「空想にも現実性を」イラストレーター埜々原の“萌え建築”へのこだわり

こだわりを英語にするとSticking(スティッキング)。創作におけるスティッキングな部分を、新進気鋭のイラストレーターに聞いていく「イラストレーターのMy Sticking」。

今回は、面白くてワクワクする、そんなちょっとおかしな建物を描いた作品集『ヲかシな建築』が話題の埜々原さんに、創作のうえでの「Sticking(こだわり)」を聞いてみました。

■「クリエーターズマーケット」での衝撃

――このインタビューではイラストレーターの方々にこだわり、Sticking(スティッキング)を聞いているんですが、もともと埜々原さんは子どもの頃から絵を描くのが好きだったんでしょうか?

埜々原 いえ、そんなことはなくて、高専という工業系の学校に通ってたんですけど、学生の頃はずっとアルミの塊をノコギリで切る、みたいなことをしてました。ガッツリものづくり、みたいな。

――そうなんですね、それがどうやってイラストレーターに?

埜々原 就職してからも、ものづくりが続けたかったので、自動車会社に就職したんですけど、全然想像していた感じと違ったんです。イメージ的には、油にまみれたりしながら愚直に泥臭くモノを作っていく、というイメージだったんですけど……。自分のリサーチ不足だったんですけどね。

――もっとシステマチックな感じですか?

埜々原 そうですね。ひたすら書類を作って、仕入先に送って「期限はいつまでにお願いします」とか「まだできないですか?」みたいな電話を繰り返す毎日で、それがツラすぎて……。

――ものづくりとは180度違いますよね……(笑)。

埜々原 そうして不本意な毎日を送ってたんですが(笑)、当時、愛知に住んでて、そこで「クリエーターズマーケット」っていう「デザインフェスタ」のようなイベントが開催されていて、行ってみたら“なんだこの面白い世界は!”って感銘を受けまして、自分も出てみたいな、じゃあ手っ取り早く絵を描いてみようかなって。そこからですね。

――え! それくらいの軽い感じだったんですね!

埜々原 はい(笑)、最初はポストカード用の絵を描いてたんですが、当時はpixivが流行りだした頃で、そこで背景や風景を専門に描いているイラストレーターさんの存在を知って。自分も、この方々みたいに脳内にあるものを可視化していきたいな、という気持ちが強くなりだして、そこからちょっと本気で志してみようかなって感じです。

▲当時、初めて描いたポストカードのイラスト

――イラストを描くにあたって、どこかに通ったりとか、どなたかに習われたりなどはしたんですか?

埜々原 いえ、完全に独学ですね。普通に会社勤めを続けながら、ネットの情報とかを頼りに独学で学んでいった感じなので、本気でやってみようかなって思ってから、まだあんまり経ってないんですよね。やっと今で10年くらいですかね。

――それでも独学でやられたってのがすごいですね!

■「萌え建築」のきっかけは邪な気持ちから?!

――埜々原さんといえば、自然と共存する建築物を描く「#萌え建築」が持ち味だと思うんですが、この「萌え建築」に着想したキッカケは?

埜々原 ゲーム会社のコンセプトアートを担当したことがあって、メインの絵のほかに、追加でチャチャッと脇の余白に絵を描いたんですが、そのいい意味で雑さ、時短して描いたそっちの絵が自分の中では「いいな」って思って。自分のTwitterにそれと同じテイストの絵を載せてみたら、かなり反応あるし、コスパいいなって(笑)。そんな邪な気持ちも少しあったんですけど(笑)。

――でも、その域に達するまでが大変ですよね。最初に伺ったお話とリンクしてくるんですけど、埜々原さんの中で“自分が前のめりになってできるか”というのが大事なんだろうなと思いました。

埜々原 そうですね。これは自分の座右の銘、いうなればスティッキングにあたるのかもしれないですけど、『自分に正直でいたい』。これは大事に思ってます。

――『ヲかシな建築』を読ませていただいて、建築って無機物なものですが、埜々原さんの萌え建築からは、そこで暮らしている人たちの生活が見えるのが良いなと思いました。

埜々原 ありがとうございます! まさに今おっしゃっていただいたように、建築って本来は無機物なものではあるんですけど、それを絵の中で“まるで生きている”かのように感じてもらうためには、そこに住んでいる人々の生活が見えるように描くのが大切だと思ってて。なので、見ている側が「普段どういう生活しているのかな?」「こんな場所にどうやって建てたのかな?」と想像できるフックとなる要素を入れ込もうっていうのは意識しているし、こだわりにあたるのかもしれないですね。

■絵だとしても「この建物の強度、大丈夫かな?」

――『ヲかシな建築』に収録されている、全ての作品に思い入れがあるとは思うんですが、特にお気に入りの作品はありますか?

