【悲報】1人の宣教師の暴走で秀吉に禁止されたキリスト教

■一時期は北九州を制覇したキリシタン大名・大友宗麟

天正14年の4月に、九州豊後の大友義鎮(おおともよししげ)さまが大坂城にやってこられました。この方はキリシタン大名で、宗麟(そうりん)という名で有名ですので、ここではそちらを使わせていただきます。

鎌倉に幕府を開かれた源頼朝さまは、九州のうち、奥三国(薩摩・大隅・日向)を島津さま、前三国(筑前・肥前・豊前)を少弐さま、後三国(筑後・肥後・豊後)を大友さまという、側近の家臣を守護とされて統治されたのでございます。

この方々は、初めは鎌倉におられて代官を派遣されていたのですが、元寇に備えるために九州に引っ越しをされ、それから400年後の私たちの時代にも健在でございました。

ただし、少弐さまは、龍造寺さまに取って代わられてしまいましたが、島津さまと大友さまは戦国の世を生き残っておられました。

信長さまの天下の頃、北九州では大友宗麟さま(1530〜87年)が全盛期を迎え、龍造寺隆信さま(1529〜84年)が日の出の勢いでございました。この宗麟さまと隆信さま、そしてザビエルさまが日本上陸したときの殿様である島津貴久さまの嫡男・義久さま(1533〜1611年)は、ほぼ同世代です。

このうち、まず頭角を現したのは宗麟さまでございます。島津忠良さまや貴久さまのように傍流出身でなく、守護家の嫡男で、しかも母親は周防の名門・大内氏出身ということで、若くして九州を代表する武将として、自他共に認める存在だったのです。

もともと、大友氏と大内氏は博多の支配権を争っていたのですが、天正19(1591)年に大内義隆さまが、陶晴賢の謀反で横死されてからは、宗麟さまの弟である義長さま(大内義隆さまの猶子、後に解消)が大内家を継ぐなどして、北九州では宗麟さまに抵抗できる大名はいなくなりました。

▲大友宗麟公像 出典:伯耆守 / PIXTA

その所領は、豊後・豊前・日向・肥後・筑後・筑前・肥前に及び、伊予にまで勢力を伸ばし、将軍家からは大内氏の家督継承者とされ、信長さまからは防長二国を与えられることになっておられました。少なくとも、大内氏から毛利氏、少弐氏から龍造寺氏に交替があった幸運なある時期、北九州をほぼ統一したことは間違いありません。

また、宣教師たちも府内(大分)を訪れ、一族の伊東マンショは、天正遺欧使節のひとりとしてローマへ旅立ちました。

一方、佐賀の龍造寺家は、主家の少弐家と争い、大内家と誼(よしみ)を通じて着々と力をつけていました。大内義隆さまの滅亡で足踏みしたものの、少弐氏を滅ぼし、肥前東部を支配下に置きました。

薩摩では島津義久さまや義弘さまらの四兄弟が、貴久さまの死の翌年である元亀3年(1572年)の「木崎原の戦い」で、日向の伊東義祐(子孫は飫肥藩主)さまを撃破し、その翌々年には大隅の肝付氏(幕末の薩摩藩家老・小松帯刀はこの一族)などを最終的に服従させて、ほぼ三州平定に成功いたしました。

宗麟さまは、伊東氏の救援要請に応えて日向へと南下しましたが、天正6年(1578年)の耳川の戦いで島津軍に大敗しました。ここで宗麟さまが勝てば、日向はキリシタン王国にする約束だったといいます。その意味では、世界史的な意味のある戦いだったのかもしれませんが、宗麟さまは“神さまに祈るばかり”で積極さを欠き、ひどい負け戦であったそうでございました。

この大友軍の敗北を見て、龍造寺隆信さまが、大友氏の支配下にあった筑前・豊前・筑後などに侵入し、肥前西部でも有馬氏らを圧迫したものですから、有馬氏は島津さまに救援を求めました。

そして、島原半島の沖田畷(おきたなわて)の泥田での戦いで、島津・有馬連合軍が龍造寺隆信さまの首を取ったのです。天正12年(1584年)のことでございます(本州では、小牧長久手の戦いがあった年です)。

