職場で疎まれ者だった秀吉がジョブチェンジして評価されたワケ

■私との結婚から4年後には武将として活躍

結婚してからしばらくの時期、藤吉郎は才覚のある若者として信長さまから重宝されておりましたが、織田軍団でいっぱしの武将として認められたのは、美濃攻めでの活躍が故でございます。といっても、いちばん確かな記録である太田牛一さまの『信長公記』の美濃攻めの箇所には登場いたしません。

▲私たちもビックリするような文献も残っています イラスト:ウッケツハルコ

太田牛一さまというのは、藤吉郎より10歳ほど年上で、尾張国春日井郡山田荘安食村(名古屋市北区)で生まれた地侍のお子でございます。最初は、斯波義統さまや柴田勝家さまに仕えていましたが、やがて弓の名手として信長さまの目にとまりました。

そのうちに、文才を買われて祐筆として活躍されたのでございます。本能寺の変ののちは、丹羽長秀さまのところを経て秀吉に仕え、太閤検地などに活躍されました。

文才があるだけでなく記憶力抜群で、歴史に忠実な記録を残すことに情熱を傾けられました。『信長公記』の奥書でも「故意に削除したものはなく、創作もしていない。これが偽りであれば神罰を受けるであろう」と書いておられるほどでございます。

もちろん、記憶違いも多いのですが、私がいま見ても“えこひいき”がない資料でございます。

ただ、美濃攻めのころは、まだ信長さまのおそばに仕える前です。『信長公記』にもご自身が書かれているように、堂洞城(どうほらじょう)攻防戦で得意の弓を使って活躍し、信長さまの眼にとまった頃ですので、信長さまの近くで美濃攻めの全体像をご覧になっていたわけではございません。

そんなことで、信長さまが岐阜城に入られてから以降に比べると、大まかなことしか書いていないので、藤吉郎が登場しないのは仕方のないことでございます。

藤吉郎の名が初めて登場するのは、足利義昭さまを岐阜に迎えたのち、上洛に向かう妨げとなっていた観音寺城の六角承禎〔ろっかくじょうてい:剃髪前の名は六角義賢〕を攻めた戦いのときでございます。

▲観音寺城跡(滋賀県近江八幡市) 出典:PIXTA

観音寺城の支城である蓑作城(みつくりじょう:東海道新幹線の上り線だと左側に観音寺城跡、右側に蓑作城跡が見えます)を永禄11年(1568年)9月12日に攻めたおりに、佐久間信盛さま、丹羽長秀さま、浅井政澄さま(近江浅井一族で長政さまと祖父同士が従兄弟です)という三人の名だたる先輩武将の皆様とともに、藤吉郎の名が並んでおります。

つまり、この頃には20人くらいの主だった武将のひとりに数えられるまでに出世していたわけでございます。そして、翌年に伊勢国司の北畠具教さまを大河内城に攻められたときにも、多くの武将とともに藤吉郎の名前が出てきております。

また、いま残っている書状ということでなら、永禄8年(1565年)11月2日付けの松倉城主・坪内利定宛て知行安堵状(ちぎょうあんどじょう)で「木下藤吉郎秀吉」として副署しております。私たちの結婚から4年後のことでございます。つまり、結婚してから4年後には、そこそこの武将になっていたわけでございまして、私の内助の功も自慢していいのではないでしょうか。

そんなわけで、結婚してから信長さまの上洛に参加するまでの7年間のことは、私が藤吉郎から聞いたことについてのあやふやな記憶と、少しあとの時代に、さまざまな方が言い伝えをまとめられた軍記物に頼らざるを得ません。

しかも、藤吉郎の話は調子よくて、私もどこまで信用していいのかわからないところもあることをお許しくださいませ。?

