かさばらないし、保冷力も強力!ソフトクーラーのおすすめ7選

キャンプに欠かせないものは、いろいろとありますが、食料品、飲料品を冷やしたり、保存したりするのに欠かせないのが「クーラー」です。
様々なクーラーが世に出ていますが、軽量でコンパクトになるクーラーとして「ソフトクーラー」は注目されています。
今回はかさばらず、持ち運びにも便利なソフトクーラーの魅力に迫ってみたいと思います。

■ ソフトクーラー

出典:Amazon

キャンプの必需品といえるクーラーですが、クーラーといえば、「重い」「かさばる」というクーラーボックスのイメージが強いですが、ソフトクーラーをうまく活用すると、より快適なキャンプなどのアウトドアライフを送ることができます。

■ ソフトクーラーの魅力

ソフトクーラーの魅力
出典:Amazon

クーラーボックスは、家で使用しないときや車載のときに不便さを感じることもあります。
一方、ソフトクーラーは何といっても「軽いこと」「収納時のコンパクトさ」が最大の魅力となります。
ソフトクーラーはキャンプだけでなく、ピクニックや運動会などのお出かけの際に使いやすいクーラーとなります。

■ ソフトクーラーにデメリットはあるのか?

ソフトクーラーにデメリットはあるのか?
出典:PhotoAC

ソフトクーラーは、軽くてコンパクトになるので便利な反面、保冷力がハードクーラーと比較して劣っているのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。しかし最近では、保冷力のあるソフトクーラーも増えており、保冷材などをうまく活用すれば、十二分に活用できるようになっています。

■ ハードとソフトうまく使い分ける

キャンプなどでクーラーを使用する際、その中に入れるのは、主に食材と飲み物となりますが、飲み物は頻繁に出し入れします。
一方、食材は、肉や魚など、出来るだけ保冷しておきたいものです。
そこで、出し入れが多いものとしっかり保冷したいもので、クーラーを使い分けると便利です。
具体的には、出し入れの頻度が多い飲み物は、「ソフトクーラー」、食材は、「クーラーボックス」となります。

■ 保冷力の高いソフトクーラー

■ 1.Coleman(コールマン) アルティメイトアイスクーラーII/35L

アルティメイトアイスクーラーIIは、キャンプやアウトドアに最高の保冷力のソフトクーラーで、保冷性能実験(約30℃の室内に、定められた量の氷を入れた製品を置き、氷が完全に溶けるまでの時間を計測)では、42時間保冷できることが確認されています。
また、蓋上部に小窓がついているので、全開にしなくても小窓から取り出すことで、物の出し入れでボックス内の冷気を逃さず、保冷力を維持出来ます。
2?のペットボトルが12本入る容量ですので、キャンプなどで十分な飲み物を入れることができます。

使用時サイズ:幅42×奥行32×高さ38cm
収納時サイズ:幅42×奥行16×高さ38cm
容量:約)35L
重量:約)1.4kg

■ 2.LOGOS(ロゴス) ハイパー氷点下クーラーL

ハイパー氷点下クーラーは、ロゴスの強力保冷剤の氷点下パックシリーズの性能をより高めるアイテムとして誕生した高性能ソフトクーラーです。
氷点下パックとセットで使えばハードクーラーと同等の保冷能力を発揮して、アイスクリームや冷凍食品の保存をすることもできます。

使用時サイズ:幅39×奥行30×高さ29cm
収納時サイズ:幅39×奥行30×高さ12cm
容量:約)20L
重量:約)1.5kg

■ 3.AOクーラーズ 24パック キャンパス ソフトクーラー

AOクーラーは1990年にAmerican Outdoors Coolersの名称で販売をスタートしたアメリカのブランドです。
元々は食肉産業や水産業向けの業界向けクーラーでしたが、その性能の良さから多くの要望を受け一般販売が開始されました。
表面はキャンバス生地でデザイン的にも素敵ですね。
素材は高品質なビニールライナーを採用しており、内部の断熱材は厚み1.9cm、高密度の独立気泡フォームを使用しています。この素材の組み合わせにより、氷なら外気温49℃の中で約24時間維持できる程、驚異の保冷力を発揮します。