ここに、九州全域で島津氏に並ぶ者はなくなり、島津氏による九州統一王国が、現実味を持ってまいりました。

■島津の勢いに危機感を持った宗麟が秀吉にSOS

それに危機感を持った宗麟さまは、天正14年(1986年)にわざわざ大坂までお越しになって、秀吉の助けを求められたのでございます。

秀吉は喜んで大坂城を案内し、豪華な天守閣に一緒に登り、宗麟さまを驚かせました。宗麟さまは秀長にもお会いになりましたが、秀長は「内々の儀は千利休に、公儀の事は秀長におまかせあれ」と言って、宗麟さまを激励したそうです。

これに先だって、前年の10月に秀吉は、大友・島津両氏に停戦令を発して、島津氏は肥後半国・豊前半国・筑後を大友氏へ返還し、肥前を毛利氏に与え、筑前は秀吉の所領とし、島津氏は本領である薩摩・大隅・日向半国に加え、肥後半国・豊前半国を安堵するといった解決案を出したのですが、宗麟さまは停戦令をすぐに受諾したのに対し、島津義久さまは、鎌田政近さまを秀吉のもとへ派遣して、いろいろと言い訳をするばかりではっきりと受け付けませんでした。

それどころか、筑前にまで攻勢を強めましたので、秀吉は7月に島津への追討令を出し、とりあえず讃岐の仙石秀政に、長宗我部や十河(そごう)など四国勢を率いて宗麟さまを救援するように命じ、毛利にも出陣を要請いたしました。

ところが、秀吉の到着までは動かないとの指示を破った仙石秀久は、大分郊外の戸次川の戦いで島津軍の策略に引っかかり、深追いして散々な敗戦をし、本人は無事でしたが、長宗我部元親さまの長男である信親さまや、十河存保(まさやす)さまを戦死させてしまいました。

筑前では、太宰府郊外の岩屋城に拠った高橋紹運さまは壮絶な玉砕をし、その実子である立花宗茂さまが福岡市の東にある立花城で奮戦して、ようやく息をつくといった情勢でございました。

かねてより信長さまや秀吉に助けを求めていた大友宗麟さまを、秀吉は救援したかったのですが、東で家康さまと対峙していることから、思うに任せませんでした。

そこで、秀吉はしぶしぶ、妹の旭姫をわざわざ夫と離縁させたうえで、家康さまの後室として送り、母の大政所まで岡崎に行かせて、やっとの思いで家康さまにとって好条件で従わせたのは、前回ご説明したとおりです。

信長さまや秀吉は、それなりに国際的な視野を持っていましたので、九州に島津氏の独立王国ができて、海外と勝手に付き合いだしたら、日本という国は瓦解してしまいかねないことをよく理解していました。

また、貿易上の利益からいっても、新しい文化や技術の吸収といったことからも、南蛮文化の窓口である九州は、是が非でも秀吉にとって抑えておかねばならない要地でございました。

さらに秀吉は、大陸進出の夢を信長さまから受け継いでいました。それに比べると、土地は広いがとくに新しいものはない東日本は、それほど魅力がなく、ごたごたの種にならねば十分で、家康さまが上手に北条などを抑えてくれたら良かったのです。

家康さまとの和平が成ったことで、後顧の憂いがなくなった秀吉は、天正15年(1587年)の3月に20万の兵で九州へ出陣し、5月には島津義久さまを降伏させました。このあと、秀吉はキリスト教の禁止、朝鮮や琉球王への服属要求、生糸の貿易独占、博多の大都市改造などを矢継ぎ早に打ち出しました。

戦後の九州は、毛利から備後や山陰を取り上げて、北九州を与えるという案もありましたが、結局の所は、島津義久さまには薩摩を、弟の義弘さまに大隅を安堵し、義弘さまの子で義久さまの跡継ぎに予定されていた久保さまに対しては、日向国諸県郡のうち真幸院を与えました。一方、地侍でうるさ型が揃っている肥後は、佐々成政さまに任せました。

