関ヶ原の戦いで石田三成を支えた大谷吉継との浄愛

自身を「オカマ」だと公言する山口志穂氏は、日本の歴史は“男色の歴史”であると語ります。戦国時代にも男色嗜好は幅広く好まれていましたが、豊臣秀吉にその気はあまりなかったようです。それでは関ヶ原の戦いで、徳川家康と対決した石田三成はどうだったのでしょうか?

■大谷吉継に頭を叩かれても「ありがとう」

秀吉の死後、豊臣政権の五大老筆頭で256万石の徳川家康と対立したのが、豊臣政権の五奉行で近江佐和山(滋賀県)19万石の石田三成です。

▲石田三成 出典:ウィキメディア・コモンズ

三成のエピソードで有名なのが、秀吉との出会いのときに、温度の違う3杯のお茶を出して秀吉を感心させたという「三献茶」で、『武将感状記』に書いてあります。

これによって秀吉に仕えるようになった三成は、一般的には文官官僚のイメージがあります。しかし『一柳家記(ひとつやなぎかき)』によると、秀吉が柴田勝家を破った賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは、三成や大谷吉継が先鋒を務めました。だから、この戦いでの一番手柄は、有名な加藤清正や福島正則などの賤ヶ岳の七本槍ではなく、当然ながら三成と吉継に与えられています。

秀吉の出自については諸説ありますが、いずれにしても低い身分から出世したことだけは間違いありませんから、秀吉には先祖代々の家臣などいるわけがありません。

だからこそ、尾張時代には清正や正則を登用し、長浜城主時代には三成や吉継を登用したわけで、彼らが優秀で実力がないはずがないのです。

そして、秀吉が肉体的な男色(不浄愛)を必要としないのは、こうした経緯があるからです。もちろん、秀吉が庶民出身であることも、男色の嗜みがなかった理由としてはあるとは思いますが。ただし、彼ら「秀吉子飼いの家臣たち」は、秀吉に対する浄愛は間違いなく感じていたはずです。

そして浄愛と言えば、三成と吉継には有名なエピソードがあります。当時の茶道には、回し飲みという作法がありました。大坂城での茶会で秀吉が直々に点てたお茶に、ハンセン病を患っていた吉継の顔の膿(鼻水とも)が落ち、周囲が敬遠するなかで、三成だけがすべて飲み干し、これを見た吉継が「オレの命を三成に捧げよう!」と誓ったという話です。しかし、このエピソードに関しては出典元さえわからないくらいですので、真偽のほどははっきりしません。ただし『武功雑記』には、このような記事もあります。

石田治部少輔を度々大谷刑部少輔しかり、又は頭をはり候。石田大谷に恋慕して、知音になり候。それより頭をはらるゝも、忝なしと云やうにもてなし候由。

訳せば「吉継は、三成をたびたび叱り、頭を叩いた。三成は吉継に恋をして愛人になっていたので、頭を叩かれても『ありがとう!』と言っていた」となります。これが事実なら、三成にはMっ気があったのかも……。

みなもと太郎先生に『風雲児たち』(ワイド版全20巻、リイド社、2002年〜2004年)という歴史ギャグマンガがありますが、そのなかに三成を吉継がハリセンでたびたび叩くシーンがあります。みなもと先生は、おそらくこのエピソードから採用されたのでしょう。

それはともかく、秀吉の死後に三成は、関ヶ原の戦いで家康と対決しますが、その三成と対立して家康に味方した清正や正則なども、秀吉への浄愛はあったはずです。当然、三成や吉継にも秀吉への浄愛があったはずです。つまり、関ヶ原の戦いは「秀吉に対する浄愛の戦いであった」と言えます。

そして、その関ヶ原を東西両軍互角どころか、むしろ開戦前には西軍有利としたのは、吉継の功績が大とも言われています。

▲関ヶ原合戦図屏風 出典:ウィキメディア・コモンズ

関ヶ原においては、毛利の日和見、小早川秀秋の裏切りという誤算があり、東軍の勝利に終わりましたが、三成が家康に互角以上の戦いができた裏には、三成と吉継の浄愛があったと言って良いでしょう。

