「ラーメンで失敗したくない」伊藤えみのオススメ教えます

2020年にリリースした写真集『e mi ru ma』では、タイトルの通り挑戦的なカットが話題となったタレント・伊藤えみ。今年の6月には、デジタル写真集『VIVID GIRL 伊藤えみ』をリリースしている彼女は、なんと日本ラーメン検定でほぼ満点の96点を獲得し、今年の7月に行われた生配信企画では、並み居る強豪を抑えて優勝するほどのラーメン好きだそう。彼女の深いラーメン愛、そしてグラビアなど仕事への思いについて聞きました。

■きっかけは「麺屋武蔵 青山」

――まず最近の伊藤さんのトピックで言うと、7月11日に行われたラーメン検定の生配信企画で、並み居るラーメン好きを抑えて見事に優勝されたことですよね。

▲ラーメンの話になると自然と笑みがこぼれる

伊藤 そうですね、負けず嫌いなので(笑)。もともと想定の台本があったんですけど、最後のコメントのところに「悔しいです! リベンジしたいです!」って書いてあって。「私、負ける前提じゃん! 絶対勝ってやる!」って思って(笑)、より勉強に熱が入りました。

――想定を覆してやろうっていうのが素晴らしいですね(笑)。そもそも、ラーメンを好きになったきっかけは?

伊藤 この仕事を初めて16〜17年になるんですけど、現場から次の現場へ、という短い間でサクッと食べられるもの、というチョイスがきっかけですね。このお店が、ということで言えば、事務所が青山一丁目にあったので、もう閉店しちゃいましたが「麺屋武蔵 青山」は数え切れないくらい食べました。

――今でこそラーメンを女性がひとりで食べる、って珍しいことじゃなくなりましたが、その当時はかなり珍しかったんじゃないかと思うんですけど。

伊藤 そうですね。でも、それが仕事につながるなんて全く思ってなくて、ラーメンを日常的に食べはじめた時期と、自分がブログをはじめた時期がかぶってて、ブログにその日に食べたラーメンをアップしていたら、それがラーメン好きの方の目に止まった感じですね。仕事じゃなくて、ただただ純粋にラーメンが好きだったのが良かったのかもな、って思ってます。

▲取材の合間もラーメンの話は尽きない

――なるほど! では、伊藤さんが思うラーメンの魅力ってなんですか?

伊藤 おっ! 意外と普段聞かれない質問なのでうれしいですね(笑)。ラーメン好きが集まると、きっかけとか、そもそもラーメンの魅力ってなに? みたいな話にならずに、あの系列がどうとか、深い話になりがちなので(笑)。

――たしかに、詳しい人が集まるとそうなりがちですよね(笑)。

伊藤 魅力かぁ……短い時間で、コース料理を食べたかのような満足感がある、って所ですかね。あと、この仕事をしていると、ひとつの仕事にいろいろな人の努力が入ってるって気づくんですけど、ラーメンもまさにそうで、麺やスープに、いろいろな方の思惑や決意が込められているんですね。命を賭けてるぐらいの方もいらっしゃいますし、自分もそれぐらいの熱意を持って仕事できたらと思ってます。

――クリエイティブな面で共感するってことですね。

伊藤 はい。あとは、ラーメンがなかったら今の交友関係はガラッと変わってただろうな、と思うくらいラーメンによって交友関係が広がったので、そういう意味でもなくてはならないものになっていますね。

■「テイクアウト」「冷やし」「変わり種」オススメの店

――伊藤さんほど熱意があると、好きなラーメンって数多くあると思うんですが、テーマ別でニュースクランチ読者にオススメするラーメンを教えてほしいなと思って。まず、このコロナ禍でテイクアウトのラーメンでのオススメをお伺いしたいんですが。

伊藤 そうですね、私自身テイクアウトって、家の近所でしかやらなくて、そこを紹介すると家がバレてしまうので(笑)、ただ普段行くラーメン店はテイクアウトやってるのかなって調べたら、御茶ノ水の「ラーメン大至」さんは、普通のラーメンも冷やし中華もあって良いですよ。

――種類があるのは良いですね! 今ちらっと話にも出ましたが、9月でも暑い日があるので、ちょっと冷たいラーメンのオススメもお伺いしたんですが。

伊藤 「大至」さんにも期間限定の冷やしメニューがありますね。ほかには、去年夏に舞台をやってたんですが、コロナ禍で打ち上げとかもできなかったんで、自分で麺で打ち上げをしていて(笑)。そのときは大塚の「創作麺工房 鳴龍」に行きました。そこはミシュランで一つ星を獲得してる人気店で担々麺がおいしいんですけど、担々麺を食べたあとに限定の冷やしも食べたくなって、でも追加で頼むのはラーメン好きのマナーに反する……と思って、一杯食べて、並び直ししました(笑)。

――ちょっと待ってください(笑)! そもそも大前提として、一回で2杯食べるのって普通のことなんですか?

