天下って畿内だけ? 秀吉がお市の方を狙ってた? 寧々が質問に答えます

■天下とは“畿内”という議論に意味は無い

信長さまが「天下布武」の印判を使い始められたのは、斎藤氏を滅ぼされて美濃を手に入れられた、永禄10年(1567年)の9月から2か月ほど後のことでございます。足利義昭さまとともに上洛されたのは、その翌年の9月です。

井之口の町と稲葉山のお城を、古代中国で殷朝にかわって天下を治めた周王室の出身地に倣って岐阜と名付けられたのは、全国に号令しようという意欲の表れと考えて間違いございません。

▲岐阜城 出典:PIXTA

最近、この「天下」は畿内のことで、全国ではない、とかいった議論が流行っているようでございます。

しかしながら、私はあまり意味がある話だとは思っておりません。信長さまが足利義昭さまを奉じて上洛されたところで、幕府の直轄領は京の都の周辺だけでございました。畿内全体にすら及んでおりません。しかし、将軍さまは九州から東北までの守護の任命に介入できますし、明国などとの貿易も将軍さまの少なくとも黙認が必要でございます。

現代でも東京の政界といえば、新宿の都庁でなく永田町を指します。江戸時代には関八州というのが幕府権力の代名詞でございましたし、アメリカではワシントンといえば中央政府のことです。

ですから、天下という言葉が直接には全国を指していなかったとしても、信長さまご自身が畿内のローカル政権を目指されていたはずもございません。また、南蛮船の到来などで「日本」という国家や国境への意識は、徐々に強化されつつあった時期でもございました。

ただ、当時の武将たちや京の庶民が信長さまの上洛を、永正5年(1508年)の大内義興さまと足利義尹(義稙)による上洛や、永禄元年(1558年)に上洛されていた三好長慶さまが将軍義輝さまを京に迎えられたこととは違うものと、最初から受け止めていたかというと、そうでなかったと思います。

とはいっても、信長さまは、庶民から身を起こして本当の意味での新しい時代の政治をした秀吉と違って過渡期の方でございます。中世武家社会の名門一族から出て、その伝統社会の仕組みをよく知り、余計なところで摩擦を起こさないようにし、攻めるべき所は果敢に戦って、統一国家という新しい時代の方向付けをされた方だと思うのでございます。

▲上洛の準備をすすめる信長さま イラスト:ウッケツハルコ

■着々と上洛の準備をすすめる信長

岐阜に落ち着かれた信長さまは、一方で、上洛の邪魔にならないように北伊勢の土豪たちを手なづけられました。この方面の作戦の指揮官は、滝川一益さまでございました。

滝川さまは、近江甲賀郡の大原(甲賀市)というところの出身と聞いております。JR草津線甲賀駅の近くでございます。故郷で一族と争いごとがあって国を出て諸国を巡られたようですが、鉄砲の知識と技術を身につけられて、信長さまに仕えるようになったとうかがっております。

▲神戸城 天守台 出典:PIXTA

その滝川さまを、永禄10年(1567年)から伊勢に派遣して土豪たちを従わせました。翌年には神戸城(鈴鹿市)の神戸氏に三男の信孝さまを養子として送り込み、上野城(津市北部にあって伊賀の上野城とは別です)にあった長野氏には弟の信包さまを養子とさせ、こうして信長さまは北伊勢八郡を固められたのでございます。

この戦いでは、藤吉郎も手伝いに従軍しておりますが、さほどの働きをしたわけでなく、新しく与力(信長さまからの指揮下に入るように指示された客分です)になっていただいたばかりの竹中半兵衛さまのお知恵をお借りして、西美濃の支配を固めるほうが主たる仕事でございました。

南伊勢の北畠具教さまを攻めて、次男の信雄さまを養子に入れられたのは翌年のことで、それは少しあとのことでございます。

そして、そこから近江甲賀郡の佐治氏とか野洲郡の永原氏とかにも書状を送り、近江の地侍たちの調略に乗り出し、近江南部の守護である六角氏への包囲網を慎重につくり上げていかれたのは見事な差配でございました。 

着々と上洛の準備を進められた信長さまは、三河の徳川さまのほか、甲斐の武田さま、越後の上杉さまといった遠国の大名たちとも誼(よしみ)を通じられましたが、そのことは、また別の機会にお話しいたします。

