なぜここまで? ウーバーイーツ配達員が嫌われるワケ

ウーバーイーツの配達員を初めてから3年3ヶ月。「ウーバーイーツの配達員は世間から嫌われている」ということを、ひしひしと感じています。そこで今回は、私なりに配達員が嫌われる理由を考察。また、なぜ配達員がそのような嫌われる行動をとっているのかを説明しようと思います。

■デカいバッグで受け取りスペースを占拠

ニュースでよく、自転車配達員が高速道路を走っているとか、信号無視をしている、なんてことが話題になっています。「ウーバーイーツ配達員が暴走」なんてテロップが出て報じられている映像は、たしかに見ていて危ない運転で、自分が自動車のドライバーや歩行者だったら腹が立つものです。この類の報道を見て、配達員にイラッとくる人も多いでしょう。

▲マナーを守らないドライバーは一定数いる イメージ:PIXTA

配達員が危険運転をしてまで配達を急ぐのには、もちろん理由があります。単純に運ぶ回数が多ければ収入も増えますし、一定時間内に多くの配達をこなせばもらえるボーナスや、ランチやディナーの時間帯になると突然出現するボーナスがあり、それをもらえるかどうかで収入が大きく変わるからなのです。

効率よく稼ぐため、と皆が口をそろえますが、要は時間に追われているだけとも言えます。配達員を急がせるシステムには問題がない、とは言い切れないのではないでしょうか。

一方、お店で待っているときの態度にムカッときて、配達員を嫌う人もいらっしゃると思います。マクドナルドのカウンターで注文を済ませ、受け取りスペースで順番を待っていたら、大きなリュックを持った配達員がズカズカと入ってきて、受け取りスペースの一番前、カウンターのところに割って入ってくる。そんな光景を見て「なんなんだコイツ!」と感じた人もいるでしょう。

▲思いやりが大事です イメージ:PIXTA

配達員サイドから言い訳をさせていただきますと、お店の人に「コイツ邪魔!」と思わせるほどプレッシャーをかけないと、注文が後回しにされてしまう可能性があるので、わざとやっている配達員がいるのです。

ランチタイムは、目の前にいるお客さんの注文を作るだけで手一杯。そんなところに、割り込むような形でウーバーイーツの注文が入ってきます。お店で注文している人にとってみれば、自分の注文よりも先に誰のものかわからないものを作り始めたら、イライラするに違いありません。

厨房が見えるタイプのレストランなら、そのイライラは特に大きくなるでしょう。そんな理由で、ウーバーイーツの注文は後回しにされることも多いのです。

だから配達員は「ウーバーイーツの配達員が来てますよ。後回しにすると、大きなリュックを持っていつまでもここにいますよ。ちゃんと注文が入った順番通りに作ってくださいね」という思いを込めて、あんなことをしている可能性があります。

■配達員の質が安定しない理由

あくまで私の経験をもとにした個人的な意見ではありますが、私が配達を始めたころのマクドナルドは、目の前のお客さんを優先して、配達員の注文を後回しにしたこともあったように思います。

ですが、マクドナルドは出前館さんなどの他のデリバリーサービスにも対応したり、スマホによるオーダーもできるようなシステムに改良されたのか、配達の注文を後回しにするようなことはなくなりました。

なので、店の中までリュックを持ち込み、カウンターの一番前で待つあのスタイルは、やる必要がないと思います。お店にハッキリと到着を伝えて、あとは邪魔にならない場所で待機していればいいかと。

▲割り込みは人の気持ちを逆なでる イメージ:PIXTA

何度注意しても、同じことを繰り返すのにカチンときて、配達員が嫌いになった人も多いでしょう。

インターホンを絶対に鳴らさないでください、と指示をしているのに、鳴らしてくる配達員。入り口は大通りの裏側にありますと指示しているのに、大通り周辺でウロウロした挙句、電話してくる配達員。前に注文したときはオフィスのあるフロアまで配達してくれたのに、今回は「ビルの入り方がわからないからエントランスまで来てくれ」と言ってくる配達員。

「何度も注意しているんだから、いい加減覚えろよ!」と腹が立つ人も多いでしょう。

たしかに、そう思われる気持ちはよくわかります。ですが、ウーバーイーツは配達員用のアプリをダウンロードするだけで始められる仕事。アプリの操作方法の説明はありますが、各店舗での商品の受け取り方、配達方法などのマニュアルはありません。

また、同じ職場で働く仲間から仕事のやり方を教わることはありません。つまり、仕事のやり方をまったく知らない新人配達員が担当することも多々あるのです。

▲同じことを何度説明すればいいのか… イメージ:PIXTA

他の宅配業者やピザのデリバリーの場合は、前任の担当者からマンションへの入り方や、業務用通路などの位置のレクチャーを受け、引き継ぎがしっかり行われますが、ウーバーイーツには引き継ぎの制度などありません。そのため、何度も何度も、注文者の方が最初から説明しなければならないのです。

これに関しては、注文される皆様には申し訳ないのですが、ウーバーイーツはそういうものと割り切っていただくしかありません。

他にも、配達員に対して、いろいろと思うことがあると思います。ですが、配達員は研修を受けずに現場に出され、配達を重ねることでいろいろと仕事を覚えていく。ウーバーイーツの配達員は、そういうものなんだと思ってみると、多少はイラつきが押さえられる……かもしれません。

ウーバー配達で大学生にあざ笑われる屈辱…サイテーすぎるチップの思い出 | アラフォーUber Eats配達員 激走日記 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1482 )

〈Uber Eats配達員W〉

関連記事(外部サイト)

×