実朝暗殺に北条義時が巻き込まれなかったのは「戌神」のおかげ?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で注目を集めている主人公の北条義時。鎌倉幕府3代将軍の実朝が殺されたことで、北条氏へと権力が移行していくのですが、状況証拠から、三浦義村と北条義時の2人が黒幕の最有力候補に挙げられています。歴史作家の島崎晋氏が実朝暗殺の裏側に迫ります。

※本記事は、島崎晋:著『鎌倉殿と呪術 -怨霊と怪異の幕府成立史-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです

■実朝暗殺事件は夢で予告されていた?

公暁による実朝暗殺が決行されたのは、1219年1月27日のことです。現場は右大臣拝賀のため訪れた鶴岡八幡宮の寺境内で、実行犯が公暁なのは間違いないのですが、背後にいた黒幕について調べが及ぶことはなく、その後も真相が明らかにされることはありませんでした。

ただし、状況証拠から、三浦義村と北条義時の2人が、黒幕の最有力候補に挙げられています。

三浦義村の妻は公暁の乳母、子息の駒王丸は公暁の門弟と、義村は公暁と私的な交流関係を築いていました。実朝暗殺に成功した公暁は、後見人である備中阿闍梨の雪下北谷に逃れたあと、そこから義村のもとへ使いを送っているので、三浦氏の武力に頼ろうとしたのは明らかです。事前の約束があったかどうかはわかりませんが、公暁には他に頼るべき御家人が見当たりませんでした。

一方の義時は、実朝の鶴岡八幡宮寺参詣に際し、剣役を拝命しながら、急に心身の不調を訴え、源仲章にその役目を代わってもらいました。この仲章が同じく公暁の手にかかって殺されたのですから、公暁の狙いを実朝と義時の同時殺害とする説にもそれなりの説得力があります。義時が死んで一番得をするのは北条氏に次ぐ勢力を誇る三浦氏でしたから、義村に疑惑の目が向けられるのは無理のない話でした。

義時が間一髪、凶行から逃れられたのは、本当に体調不良が原因なのか、それとも虫の知らせか、あるいは義村との共謀関係、義村の計画を察知しての行動、すべてが義時の計画のうちなど、さまざまな可能性が考えられます。

しかし、『吾妻鏡』は義時の前半生を没個性的、頼家時代以降はとことん善人として描いているため、実朝暗殺事件に関しては、とうに予告されていたとする記事まで載せています。

▲北条義時 出典:ウィキメディア・コモンズ

ひとつは1218年7月9日条で、北条義時が薬師堂の建立を考えていたとき、夢に薬師十二神将のうちの戌神が現れ「今年の神拝では何事もなかったが、来年の拝賀の日は供奉されぬように」と告げられたというのです。

薬師十二神将とは薬師如来の周囲に配され、各方角の守護を担当する神将で、戌神は戌の刻(午後7〜9時)・戌の方角(西北西)を担当する神将でした。この「いぬ」というのが1つの鍵になります。

次は1219年2月8日条で、義時が完成した大倉薬師堂に参詣した折の回想です。

▲覚園寺(大倉薬師堂) 出典:ackey / PIXTA

「去る1月27日夜は、白い犬が目に移ったかと思いきや、たちまち意識が朦朧としてきたので、剣役を源仲章に代わってもらった。そのとき、大倉薬師堂の戌神の像は堂のなかから消えていた」というのです。

どれも裏の取りようのない話ばかりですが、それにしても義時を助けたのはなぜ十二神将のなかでも「戌神」なのでしょうか。

■暗殺されたのは午後8時(戌の刻)の可能性大

義時は1163年の生まれと推測されますが、この年の干支は癸未(みずのとひつじ)ですから、動物だと羊にあたります。おそらく義時の誕生日が十干十二支で「戌」の字の付く日だったのでしょう。

戌神は戌の刻・戌の方角を担当ですが、この点はどうかといえば、『吾妻鏡』には実朝暗殺事件が起きた時間帯を、単に「夜」としか記していません。ただし、実朝が御所を出立したのが酉の刻(午後5〜7時)とありますから、神拝を終えた実朝が帰途に着いた時間帯は、戌の刻であった可能性が大です。

残るは戌の方角ですが、義時の屋敷から見て鶴岡八幡宮寺がその方角にあたるので、これを指すものと見てよいでしょう。

また、『吾妻鏡』の1219年1月27日条には「そもそも今日の不祥事については、前々から異変を示すような出来事がいくつもあった」として、大江広元が突然の涙に襲われ、実朝が禁忌の和歌(菅原道真の歌を改変)を詠み、不思議な鳩がしきりに鳴きさえずり、牛車を降りた時に剣が折れたといったことが挙げられています。

しかし、中国の『後漢書』と『三国志』にある董卓誅殺直前の出来事と似すぎていることから、これら予兆のすべては意図的な創作と見てよいでしょう。すべては源氏将軍から北条氏への権力の完全な移譲を正統化するための小細工です。

武門源氏の氏神である八幡大菩薩から再三予兆を下されたにも関わらず、実朝はその意味を悟らなかった。だから殺されたのだとすれば、今回の事件は実朝の咎(とが)ということで済まされるからです。

公暁にしても、武門源氏の氏神を祀る八幡宮内での凶行が、聖域を汚す重大な罪と承知していたはずですが、それと同時に、氏神が実朝と自分のどちらに味方するか、事の成否で神意を問う気持ちが働いていたかもしれません。

▲公暁が隠れていたといわれる鶴嶺八幡宮の大銀杏。2010年に倒れる(著者撮影)

義時を実朝暗殺の黒幕とする確証はありませんが、少なくとも公暁の凶行については、あらかじめ情報を掴んでいたとしか思えません。詳細はつかめずとも、凶行が実行されるとすれば、実朝の警固がもっとも薄く、周囲に人がもっとも少なくなる場所と時間帯であるはずで、義時はそれを見計らい、仮病を使ったのではないでしょうか。

ただし、義時は脚気に苦しみ、霍乱を併発することもあったといいますから、健康体と呼ぶにはほど遠すぎました。脚気はビタミンB1の不足に起因する諸症状、霍乱は現在で言う急性腸炎なので、50代半ばという年齢も考慮すれば、いつ発病してもおかしくはありませんでした。

持病によって、にわかに意識が朦朧とすることもありえますが、事件当夜の義時は境内の神宮寺で休んでいたところ、すぐさま正気に戻り、帰宅したとあります。明らかに病状が異なるので、やはり仮病と見てよいかと思います。持病があるからこそ、周囲の誰も信じて疑わなかったのではないでしょうか。

▲源実朝首塚 出典:taking_the_veil / PIXTA

実朝の死がもたらした衝撃は大きく、鎌倉では百余名の御家人が悲しみに堪え切れず出家を遂げます。そのなかには安達景盛や二階堂行村、加藤景廉ら長老格もいれば、大江広元の子親広・時広のように若い者の姿もありました。

これだけを見れば、実朝は惜しまれて亡くなったと言えそうですが、実のところ鎌倉の御家人全体としては、幕府を守るためのやむをえない成り行きとする受け止め方が多数を占めていました。

実朝が後鳥羽の要求をことごとく受け入れていることに、御家人たちが苛立ちと危機感を募らせていたからです。

関連記事(外部サイト)