建築は「詩」になり得るか? ヴェネツィアの建築家、カルロ・スカルパへ愛を込めて

こんにちは、建築漫画家の芦藻彬と申します。

この世は無数の名建築であふれています。「ただ街を歩く」、これだけでもう立派な娯楽になってしまうくらいです。建築はさまざまな要求や制約が複雑に織り重なってできており、形や仕上げはその建築の成り立ちや用途、さらには街の歴史といった事柄を実に雄弁に語ります。

しかし、なかには常軌を逸した精密さを持ち、あらゆる細部に至るまでデザインされた、通常の建築の枠を超えた作品があります。かつての大聖堂やモスクのような、国の粋を集めたプロジェクトならいざ知らず、現代建築でそんなものを見せつけられた日には、あまりの仕事量に心を奪われるか、成金趣味と目を背けるかのどちらかではないでしょうか。

もちろん、これから取り上げる作品は前者です。

そのあまりの情報量に目が眩むと同時に、次々と現れる豊かで魅力的な造形に目を奪われ、気づけば数時間、同じ空間で過ごしてしまう。

そんな格別な空間をもつ建築に出会えたなら、その経験は間違いなく人生の宝物となるでしょう。

ここでは、建築家が何かの境地に至ってしまったかのような「覚醒」したデザインの建築を取り上げ、その謎とデザインの妙を紐解いていきます。

■ヴェネツィアが産んだ巨匠、カルロ・スカルパ 

皆さんは、カルロ・スカルパというイタリアの建築家をご存知でしょうか。

▲カルロ・スカルパ イラスト:芦藻彬

1906年、ヴェネツィアに生を受ける。日本好きとしても知られ、たびたび来日するなかで日本の建築や文化に関心を示していた。1978年、仙台にて急逝。

▲『SCISSIONE/分裂』芦藻彬

ヴェネツィアで生まれたスカルパは、本島にある建築大学で長年教鞭をとり、生涯の多くを水の都で過ごしました。アカデミアに身を置くかたわら、ムラーノ島の工房でヴェネツィアン・グラスの職人としても作品を残しており、建築家としては異色のキャリアをもっています。

工房で熟練した職人技術を学び始めた1927年当時、世界の建築界ではモダニズムが影響力をつけ始めていました。

現代美術に多大な影響を与えた美術学校「バウハウス(※1)」が「モダン」なデザインの基礎を築いたり(創設者であるヴァルター・グロピウス(※2)によって建てられた「デッサウの校舎」は、有名なモダニズム建築の一つです)、ル・コルビュジエが自らの事務所を構え、実作・論考共にモダニズムを精力的に発表したりしていた頃、スカルパは伝統的な職人技術を学ぶ方向へと舵を切ったのです。

丘に鎮座する蟹。建築家ル・コルビュジエ晩年の覚醒 | 建築漫画家・芦藻彬の「デザインは覚醒する」 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1949 )

そんなスカルパは、非常に緻密なディテール(細部)デザインに定評があり、あらゆる隅や接合部、小さな金具に至るまで、まるで独立した作品であるかのようにデザインするのです。

▲スカルパ建築漫画より イラスト:芦藻彬

驚くべきは、その個々のデザインによる総体が、確かに一つの「空間」としてまとめ上げられ、統一された秩序を放っていることです。

実際、スカルパは検討の際に膨大なスケッチを描き、余白の隅々にまでディテールのデザインを書き込みます。産み出されては切り捨てられるデザインのなかで、生き残った数少ない選りすぐりのものが組み合わせられるのです。注意深く観察すれば、どのデザインも構成のなかで有機的な関係を持ち、お互いに響き合うことで魅力的な空間を支えていることがわかります。

それはもう、圧巻の一言でした。

■スカルパに魅せられて−ヴェネツィアでの漫画描き暮らし− 

私はこんなにも美しい、人間の仕事を見たことがありませんでした。いや、それまでのあらゆる衝撃を、スカルパの空間が塗り替えていったとも言えます。

大学3年生のとき、レクチャーのなかで見たスカルパの作品「ブリオン家の墓地」の放つオーラ、他の建築とは決定的に異なるそれに、目が釘付けになったことを覚えています。

そのときから、私はカルロ・スカルパの虜となり、彼(の作品)を追っかけて、かつて学長を務めていたというヴェネツィア建築大学に留学もしました。

スカルパの育った水の都で暮らした1年間は、街とともに彼の建築への理解がどんどん深まっていく、まさに夢のような時間でした。ヴェネツィアという古い伝統の残る街、かつ新しいものが次々と入ってくる土地(かつては港、現在は観光地)だからこそ、スカルパという稀代の建築家が生まれたのだと肌で感じました。

