防大伝統行事の「棒倒し」で女子学生に与えられる2つの役割

防衛大学校の全学生に女子学生が占める割合はわずか12%。一般の「女子大生」とはまったく違う世界に飛び込んだ防大女子のリアルを、自身も防大女子だった松田小牧氏が実体験を交えて語ります。防大にはシーズンごとに何かしらの競技会があるといいます。体力錬成や団結意識の強化を目的にしている催しに、防大女子はどう取り組んでいるのでしょうか。

■感慨深かった4学年時の「持続走」

防大には、かなりの数の競技会が存在する。1学年の隊歌コンクール、2学年のカッター競技会、3学年の断郊競技会、4学年の持続走、また全学年共通として水泳競技会、棒倒しと、シーズンごと常になんらかの競技会があるような感じだ。部隊に行ってからも競技会は多い。これは体力錬成や練度の向上、団結意識の強化といった効果があるが、それに加えてモチベーションの維持もあるだろう。

このなかで最も小規模なのが隊歌コンクールだ。要するに、軍歌の合唱コンクールで、大隊対抗ではなく、大隊ごとに実施されるなかでの小隊対抗、体を動かすわけでも声援を送れるわけでもないので、どうしても盛り上がりに欠ける。

人気の軍歌は「同期の桜」「抜刀隊」「出征兵士を送る歌」「軍艦マーチ」など。私の小隊は「抜刀隊」に加え、防大4期がつくり歌い継がれている「逍遥歌」を歌った。この「逍遥歌」は4番まであり、それぞれ1〜4学年を表している。防大同窓生の集まりでは、決まって最後に肩を組んで逍遥歌を歌う。何期生であっても「防大生」に戻る瞬間だ。

さて、この「逍遥歌」自体は格調高い名曲だと思うのだが、これには「前口上」と呼ばれる文句が存在する。

古き名門に生まれし乙女に恋するを 誠の恋といい
巷の陋屋に生まれし乙女に恋するを 誠の恋でないと誰が言えようか
雨降らば雨降るとき 風吹かば風吹くとき コツコツと響く足音
嗚呼あれは 防衛大学の 学生さんではないかと言うも客の手前 あまた男に汚されし唇に 今宵またルージュの紅を塗り 誰をか待たむ巷の女
酒は飲むべし百薬の長 女買うべし これまた人生無上の快楽
酔うて伏す胡蝶美人ひざ枕 明けて醒むれば昨夜の未練さらさらなし
たたく電鍵握る操舵機 はたまたあがるアンカーの響き
船は出て行くポンドは暮れる われは海の子かもめ鳥
小雨降る春の小原に 木枯らし吹きすさぶ冬の波間に
歌は悲しき時の母 苦しき時の友なれば
我らここにある限り 小原の丘にある限り
絶ゆることなき青春の歌 いざや歌わん 

なんとも時代がかったものである。

▲断郊競技会で疾走する3学年[松田氏所有写真]

学年別大隊対抗競技会として2学年に先に述べたカッター、3学年に断郊、4学年に持続走というものがある。カッターは4月末、断郊と持続走は同日の3月上旬ごろに行われる。4学年にとっては、持続走が終われば卒業に向け一直線となる。

断郊とは、8名で1組のチームをつくり、作業服に半長靴、背のう、水筒など約10キロの装備を身につけ、高低差約50メートル、距離7キロのコースを走るものだ。単なるマラソンではなく荷物もあり、チームで走るので、体力のある男子たちはいいが、体力のない女子を加えて優勝するためにはどういったチーム編成にするか、女子の荷物を途中で男子が持つか、いっそ坂は走らないほうが体力温存ができてよいのではないか、といった作戦が必要になる。

それに比べ、持続走競技はいわゆる駅伝で、5人1組のチームで1人5.7キロのコースを走り、タイムを競うというシンプルな仕組みになっている。これは断郊と異なり全てのコースが校内なので、走っている最中の応援がものすごい。私自身どこを走っていても応援の声が聞こえ、声のほうを見ると確かにこれまでの生活で関わってきた人たちがいる。私の4年間はこのためにあったのかと思うほど、幸せな瞬間でもあった。

▲歓送会で仮装した姿を披露する4学年 [松田氏所有写真]

ちなみに断郊、持続走のあとには「歓送会」と呼ばれる4学年生に向けての行事が行われる。部屋の1学年が4学年に着て欲しい仮装の衣装を作製し、その衣装を着た4学年が食堂内を闊歩し、皆でこれまでの労をねぎらうのだ。

仮装のクオリティにはだいぶ開きがあり、クオリティの高いものはいつそんなものつくる余裕があったんだ、そんな大きいものどうやって保管していたんだ、などと思うほどよくできている。また、毎年男子学生による女装も必ずあるが、足が引き締まっていて思ったより綺麗だと、少し悔しくもなるほどだ。

