【2022年星座占い】あなたはジョングク? カニエ・ウエスト?

【2022年星座占い】あなたはジョングク? カニエ・ウエスト?

【2022年星座占い】あなたはジョングク? カニエ・ウエスト?の画像

2005年にSTANというバンドでメジャーデビューを果たし、2011年の活動終了後はバンドマンからサラリーマンを経て、現在は占いを中心とした活動をしている二シー(#占う男)。そんな異色の経歴を持つ彼に、ニュースクランチ読者に向け、ミュージシャンならではの視点で12星座別2022年上半期の運勢と、同じ星座のミュージシャンの楽曲から2022年上半期を占う1曲を選んでもらいました! あなたはどのミュージシャンと同じ運勢?

■2022年、あなたはこのミュージシャンと同じ運勢だ!

バンドマン→サラリーマン→占いマンという謎経歴を持つ、二シー(#占う男)と申します。私が毎年選んでいる「12星座、その年のテーマソング」。今年は、年運占いでよく参考にされる木星が、年の半ばで星座を行ったり来たりしてややこしい!……ので、大まかに「2022年上半期のテーマソング」ということにしてみました。その辺ファジーにいきましょう。よろしくお願いいたします。

……そう、今年は「ファジー」なものがくる雰囲気があります。曖昧模糊とした、輪郭のハッキリしていないもの。占いとか音楽のように理屈だけでは説明し尽くせないファンタジックなもの。

なぜなら今年は、占星術的に魚座がとても強くなる時期と読めるからです。魚座は、僕らを隔てるさまざまな境界線を泡のように消失させてしまう「夢」とか「愛」みたいなサインなのです。

その点でも、占いと音楽をかけ合わせたこの企画は、とても的を射たものと言えるでしょう! それでは皆さん、心ゆくまでお楽しみください。あ、ちなみに僕も魚座です。

牡羊座

『Modern Life Is Rubbish』(現代生活はゴミ)というアルバムの冒頭で、ブラーのデーモン・アルバーン(牡羊座)は『For Tomorrow』(明日のために)と歌いました。とても気怠そうに。今期、牡羊座は来るべきスタートのために、物心両面で整理整頓や準備をしておきたい時期。ブラーは『For Tomorrow』を経て、次作で大ブレイクを果たすのですから。

◯牡羊座 2022年上半期の1曲「For Tomorrow /?Blur」

牡牛座

「俺の世代の話をしてるんだ」……世代と聞くと、上下的な縦の関係よりも、ネットワーク的な横の関係がイメージされます。それは友達だったり同志だったりするでしょう。この曲『My Generation』を作ったThe Whoのピート・タウンゼント(牡牛座)は、自由を求める新世代の1人でした。今期の牡牛座は、そういう「仲間」「集団」が鍵となります。

◯牡牛座 2022年上半期の1曲「My Generation / The Who」

双子座

今期と同じ木星魚座期だった12年前、双子座のカニエ・ウエストは、この曲が入ったアルバムでキャリアの頂点に達したと言われています。それは今なお誰も到達できていない高みでした。双子座は今までの集積がなにかしらの『POWER』、つまり「力」へと昇華する時期。その「力」を手放すときまで、おそらく世界はあなたのものです。

◯双子座 2022年上半期の1曲「POWER /?Kanye West?」

蟹座

密室的な奥深いところで、大事な何かを受け取るような2021年を経た蟹座は、今期いよいよ未知なる大海原へ旅に出ます。スペイン・マドリッド生まれのラッパー、蟹座のC.Tangana(タンガナ)は『Yate』(ヨット)という曲で「行け、ここから遠い所」と歌います。開け放たれた世界へ出ていきましょう。今、冒険の時です。

◯蟹座 2022年上半期の1曲「Yate /?C.Tangana」?