▲「SCISSIONE/分裂」より イラスト:芦藻彬

例えば、スカルパ作品にたびたび現れる階段状のかたちは、水路が街を縫うヴェネツィアのあちこちで目にすることができます。潮の満ち引きにより、街と海の境界が刻々と変化するという特殊な環境が、彼の詩的感覚を養ったのかも……? なんてことも、つい妄想してしまいます。

※好きすぎて、滞在中に足繁く通うなかで感じた空間、見つけたさまざまなディテールを漫画の形で記録しました。

SCISSIONE/分裂 - 芦藻 彬 | ArtSticker( https://artsticker.app/share/works/11917?utm_source=app&utm_medium=share_link&utm_campaign=search_bar )

拙作漫画『バベルの設計士』は、連載原稿の大半をヴェネツィアで執筆しているのですが、その原因はスカルパへのとめどない愛なのでした。もちろん、ヴェネツィアにもしっかり惚れ込んだので、風景や生活を漫画にしています。

▲イラスト:芦藻彬

例えば、毎年10月に街を襲う「アックア・アルタ」。潮が満ち、街の1階部分が海に沈むとき、この街は異世界への入り口にな……るかも。

※ヴェネツィアの風景や日常に興味のある方は、アート・コミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」に漫画を掲載しています。

ヴェニスに棲む魔物 第1話「生まれた日を波の上で」 - 芦藻 彬 | ArtSticker( https://artsticker.app/share/works/11918?utm_source=app&utm_medium=share_link&utm_campaign=search_bar )

■海と山の結婚。めくるめくディテールの宇宙へ・・・

前置きが長くなってしまいました。今回取り上げる作品は、海から離れて、雄大な北イタリアの山中にそびえ立つ「コルテ・ディ・カドーレ教会」です。

カルロ・スカルパは既存建築の改修を得意としていますが、住宅などを除くと、この教会は数少ない見学できる新築作品です。また、スカルパのなかでも大きな空間を持ち、大学の友人であるEdoardo Gallnerとの協働作品である点でも、非常に貴重な作品です。

▲緑豊かなイタリアの山

それにしても、イタリアの山は日本のものとは全く異なる風景を作りますね。最初に訪れたとき、その荒々しさと巨大さに圧倒されたのをよく覚えています。

北イタリアの雄大なアルプスの山中に、その教会はありました。

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」背面

1カメ!(道に面する側。巨大なコンクリートと鉄骨、メカメカしい尖塔に迎えられます。)

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」側面1

2カメ!!(山を仰ぎつつ回り込んで……)

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」側面2

3カメ!!!(正面へと向かうアプローチ。この時点でも、手すりの格好良さ、捻られたステップの美しさなどに歩みを止められてしまいます。)

大きさが伝わったところで、入口を見てみましょう。

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」正面

先ほどの巨大なコンクリートの面とは打って変わって、親しみやすさを感じませんか?

実際に一周り屋根が低く小さくなり、庇(ひさし)が加わることで、普段我々が慣れ親しんでいるスケール感(※3?空間の尺度)に近づいたためです。

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」エントランス

天井に細かく並べられた木や、足元に凝らされた石畳のデザイン、異なる面がこちらに向くよう90°回転して配置されたH鋼の柱なども、我々を迎え入れてくれます。エントランスだけで、実にさまざまな趣向を凝らしたデザインに満ちていることがわかります。

そして思い出していただきたいのが、最初に見た背面のファサードです。正面と背面、一見異なるデザインに思える2つのファサードに、大きさは違えど同じデザインのコンクリートや、構造の梁(はり)、ワイヤーなどが使われているのです。庇の下の鉄骨の柱も同様で、一見独立して見える個々の要素は、全体の構成において確かな秩序をもっていました。

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」背面のクローズアップ

「コルテ・ディ・カドーレ教会」背面のクローズアップ。道側に表された構造要素である梁、鉄骨のトラス(※4)、ワイヤーは、正面のファサードにも見られる。

また、大きなスケールと小さなスケールの同居も、この建築の魅力の一つです。

スカルパが細部の美を重んじるのに対し、協働者であるEdoardo Gallnerは都市スケールで応答するデザインを重んじました。異なる性質を持つ二人だからこそ、化学反応が起きるのです。

ヴェネツィアという繊細な海(水路)で育った建築家と、雄大なアルプスにおける巨視的なスケールを持つ建築家のコラボレーション。イタリアでは、この上ない素敵な組み合わせを「マリアージュ」、結婚と言い表すことがありますが、まさにこの建築は「海と山のマリアージュ」と呼べるのではないでしょうか。

■建築は「詩」になり得るか? 