■旧日本軍から続く伝統行事「棒倒し」

競技会に話を戻すと、全員参加ではないが熱狂的な盛り上がりを見せるものがある。それが「棒倒し」だ。棒倒しは11月第2週の土日に開催される開校祭において行われる、旧日本軍から続く伝統行事である。

ルールは簡単。相手チームの陣地に立っている棒を相手より早く倒す、というものだ。近年は毎年のように報道番組で特集が組まれており、目にする機会があるかもしれない。

▲棒倒しの様子。激しい取っ組み合いが繰り広げられる [松田氏所有写真]

一見シンプルなようでいて、これには高度な作戦が必要となる。どのように攻めるのか、どのように守るのか、誰をどこに配置するのか等々。各大隊の「棒倒し総長」の指揮下で、毎日綿密な訓練が繰り広げられる。

攻めと守りは荒々しく取っ組み合うことになるため、毎年この時期になると怪我人が増える。練習で捻挫や骨折をして松葉杖姿の学生を見ると「あぁ秋だな」と思う。また、これは学年が全く関係ないので、1学年のなかには「日頃の恨みを晴らすチャンス」と殊更に張り切る者も出てくる。

そんな熱い棒倒しだが、女子は選手として参加することができない。女子が参加するには男子との体力差がありすぎて危険なためだ。毎年「女子をチームに入れれば相手チームが触れないからいいんじゃないか」という話が冗談として出てくるほどである。ただ「参加したい」という声も聞いたことがない。

女子が棒倒しに参加できるのは「安全」と「偵察」のみ。「安全」は自チームの怪我人の確認や、眼鏡といった壊れやすいものを預かる係。「偵察」は敵チームの練習風景を観察して、その結果をチームに告げる係だ。それでも、本番は皆でおおいに盛り上がる。それでいいと思う。

各種競技会では、大隊ごとの“のぼり”を立て、競技者を全力で応援する。勝てば抱き合って喜ぶ者もいれば、涙を流す者までいる。優勝したときに、掛け声を上げながら校内を練り歩くのも楽しい。「青春」を感じる一コマだ。手に入るのは「優勝大隊」としての名誉と看板。加えて、時に指導教官の計らいにより、しばらくの間、日朝点呼免除(ラッパで起きることは起きる)と言われると、その喜びがさらに増す。

▲競技会優勝を喜ぶ学生。勝者には文字通り「看板」が与えられる [松田氏所有写真]

■世の中には3種類の性別がある。男、女、防大女子だ!

男子と女子で違うところはほとんどない。授業内容はもちろん同じで、一般的にもよく聞く話だが、総じて女子のほうが真面目なため、学科の成績は女子が高くなりがちだ。「女子は学力的にも精神的にも優秀だ」とは多くの指導教官が認めるところになる。また、訓練内容も全くの同一。女子だから走る距離が短いとか、腕立て伏せの回数が少ないことにはならない。 

加えて、女子特有の“装いに時間をかける”こともない。制服があるので服装に悩んだり、基本的に常にすっぴんなのでメイクに時間がかかることもない。明確に化粧を禁止されているわけではないが、もし平日に化粧をしようものなら、女子よりも男子から「あいつ、なんのために化粧してんの。ここをどこだと思ってんの」と言われることになる。

防大は、いわゆる“一目でわかる女性らしさ”が歓迎される場所ではない。ただし「女子」としての自分を、いやがおうでもかなり感じさせられることにはなる。現代の日本において、高校までの期間に男女差を意識することは少なくなっていると思う。

防大に入校を決めるくらいだから、それなりに気が強く、意識せずとも男子と肩を並べていた女子も多い。だからこそ「女子」として意識せざるを得ないことに当惑する者もいる。

まず、たいていの女子は、入校して間もなく上級生から振る舞いについて、いくつかの忠告を受けることになる。

「女子は数が少なくて目立つから気をつけろ」「誰か一人がミスをすると『これだから女は』と一括りにされる」「女だからって人前で涙を見せるな」「はじめはつい上級生がかっこよく見えるかもしれないが、恋愛は慎重に」……等々。「女だからといって、女であることに甘えるな」といった言説が中心だ。

防大時代、女子がかけられる言葉がある。

「世の中には3種類の性別がある。男子、女子、防大の女子学生だ」

いつから言われ出したのかは定かではないが、脈々と受け継がれているようだ。決して「女」とは認められず、かといって「男」にもなれない女子学生のありようを表現している言葉だと思う。これは防大女子を成長させるが、一方で苦しめることにもなる。

※本記事は、松田小牧:著『防大女子 -究極の男性組織に飛び込んだ女性たち-』(ワニ・プラス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)