伊藤 ありますあります! 普段行かない地方に行ったときは3杯食べたり。行列店でも、そのたびにきちんと並び直して、ラーメンをいただく。後ろめたい気持ちを持っていたら、せっかくのラーメンがおいしく感じないので! 「鳴龍」でも、担々麺食べたあと、かなり長い列ができてたんですけど、最後尾に並んで、冷やし梅塩拉麺をいただきました。

▲Instagramではラーメン情報も多く載せている

――素晴らしい。それでは「目を引く変わり種ラーメン」はありますか?

伊藤 私、ラーメンで失敗したくなくて(笑)。だからすごくリサーチするんですね。信頼できるラーメン好きの方にもお聞きしたり。

――ラーメン好きでも、好みは各々違いそうですよね。

伊藤 そうですね! それぞれ得意分野も違うし、この地域はこの人に聞けば間違いない、みたいなのもあったり(笑)

――あははは! 得意な地域もあるんですね。

伊藤 なので、なかなか奇をてらったラーメンは食べる機会が少ないんですけど、町田にある「パイナップルラーメン店さん パパパパパイン」は、名前の通りパイナップルが入っている奇抜なラーメンなんですが、おいしいです。あと二子玉川にある「鮎ラーメン」も、名前の通り鮎がまるごと1匹入ってる塩ラーメンなんですが、これも見た目のインパクトに負けずにおいしいですね。

■知識がない人でもラーメン好きであれば立派なラヲタ

――たしかに、この2つは目を引きますね。そもそも伊藤さんの好みのラーメンって何系なんですか?

伊藤 えー、難しいですね!(笑) ずっと細麺が好きだと思ってたんですけど、この前太麺でおいしいなって思うものもあったし……迷うなあ(笑)。

▲取材場所近くのラーメン店も教えてもらいました

――(笑)。この地域はこの人に聞けば間違いない、みたいな話もされてましたけど、好きな地域もあるんですか?

伊藤 あー、ありますね! 喜多方も好きだし、福島の白河にある「とら食堂」っていう名店の分店が松戸にあるんですけど、そこの出身の方が町田でやってる「一番いちばん」っていうお店も、手打ちでおいしいですね。ここの近く(恵比寿)で言うと「手打 親鶏中華そば 綾川」も手打ちですごくおいしいです、今だと冷やしもあるし! 自家製のコーレーグースっていう辛い調味料もあっていいんですよ。

――好きな味はあるんですか? あ、でもさっき一度で2杯食べられることもあるっておっしゃってましたもんね(笑)。

伊藤 そうですね(笑)。でも、いわゆる中華そば的なものを選ぶことが多いかもしれないです。あ、今思い出したんですけど、王子神谷にある「中華そば屋 伊藤」もおいしいです、同じ名字っていう贔屓目もあるかもしれませんが(笑)、超名店。秋田の煮干し系の名店の弟さんがやってらっしゃるお店なんですけど。

――そんなパーソナルな情報まで!(笑)

伊藤 いつも、どなたがやってるのかな、ってとこから始まるんですよ、私のラーメンは(笑)。ラーメン好きになったきっかけの「麺屋武蔵 青山」を食べてたときは、ただただ「おいしい」って思ってて、それも良いんですけど。知っていくのも私にとっては魅力で、例えば「96年組」っていうラーメンの当たり年があって。

――あははははは! そんなアイドルみたいな括りがあるんですか?

