「奈良よりも大きなものを作れ!」秀吉が発注した幻の大仏

■聚楽第の跡地からは金箔の瓦も出てくる

山崎の戦いののち、秀吉は京では本国寺に滞在するのが普通でした。足利義昭さまが上洛後にしばらく住んでおられた法華宗のお寺でございます。現在の西本願寺北側で、本願寺聞法会館になっているあたりにございましたが、昭和40年代にもめ事から財政難になり、山科に移転したのです。

このあと秀吉は、信長さまが安土城に行幸をお迎えすることを夢とされていたのと同じように、大坂城を築城し、そこに帝をお迎えできればという気持ちが芽生えてまいりました。

さらに、いっそのこと都を難波の地に移したら、と勧める人もおりましたが、それは平清盛さまが無理に福原(神戸市)に遷都したことがきっかけで、平家滅亡になったからやめたほうがいい、という公家衆や僧たちもいて、なかなか難しそうだというので、沙汰止みになっていました。

その頃、秀吉は信長さまを引き継いで、平朝臣ということになっておりましたので、そう思われても仕方ございません。

しかし、天正13年(1585年)の夏に、近衛前久さまの猶子になって関白となりましたので、それなら京に住んで、帝の近くにいなければならないということになりました。

そこで、本能寺の変のときに織田信忠さまが最初に滞在しておられた妙覚寺と、現在の二条城のあいだに位置する、小川通り西押小路という場所にあった妙顕寺を立ち退かせて「二条第」を築きました。京の奉行だった前田玄以の本拠にさせるとともに、とりあえず秀吉の京屋敷にあてることにいたしました。

さらに、翌年の正月には「内野」と呼ばれていた平安京大内裏の跡地に、聚楽第と呼ばれることになる巨大な城を築き始めました。聚楽第は「喜びが集う邸宅」といった意味だそうでございます。

▲聚楽第跡 出典:ogurisu_Q / PIXTA

平安京の大極殿は、現在の千本通と丸太町の交差点の真ん中にあったのですが、大内裏の北端は一条通で、東端は大宮通でした。新しい城は、大内裏の北東の部分を占め、この2つの通りのほか、南は御池通より少し北、西は千本通より少し東あたりが外堀になっていました。

山里町とか須浜町というのは、聚楽第の庭園の名残でございます。東堀町は本丸の東のお堀があったところです。本丸跡などは住宅密集地ですので、まとまった発掘が難しいのですが、マンション工事などの機会に石垣が見つかったり、金箔の瓦も出てまいります。

また、ところどころ、高さで2メートル程度の段差があり、これは石垣やお堀の跡らしいです。

そして大名屋敷を、最初は聚楽第を囲むように、ついでそれより東側の、現在の府庁周辺に集めましたので、御所から見ると、武家屋敷の向こうに金ピカの聚楽第が輝くといった風情でございました。

現在の京都御苑を囲む生け垣は、明治維新後にできたもので、それまでは市街地のなかに御所もあったのです。たとえれば、塔頭が並ぶ南禅寺境内のような趣でした。

現在でも、黒田官兵衛にちなむ如水町のほか、弾正町(上杉景勝)、飛弾殿町(蒲生氏郷)、主計町(加藤清正)、浮田町(宇喜多秀家)、福島町、長尾町などの地名が残っています。それは聚楽第があった頃の、城下町の名残なのでございます。

この聚楽第は、天下統一のあとに秀吉が大陸遠征のために名護屋城に移ったのちは、関白となった秀次に譲られ、秀次事件のあとは解体されました。建物は伏見城に移されたので、ところどころに堀などの痕跡が残るだけですが、江戸時代初期に描かれた多くの「洛中洛外図屏風」には、人々の記憶にあった姿が描かれており、当時のイメージはつかめます。

広島城は、この聚楽第を真似たものと言われており、縄張りも含めて、よく似ております。

四層の天守閣がそびえていましたが、それほど大型ではありませんでした。庭には、京のあちこちから名石を集め、庭は大坂城にもまして豪華なものでございました。

■公家衆や名刹がメロメロになる秀吉流「接待」

私たちは、9月13日に大坂から引っ越しましたが、その行列を見たさに人々が集まり、大変な騒ぎでビックリいたしました。

この聚楽第は、最初から帝の行幸をお迎えすることを予定して創られたものでございます。なにしろ、室町時代では、武士のあいだでも上司を自宅にお迎えすることほど名誉なことはなかったのです。

たとえば、茶々の実家である浅井家は、小谷城に形の上では主君である京極さまをお迎えになったことがありますが、これは、京極さまが湖北の支配は浅井に任せたということを披露するためのものでした。

