未経験者に教えたい! ドーミーインの知られざる魅力

ビジネスホテル「ドーミーイン」の熱心なファンやリピーターを“ドミニスタ”と呼ぶ。人に薦められてドミニスタになった筆者が、まだドーミーインの魅力に気づいていない人に贈る、ドーミーインのオススメポイントあれこれ! 初心者はもちろん、ドミニスタもこれを見たら、また行きたくなること間違いなし!?

■パジャマ感のないルームウェア!

コロナ禍が落ち着いてきたこと、また、自身もワクチン接種が完了したこともあって、ここ数ヶ月は再び出張に行くようになり、いろいろな地方を訪れている。宿泊先は自分で手配することが多いので、おもにネットで探すわけだが、どのみち夜は寝るだけだし、取材経費は安いほうがいいだろうと価格優先で選ぶのが常だった。

ところが、ひょんなことから編集部の人に「ドーミーイン」を薦められ、試しに1回泊まってみたら、サービスの手厚さにすっかり魅了され、たちどころに“ドミニスタ”になってしまった私である。

国内85箇所(海外含めず)に展開するドーミーインのセールスポイントで、有名なのは「天然温泉」「夜鳴きそばのサービス」「ご当地の名物料理を供する朝食」といったところだと思うのだが、それ以外にも細かいサービスや配慮が行き届いているのが良いところ。特に女ひとりでの出張が多い身としては、ありがたい配慮が多いのだ。

心シビレる点はいくつもあるが、その1つが備え付けのルームウェア。ビジネスホテルの部屋着といえば、生地の薄い、いかにもパジャマ然としたものが多いのだが、ドーミーインのルームウェアは厚手で上下に分かれているのがポイント。

素材はポリエステルと綿の混紡なのだが、襟もいかにも部屋着的なクルーネックではなく、鎖骨が綺麗に見えるVネックで、しかもパイピングされているため、きちっとした印象を与えるのもいい。リラックスもできつつ、かつ、このまま館内を歩いたり、レストランで食事をしたりしても違和感がない。

▲ドーミーインオリジナルのルームウェア。うっすら光沢がある生地なので部屋の外に出ても「パジャマ感」がないのがいい

■お風呂もホスピタリティ最高!

そんな絶妙な仕様のルームウェアに着替えて、まず足を運ぶのはホテル自慢の「大浴場」。女性用浴場はセキュリティ上の理由から、入り口の電子キーで暗証番号を押すことになっており、人気(ひとけ)が少なくなる深夜や早朝でも安心して入浴できるよう配慮されているのがグッド・ポイント。

ちなみに、ドーミーインはセキュリティに関する意識がおしなべて高く、私は先日、うっかり自分の部屋番号を忘れて外出してしまったのだが、フロントに照会すると、対応してくださった方が他の人には聞こえないよう、とても小さな声でこっそり部屋番号を伝えてくれた。さすがの配慮と思わず唸ってしまった。

大浴場は最上階にあるパターンが多く、露天風呂を備えるところが多いのがうれしい。もちろん、自然のなかの温泉場ではないので見える景色は絶景とはいかないが、それでも開放的な気分で旅の疲れを癒すことができる。

また、併設のサウナで汗を流したり、場所によっては好みのシャンプーを選んで使える「シャンプー・バー」があったり、最新の美容シャワーヘッドを備えていたりと、リラックスタイムを素敵に演出するアイテムが揃っているのも最高だ。

お風呂から上がったあとは「アイスキャンディーの無料サービス」でお好みのアイスをゲット。午前中はそれが乳酸菌飲料のサービスに変わり、爽やかな気分で1日を迎えることができるという具合だ。

▲お風呂上がりの乳酸菌飲料サービス。まさに我が家のようにくつろげる

また、大浴場がある階には漫画の棚が設置されており、自由に読むことができる。前々から興味があった作品や話題作などを一気読みするのも楽しいだろう。ちなみに、ドーミーイン本八戸のラインナップは、『バガボンド』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『寄生獣』『約束のネバーランド』『キングダム』『HUNTER HUNTER』『BAKUMAN』『銀魂』『るろうに剣心』『3月のライオン』『君に届け』といった王道系中心。

また、必ず絵本も数種類置いてあるため、小さな子どもと一緒に宿泊する際も安心。部屋に持って帰ってもよいため、寝かしつけのときの読み聞かせに使えたりもする。

▲ツボを押さえたラインナップのマンガ図書館。閲覧スペースで読むも良し、部屋に持って行って読むも良し。子ども用の絵本もある

■ドーミーインは備品の性能もGOOD!