さて、中に入ってみると、入り口で感じた印象よりも大きな空間に迎えられました。

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」内観 イラスト:芦藻彬

荘厳な大空間に、光を取り入れる工夫という教会らしい仕掛けが見られる一方で、スカルパらしい緻密なディテールと、空間・要素の分割が見られます。

この時、2面のファサードにおいて目にしていたワイヤーの意図がわかり、ゾワッと鳥肌が立ちました。

あれは決して構造的理由だけで着いたのではなく、巨大な空間と人のスケールをつなぐ「透明な天井」としての役割があったのです。さすが、スカルパ師匠です……(?)。

他にも、内部を歩くたびにオリジナルなデザインが目を楽しませてくれます。長椅子はもちろん、祭壇、燭台、扉の取手、小さなテーブルに至るまで、あらゆるものがデザインされ、構成的統一という秩序を形作っていました。

改めて、検討に費やされた膨大な仕事量と、まとめ上げる際の難易度を思うと気が遠くなります。

また、これらさまざまな要素の上に立脚する空間というのは、非常に定義が難しいのです。個別の要素そのものや、要素同士の関係を見ているうちはかろうじて言葉にできますが、全体を統合する秩序について思いを馳せると、たちまち言葉は霧散してしまいます。

しかし、そこには確かに「何か」が存在するのです。

スカルパの建築を表す言葉として、しばしば「詩」という言葉が使われますが、ひょっとすると、この言葉が霧散していく感覚こそが「詩」ということなのかもしれません。

最後に、寡黙なスカルパが残した数少ない発言のなかから、詩にまつわる短い一節を引用したいと思います。

I will create a poetic work of architecture. Poetry arises from things in themselves if the person who makes it has this nature, or it can derive from various conditions between the goals and the execution of architecture. What I want to say is that sometimes architecture is poetry, it can happen today such as it happened in the old days. (…) I mean an expressed form that can become poetry, though, as I said before, you cannot intentionally make poetry. (注1)

私は詩的な建築作品を作ります。詩は、建築する人がそのような性質を持っていれば、自ずと発生しますし、建築の理想と実現の間の諸条件から発生することもあります。私が言いたいのは、建築はしばしば詩となる場合があり、それは昔のように今も起こりうるということです。(中略)意図的に詩を作ることはできませんが、建築とは詩になりうる表現形式である、ということです。(筆者訳)

言葉では言い表せない、それでも世の中に確かに存在している、見えない「価値」。

建築による空間は、その霧のようなものの一部を我々に魅せてくれる、ある種の詩的装置になりうるのかもしれない。

そんな夢を、カルロ・スカルパの建築は見せてくれるのです。

偉大なイタリアの建築家に、精一杯の敬意と愛を込めて。

▲「コルテ・ディ・カドーレ教会」 イラスト:芦藻彬

【建築コラム用語解説】

※1バウハウス
近現代の芸術・デザインに多大な影響を与えた、ドイツの美術学校。カンディンスキーなどが教鞭に立ち、芸術としての建築教育を目指して設立されたが、その合理主義・機能主義的な思想は、写真や工芸、デザインなどの幅広い分野に展開されていき、現代の所謂「モダン」な工業デザインの基礎を築いた。

※2ヴァルター・グロピウス(1883〜1969)
世界的に有名な美術学校、バウハウスの創始者。ドイツからモダニズムの思想、建築作品を発表し、キャリアの後半ではアメリカで超高層ビルを建設したり、ハーバード大にて行進の育成に励んだりした。フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエ、ル・コルビュジエ、に並んで、近代建築4大巨匠と称される。

※3スケール感
尺度に対するセンスのこと。物事の程度や、規模を推し量る能力を意味し、建築設計においては図面や用途から適切な規模、長さを推し量る能力を指して言われる。用例:「スケール感が異なる」

※4トラス構造
部材同士を連続する三角形につなぎ合わせた構造形式。四角形に比べて歪みにくい構造のため、主に体育館やドームといった大空間や、長距離スパンを飛ばす橋梁などに用いられる。大阪万博において、太陽の塔の周囲に丹下健三が建設した「お祭り広場大屋根」のように面的に広がるトラス構造を「立体トラス構造」と呼ぶ。

(注1)Peter Noever『The Other City Carlo Scarpa Die Andere Stadt』 1989年/ Ernst & Sohn発行

参考文献
・SD編集部『カルロ・スカルパ図面集 SD 9201』1992年/鹿島出版会
・A・F・マルチャノ著、濱口オサミ訳『SD選書207 カルロ・スカルパ』1989年/鹿島出版会
・ROBERT McCARTER『CARLO SCARPA』2013年/PHAIDON
・渡辺めぐみ『Corte di Cadore教会にみる協働 ? 協働者Edoardo Gellnerを所与と捉える設計手法 ?』2012年/日本建築学会大会学術講演梗概集

〈芦藻 彬〉

関連記事(外部サイト)