人気ブランドのキャンプ・アウトドアテーブルのおすすめ9選

キャンプギアといえば、テントやタープなど数多くありますが、欠かせないギアの一つとしてアウトドアテーブルが挙げられます。
キャンプをされる方は、おそらくアウトドアテーブルを持参されると思いますが、実はサイトの個性を引き出す重要なアイテムなんです!
そこで今回は、独断と偏見で、私自身がかっこいいなと思うテーブルをご紹介したいと思います。

■ テーブルの高さについて

よく耳にするのが、ハイスタイル、ミッドスタイル、ロースタイルといったテーブルの高さを中心に考えたスタイルの区分があります。
食事がしやすいことから、ハイスタイルを選ぶ方、ゆったりと過ごす為に、ミッドスタイルやロースタイルを選ぶ方など、家族構成やキャンプの楽しみ方によって、スタイルはおのずと変わってきます。
今回、ご紹介をさせていただくキャンプテーブルはロースタイル、ミッドスタイルが中心となっています。

■ おすすめのアウトドアテーブル

■ 1.TheArth ヘキ男

1.TheArth ヘキ男

■ 2.Black design(ブラックデザイン) ハレテーブル

2.Black design(ブラックデザイン) ハレテーブル
instagram:@tom.masu

ブラックデザインは、モノづくりに定評のある台湾のアウトドアブランドです。ハレテーブル最大の特長は、木製テーブルの両サイドにアイアンプレートを装着することができ、テーブルの広さを確保すると同時に熱いものを置くことができる点にあります。
テーブル本体もデザイン性に富んでおり、テーブルとしてのデザインと機能性、そして拡張性を兼ね備えたテーブルですね。

サイズ:幅67 cm×奥行 39.5cm×高さ 30cm
収納サイズ:幅 67cm×奥行 39.5cm×高さ 5cm
重量:約3.8kg
素材:オーク

■ 3.ZERODAY(ゼロデイ) ドーナツテーブル

3.ZERODAY(ゼロデイ) ドーナツテーブル
出典:風街道具店

ドーナツテーブルは北欧の家具にインスパイヤされて製作されたテーブルです。真ん中に七輪を置くことができるので、イカやエイヒレを炙ってお酒を楽しむ…なんてこともできます。
全体的なフォルムが丸みを帯びているため、見た目にも柔らかい印象、かつ斬新なデザインがキャンプでも、家のインテリアとして使っても存在感がありますね。

3.ZERODAY(ゼロデイ) ドーナツテーブル
instagram:@camp_b.d.lee
3.ZERODAY(ゼロデイ) ドーナツテーブル
instagram:@zzu_uuy

サイズ:外寸 75.0cm/内径 32.0cm/高さ 38.0cm
収納サイズ:幅 75.0cm×奥行 40.0cm×高さ 6.0cm
重量:7.0kg
素材:OSB合板

■ 4.YOKA TRIPOD TABLE SOLO

TRIPOD TABLE SOLOは、名前の通り、3本脚で立つ、コンパクトで軽量なテーブルです。
天板の形状も片方が丸くなった独特なフォルムとなっており、個性的でありながらも、おしゃれなデザインとコンパクトさが際立つテーブルとなっています。
ソロキャンプで使用するのにちょうど良いサイズであり、活躍してくれますね。

4.YOKA TRIPOD TABLE SOLO
instagram:@river_mountain_2020
4.YOKA TRIPOD TABLE SOLO
instagram:@yoka_twelvetone

サイズ:幅 38×奥行 24×高さ 15cm
収納サイズ:幅 38×奥行 24×高さ 1.8cm
重量:500g
素材:針葉樹合板・ナイロンコード・プラスチック留め具

■ 5.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) サイドアップボックス&テーブル

5.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) サイドアップボックス&テーブル
出典:NATURE TONES

サイドアップボックス&テーブルは、アウトドアで活躍する便利なコンテナボックスでありながら、片側や両サイドを展開するとテーブルのサイズが変更できる便利なアイテムです。人数やシチュエーションに合わせて使い分けられるので、少人数〜大人数に対応できます。

サイズ
・ボックス時:幅 37.0×奥行 52.0×高さ 37.0cm
・テーブル変形時:幅 110.0×奥行 52.0×高さ 37.0cm
重量:約9.8kg 
素材:杉材(BRIWAX仕上)

5.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) サイドアップボックス&テーブル
instagram:@campsails
5.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) サイドアップボックス&テーブル
instagram:@campsails

次のページ:オリジナリティ溢れる焚き火テーブル!