使用時サイズ: 幅43×奥行25×高さ30cm
容量:約)23L
重量:1,360g

■ 4.SEATTLE SPORTS(シアトルスポーツ) フロストパック 25QT

ソフトクーラーを初めて世に送り出したのがSEATTLE SPORTSで、創業から4年後の1987年から製造を開始し、さまざまな方面で愛用されています。
フロストパックは、空気孔がついた二重アルミ製特殊断熱層が、熱の進入を防ぎ、冷気を内部に閉じ込め、保温効率を上げる構造となっています。

使用時サイズ:幅48.2×27.9×20.3cm
容量:約23.6L
重量:約1.496kg

次のページ:タンブラーでも有名なあのブランド

■ 5.THERMOS(サーモス) ソフトクーラー 20L

サーモスのソフトクーラーは、アイソテック5層断熱構造の高い保冷力が特長です。
500mlのペットボトルなら19本、2Lボトルなら6本入るサイズで、食べ物や飲み物をこぼしてもきれいに拭き取れる生地を採用しています。

使用時サイズ:幅30×23×34cm
容量:約)20L
重量:約0.5kg

■ 6.Igloo(イグルー) ソフトクーラーバッグ スクエアーマリーンウルトラ36

ソフトクーラーバッグ スクエアーマリーンウルトラは、Igloo社の中で最強の保冷力を誇るソフトクーラーです。
断熱材には、約3cmのPEフォームと内側には0.35mmの厚いPEVAライナーを装着することで高い保冷力を発揮するようになっており、メーカー独自の保冷テストでは、氷が2日間残ったそうです。

使用時サイズ:幅60×奥行45×高さ41cm
容量:約)28L
重量:1.5kg

■ 7.Snow Peak(スノーピーク) ソフトクーラー18

スノーピークのソフトクーラーは、断熱材にアルミコーティングエアシェル内層材を使用しています。
内部に冷気を保冷したまま熱を外部に跳ね返す構造にすることで、保冷効果を発揮します。
18Lの容量では550mlタイプのペットボトルを15本収納することができます。

使用時サイズ:幅34.3×奥行24.1×高さ22.9cm
容量:16L
重量:0.82kg

■ 強力な保冷剤

クーラーの中の食材や飲料を保冷するうえで、クーラーの機能は重要ですが、クーラー内の保冷効果を維持するためには、保冷剤が最も重要となってきます。
保冷剤の中には48時間持続するものもありますので、保冷効果の高いものを使用するようにしましょう。

■ アイリスオーヤマ 保冷剤 ハード CKB-800

保冷剤は使用を繰り返すと保冷能力が落ちてきますが、アイリスオーヤマの保冷剤は性能を落とさず、冷たさを維持してくれます。
また、保冷剤の中でも、特にコストパフォーマンスに優れているので気軽に、そして十分な保冷効果を発揮してくれるアイテムです。

■ LOGOS(ロゴス) 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード1200

表面温度-16℃と一般的な保冷剤に比べて保冷能力が高く、約20℃の飲料を5℃冷却するまでの時間が短く、急速に冷却できるのが特長です。
使用する36〜48時間ほど前に冷凍庫へ入れておけば大丈夫です。

■ LOGOS(ロゴス) 保冷剤 倍速凍結氷点下パックL

-16℃の表面温度を長時間持続する氷点下パックGT-16℃をバージョンアップしたのが、倍速凍結氷点下パックです。
使用する前に凍結するまでにかかる時間が、約18〜24時間で大幅に短縮されたので、事前の準備が楽になり、しかも強力な保冷効果を発揮します。

■ まとめ

まとめ
出典:ビッグウイング

今回はおすすめのソフトクーラーと保冷剤をご紹介させていただきました。
ソフトクーラーは、かさばらず、使用しないときにはコンパクトになるので、大変便利なアイテムです。
今回は、その中でも特に保冷力の高いソフトクーラーをご紹介しました。
これから秋本番を迎え、過ごしやすい日が増えますが、とはいえ、保冷力の高いソフトクーラーがあると便利ですね。
これからのみなさんのアウトドアライフが豊かなものとなることを願っております。

関連記事(外部サイト)

×