■日本の独立と男色文化を守った戦国の時代

1549年のザビエルによるカトリック伝来によって、その後も多くの宣教師が来日しています。その一人に、ザビエル来日の14年後の1563年に来日し、信長や秀吉にも謁見したイエズス会宣教師ルイス・フロイスがいました。

そんな彼も、著書『日本史』でこのように書いています。

僧侶どもが体面を保つためにおいている〈と申しておる〉若衆との交りは、きわめて重い、忌まわしい罪であります。
[柳谷武夫訳『日本史4 キリシタン伝来のころ』平凡社、1970年]

▲『日本史』目次 出典:ウィキメディア・コモンズ

これは、フロイスが信長に初めて謁見した2年後の1571年の記事ですが、ザビエル来日から20年以上経っても、宣教師たちの意識が変わることなど、当然ながらあり得ないことでした。

さらに、1579年に来日したイタリア人イエズス会巡察師のアレッサンドロ・ヴァリニャーノの『日本巡察記』には、こう書かれています。

彼等に見受けられる第一の悪は色欲上の罪に耽ることであり、これは異教徒には常に見出されるものである。………最悪の罪悪は、この色欲の中で最も堕落したものであって、これを口にするに堪えない。彼等はそれを重大なことと考えていないから、若衆達も、関係のある相手もこれを誇りとし、公然と口にし、隠蔽しようとはしない。それは、仏僧が説く教義はこれを罪悪としないばかりでなく、極めて自然で有徳の行為として、僧侶自らがこの風習を有するからである。
[榎一雄監修 松田毅一・佐久間正編訳『東西交渉旅行記全集 日本巡察記』桃源社、1965年]

ここまでは、ザビエルともフロイスとも同じです。しかし、ヴァリニャーノは「日本に聖福音の光が輝き始めてからは、多くの人々は、その闇が如何に暗いものであるかを理解し始めており」と言っていますから、カトリックに改宗した日本人は男色をやめたことがわかります。

豊臣秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛は、『陰徳太平記』には関ヶ原で東軍に内応した吉川広家と「裁袖余桃」の関係だったとあります。裁袖余桃とは中国の故事に由来し、男色関係にあったことを表します。しかし、官兵衛は1585年にカトリックに改宗していますから、広家との男色があったとすれば、それ以前であろうということが推察できるのです。

▲黒田孝高(黒田官兵衛、黒田如水) 出典:ウィキメディア・コモンズ

しかし、カトリック教国による「イエズス会宣教師を使った日本征服計画」が明らかにされる時が来ます。

1596年、スペインのサン・フェリペ号が土佐(高知県)に漂着したとき、スペインはどのような手段でフィリピンやメキシコなどを侵略したのかと尋問された乗組員は「もし我々をよく受け容れれば味方になるし、もし悪い取り扱いをするならば領土を奪う」と答えます。そこで「そのためにはまず宣教師が来なければならないであろう」と問われると「そうである」と答えたのです。
[佐久間正『南蛮人のみた日本』主婦の友社、1978年]

これがきっかけになり、長崎における「日本二十六聖人」と呼ばれる人たちの殉教が起こるのです。殉教自体は確かに悲劇ですが、日本人として「木を見て森を見ず」ではなく、こうした経緯があったことだけは決して忘れてはいけません。秀吉は日本を侵略しようとしたスパイを処刑したのです。

▲26人の処刑を描いた1862年の版画 出典:ウィキメディア・コモンズ

そして、この秀吉による対外政策及び対キリシタン政策は、徳川家康に引き継がれ、江戸幕府は、布教は求めず交易だけを求めたイングランド(イギリス)・オランダのプロテスタント国との関係を深め、キリシタンを弾圧しました。その集大成が、いわゆる「鎖国」という武装中立となりますが、それができたのは、当時の日本が世界最強の陸軍国だったからにほかなりません(倉山満『並べて学べば面白すぎる世界史と日本史』KADOKAWA、2018年)。

その経緯については省きますが、日本が戦国時代だったことによって独立を守ることができ、結果的に男色文化も守られた、ということだけは断言できます。

関ヶ原の戦いの勝利によって、徳川家康は1603年に江戸幕府を開幕しますが、男色文化はいよいよ最高潮に華開くこととなるのです。

※本記事は、山口志穂:著『オカマの日本史』(ビジネス社:刊)より一部を抜粋編集したものです。

関連記事(外部サイト)