埜々原 そうですね……、やはり1番最初のページに載せている、この「薬草屋」は思い入れが特に強いかもしれませんね。実はアロマテラピーの資格を持ってまして……(笑)。

▲「森の都の薬草屋」イラスト

――え! そうなんですか!(笑)

埜々原 アロマっていうと、一般的にリラクゼーションのイメージが強いと思うんですけど、資格のためにいろいろ勉強しているときに、薬草や漢方としてのアロマにすごく惹かれて、そこからインスピレーションを受けて描いたのが、この作品ですね。

――なるほど、普段の生活に根ざしているものが多いんですね。

埜々原 はい。ドライブインの作品も、僕の出身が長野県で、諏訪湖の近くに霧ヶ峰って場所があるんですけど、そこの景色から着想してます。実際にその絵みたいな場所があるんですよ。

▲「丘陵のドライブイン」イラスト

――へー! でも実際の風景から着想しつつ、そこに建っている建物は少し非現実的、ファンタジーの匂いを残した作品っていうのが面白いですね。

埜々原 ココにこんな建物があったら面白いな、と思いながらも、やはりもともと技術畑を目指していた部分が自分の中にあって、描きながらでも「これでちゃんと建物の強度がもつかな?」とか「これだと、たぶん圧縮に弱いな」とか考えちゃうんですよね(笑)。

――ファンタジーという観点から言うと、相反するところではありますよね? どういうふうにバランスを取っているんですか?

埜々原 クリエイティブな部分と、現実的な技術職の部分、そのバランス感が良いとは他の人からもたまに言われます(笑)。感覚的な部分なので、バランスの取り方は説明しづらいんですけど、最終的には見てくれる人が違和感を感じないようにっていうのは強く意識していますね。

――なるほど。骨組みに至るまで、細部までしっかり描かれているからこそ、こちらがそういう違和感を感じずに作品に没頭できるのかもしれないです。

埜々原 そう思ってもらえてたらうれしいですね。ゲームのコンセプトアートを見ても「この構造、ちょっと個人的には……」と思うこともあって(笑)。ファンタジーに文句つけるなよ、無粋だよ、って意見には同感なのですが、自分としてはファンタジーだからこそ説得力があって、“この世界がどこかに実在してそう”って没入できる作品が好きなので、そこはスティッキングな部分かもしれないです。

■見ている側の妄想で補完できる作品作り

――ちなみに、埜々原さんが現実にあるもので、こういう建物が好き、とか、この建築家が好き、という好みはあるんですか?

埜々原 それでいうと、あの建物、この建築物、というよりか、街まるごと、住環境まるごとが好きかもしれないですね。

――なるほど! この『ヲかシな建築』の表紙とかまさにそうですよね。街のなかのひとつの建物って感じがします。

▲イラスト集『ヲかシな建築』 /著:埜々原

埜々原 そうですね。これのモチーフは旅行で行った台湾なんですけど、これを見て、ここに住んでいる人たちの生活が垣間見える。この“垣間見える”っていうのが自分の中で大事で、全てが見えるわけじゃないけど、そのぶん見ている側が妄想で補完できる。その部分が、見ている側のワクワクにつながるんじゃないかって思ってます。

――確かに。個人的に『ヲかシな建築』はファイナルファンタジーとか、RPGの町並みにも通ずるような気がします。

埜々原 はい、ゲームはかなり好きですね(笑)。好きなゲームと言われて、今パッと思い出すのが『聖剣伝説 Legend of Mana』とか、ファイナルファンタジーで言うと、\とか。あとは『聖剣伝説3』とか……何周やったかわからないくらい。

――埜々原さん自身も『断崖のカルム』というゲームを制作されてますもんね。製作中の動画がかなり素晴らしくて、出来上がりが楽しみです。これから埜々原さんが挑戦したい表現はありますか?

埜々原 『ヲかシな建築』でも、説明のところに細かく設定や意図などを書き込んでいるんですが、お話があるともっと建物の世界に没入してくれるんじゃないかと思ってて。なので、ストーリーのある連作をやってみたいのがひとつ。あとは、先ほどお話していただいたゲームは、絵はもちろんのこと、サウンドやストーリーもあるので、総合芸術的な面があって、制作していて楽しいです。こちらも続けて制作して、いつか皆さんに没頭していただけたらなと思ってます。『ヲかシな建築』も書籍版、ダウンロード版とあるので、そちらも見ていただきたいです!

■プロフィール

埜々原(Nonohara)

コンセプトアーティスト・イラストレーター。2021年10月より、個人活動にてオリジナルの #萌え建築 ?ゲーム『断崖のカルム』を制作中。Twitter: @s_nonohara 、Instagram: ss.nonohara 、YouTube: NONOHARA WORKS

関連記事(外部サイト)