英王室を生々しく描いたNetflixドラマ『ザ・クラウン』のスゴさとは?

若くして即位したエリザベス2世を中心に、イギリス王室内の人間関係や政治家たちとの関わりなどを、史実に基づきドラマ化したネットフリックスのドラマシリーズ『ザ・クラウン』は、2022年にはシーズン5の配信が予定されているなど海外での人気が高い作品だ。歴史や政治に詳しい八幡和郎氏に、このドラマの面白さについて解説してもらった。

■リアリティ満点の現在進行形の実録ドラマ

Netflixで配信されている『ザ・クラウン』(The Crown)は、なんと、エリザベス女王の生涯を、そっくりな俳優さんたちが演じるリアリティ満点の現在進行形の実録ドラマである。

あまりもの迫力に、イギリスではロイヤル・ファミリー一人一人の人気にも影響が出ているし、日本では安倍晋三前首相も熱心なファンだし、皇室関係の人も固唾を?んで見ているようだ。

ザ・クラウン | Netflix (?ネ?ッ?ト?フ?リ?ッ?ク?ス?) 公?式サ?イ?ト( https://www.netflix.com/jp/title/80025678 )

ロイヤルファミリーに興味があまりなくても、現代政治やマスコミ論、絢爛豪華なファッションについても勉強になるし、純粋のクイーンズ・イングリッシュやマナーを身につけるためにも役に立つから、正月休みに家族で議論しながら見るのにも向いている。

一方、秋篠宮家の眞子さまと小室圭氏のドタバタ・ロマンスは、週刊誌とワイドショーでは「小室バブル」といわれるほど扱われたが、これがテレビ・ドラマや映画の題材で扱われる日は来るのだろうか。

もちろん、ドラマで天皇や皇族が登場することはないではない。しかし『青天を衝け』での犬飼直紀さんが演じる明治天皇など、ほとんどお人形さんだ。『麒麟が来る』で中村玉三郎さんが演じた正親町天皇は、珍しく大胆だったが、むしろ神様が戦乱の世に降誕してきた趣で、生きた人間らしくなかった。

まして、男女関係が絡むものとなれば『源氏物語』のような実名が出ないものは別にすると、源平時代を扱ったもので、後白河上皇とその周辺の人物が生々しく悪玉役で登場するのが例外としてあるだけだ。

一方、海外では王様たちのロマンスや男女関係、政治と関係や人間としての葛藤も遠慮なくドラマになる。イギリス王室ものでは、エリザベス女王の父親であるジョージ6世が、言葉が滑らかに出てこない「吃音」を克服していく過程を描いた『英国王のスピーチ』という名作映画もあった。

しかし、ピーター・モーガンの原作・脚本で、アメリカ合衆国とイギリス合作のテレビドラマシリーズ『ザ・クラウン』は、現存の人物たち扱っているからすごい。

エリザベス2世とチャーチル、サッチャーなど政界実力者との確執、王室のロマンスや人間模様を、そっくりな俳優たちが重厚に描いている。

もちろん、少しぼかしているところもあるが、女王と夫君エジンバラ公の夫婦げんかやすれ違い、互いが好意をもった男女も出てくるし、妹のマーガレット王女やチャールズ皇太子とダイアナ妃にも容赦ない。

日本に焼き直したら、上皇陛下ご夫妻の夫婦げんかから、陛下と秋篠宮殿下の子どものときからの複雑な感情のもつれ、皇后様の病気や愛子さまの学業での問題、佳子様と紀子妃殿下のダンスサークル活動をめぐる親子げんか、眞子様と小室圭氏の合コンでの出会い、三笠宮寛仁殿下夫妻の別居、妃殿下たちの実家のスキャンダルまで出てくるようなものだし、皇室についてのスクープをどのようにしてジャーナリストたちが得て記事にしたかも実名で描かれることになる。

▲リアリティ満点の現在進行形の実録ドラマ『ザ・クラウン』 イメージ:gandhi / PIXTA

■ドラマで描かれている女王と政治家との確執

政治家とのやりとりも見もので、チャーチルが若い女王やエジンバラ公を父親代わりのように厳しく教育し、それがエリザベス女王を“堂々たる女王”に育てた鍵であることも描かれる。とくに、一目惚れで熱愛し結婚したエジンバラ公を、女王の夫にふさわしい特別の立場にしたい女王に対して、チャーチルが自意識が強すぎるエジンバラ公を警戒し、女王の希望をことごとく打ち砕いていった経緯が残酷なほどに描かれている。

