「神出鬼没な義経を見つけ出す!」源頼朝が選択したのは神頼み

ドラマなどでも人気が高い源義経。学生時代に習った歴史の授業などで、平氏討滅の戦いにおける一番の功労者は、義経と思っている人も多いのではないでしょうか。呪術や陰陽道に詳しい歴史作家の島崎晋氏に、頼朝と義経が不仲になった理由、義経追討のために頼朝が取った方法について教えてもらいました。

※本記事は、島崎晋:著『鎌倉殿と呪術 -怨霊と怪異の幕府成立史-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■平氏討滅の功労者が源義経という微妙な定説

平氏討滅の戦いにおける一番の功労者は源義経。現在では多くの人がそう信じて疑いませんが、頼朝の代理人という義経の置かれた立場を考えると、答えは微妙にならざるをえません。

▲中尊寺所蔵の義経像 出典:ウィキメディア・コモンズ

一の谷の戦いでは、誰にも先駆けの功が認められない奇襲戦術をとり、摂()津()国の湊()では、船尾を先にして漕ぎ進める際に必要な逆()櫓()の設置を認めず、強風で船団が全滅する危険を冒して屋()島()への渡海を強行、壇ノ浦の戦いでは平氏方の水()手()(漕ぎ手)の射殺を命じるなど、義経のやり方は当時の常識に反することばかりでした。

▲鵯越の逆落とし『源平合戦図屏風』「一ノ谷」 出典:ウィキメディア・コモンズ

義経は長く奥州にあり、実戦経験も皆無でしたから、『孫()子()』や『呉()子()』など古代中国の兵法書を忠実になぞればよいと、信じて疑わなかったのもかもしれません。しかし、鎌倉の御家人たちにしてみれば、先駆けの武功を挙げる機会を奪われ、無駄死にの危険にさらされ、非戦闘員の殺害という禁じ手までやらされたのですから、反発が高まるのも当然でした。

戦う目的にしても平氏討滅しか眼中にない義経と、安徳天皇と皇位継承の儀式で不可欠な三()種()の神()器()の確保を最優先に掲げた頼朝との相違は大きく、朝廷を絶対視する義経と、上に立てながらも交渉相手と見なす頼朝、源氏一門を特別視する義経と、一門を他の御家人と同列に置こうとする頼朝、というように両者間のズレは、平氏の滅亡とともに白日の下にさらされることになったのです。

▲『源義経請文』義経自筆(1184年) 出典:ウィキメディア・コモンズ

叔父である行家が義経に接近してけしかけ、後白河院が義経を寵愛したことなどもあって、頼朝の義経に対する警戒感は明らかな敵意へと変わり、1185年10月17日、源頼朝の放った刺客が六条室町の義経邸を襲撃するに及び、とうとう収拾不可能な事態となります。

翌日、義経は後白河から頼朝追討の院宣を獲得しますが、いっこうに軍兵が集まらないため、いったん西国へ落ちることを決めます。ところが、11月6日、摂津国大()物()浦()を出航してまもなく、暴風と逆浪に襲われて船団は散り散りになります。

その知らせを受けた頼朝は、みずから軍を率いての上洛を取りやめ、代わりに北条時政を送り込み、義経捜索の指揮を執らせるとともに、朝廷に圧力をかけさせました。

そのなかで、12月6日になされた上奏に興味深い一節があります。「行家・義経の家()人()や、両人に追従して謀反を唆()していた人びとも、その罪の深さを取り調べて、官位にある人びとについては、それぞれ解官・停()廃)すべきである」というのは当然として、「僧や陰陽師の類が含まれているとの噂があるが、同じく追放すべきである」と、頼朝を呪詛した者をも処罰の対象にするよう求めているのです。

ここからは「命令に従っただけ」との言い訳は認めないとする、頼朝からの強いメッセージが感じられます。過去の罪を罰するよりも、これから先を見越しての警告です。

これには前例があって、『吾妻鏡』の1184年8月20日条によれば、頼朝は木曾義仲の祈祷師を務めたとの理由から、掃部頭()安()倍()季()弘()の官職を停止すべきと注進しています。実際に処罰が下るかどうかは問題でなく、朝廷を震え上がらせるだけで効果は十分でした。

■関東の神社仏寺に祈祷を命じ義経を捜索

義経の消息については、大和国吉野山に潜伏しているのが発覚してから、多武()峰()(現在の談()山()神社)に向かったところまでつかめていました。

▲談山神社(著者撮影)

義経が多武峰に向かったのは、蘇我氏打倒の政変で中核を担った中()臣()鎌()子()(のちの藤()原()鎌()足())にあやかろうとしたに違いなく、同じ目的から、他の有力寺社を訪れる可能性がありました。

「神出鬼没な義経を見つけ出すのは人知の及ぶところではなく、ぜひとも神仏に頼るべきです」。頼朝は人びとの意見に従い、鶴岡八幡宮寺をはじめとする関東の神社仏寺に祈祷を命じました。すると若宮別当の円暁から「上野国の金剛寺で義経に遭遇する」との夢のお告げを伝えられますが、完全な空振りに終わります。

そんななかで、頼朝がもっとも警戒したのは、やはり伊勢大神宮でした。大神宮は朝廷の許可なき祈祷は受け付けないとしていましたが、逆に言えば、祈祷が行われた件に関しては朝廷が承諾済みということです。頼朝としても後白河と正面からやり合うつもりはなかったので、伊勢大神宮については、周囲から過敏と思われるほど神経を使わざるをえませんでした。

案の定、『吾妻鏡』の1186年3月15日条には「義経が大神宮に現れ、所願成就のためと称して金製の剣を奉納した。この大刀は合戦の際に身につけていたもの」という記事が見られます。

同じく1186年6月7日条には、神祇官に奉職する大中臣公()宣()からの書状で「先頃、義経が伊勢国に現れて大神宮に参詣したこと」、現在は奈良あたりに潜伏中との噂に加えて「祭主の大中臣能()隆()が、義経に内通して祈祷を行ったようです」との報告を受けていますが、能隆には公宣と祭主の座を巡って争った経緯があることから、頼朝は内通と祈祷に関しては半信半疑だったようです。

祭主とは、伊勢大神宮にのみ置かれた神官の役職で、天皇の代理として祭祀を管理することに加え、朝廷と神宮との仲介を主宰する要職です。大中臣氏により世襲されましたが、役得が大きいことから、一族内で争奪戦が絶えなかったのです。

確たる証拠は見つからなかったようですが、頼朝の不安は去らず、『吾妻鏡』の同年閏7月28日条によれば、伊勢皇太神宮(内宮)の禰()宜()を鎌倉に呼び出し、駿河国の方()上()御厩)を寄進しています。義経ではなく、自分に味方するのが賢明と、露骨に鼻薬を嗅()せたかっこうです。

これより少し前、義経が6月20日頃まで比叡山に潜伏していたことがわかっており、頼朝から詰問を受けた比叡山では、座主以下の門徒や僧()綱)(監督官)たちがあれこれ対応を協議したあげく、捜索のための祈祷を申し出てきたとする記事が、『吾妻鏡』の同年閏7月26日に見られます。

同じく『吾妻鏡』によれば、義経が奥州へ向かったことが判明したのは1187年2月10日のことですが、頼朝はそれ以前に伊勢大神宮の去就に関して把握していたのか、同年1月20日には祈祷への礼として、神馬8頭、砂金20両、剣2腰を奉納しています。現在の貨幣価値に換算するのは難しいですが、少なくとも祈祷の礼としては破格の数字と見てよさそうです。

関連記事(外部サイト)