーでは、自然を感じながら昼はカフェ、夜はバーとして、楽しむことができます。

FBI DAISEN(鳥取県)
出典:FBI DAISEN

スタイリングテントは、国内未発売でスウェーデンから輸入した18ウッドポールの本格的なティピーです。
ラグを敷き詰めた室内の中心には石組の囲炉裏があり、雰囲気のあるキャンプを楽しめます。

住所:鳥取県西伯郡伯耆町小林706
電話:0859-57-3428
ホームぺージ:https://fbi-camping.com/daisen/
アクセス:米子自動車道 溝口ICより車で約15分

■ 2.COMOREBI (大分県)

COMOREBI (大分県)
出典:COMOREBI

COMOREBIは、2019年8月にオープンした九州最大のグランピング施設です。
由布院温泉や由布岳まで車で約30分と好アクセスで観光を楽しむこともできます。
また施設内には、露天風呂も完備してあり、疲れを癒すにも最適な施設です。

COMOREBI (大分県)
出典:COMOREBI

グランピングテント全てに冷暖房が完備されており、いつ来ても心地の良い空間となっています。
テントは、オーバルテント、ドームテント、ロータスベルテント、光のハコとさまざまなタイプがあります。
また、食事は、フレンチシェフ黒岩氏による“フォークとナイフで食す”がテーマのBBQで、フレンチを堪能できます。

住所:大分県由布市挾間町時松105
電話:0120-944-443
ホームぺージ:https://comorebi-camp.jp/
アクセス:
大分自動車道 大分ICより約20分
大分自動車道 別府ICより約20分

■ まとめ

まとめ
出典:PhotoAC

キャンプを始めたいけど、何から準備をすればよいのかわからない。
また、出来るだけ手軽にキャンプを楽しみたいという方にとって、グランピングで味わう時間は、何物にも代えられないのではないかと思います。
グランピングを通じて、アウトドアの楽しさや魅力が伝わればとても嬉しいです!

関連記事(外部サイト)