貴人をお迎えして、同僚である周りの武士を集め、能などのアトラクションをいろいろ用意し、豪華な食事を提供し、お土産を出すわけで莫大な費用がかかります。その代わりに、同僚たちより少し高い立場となって、彼らに指示に従うよう求めることができるわけです。

帝の行幸は、足利義満さまが二度にわたって北山第でお迎えし、五代将軍・義教さまが花の御所にお迎えして以来のことであり、天下が治まったことを意味する行事だったのでございます。

さて、天正16(1588)年4月14日、新しい帝と上皇さまを、聚楽第にお迎えする日がまいりました。

秀吉は御所へ準備が整ったことをお知らせに参内し、それを受けて帝の行列が御所を出ました。鳳輦(ほうれん)は、近衛大将である鷹司信房さま、西園寺実益さまに先導され、後ろには織田信雄さま、德川家康さま、それに豊臣家から秀長、秀次、秀家が従いました。そのあと、秀吉の行列が続き、ここに諸大名が参加しました。

秀吉は5日間に渡っておもてなしをし、合わせて銀5,530両に米800石、公家や門跡寺院に領地を8,000石と大盤振る舞いをいたしましたので、公家衆や伝統的な名刹もすっかり秀吉贔屓になりました。

もちろん、こうした接待は家臣たちや公家衆が、前例などを調べて準備したものですが、秀吉もことこまかに指示を出しておりました。こういう仕事をさせたら、秀吉に叶う人はいません。それに、なにしろ私がついているのですから、鬼に金棒です(笑)。

▲「こういうときの秀吉の仕事は特に早いです」 イラスト:ウッケツハルコ

また、このときに、織田信雄さまや德川家康さまをはじめとする大名は、帝の前で秀吉への忠誠を誓われました。

おもしろいことに、このときの肩書きが、たいていの大名は豊臣姓を名乗りましたが、平信雄、源家康、秦元親(土佐の長宗我部さまのことです)といった肩書きになっているのは、古代からの名家が秀吉に従った、というデモンストレーションだったのでございます。

■京の町家がウナギの寝床といわれる理由

秀吉は、この聚楽第の建設を始め、京都をあたかも城下町のように再開発いたしました。1591年には町全体を「御土居(おどい)」と呼ばれる巨大な土塁と、お堀からなる城壁で囲って、出入りは京の七口といわれる城門を通ってするようにしたのです。

高さ5メートル、基底部は幅10メートルほどありました。七口は、粟田口・東寺口・丹波口・鞍馬口・大原口・荒神口、長坂口などです。ただし、七つしか出入り口がなかったわけではなく、七口にどれを含めるか諸説ございます。

御土居で囲まれたのは、おおよそ平安京の東半分ですが、地形の関係で北側は、のちに本阿弥光悦の隠棲地となり、庭園が有名な光悦寺がある鷹峯のあたりまで築かれました。また北野天満宮も御土居に囲いこまれております。

▲光悦寺の日本庭園 出典:テラス / PIXTA

鴨川沿いにある御土居は、鴨川自体が防御線になるので早くに撤去されてしまいましたし、明治になって次々に壊されていきました。京都駅も御土居の上に設置されました。 

現存する御土居10カ所が史跡に指定されておりますが、手軽に御土居を見ることができるのは、鷹峯のあたりと北野天満宮の梅林のなかです。また、町名として、北区紫野西土居町、大宮土居町、中京区壬生土居ノ内町などが残ってございます。

さらに寺の多くを、寺町(新京極の近く)や寺の内(茶道の表千家・裏千家のあたり)に集中させました。あの本能寺も、事件があったときの四条西洞院界隈から、京都市役所に近い寺町通りに移りました。

公家屋敷も、内裏の周りに集めました。のちに説明いたしますが、伏見宮家は文字どおり伏見に屋敷があったのですが、これを秀吉は最初の伏見城とするために買い取り、代わりに現在の同志社女子大学の場所に移ってもらいました。

また、平安京では一区画が約140メートル四方でした。ところが、これだと真ん中に大きな空き地ができてしまいます。

そこで秀吉は、南北に限りもう1本の道路を開いたのです。このおかげで東西70メートルの区画ができ、そこに細長い家が背中を合わせることになりました。これが京の町家がウナギの寝床といわれる理由なのです。

このように農地など少なくして密集した形にしたほうが、お堀や石垣の延長距離が短い外郭のわりには、多くの人口を収容できるので好都合だったわけです。

こうした町全体を囲い込むような町造りが得意だったのが、黒田官兵衛さまでございまして、京都・大坂・広島・高松・博多・中津など、いずれも官兵衛風の城下町といって良いと思います。

