無骨さにあこがれる!アイアンギアでかっこよく決めてみませんか?

突然ですが、皆さんキャンプを楽しまれていますか?
今年は思うようにキャンプができていない方も多いかもしれませんが、そのような時こそ、「イメージトレーニング」をして自分がやってみたいキャンプを考える良い機会でもありますね。

無骨さにあこがれる!アイアンギアでかっこよく決めてみませんか?

■ mouncom悪tega

mouncom悪tega
出典:sanzoku mountain

焚き火はキャンプの楽しみの一つですよね。
炎がめらめらと燃える姿を眺めながら焚き火を満喫できるアイテムです。
薪は、30cm〜35cm程度のサイズが適しています。

mouncom悪tega
instagram:@wajii_san

■ derutas spider

derutas spider
出典:sanzoku mountain

焚き火に直接入れ、お湯を沸かすための鍋等をのせて料理することを目的にしたギアです。
また、焚き火周りのレイアウト・サイドテーブルなどにも使用できます。
Spider柄が何とも遊び心があり、ワイルド&クールなギアですね。

derutas spider
instagram:@tsukushi020202

■ IRON CRAFT(アイアンクラフト)

IRON CRAFT(アイアンクラフト)

■ SomAbito(ソマビト)

SomAbito(ソマビト)
出典:SomAbito

奥京都に拠点を置くSomAbito(ソマビト)は2014年に誕生したブランドです。日本文化と異文化とを融合させた木製品KYO-KUKSAや京都産のひのきを使ったファニチャーなどを製作しており、アイアンと木のミックスが素敵なブランドです。

ホームぺージ:http://somabito110.jp/

■ 焚き火side stand(脚付)ビンテージカラー

焚き火side stand(脚付)ビンテージカラー
出典:SomAbito

焚き火のサイドテーブルとして便利なギアです。
シェラカップをかけたり、ビールや鍋やフライパン、ランタンなどを置いたりできます。
木の脚と鉄の天板のバランスが良く、やさしさのあるアイアンギアですね。

焚き火side stand(脚付)ビンテージカラー
instagram:@free_daru
焚き火side stand(脚付)ビンテージカラー
instagram:@free_daru

■ 風街道具店

風街道具店

■ belmont(ベルモント)

belmont(ベルモント)
出典:belmont

belmont(ベルモント)は新潟県三条市の会社で、釣具用品及びアウトドア用品の製造販売などを手がけています。
最近では特に焚き火台など、コンパクトなギアで注目されているだけでなく、カトラリーやシェラカップなどの、アウトドアアイテムも幅広く展開してます。

ホームぺージ:http://belmont.co.jp/

■ BM-295アイアン焚火スタンドフルセット

BM-295アイアン焚火スタンドフルセット
出典:belmont

BM-295アイアン焚火スタンドは、焚き火台に合わせて高さが変えられるアイアンスタンドです。
ツールハンガー、テーブルがセットされており、鍋やツールをセットするのに便利ですね。

BM-295アイアン焚火スタンドフルセット
instagram:@hiromi.comichi
BM-295アイアン焚火スタンドフルセット
instagram:@jun_p_79

■ トリパスプロダクツ

トリパスプロダクツ

■ MAGGYDESIGN(マギーデザイン)

MAGGYDESIGN(マギーデザイン)

MAGGYDESIGNは、私が使用しているアイアンハンガーのメーカーです。
あまり嵩張らず、コンパクトに収納できるアイアンハンガーを求めていたところ見出しました。
ひとつひとつ手作りの風合いと無骨さが素敵です。

ホームぺージ:http://maggydesign.com/

■ FRONTIER COOKERS

FRONTIER COOKERS

FRONTIER COOKERSは、スノーピークの「焚火台Lサイズ」が2台使用できる大きさとなっており、焚き火による調理、ギアやケトルを吊るしたりできる便利なアイアンハンガーです。
収納時にはコンパクトになるので持ち運びにも便利です。

■ まとめ

sanzoku mountain(サンゾクマウンテン)
instagram:@naoto0129

今回は、「無骨さにあこがれる!アイアンギアでかっこよく決めてみませんか?」のタイトルでお伝えしました。
アイアンギアをうまくサイトに配置すると、ワイルドに、そしてクールにかっこよいサイトが出来上がるのではないかと思います。
みなさんのこれからのアウトドアライフが、より豊かなものとなることを願っております。

関連記事(外部サイト)