獅子座

アメリカのシンガーソングライター、Clairo(クレイロ)は獅子座。昨年発表されたこの曲は一口では説明できないとても趣ある風景を描き出しています。「I'll convince a friend to join deep ends」という歌詞もありますが、今期の獅子座は「1番深い場所」に否応なしに近づいて行く雰囲気があります。そしてそこで、浅瀬では決して手に入れられない何か貴重なものを受け取るでしょう。

◯獅子座 2022年上半期の1曲「Amoeba/Clairo」

乙女座

「Take my hands now ?You are the cause of my euphoria」(僕の手をとってくれ 君こそが僕の幸せだから)……今期の乙女座は、対面する相手が大きな「euphoria」(幸福感、陶酔)をもたらしてくれそうです。それは、恋人だったり仕事のパートナーだったり、もしかするとライバルだったりするかも知れません。出会う相手1人1人を大事にしていきましょう。この曲を歌うBTSのメインボーカル、ジョングクは乙女座です。

◯乙女座 2022年上半期の1曲「Euphoria / BTS」

天秤座

「A job that slowly kills you」(君をゆっくり殺していく仕事)……「忙」って字は「心が亡くなる」って書きますね。今期の天秤座は「忙」回避のためにも、身近にある些細なルーティンに目を向けて、そこをないがしろにしないことが鍵となります。レディオヘッドのトム・ヨーク(天秤座)みたいに「This is my final bellyache」(これが最後の愚痴さ)って歌いながら乗り越えていきましょう。

◯天秤座 2022年上半期の1曲「No Surprises / RADIOHEAD」

蠍座

初恋相手が男性だったとカムアウトしたアメリカのシンガーソングライター、フランク・オーシャン(蠍座)。「Thinkin Bout You」(あなたのことを考えている)……今期の蠍座も「恋愛」の季節です。人の目なんて気にしないで精一杯表現しましょう。また「恋愛」は人に限らず、モノやコトにもできるもの。つまり、ドキドキときめくことが幸運の鍵となるのです。

◯蠍座 2022年上半期の1曲「Thinkin Bout You / Frank Ocean」

射手座

フランク・シナトラ(射手座)が歌った、この超有名曲は「自分が歩んできた道」、それこそが自分なんだと高らかに宣言する曲です。私やあなたはどこから来て、どこに辿り着くのか。そうした自分という存在基盤「My Way」を、今期の射手座は自身の足元に発見するでしょう。

◯射手座?2022年上半期の1曲「My?Way?/ Frank Sinatra?」

山羊座

この曲が使われた『魔女の宅急便』の主人公キキは「不安な気持ちを残したまま」修行のために小さな冒険に出ます。そして、あちこち飛び回りながらたくさんの言葉を交わし、たくさんの知識や情報を手に入れていきます。今期、山羊座のあなたもそうした種々の伝言(メッセージ)を送受信することになるでしょう。ユーミン、山羊座です。

◯山羊座?2022年上半期の1曲「ルージュの伝言?/ 荒井由実」

水瓶座

価値ってなんだろう。お金? 時間? この曲のなかで、エド・シーラン(水瓶座)は「I’m in love?with the shape of you」(君の体の形が好きなんだ)と歌っています。「君の体に惚れた」と。ある種、気持ちいいくらいの即物的な物言いですが、何に価値を見出すのかは人それぞれ。水瓶座のあなたは、今期どんな形のモノや対象に価値を見出すのだろう。それらを集め、愛でましょう。

◯水瓶座?2022年上半期の1曲「Shaped of You / Ed Sheeran」

魚座

今期の主役である魚座は、よく「自己犠牲」のサインと言われます。そんな魚座の「selfish」(自分勝手)ってどんな感じだろう? それはもしかしたら、自他をはじめとするさまざまな境界線を溶解、一つにしてしまうとんでもない「わがまま」なのかも。自分を信じて「selfish」でいきましょう。新たなカルチャー・アイコンとして注目されているロンドン出身のラッパー、リトル・シムズも魚座です。

◯魚座?2022年上半期の1曲「Selfish / Little?Simz」

ニシー(#占う男)
音楽好き占いマン・元ロックバンドSTANのg.vo。
神社、プロレス好き
ご依頼、お問い合わせなどお気軽にこちらへ→nsikyg@gmail.com
note: https://note.com/nsikyg/ 、Twitter: @nsikyg

関連記事(外部サイト)