城そのものに壮大な石垣などつくるより、城下町全体の防衛を考えればよいというのが官兵衛流なのです。

よく「京」を名乗れるのはどの範囲かとか、洛中と洛外の境界はどこかとかいいますが、どうも今でも御土居の内外がひとつの目安のようでございます。

■完成した翌年に壊れてしまった秀吉が建てた大仏

もうひとつの大工事が、方広寺の大仏建立でございます。秀吉は比叡山延暦寺の復興を手伝いましたし、本願寺の顕如さまにも大坂天満に戻ってきていただきました。その裏方の如春尼は、三条家からお輿入れになった方で、武田信玄夫人と姉妹でございました。

私は大坂時代から、この方とはたいへん親しい間柄になっていましたので、京への引越しを前に、この難しい町の流儀をいろいろと教えてくださいました。

秀吉のところには、奈良東大寺の大仏を再建するのは、平家に焼かれた大仏を源頼朝さまが再建された先例もあり、天下人にふさわしいというお誘いもあったのですが、秀吉は奈良のものを再建するくらいなら、新しい大仏を京につくったほうがいいと思ったわけです。

最初は九条家がつくった寺である、東福寺の近くを考えたのですが、京の町を飾るには、もっと都心に近い三十三間堂の北側がよいとか言いだしました。

ここには浄土真宗の仏光寺があったのですが、秀吉は四条通の南にある現在地へ引っ越しさせました。大仏殿の場所は現在、豊国神社になっているところです。

現在では東大路が洛東の中心的な道でございますが、当時は大和大路で、これも西側に東山を背にするように建て、大和大路は伏見街道につながるようになりました。また、正面には正面通りを開きました。

同時に、五条通りを現在の松原通から六条坊門(五条と六条の間の通り)に移して立派な橋をかけ、京の民が参詣しやすいようにいたしました。境内は、妙法院・豊国神社・京都国立博物館・三十三間堂の敷地も含む広大なもので、国立博物館西側の大きな石を積んだ石垣は、大仏殿の石垣でございました。

三十三間堂の太閤塀や南大門、移築された東寺の南大門も、もともとこのお寺のものでございます。

ブロンズでと思ったのですが、木造のほうが早くできると聞いて、そちらにいたしました。ただし、大きさは奈良のものより大きいものをというのが秀吉の注文で、高さが19メートルございました。

しかし、完成した翌年の地震で壊れてしまい、秀吉は都を鎮護するはずが、自分が倒れるようでは御利益も何もないと立腹して、当時は甲府にあった信濃善光寺のご本尊をここに移して代わりにいたしました。

秀吉の死んだあとの話になりますが、秀吉が死んでから、秀頼がブロンズで大仏を作ろうとしたのですが、鋳造作業のミスで倒れていなかった大仏殿までが焼けてしまい、慶長13年(1608年)から再建工事にかかりました。この鐘の銘文が大坂の陣のきっかけになってしまったことは、またお話しいたします。

それでも大仏まで壊すことは徳川もできなかったのですが、寛文2年(1662年)の地震で、またもや大仏が壊れ、寛永通宝の材料に使われて、かわりに木造の大仏がつくられました。しかし、こちらも寛政10年(1798年)に落雷が大仏殿に落ちて全てが焼けてしまいました。

▲現在の方広寺 出典:shonen / PIXTA

しかし、奈良の大仏より大きい方広寺の大仏は、幕末に近い時代まで残っておりまして、弥次喜多道中で知られる「東海道中膝栗毛」に登場する大仏さまは、奈良でなく方広寺の大仏なのでございます。

※聚楽第の遺構は、伏見城建設などに多くが転用されたらしく、伏見城が関ケ原の戦いの前夜戦でほとんど焼けたので、そのときにほとんど失われたようだ。ただ大徳寺の唐門は、どうやら聚楽第関連施設のものらしい。また、西本願寺飛雲閣に似た建物が、当時の屏風に描かれているので、もしや、とも言われている。そうではないと思われる理由もいろいろあるが、似たものがあったのは事実だ。また、同じ屏風には四層と思われる華麗な天守閣が描かれている。

※『善光寺縁起』によれば、御本尊の一光三尊阿弥陀如来は、インドから朝鮮半島百済国へと渡り、欽明天皇13年(552)、仏教伝来の際に百済から日本へ伝えられた日本最古の仏像と言われている。ただし、秘仏であって誰も見たことはないとされている。本尊は武田氏が織田信長に滅ぼされたあと、織田信忠によって伊奈波(善光寺 (岐阜市))へ、本能寺の変のあとには織田信雄により尾張国甚目寺へ、譲り受けた徳川家康の手で遠江国鴨江寺、後に甲斐善光寺へと転々とした。1597年(慶長2年)には豊臣秀吉の命令で、甲斐から京都の方広寺へと移されたが、1598年(慶長3年)に秀吉の病は本尊の祟りであるという噂から、死の前日に信濃へ帰された。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?