■信長の言いたいことを先取りして意見する秀吉

それでは、藤吉郎が信長さまに認められるようになったのは、どんなところが気に入られたかと言うことでございますが、どんな仕事でもそれまでのやり方に囚われずに、最高の仕事をしようという前向きな姿勢と、信長さまに差し出がましくも遠慮なくものをいい、しかも、それが本当は信長さまが言いたいことを先取りしたものだったからだと思います。

皆様がご存じのような藤吉郎の若い頃のエピソードのいくつかは、小瀬甫庵(おぜほあん)が、大坂夏の陣の12年後、私が死んで3年後の寛永三年(1627年)に書いてベストセラーになった『甫庵太閤記』がもとになっております。

小瀬甫庵という人は、尾張出身の医師で豊臣秀次や堀尾吉晴の家臣だったこともあり、のちに、加賀藩に仕えました。ほかの方の書いたものも、この甫庵の『太閤記』に随分と影響されているように思うのでございます。いってみれば、坂本龍馬とかいう方のイメージとかエピソードが、司馬遼太郎さんの『竜馬が行く』という小説で書いたことが、史実のように誤解されているようなものでございます。

草履取りをして冬の寒い日に背中に入れて温めたというのは、さらにのちの時代の創作でございますが、毎朝、信長さまが気まぐれに「誰かあるか」と叫んだら必ず藤吉郎がいた、とかいった話なら甫庵のものにも書かれております。

こうして信長さまから、そこそこの信頼を獲得した藤吉郎は、戦場での働きの前に、普請であるとか物資の管理のような仕事で、手腕を発揮することになったのでございます。

「清洲城の壊れた塀の工事がなかなか終わらない」と藤吉郎が批判していると聞いた信長さまが、藤吉郎にやらせてみたら、区画ごとに担当を決めて競争させる「割普請(わりぶしん)」という知恵を使って、たちまち完成させたという話は有名でございます。

▲清州城 出典:PIXTA

また、薪奉行を任せた際は、使う量を三分の一にして、さらに商人から買うばかりでなく、領内の村々からも物納させるようにして節約したといいます。

あるいは、美濃攻略のために清洲から小牧に城を移すべきだと進言して、信長さまは本拠地移転を実行されることになったそうでございます。

こうした個々のお話が、どこまで本当か自信がありませんが、藤吉郎のどういうところが信長さまに気に入られたかのイメージはつかめると思います。

しかし、奉行としての仕事に満足する藤吉郎ではございません。やはり出世するなら武将として成功したい、というのが戦国の世の男たちの気持ちでございました。そこで、勝手に旗指物をつくって、信長さまが尾張統一のために一族を攻められていた小競り合いに自主参加したりして、アピールしておりました。

ただ、模擬合戦で一方の大将に指名されて勝利を収め、経験がないのに孫子の兵法を会得していると誉められ、いよいよ武将として活躍の場を与えられることになったと甫庵は書いておりますが、私は聞いたことはございません。

藤吉郎は、信長さまから「差し出がましい」とよく叱られたのですが、自分の才知を恃(たの)んで、おかしいと思ったら口に出さないと気が済まない人でございます。そのために、子どものころから騒ぎを起こし、仲間や上司から疎まれて追い出されることも多く、遠江の松下家でも長くは置いてもらえませんでした。

ところが、信長さまは当たり障りのない仕事には満足されない殿様でございましたから、藤吉郎の普通の人にとっては困った“性格”を評価してくださったわけで、まことに藤吉郎は、良い殿様に仕えることができたと申せましょう。

今日はこのあたりで失礼いたします。ごめんくださいませ。

※ 太閤記としてはこのほかに、柳川藩主田中吉政の家臣・川角三郎右衛門の『川角太閤記』があって、主に山崎の戦い以降を扱っているが、比較的に史実に近いとされる。『絵本太閤記』(武内確斎:著・岡田玉山:画。1797年〜1802年)は大ベストセラーになった。『真書太閤記』(栗原柳庵:編、安永年間1772年〜1781年)は、勧善懲悪などの価値観が入りすぎだが、軍記物、人形浄瑠璃や歌舞伎における太閤物の原典。『天正記』は秀吉が大村由己に命じて著させたもので、播磨制圧以降の戦いについての秀吉の自慢話。『豊鑑』は竹中半兵衛の子の重門が記したものだが間違いが多い。

※ 観音寺山城は近江南部の守護・六角氏の本拠。繖山(きぬがさやま、標高432m)の山上にあった。山上には西国三十三番札所の天台宗・観音正寺もある。また、尾根のひとつには天台宗・桑実寺があるが、足利義晴が将軍だった1532年には、室町幕府が一時ここに移転していたことがある。

関連記事(外部サイト)