■織田家の命運を握る浅井家との同盟

そして、もうひとつの重要な同盟関係が、近江の浅井長政さまとのものでございます。浅井家というのは、本当は物部氏の末裔とか聞いております。ただ、藤原を名乗る方が好都合だというので、京都の公家の三条さまが、浅井家の姫のところに滞在して生ませたお子が先祖にいるということで、藤原を名乗っておられました。

ただ、世間では物部氏だと見られていたらしく、後のことですが、茶々(淀殿)もそれを気にしておりました。とくに、浅井一族に不幸が続くのは、祖先が仏敵である物部氏であるためだと近江石山寺の僧から聞いたことも、大坂の陣の前にあちこちのお寺に寄進をした理由のひとつで、私たちが知っている石山寺の本堂も、茶々の寄進で懸崖作りの立派なものになったのでございます。

▲石山寺 本堂 出典:PIXTA

浅井氏は北近江の地侍のひとつでございましたが、長政さまの父の亮政さまのときに勢力を伸ばし、主家である京極家を凌ぐ勢いになりました。京極家は近江源氏で近江の守護だった佐々木氏がふたつの流れに分かれて、それぞれ京屋敷の所在地に因んで、南部の守護が六角家、北部の守護が京極家を名乗ったものでございます。

京極家は、出雲や飛騨の守護も兼ねて、出雲では守護代だった分家の尼子家が主家を追い出して戦国大名になります。

ただし、本家も浅井氏に実権は奪われたといっても、浅井氏は名目上の主君として京極家を大事にいたしましたので、客分のようなかたちでは上手に生き延び、信長さまの家臣になった京極高次さまは、浅井長政さまの次女である「初」と結婚して大津城主となりますし、その姉妹の竜子は秀吉の側室となり、豊臣家のために尽くしてくれることになるのでございます。

■秀吉はお市さまが好きだったのか?

浅井家は、亮政さまを継いだ久政さまの代になると力が衰え、観音寺城を本拠とする六角氏の顔色を窺うことになりました。長男の新九郎(のちの長政)にも六角家の家臣である平井定武さまの娘を正室として迎え、六角義賢(承禎)さまから諱(いみな)をもらい賢政というように名乗りました。

ところが、六角氏への弱腰は北近江の土豪たちに不人気で、家臣たちは賢政さまをかついで久政さまを隠居させました。賢政さまはさっそく野良田(彦根市稲枝駅付近)の戦いで六角軍を破りました。桶狭間の戦いと同じ永禄6年(1563年)年のことでございます。

その3年後には、六角義弼さまが重臣の後藤賢豊さまを誅殺される事件があって、お家騒動になり、おかげで、浅井家は六角家から独立することができ、賢政さまの最初の奥さまも実家に返され、織田氏との提携を模索し始めたのでございます。

お市さまとの婚約は、桶狭間の戦いの翌年である永禄4年(1561年)にされていたと聞いております。賢政さまが長政と改名したのがこの年で、信長さまとの同盟を前提にしたと見るのが普通でしょうし、お市の方は数えで一五歳になっておられますので、ちょうどよい年頃でございました。

ところで、このお市さまに秀吉が懸想していたという人がおります。しかし、残念ながらそういうことはございませんでした。また、詳しくお話しすることがあるでしょうが、お市さまがお輿入れをされたのは、私と結婚した年で、秀吉はまだ小者でしたし、そのあとの小谷城落城のときも、会うような機会はなかったのでございます。

本日はこのあたりでごめんくださいませ。

▲「私と結婚したくて猛アタックしていた頃でした」 イラスト:ウッケツハルコ

※ 「天下布武」の「武」とは、勝利者が徳をもって治めるのだと禅僧が中国の書物を使ってもっともらしく信長にうんちくを垂れたかもしれないが、上洛の前提となるのは、軍事力であって、きれいごとが戦国の武将たちの行動にそんな大きな影響があったとも見えない。成功者が語る道徳はだいたいは後付けだ。

※ 浅井賢政(長政)とお市の方との結婚の時期は、現代の学者の間では永禄4年(1561年)説から信長が斎藤氏を滅ぼした永禄10年(1567年)までいろいろあるが、長政と改名したこともあり、具体的な輿入れの時期はもう少し後かもしれないが、婚約はこのころと推測する。

関連記事(外部サイト)