▲佐々成政歌碑 出典:橋義雄 / PIXTA

秀吉は、筑前国筥崎(現在の福岡市東区)に陣を構え、貿易港博多(福岡市博多区)を直轄都市としたうえで、唐入り(明遠征)の基地とし、筑前は小早川隆景さまを伊予から移し入れて、筑前のほかに筑後と肥前の一部を併せて約37万石、黒田孝高(如水)さまには豊前国のうち6郡の約12万5000石、宗麟さまから独立大名として取り立ててほしいと頼まれた立花宗茂さまには筑後柳川13万2000石、毛利勝信さまには豊前小倉(福岡県北九州市)約6万石という配置にしました。

宗麟さまのお子・義統さまには豊後一国が安堵されました。龍造寺政家さま、純忠のお子・大村喜前さま、松浦鎮信さまは、それぞれ肥前国内の所領が、宗氏は対馬が安堵されました。また、あちこちに蔵入地(豊臣氏直割領)も設定されたのです。

宗麟さまご自身については、残念なことに九州遠征の最中に亡くなられてしまいました。たいへん気宇壮大で新しい文化にも理解がある方でございましたが、気まぐれなところと、気に入った女性がいると家臣の奥方にまで手を付けてしまわれる、ということで人望がいまひとつだったようでございます。

■秀吉の禁教令は1人のポルトガル人が原因

秀吉は、キリスト教の禁止、朝鮮や琉球王への服属要求、生糸の貿易独占、長崎の教会領回収、博多の大都市改造など、矢継ぎ早に国際関係の調整に乗り出しました。

▲「国内だけではなく国外のニュースにも気を配る必要があったのです」 イラスト:ウッケツハルコ

わたくしたちが生きていた時代は、世界史でいえば大航海時代でございます。はるかヨーロッパから南蛮人たちがアジアへやって来て、珍しい文物を持ち込み、新しい世界についての知識を教えてくれました。しかし、彼らは西洋との交流だけでなく、東アジアの国同士の貿易も独り占めしてしまいそうでした。

キリシタン禁教令は、イエズス会の初代準管区長に任命された、ガスパール・コエリョという人の軽率な行いが禍したものです。宗麟さまとも親しかったアレッサンドロ・ヴァリニャーノさまは、ヨーロッパの習慣にとらわれずに、日本文化に自分たちを適応させるという方法で布教に成功されたのです。

ところが、コエリョはキリシタン大名を支援するため、フィリピンからの艦隊派遣を求めたり、日本全土を改宗した際には日本人を先兵として中国に攻め入る、など夢想していたそうです。

そして、フスタ船を建造して大砲を積み込み、それで平戸から出航し、博多にいる秀吉に見せたのです。高山右近や小西行長は心配して、その船を秀吉に献上するようコエリョに勧めましたが、彼は応じませんでした。

この頃、さまざまな人がキリシタンの振る舞いについて、誹謗中傷も含んだ苦言を秀吉に持ち込んでいたところに、コエリョが威圧的な態度を秀吉との会食で見せたために、秀吉が怒って禁教令をだしたのです。

コエリョも布教活動を停止しつつも、マニラのスペイン人に援助を要請したりしましたが、日本国内のキリシタン大名が秀吉に服従しているので手も出せず、天正18年(1590年)に失意の内に平戸で死んだのは自業自得でございました。

■時代の風にあっていたキリスト教

ときどき、秀吉がキリシタンを禁止したのは、放っておくとポルトガルやスペインの植民地にされかねなかったからだ、という人がいますが、それは大げさです。

当時のポルトガルは、ゴアだとかマラッカといった要衝を占領して拠点にしていました。明国ではゴアに居留は認められておりましたが、明の領土でなくなったのではありません。広い領土を治めるといったノウハウも力も、ポルトガルにはありませんでした。スペインも、フィリピンのように国というものがなかった所を占領しただけです。

