北海道「道の駅おこっぺ」のチーズとあらびきソーセージで至高のキャンプ飯

バイクで1000カ所以上の「道の駅」を回りながら、ご当地ソフトクリームを探求する平賀由希子さん。ライダーなら誰もが憧れる北海道ツーリングで、道内各地の道の駅グルメを堪能。今回はオホーツク〜紋別までの旅をお届けします。

編集部注:この取材は、緊急事態宣言前に新型コロナウイルスの感染拡大防止に注意しながら行いました。

■北海道だからこそ味わえる直線一本道「エサヌカ線」

こんにちは。道の駅旅ライダーの由希子です。

1か月にわたりオートバイで北海道の「道の駅」を回ってきました。

北海道には全部で128駅あり、旅のあいだに何駅を回れるかというのが楽しみのひとつでした。せっかくなので北海道道の駅スタンプラリーブックも購入したので、スタンプをいくつ集められたか、結果をお楽しみに!

Withコロナということもあり、旅をするにあたって

・都心部や繁華街など、人の多いエリアには行かないようにする
・宿泊はキャンプをメインとする
・マスク・手の消毒はしっかりと

これらを心掛けました。

今回の旅では、道南から最北端の宗谷岬まで(離島も行ってきました!)、道内をほぼ1周しましたが、そのなかでも見どころや、おいしいものが多かった、オホーツク・阿寒摩周湖エリアをご紹介していきたいと思います。

最北の街、稚内市から一気に南下して、この日の宿泊予定地は紋別のオートキャンプ場です。

道の駅に寄りながら、オホーツク海沿いを走ります。海岸沿いに出ると、砂浜に釣竿が何本も並んでいる光景が目に飛び込んできました。どうやらサケ釣りのシーズンらしく、釣りの人たちみたい。それにしても大量の釣り竿が並んでいて、1人であんなに面倒を見るのかとびっくりです。

オホーツク海側を通るとき、走りたい道がひとつあるんです。それは猿払村にある「エサヌカ線」。電線も看板も何もない牧草地の中を走る、ただひたすらまっすぐな道路です。こんな壮大な景色、北海道じゃなきゃ味わえません。

しかも天気が良かったので、空の青さで更に気分が上がります。日差しは暑いのに空気は少しひんやりしていて、ヘルメットのシールドを開けて走ると顔に当たる風が気持ち良い。オホーツク海側のオロロンラインは、どんより曇り空でテンション半減だったから……。走りながら、心の中で「ほんと、最っ高!」と叫んでました(笑)。

▲どこまでもひたすら真っ直ぐな「エサヌカ線」

順調に道の駅を回り、紋別の道の駅でご当地グルメのホワイトカレーを食べれるかな〜、なんて思っていたら、なんと重大事件が発生。「道の駅おこっぺ」で、スタンプを押そうとしたときに、命より、は言い過ぎだけど、財布と同じくらい大事なスタンプラリーブックがバッグに入っていないことに気がついたのです。

その瞬間、完全に血の気が引きました。慌ててバイクに戻って、何度もバッグの中を探しましたが、見当たりません。もしやと思って1つ手前の道の駅に電話をしたら「スタンプ台の上に置いてありました」とのこと。すぐに取りに戻りますと電話を切り、大慌てで引き返しました。この間、23km。時間でいうと約20分。これでも道の駅間の距離が近いほうなんです。

無事、手元にスタンプラリーブックが戻りって、ほっと一安心。一気に全身の力が抜けました。そんなに離れていない道の駅で、本当に良かった〜。

■ご当地産のソーセージやチーズをゲット

「道の駅おこっぺ」に戻ってきた時点で、紋別の道の駅の食堂のラストオーダーには間に合わないことがわかっていたので、ここで晩ご飯の食材を調達することにします。

ここまで道の駅で販売されているものは、海産物が中心でした。「道の駅おこっぺ」に来てソーセージや、牛乳 ・チーズなどの乳製品と久しぶりにご対面。しかも、この道の駅で扱っている商品は興部町(おこっぺちょう)で作られているものだそう。

▲ソーセージの種類も豊富。どれもおいしそう

もちろん「おこっぺ牛乳」を使ったソフトクリームもあって、これがミルク感たっぷりの、ものすごく軽い口溶けのソフトクリームなんです。ホイップクリームのようにフワフワの食感。外に出ると、どんどん溶けてくる。私が食べたのは、興部町にあるノースプレインファームのソフトクリームでした。

晩ご飯用に、 興部ハムのあらびきソーセージと、ストリングモッツァレラチーズを購入しました。ソーセージは手軽に調理ができるので、この旅中のキャンプ飯では大活躍しています。

▲チーズもたくさんの種類が並んでました

ただ、食材調達には困ることがいくつかあるんです。順に挙げていくと、キャンプ道具や着替えなどを満載に積載しているので、食材の入るスペースが僅かしかないこと。冷蔵品は“悪くなる”心配があるので、キャンプ場近くの道の駅でしか買えないこと。1人だと食べられる量も限られるので、その日に食べきれる量だけしか買えないこと。この日のお昼に買ったクロワッサンは、潰れてぺしゃんこになっていました(泣)。

■−20℃体験から巨大カニの爪!?