備品の性能が良いのも素晴らしい。

私はドーミーインに泊まった際に使ったことがきっかけで、同じパナソニックのドライヤーの上位機種を自宅用に購入した。また、先日泊まった本八戸のドーミーインでは、部屋に備え付けのドライヤーが洗面台に直置きという無粋な状態じゃなく、カゴに入っていたのがポイント高かった(これは同じドーミーインでも地方によって異なり、巾着袋に入っていたりする場合もあるが、コードをきれいにたたんで袋に戻し入れるのは少し面倒なので、カゴのほうがありがたい)

▲ドライヤーはカゴに入っている。そんな細かいところにもゲストへの気遣いを感じる

ちなみに、次にベッドを買い換えるときには「サータ社」にすると決めている。これも、以前に泊まったドーミーイン金沢『御宿野乃』でのベッドの寝心地が抜群だったからだ。

また、個人的に絶賛したいポイントは、ドーミーインにはバスタオル専用のハンガーがあること。写真のように引き戸にハンガーがついている場合もあるし、独立したハンガーが備え付けられている場合もある。

もともとは長期滞在者用に付けたものだそうだが、ドーミーインに泊まるときは複数回お風呂に入ることも多いので、タオルがしっかり乾くことは重要なのだ。

▲ 部屋の引き戸についているバスタオル専用ハンガー。専用のハンガーがあるホテルは多くはない

■ドーミーインの真髄は夜鳴きそばと朝食!

ソフト面でのサービスとしては、夜21:00頃〜23:00頃まで(時間は施設によって異なる)「夜鳴きそば」の無料提供がある。あっさり醤油味のスープは、昔ながらの中華そばを思わせる親しみやすい味わい。具はネギとメンマとあおさのりで、十五夜など、お月見の日には卵がのることもあるようだ。

▲名物の「夜鳴きそば」はドーミーインに来たら必ず食べたい

小腹を満たすのにちょうど良い量なので、私などは出張の晩はこれを夕食の代わりにしてしまうこともある。少し物足りないくらいがちょうど良い。なぜならドーミーインの本領は朝食にあるからである。

そう、本八戸の場合は、八戸名物の「せんべい汁」と、名産のホタテを炊き込んだご飯、そしてこれまた名産のイカをミンチ状にして揚げたイカボールがあり、いずれもスモールポーションでいろいろ食べられるようになっていた。ちなみに、イカは刺身も用意されており、朝から新鮮な刺身を味わう贅沢を楽しむことができた。

また、名古屋・栄の朝食は「味噌カツ」「ひつまぶし」「小倉トースト」「きしめん」など、“朝食”という概念にとらわれずに名古屋の名物を一通り食べられるラインナップであった。観光旅行ならば本格的な店に行って食べるのが良いのだろうが、出張のような短い時間の滞在なら、これらを少しずつ味わえるのはとてもありがたい。

また、女性ひとり、あるいは小さい子どもと一緒の旅でも、ポーションが小さい料理を少しずつ食べられるのは好都合。しかも手軽で気楽、なによりコスパがいい、と良いことずくめなのだ。ドーミーインの朝食バイキングは、宿泊者以外でも事前予約すれば食べることが可能なので、まずは一度体験してみてほしい。

▲イカ、ホタテ、南部せんべいなど青森の食材をふんだんに使った朝食

朝食が目玉だけに、この時間帯の食堂はたくさんの人でごった返すのだが、食堂および浴場の混雑状況は、部屋のTVモニターで把握することができるため、混雑を避けて利用することが可能なので便利。

▲部屋のTVで把握できる混雑状況。いながらにして様子がわかるのがうれしい

徹頭徹尾、宿泊客の身になったドーミーインのもてなしは、何度泊まっても細かな気遣いへの新たな発見がある。出張ばかりでなく、今度は家族旅行でも使いたいな、と思っているほどだ。

関連記事(外部サイト)