明、朝鮮、日本といった国を治めるなど無理なことでした。狙っていたのは、キリシタン大名を援助して、それを通じて布教や貿易を進めようという程度だったのでございます。

大村氏は、南蛮船の寄港を増やすために長崎周辺を教会に寄付したりしましたが、それも秀吉によって返還させられました。

▲碇泊する南蛮船 イメージ:m.Taira / PIXTA

私たちの時代は、武士も庶民も、古い道徳や秩序にとらわれず自由を手に入れた時代でございました。そういう世相の中では、毒にも薬にもならない古い信仰より、現世利益の教えで京都の町衆たちに力を伸ばした法華宗、蓮如上人の改革で農民たちの気持ちをとらえた一向宗、そして、一神教の論理が清新だったキリスト教などが、時代的な気分に合っていたのです。

しかし、イエス様の教えは魅力的とはいえ、南蛮人たちがそれを梃子(てこ)に何か利益を得ようとしているのでないかということを、秀吉などは敏感に感じ取りましたし、日本人を外国に、いわゆる奴隷のようなかたちで連れて行くという不愉快な話も聞こえてまいりました。

そして、そういう不信感が、コエリョという愚か者の浅はかな行いを機に、キリシタン禁止令というかたちになったのです。しかし、それほど厳しいものではなく、本格的な弾圧はオランダが日本にやって来てからのことで、ローマ教会の悪口をコ川家康さまに吹き込んでからひどいことになったのです。そのあたりは、別の機会でお話ししたいと思います。

この九州遠征の途中に、秀吉は備後におられた足利義昭さまを訪ねました。それまで、義昭さまは秀吉に頼まれて、島津との仲介などをされていたのですが、秀吉が九州へ行く途中に備後でお会いしたことで、わざわざ秀吉が自分を訪ねて迎えに来てくれたと面子も立ち、京に戻られることになりました。

結局、義昭さまは、天正16年(1588年)1月に秀吉と一緒に参内して将軍を返上され、出家して准后という、かつて足利義満さまが引退後に就かれた地位になられました。

そして、秀吉が聚楽第で人と会うときには、法親王や摂関家の皆さまとともに、上段で秀吉の左右を固める立場になられました。同じく、斯波義銀・六角義賢・山名堯熙・赤松則房といった方々もお伽衆におられましたし、京極高次さま(浅井三姉妹お初の夫)は大名となられ、秀吉の天下のもとで居場所をもらい、家来はたいしておりませんが、そこそこ贅沢な社交生活を送って、まんざらでもない様子でした。

また、この年の7月には毛利輝元さまが上洛されました。義昭さまの帰洛は、その露払いという意味もございました。

その後、朝鮮に遠征するときには、室町幕府に仕えていた奉公衆の面々を引き連れて、名護屋に参陣してくださいました。

※大友家は、源頼朝の側近だった京都出身の官人・中原親能の養子となった能直を祖とする。頼朝から豊後の守護とされ、その子孫が九州に住み着いた。詫間・一万田・鷹尾・田原・戸次・木付・入田といった各氏は、その庶流である。戦国期の義鑑のときに、北九州全域に勢力を拡げたが、長男の宗麟(義鎮)の廃嫡を試みて守護所の御殿の二階で暗殺される「二階崩れ」の悲劇を生んだ。大友氏の本拠は府内(大分)だったが、現在の大分城は豊臣時代の福原氏によって大分川の河口に建設されたもので、当時は南部の丘陵地帯に居館はあった。ただし宗麟は晩年、臼杵に移ったので、こちらも宗麟の町だ。

※ポルトガルは、15世紀中盤のエンリケ航海王子が、異教徒追討のためにセウタなど北アフリカに遠征し、西海岸に探検隊を派遣した。この延長で、喜望峰の発見やバスコダガマのインドへの遠征が行われ、さらに東アジアへ進出した。しかし、ポルトガルが広い地域を点や線でなく面で植民地支配をしたのは19世紀になってからである。スペインは西回りでインドを目指し、コロンブスがアメリカ大陸を発見し、そののちフィリピンを領有した。アメリカ大陸には金属製の武器も馬もいなかったので征服は容易だったし、フィリピンには国らしきものはなかった。いずれにせよ、それなりの屈強な兵力を持つ国を征服するなど不可能であった。あるとしたら、キリシタン大名が勢力を拡大することを助けて、それを通じて影響力を発揮することだったが、高山右近などでも豊臣体制への反抗は無理であった。

関連記事(外部サイト)