伊藤 そうなんです(笑)。さっき言った「麺屋武蔵」、中野にある「青葉」、横浜にある「くじら軒」の3店舗を指すんですけど、そういうのもあとから知ったら面白くて。

――普通に「96年組」っていうから笑いました(笑)。

伊藤 知らない人からしたらそうですよね(笑)。共演者の方で「ラーメン好き」って人がいると「何が好きですか?」って話すんですけど、だいたい引かれちゃいますね(笑)。「あー、96年組が好きなんだ」「ん?」みたいな(笑)。加水率の話をしちゃったりとか(笑)。

――たしかに、加水率の話をする人はなかなかいないですよね(笑)。もっと多くの人に伊藤さんのラーメン好きが広まれば良いですね。

伊藤 そうですね。でも、評論家みたいな立ち位置を目指しているわけではなくて。知識も足りてないですし、おそれ多いです。「ラヲタ(ラーメンオタク)のくせに、こんなことも知らないのか」みたいなのはあまり好きではなくて。極端なことを言えば、家の目の前のラーメン店さんのラーメンだけを1年中食べている人がいたとしたら、その人も立派なラオタだと思うんですね。だから、ただ「ラーメンが好き」だし、一人でも好きな人を増やしたいな、って思ってます。

▲ラーメン店に対する熱い想いに取材陣も感動

――素晴らしいですね!

伊藤 コロナ禍なんでなかなか誘いづらいんですけど、誘えるようになったら一緒に行こうって約束してる女の子とかたくさんいますね。そこから、1人でも食べに行けるくらい好きになってくれたら良いなって思ってます。

■普段は隠してるけどスイッチが入ると開放的に・・・

――今、コロナ禍の話になりましたが、仕事への向き合いかた、心境の変化などはありましたか?

伊藤 自由度が増したかな、と思いますね。

▲取材のためにたくさんのラーメン店をリサーチしてきてくれました

――え、逆に不自由になった、って思う人が多そうな気がしますが。

伊藤 もちろん、そういう側面もあるんですけど、周りの方々も自由に動けないなかで「自分はこういうことができます」ってSNSで発信するようになって、私も「あ、この方、こんなことやってるんだ」って気付けるようになって「じゃあ一緒にやってみよう」ってことが増えましたね。

――なるほど、直近の活動で言うと、デジタル写真集『VIVID GIRL 伊藤えみ』がリリースされてます。

伊藤 雑誌の表紙をやらせていただく機会があったんですけど、直近で何か撮ったものを載せます、と言われたときに「撮ってないな」って気づいて(笑)。過去の写真ばかり出してたら過去にすがっている人、みたいに自分で思っちゃうのが嫌だなというのもあったし、その時ちょうど髪が短かったのもあって、この短さで撮ったことなかったから「今の私を見てもらおう」と思って、撮っていただきました。

――この取材の写真撮影のときも「やはりプロだな」と感じたんですけど、撮られるときにポリシーなどはあったりするんですか?

伊藤 いえいえ! そんな偉そうなことは言えないですけど……ただ、水着撮影の場合は品を損なわないように、とは心がけてますね。普段の私とのギャップを喜んでもらってると感じているので、普段の私は隠すし、自撮りとかするよりもラーメンの写真撮ることが多いんですが(笑)、撮影などで一旦スイッチが入ると、自分のなかで品を損なわない程度に開放的になっていると思います。

――その品みたいなものは写真から伝わってきますね。このデジタル写真集は実際に紙でも発売されるんですよね。

伊藤 はい、ペーパーバックでも発売されますね。きちんと製本されて届くので、紙派の方はそちらもチェックしていただきたいです。

――今後、決まっている仕事や挑戦したいことなどあればお聞かせください。

伊藤 去年からボートレース平和島のイメージキャラクター「大森とあ」の声をやらせてもらったりして、声のお仕事も楽しくてやりがいがあるので、どんどんやっていきたいなと思ってます。あと私がプリザーブドフラワーや、アーティフィシャルフラワーのアレンジメントをやっていて、期間限定なんですが、渋谷マルイの『マイラーメン グラスヌードルショップ』の店内装飾なども担当させてもらってます。好きなことを続けていければ良いし、それが仕事につながるともっと良いな、って思ってますね。

▲トップ画像で持っているお花は伊藤さんの手作り!

■プロフィール

伊藤 えみ

オフィシャルブログ: https://ameblo.jp/ito-emi/
Twitter: @itoemi1019
Instagram: @itoemi1019 ?

全ての写真をみる(https://wanibooks-newscrunch.com/articles/photo/2305)

関連記事(外部サイト)