【北海道】江別市森林キャンプ場の広い芝生サイトでリフレッシュしよう!

※この記事は江別市森林キャンプ場様に監修をしていただき掲載しています

「いざキャンプ!」となれば自然を求め、車を走らせ遠出をする。
それが1日しかない貴重な休日なら移動に時間はかけたくない。でも自然は満喫したい!仕事後からでもキャンプに行きたい!

もっと近場で自然を楽しめるキャンプ場があればどんなに良いだろう…。
今回は住宅街からさほど離れていない場所にありながら、たっぷり自然を満喫できる森林キャンプ場をご紹介いたします。

■ キャンプ場基本情報

利用期間:5/1〜10/末まで
休業日:なし

利用時間
・宿泊:チェックイン 8:00〜22:00/チェックアウト 翌11:00
・日帰り:チェックイン 8:00/チェックアウト 23:00

料金
・宿泊:高校生以上 400円、小中学生 80円
・日帰り:高校生以上 200円、小中学生 40円
※幼児は無料です。
※車中泊の場合は宿泊料金になります。

決済:現金のみ(カード不可)
駐車料金:無料(キャンプ使用料金に含まれます)
車横付け:不可
問い合わせ
・エコ・グリーン事業協同組合:011-391-1515
・現地管理棟:011-389-6493
※予約は受け付けておりません。

公式サイト:http://www.eco-green.bz/camp.html(エコ・グリーン事業協同組)
管理人:8:00〜23:00まで駐在(7/1〜8/末迄:24時間常駐、9/1〜9/末まで金・土のみ24時間常駐)

住所:北海道江別市西野幌928番地
アクセス
・JR野幌駅より車で約13分
・道央自動車江別ICから車で約18分

■ キャンプ場までの道のり

■ 管理棟で受付

こちらが管理棟です。

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、体温チェックや手の消毒を済ませてから受付するようにしてくださいね。

チェック等が済んだら管理棟内にある券売機で券を購入しましょう。

炭・網の販売品も券売機で購入できます。※炭 600円(3キロ)、網 1,100円(1枚)
その他の販売品およびレンタル品はありません。
管理の方から注意事項の説明をしてもらい受付は完了です!

■ テントサイトへ!

■ 荷物運搬はリヤカーで

サイト内に車の進入はできません。
管理棟裏にあるリヤカーで荷物を運びます。
混雑時にはすぐには使えない場合があるのでアウトドアワゴンをお持ちの方は持参された方が良いと思います。

■ サイトは芝生!

全てフリーサイトで一面が芝生になっています。
広々としてとても開放的!気持ちがいい〜!!

■ 地面の状態

次のページ:設備紹介をしていきます〜!

■ 設備紹介

■ 自動販売機

時計台の隣に自動販売機が1台設置されていました。
いつでも冷たい飲み物が手に入るのはありがたいですね!

■ 炊事棟

サイトの中心に設置されているためどの場所からも行き来しやすい印象でした。

洗い場は広く作業台もたくさんありますので使い勝手が良さそう!

■ トイレ

■ 注意事項

・森の中のため虫は多いです。虫よけスプレー、蚊取り線香をお忘れなく。
・サイト内は日影になる場所がないためタープなど日よけ対策は必要です。
・土・日は混雑が予想されますので午前中に行かれることをお勧めします。 
・焚き火・花火は禁止です。
・ペットの同伴はできません(盲導犬は可)
・発電機の使用不可
・ゴミ捨て場はありませんのでゴミは各自持ち帰りをしてください。

■ 周辺情報

■ ゆめちからテラス

キャンプ場から車で約8分の位置に「ゆめちからテラス」があります。
この施設内には野菜直売所があり、パン、ソフトクリームなども販売されて
います。

新鮮な地物野菜をキャンプでいただくのもいいですね!

■ ビッグハウス野幌店

また、キャンプ場から車で約12分の位置には大型スーパー「ビッグハウス野幌店」があるので忘れ物があっても心配はいりません!

■ 温泉施設も!

■北のたまゆら江別店

営業時間:8:00〜1:00
公式ホームページ:https://www.e-u.jp/ebetu_main.html

■湯の花江別殿

営業時間:8:00〜24:00
公式ホームページ:http://www.yunohana.org/ebetsu/

どちらも嬉しい天然温泉!
詳しい料金・施設情報等はホームページで確認してくださいね!

■ まとめ

水廻りや芝生の状態が良く、管理が十分に行き届いたキャンプ場という印象でした。
住宅地に近い距離にありながら自然を満喫できる江別市森林キャンプ場。
朝8時からチェックインができ、日帰りはチェックアウトが夜11時までという長い時間滞在できるというのも魅力的!
私が伺った時もデイでのんびりされているキャンパーさんが多かったです。
時間を気にせずのんびりと・・そんな豊かな時間を過ごしてみませんか?

関連記事(外部サイト)

×