そして、この日最後の「道の駅オホーツク紋別」へ。

ここは流氷科学館と一体になった道の駅です。入館料はかかるけど、せっかく来たので展示を見ることにしました。その中でも-20°Cの世界を体験できる厳寒体験室は面白かったです。

▲-20℃を体験できる厳寒体験室の入り口

真夏から一気に極寒の世界へ行けちゃうんです。入り口で上着の貸し出しがあるので(もちろん消毒済み)、それを着て、いざ厳寒体験室の中へ。

上着を着ていても、15分もいれば凍えそうになります。指先はものすごく冷たく、体はガタガタ震えてきて、もう限界。外に出た瞬間、思わず「暖かい〜天国〜」と声に出るほどでした(笑)。

▲ホッキョクグマに食べられちゃう!?

▲氷漬けの魚が並ぶ“水族館”

テレビでよく見る、濡れた手ぬぐいを凍らせる体験ができたり、氷漬けにされた魚の水族館や本物の流氷を見れたり、大人でも十分楽しめます。ちなみに、試しに半袖のまま入ってみましたが、寒すぎて2分が限界でした。科学館にはクリオネもいて、ひらひらと泳ぐ姿はとてもかわいいです。さすが流氷の妖精、見ているだけで癒されますね。

道の駅の近くに、写真映えする場所があって、ちょっと寄り道。巨大なカニの爪のオブジェがあり、紋別では有名なスポットです。近くに寄ってみると、これがかなりの大きさ! 1人旅だとほとんど自分の写っている写真がなかったりするので、記念撮影することにしました。

▲紋別にある巨大カニの爪オブジェ

デジカメのタイマーをセットして、バイクの上にカメラを置きます。これが難しくて、画角が曲がってたり、余計なものが写っちゃったりして、何度も撮り直しました。周りに誰もいなかったから良かったけど、1人でカニのポーズを取るのはちょっと恥ずかしかったな。

▲こう見ると本当に大きいカニの爪!

■充実設備で快適だった紋別ベイエリアオートサイト

道の駅をあとにして、今夜の宿泊場所の紋別ベイエリアオートサイトへ。海の目の前のキャンプ場で駐車場も広く、多くのキャンピングカーがいました。

キャンプサイトの良さそうな場所はすでに埋まっていたので、サイトのはじっこの空いている所を選び、急いで設営。ここはサイトの前にも駐車枠があって、バイクを目の前に止められるのがありがたかったです。キャンプ道具の入ったバックはかなり重くて、運ぶのが本当に大変なんですよ。隣では、すでにキャンプツーリングの男性が焚火をして、肉を焼いている。う〜ん、羨ましい……。

設営が終わった頃には、すでに日没間近になっていました。温泉へはバイクじゃないと行けないし、帰りには真っ暗になってしまうので、お風呂は翌日にして、早めの晩ご飯にすることに。買ってきたウインナーをフライパンで焼いて、あとはチーズとパンというメニューは、まるで男のキャンプ飯みたいですが(笑)、シンプルに焼いただけでもおいしいのがウインナーのいいところ。

▲本日の食材

あらびきウインナーは噛むとジューシーで、肉の味がしっかりとしておいしかったです。ウインナーと一緒に焼いたストリングチーズは、クロワッサンに乗せていただきます。残りの半分は、そのままさけるチーズとして。少し塩気があってそのまま食べてもおいしいチーズです。

道の駅で野菜が買えなかったために(野菜を売っている道の駅がなかったのです)、だいぶ肉肉しい食事になってしまったけれど、仕方ありません。

▲フライパンで焼くだけでご馳走に

ワインでもあれば、いいおつまみだったのになぁ。道の駅でお酒も買えなかったので、飲み物は水でした(泣)。

食事をしていると、あっという間に暗くなってしまったので、食事を早々と済ませて寝る準備にかかります。トイレに行ってびっくり! キャンプ場なのに、なんとウォシュレット完備なんです。しかも洗面台からはお湯が出る。

何より一番びっくりしたのは、虫が1匹もいないこと! キャンプ場には虫がいるのが当たり前で、トイレに行くのが嫌だな〜と毎回思うんですが、何で!?って思うくらい見事に虫がいない。今までキャンプ場でこんなにきれいなトイレを見たことがありません。お陰で安心して行くことができました(笑)。

暗くなるとともに、防波堤がライトアップされました。きれいだな〜と見ていると、防波堤の向こうの水平線から、ちょうど月が昇ってきました。日の出ならぬ、月の出を見ることができました。満月だったのか、月明かりがすごく明るい。なかなか見ることのできない景色に出会えた、紋別の夜でした。

<今回めぐった道の駅>

道の駅おこっぺ ( https://hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/795/ )
紋別郡興部町幸町(国道239号沿い)

道の駅オホーツク紋別 ( http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/626/ )
紋別市元紋別11(道道紋別港線沿い)

紋別ベイエリアオートサイト ( https://o-tower.co.jp/publics/index/69/ )
紋別市海洋公園1番地

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間などの情報が変更されている場合がございます。お出かけの際は、出発前にお調べください。

関連記事(外部サイト)