日本でも女帝を認めるなら、その夫君の扱いがどれだけ難しいか、国家の安定に関わるかを、私はこれまでも論じてきたが、どうしてそうなのか、理解してもらえない人にこのドラマを見てもらうと、たちどころにご理解いただいている。

女王の妹で、現在のヘンリー王子なみにお騒がせ者だったマーガレット王女は、タウンゼント大佐という離婚経験者の軍人との結婚を望んだが、英国政府は軍人である彼を海外勤務に出し、任期が終わって帰国しても、あらゆる手段でそれを阻止した。

エジンバラ公の母親は難聴や統合失調症に悩み、家族と別居してギリシャ正教の修道女となり貧しい人たちのために尽くしていたが、ギリシャ王制が倒れたのちはバッキンガム宮殿で聖女のように暮らしていた、といったあまり知られていないエピソードも描かれる。

エリザベス女王の娘で、五輪に馬術選手として出場したこともあるアン王女は、前向きな性格に描かれていることで国民の支持率も急上昇している。

同年代の女性同士であるサッチャー首相と女王は、さまざまな場面で対決した。サッチャー首相は、王族の集まるレクリエーションに招かれた際、貴族の風習を知らずに散々恥をかかされたし、英連邦加盟のアフリカ諸国首脳に対するサッチャーの見下した態度に、女王は怒り抗議する(エリザベス女王は連邦加盟各国の多くにとって、それぞれの国の女王でもあるから、英国女王としてではなく、それらの国の君主でもあるから当然だ)。

しかし、このドラマで描かれている女王と政治家との確執も、少なくとも両者が没交渉であるよりは、互いにいい影響を及ぼしているのもよくわかる。女王にとって“君主はいかにあるべきか”を教育し指導するのに、もっともふさわしい存在は首相以外の誰でもないし、首相にとっても代々語り継がれてきた教訓を学び、歴代の首相の行いを見続けている女王は最高のアドバイザーだからだ。

日本でも摂政・関白はそういう役割をしてきたし、少なくとも戦前までの首相はそうだった。それが没交渉になっているのが、昨今の皇室をめぐるお粗末なお話しの原因であることは間違いない。

外交での王族の活躍ぶりも興味津々だ。英国がポンド切り下げに追い込まれそうになったとき、マーガレット王女はジョンソン大統領とパーティーを開いて、大酒飲んで自分はケネディ前大統領が嫌いだと言い放ち(ジョンソン大統領はケネディ人気をものすごく妬んでいたので大喜び)、猥談をさんざんしたあげく、大統領とダンスまでしてアメリカの経済支援を引き出したというエピソードもあった。

■イギリス王室の暮らしぶりも丁寧に描かれている

昭和天皇も登場する。皇太子時代の外遊でプリンス・オブ・ウェールズ時代のウィンザー公(エドワード8世として即位後、シンプソン夫人との王冠をかけた恋で退位)に世話になったというので、パリのブーローニュの森に隠棲しているウィンザー公を欧州訪問の際に昭和天皇が訪ねた。

それをウィンザー公は、日本の天皇までがこうして訪ねてきたのに、姪である女王は見舞いにも来ないと世論を誘導し、エリザベス女王はしぶしぶ死の直前の元国王を訪問したというわけだ。

▲イギリス王室の暮らしぶりも丁寧に描かれている イメージ:未来 / PIXTA

エリザベス女王の馬とか狩猟への情熱も描かれるが、これを見ると英王室が中世の騎士時代の生活様式への愛着が深いこともわかるし、マーガレット王女のチェーンスモーカーぶりは、喫煙場面を避けるテレビで久し振りに見る風景だ。

私の家内は、エリザベス女王の四連真珠の見事なネックレス(真珠は日本政府の贈り物)など有名な宝飾品の数々の登場や、とても訓練の行き届いた犬たちにも興味津々だった。

シーズン6まで製作が発表されている『ザ・クラウン』だが、現在はダイアナ妃とチャールズの仲がおかしくなってきたシーズン4までを見ることができる。

2022年には新シリーズが始まるが、撮影ロケで誰がどんなファッションで登場したなどニュースになっているし、第6シーズンあたりになると、ヘンリー王子とメーガン妃の物語も取り上げられるはずだ。

どのくらい事実なのか、ある政治家が英国人の政治家に聞いたら「まあ、だいたい本当だ」と言っていたそうだが、イギリス王室について『日本人のための英仏独三国志』(さくら舎)など書いたりしている私の眼から見ても、日本の皇室ジャーナリストの著書などよりは、何倍か真実に近いと保証できる。

令和太閤記「寧々の戦国日記」 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/category/series-035 )

関連記事(外部サイト)