■ 6.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) オクタゴンサークル

6.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) オクタゴンサークル
出典:NATURE TONES

オクタゴンサークルは、コンパクトに折りたたむことができる焚き火テーブルです。
使用可能な焚き火台サイズは、スクエア形であれば45×45cm、サークル形であればφ67cmまで使用可能です。
収納時にはコンパクトになるため、持ち運びにも便利。
また、「NATURE TONES」のロゴが施された天板はデザイン性にも優れており、焚き火台を囲むだけでも盛り上がりそうなテーブルですね。

6.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) オクタゴンサークル
instagram:@y.e.s.1048_japan
6.NATURE TONES(ネイチャートーンズ) オクタゴンサークル
instagram:@daican_camp

サイズ:φ1050×高さ 370mm
収納サイズ
・天板(1枚あたり):幅 74.0×奥行 28.0×高さ 30mm
・脚:φ115×515mm
重量:約6.8kg

■ 7.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) CSクラシックス Fire&Grill テーブルセット

CSクラシックスは、テーブルの置き方や工夫次第で色々な使い方が楽しめるアレンジ豊かなアウトドアテーブルです。
組み立て、収納が簡単なのでコンパクト。持ち運びには、付属している収納バックにまとめることができるので、大変便利です。
キャンプサイトでのテーブルのアレンジを考えるのが楽しくなりますね。

サイズ:約)1370×奥行 900×高さ 270mm
収納サイズ:約)960×200×厚さ 150mm
重量:約)14.5kg
素材:甲板の表面材/天然木化粧合板、表面加工/ウレタン樹脂塗装、その他の材料:脚部=天然木化粧合板

■ 8.Outside In(アウトサイドイン) TABI PATAPATA MID TABLE

Outside In(アウトサイドイン) TABI PATAPATA MID TABLE
instagram:@62kato

TABI PATAPATA MID TABLEは、クルクル巻いてある天板を開いて使用するロールテーブルです。
コンパクトにたため、天然木の温もりのある雰囲気が評判で、おしゃれに敏感なキャンパーから支持を得ており、ロールテーブルでは珍しい個性的なカラーは、表面を焼いて加工した焼き杢仕上げを施したチャコールの天板です。
このテーブルをサイトの中央に配置するだけで、全体的な色味を引き締める効果も。

サイズ:約)幅 85×奥行 60×高さ 42cm
収納サイズ:約)幅 85×奥行 28×高さ 13cm
重量:約)5.5kg
素材:桐材(天板)、オーク材(脚)、真鍮

■ 9.Hang Out(ハングアウト) Fire side Table

キャンプにおいて、持ち運びに便利なサイドテーブルは重宝するアイテムです。特に焚き火の際は、非常に便利。
ハングアウトのFire side Tableは、焚き火で使用する薪を置くログキャリーとしても使用できます。
アッシュ材突板の天板とブラックカラーのスチール製フレームは、スタイリッシュでキャンプサイトを引き立ててくれますね。

Outside In(アウトサイドイン) TABI PATAPATA MID TABLE
instagram:@rinacarnp

サイズ:約)幅50×奥行33×高さ31cm
収納サイズ:約)幅50×奥行36×高さ13cm
重さ:約)2.7kg
素材:天板/合板・アッシュ突板貼り、フレーム/スチール

■ まとめ

まとめ[

今回は、私自身がカッコイイと思うおすすめのアウトドアテーブルについて、お伝えさせていただきました。
キャンプでのテーブルは「食事をする」「焚き火をする」などで使用するのはもちろんのこと、サイトの雰囲気を左右する大切なアイテムでもあります。
アイアンギアが好きな方、他の人と被らない個性的なデザインを求めている方にとって参考となれば幸いです。

関連記事(外部サイト)