さかなのおにいさん・かわちゃん「未来へ海の豊かさを守り伝えていきたい」

おさかなの面白い&タメになる生態を描いた4コマ漫画がSNSで反響を呼んだ、さかなのおにいさん“かわちゃん”こと川田一輝さん。

初の書籍『ツッコミたくなる おさかな図鑑』(小社刊)では、SNSに投稿している4コマ漫画は全て描き直して掲載、そして新作の4コマ漫画も描き下ろし! さらに全70種のさかなたちをキャラクター化したイラストまで描いたという。

まさに心血を注いだ1冊となった書籍の発売を記念して、川田さんに“本に込めた想い”について聞いてみました。

■個性がありすぎるさかなたちに愛あるツッコミを

――発売おめでとうございます! 新刊『ツッコミたくなる おさかな図鑑』の制作にあたり、もっとも苦労したこと、もっとも楽しかったことをお教えください!

川田 一輝 (以下川田) 楽しかったことは、描いてるうちにさかなが人間に思えてきたことです。せっかちすぎて船に刺さっちゃうカジキや、実はちゃんと練習してるテッポウウオなど。「キミ急ぎすぎやねん」「努力家やなぁ」と描きながら、さかなたちに話しかけてたことがツッコミになって、このイラスト図鑑の特徴になったのはうれしかったです。そんなさかなたちにさらに親近感が湧くように、服を着せたり刀を持たせたり、人間っぽく描くのは苦労した点かもしれません。(でもそれも楽しかったです!)

▲急には止まれないカジキと努力家テッポウウオ

――川田さんが「さかな好き」になったキッカケを、お話いただけますでしょうか?

川田 ぼくがさかな好きになったきっかけは、幼馴染の男の子の影響です。彼がとてもさかな好きで、家に行くたびよく図鑑を見せてくれました。ただその数年後に彼が転校することになり、そのときお別れの印に一冊のさかな図鑑をくれたんです。

▲幼なじみと夢中で読んださかな図鑑

寂しさから読んでるうちに、さかなにハマっていき、釣りや水族館へ通い、気づいたらさかなの魅力を伝える「さかなのおにいさん」になっていました。

ある日、その彼と15年ぶりに再会することになったのですが、久しぶりに会う彼は当時と全く関わらず、なんと学校で生き物の先生になっていました。

ビールで乾杯しながら、あの頃と同じようにさかなの話で盛り上がれたのがうれしくて、自分の人生を変えてくれた、そして大切な友人との縁をつないでくれた、あの一冊の図鑑のような本を作りたい! と思い、その夢が叶ったのが『ツッコミたくなる おさかな図鑑』なんです。

……ちなみに、その後日談。本にするにあたって幼馴染の彼に「キミのこと書いていいかな?」と聞いたら「もちろん、学校の図書館にも頼んで置いてもらうね」と返信してくれたんです。それもうれしくて絶対に面白い本にしよう! と思いました。

▲再会した幼馴染と語り合った日

――まさに「ツッコミたくなる」エピソードや、おさかなたちの生態が満載ですが、川田さんが特に思い入れのあるおさかなと、そのツッコミどころをお教えください!

川田 いろんな笑えるツッコミがあるんですが、あえての「泣けるツッコミ」で言うとブラックバスです。

ブラックバスの魚生(さかなの人生)は、パパから食べられそうになるところから始まります。親から逃げ出した子バスは、鳥から逃げたりエビと戦ったりして大きくなり、せっかく出会ったメスは卵を産んだら逃げてしまい、オスだけで卵を守る……と、大人になっても踏んだり蹴ったりなんです。

そして、子どもが産まれると、巣立ちを促すために大きな口で追い立てます。このときにハッと過去を思い出すんです。パパから食べられそうになったと思ってたけど、実はパパの愛やったんや……!

名前はブラックバスやのに、心は超ホワイトなんかい! 泣ける〜!!

▲苦労魚ブラックバスの一生

■本を通して伝えたい「海の豊かさを守る」こと

――本のなかでも「どうしても伝えたいDE章」で触れられていますが、川田さんがSDGs17の目標のひとつ14番「海の豊かさを守る」ことについて、興味を抱かれるようになったのはなぜですか?

川田 ぼくが「海の豊かさを守りたい」と思ったきっかけは、ラジオに届いた一通のメッセージです。

「先日、家族で潮干狩りに行ったときに、4歳の息子が貝と一緒にゴミを拾ってきたんです。なんで? と聞いたら……だって、かわちゃんがこの海にさかな泳いでるって話してたから、ゴミあると可哀想やん? と教えてくれました」

このメッセージに衝撃を受けて。ぼくはただ、さかなが好きで「さかなってオモロイやろ!?」と話してただけなんですが、それが海を綺麗にすることにつながるなんて、とビックリしました。

自分自身、海やさかなに人生で何度も救われてきました。そんな海に、子どもがさかなに興味を持つキッカケをつくることで自然を守る心を育てる、恩返しができるんだと思い、未来へ海の豊かさを守り伝えていきたいと活動の軸が定まりました。

▲ぼくらに今できることを考えてみよう

――楽しくおさかなの知識を得ながら、最終的にはわかりやすく環境問題についても考えることができる貴重な一冊だと思いますが、川田さんはどんな人に、どんなふうに届いてほしいとお考えでしょうか?

川田 ぼくが目指したのは、家族で回し読む「新聞」のような一冊です。子どもは4コマ漫画を読んで、お母さんはテレビ欄を、お父さんは社会面を読むように、この本も扉絵・4コマ・文章解説、家族みんなでいろんな読み方を楽しめるように充実させました。そして大人になったら読める部分が増える、それも楽しみになると思っていて、長く楽しんでもらえたらうれしいです。

そして、幼馴染がくれた一冊の図鑑が僕の人生を変えてくれたように、大切な人に渡して欲しいと思っています。本の良さは手渡せることなので、この本が大切な縁を強く結んでくれることを願っています。

――最後に、これからの「さかなのおにいさん かわちゃん」としての今後の活動、あるいは抱負についてお聞かせください!

川田 さかなのおにいさんになったキッカケは、学生時代に「うたのおにいさん」を目指していたことからなので、いつか、うたのおにいさん&おねえさんの横に立って、さかなの歌を歌いたいですね!

また、この本を持って全国の本屋さんや水族館を巡って、たくさんの人やさかなに会いたいと思っています。見かけたら「かわちゃん!」と気軽に声かけて欲しいなぁ。そこで出会った水族館の魅力を4コマで描くのも面白そうですね!

なにより、この本はゴールではなくて、スタートだと思っています。ぼくとみんなをつないでくれる縁でもあり、世界を開くパスポートだとも思っています。綺麗な海が広がる優しい想像力を持った世界を、みんなと作れるのを楽しみにしています。

P.S.「TwitterやInstagramされてる方は【#ウォイ図鑑】【#さかなのおにいさん】でぜひ感想を呟いてくださいね! かわちゃんが「いいね」しにいきまーす!」

■プロフィール

さかなのおにいさん かわちゃん(川田 一輝)

1990年、大阪生まれ。さかなたちの“おかしな”生態や海の大切さをイラストや歌で伝えることで、子どもの好奇心を育てる活動をしている。また、本名の川田一輝名義では、ラジオDJ・アナウンサーとしても活躍。『ツッコミたくなる おさかな図鑑』が初の著書となる。
Twitter : @sakana_bro
Instagram: @kawayanfishing

関連記事(外部サイト)