大阪城炎上し豊臣家滅亡するも…令和につながる秀吉と寧々

■日本全国の浪人が集まった大坂冬の陣

方広寺鐘銘事件で大坂方が追い詰められたとき、味方する大名は誰もいませんでした。福島正則などは、居城がある広島にいたら駆けつけたでしょうが、江戸で幽閉されていました。黒田長政や加藤嘉明も同様で、その息子たちは仕方なく関東方に付くしかありませんでした。

木下家の甥たちも、豊後日出城主の延俊は、細川忠興の娘婿ですから行動を共にするしかありませんし、浪人中の俊房も大名に取り立てると言われては、徳川に付くしかありません。

それでも、大坂方には全国の浪人たちが次々と集まってきました。真田幸村や長宗我部盛親、毛利勝永などが主だったところですが、後藤又兵衛や木村重政といったおなじみの名もありました。

▲真田幸村像 出典:いっちゃん / PIXTA

大坂方では、伊勢や近江に繰り出して野戦に持ち込むほうが、寝返りも期待できるので有利という声もありましたが、籠城戦に決しました。膠着状態に持ち込んで有利な和平を実現すればいい、ということもありましたし、それ以上に、茶々が秀頼を戦場に送り出すのを嫌がったのです。

戦いそのものの詳細は、軍記物に任せたいので書きませんが、大坂方も緒戦の木津川口の海戦では敗れたものの、総構えの南に設けた真田丸では幸村が大活躍するなど、堅塁を頼んで大健闘でございました。

そこで、徳川方も食糧補給なども厳しく損害が増えそうだったことから、家康さまは和平することを模索されました。

家康さまは大砲を撃ち込んだり、地下道を掘るという情報を流したりされましたが、大砲を女たちがいるところに打ち込むと、心理的にもパニックになります。

後陽成上皇も、広橋兼勝さまと三条西実条さまを派遣して仲裁しようとされましたが、家康さまは気遣い無用として相手にされません。そうしておいて、家康さまは織田信長さまの弟である有楽斎さまと、京極の初(浅井三姉妹の次女)を城内に送り込まれました。

茶々と話をしろということです。そして、今度は有楽斎や初が大坂方の代理として加わって、徳川方と交渉をすることになりました。

家康さまは、一見すると大坂方にとって有利な条件を受け入れられたのです。京極忠高(高次の庶子)の陣で行われた交渉で、茶々を人質としない替わりに大野治長と織田有楽斎から人質を出す、秀頼の身の安全を保証し本領を安堵する、城中の浪人などについては不問というものでございます。

大坂方は浪人に知行を与えるために加増を願いましたが、これは虫が良すぎる話で拒否されました。

さらに、本丸を残して二の丸、三の丸を破壊し、外堀を埋めることも入りましたが、これは、このような和平では常識的でした。ただ、大坂方では惣堀を徳川方が埋めるが、二の丸を囲む外堀については自分たちで埋めるつもりでしたし、それは完全破壊までを意味しないと考えていたのです。

ところが徳川方は、大坂方の工事を手伝うと称して、外堀まですべて埋めてしまいました。しかも、初の義理のお子である京極忠高に工事をやらせたのです。

■茶々の優柔不断で機を逃した大阪方

新年になると、家康さまは大坂方に無理難題を突きつけます。浪人たちを許すことは承知しても、城外に留めるとは思っていなかったといって追放を要求します。しかし、浪人たちが得るものもなく出て行ってくれるものではありません。

そして、それが嫌なら大和か伊勢に移れと仰ったのです。大坂方としては、こうなれば細かい条件次第では受け入れるしかないという気分もあったのですが、堀の埋め立てなどで徳川方への不信感があります。

それに、浪人たちの主戦派をどう抑えるかも問題です。そして秀頼自身も、あまりにも不名誉な屈服をすることは嫌がりました。関ヶ原の戦いのときの織田秀信(三法師)と同じように、幼少の頃から父や祖父の偉大さを吹き込まれて育った若者は、それほど現実主義者には育たないものです。

茶々とすれば、それなりに面子さえ立てば、秀頼の身の安全が一番大事ですが、秀頼なりの誇りが、妥協の邪魔になりました。

家康さまは、いったん駿府に戻られましたが、名古屋の義直と浅野幸長の娘である春姫の結婚を口実に、尾張に出てこられることになりました。事実上の出陣でございました。また、この結婚は紀伊の浅野家、そして春姫の母方の実家である姫路の池田家との関係強化も意味しました。

この婚儀は華やかなもので、ど派手で有名な名古屋の結婚の始まりなどという伝説もございます。

ここまでなんとか、和平の道を探っていた有楽斎さまは、もはやするべきこともないとして城外に出られましたが、初は姉の茶々を見捨てられません。最期まで一緒にいることにしました。

初と一緒に京都の二条城に家康さまを訪ねた青木一重は、そのまま留めおかれてしまいました。孝蔵主のときもそうですが、家康さまは交渉力のある人が大坂方にいることを嫌がったのでございます。

▲二条城 北大手門 出典:でじたるらぶ / PIXTA

こうしたなかで、ついに大野治長さまの弟である治房さまが、大和郡山城を攻めて占領しました。ここには、もともと領主だった筒井家の生き残りである定慶さまが、1万石をもらって在城していましたが、あっけなく攻略されました。

そして、治長さまの弟である治胤さまは、堺の町が冬の陣のときに徳川方に協力したことを理由に焼き払いました。

紀州では地侍たちに反乱を起こさせましたが、名古屋での婚儀で浅野家が味方してくれる可能性がなくなったことも理由です。

外堀まで埋められた大坂城では籠城戦はできません。このために、外に討って出て奮戦し、天王寺・岡山口の戦いでは、家康さまの孫娘婿(信康と信長の娘の長女である登久姫の夫)で、信州松本城主だった小笠原秀政とその嫡子である忠脩が討ち死にしました。真田幸村が家康の本陣に迫り、馬印を倒して逃げるまでに追い込みました。

こうした奮戦はありましたが、多勢に無勢でした。この戦いで大阪方が有利だったときに、秀頼が出陣するという絶好のチャンスもなかったわけではありませんが、茶々などが躊躇しているうちに期を逃してしまいました。

茶々は、大張り切りで具足を付けて城内を回ったりして、交渉にも口出しするどころか主導権を取っていたようですが、すぐ迷ってしまうので決断のタイミングを逃してしまったという人もいます。

■大阪城炎上を見て「どうだ!」

こうして、真田幸村も戦死し、毛利勝永がなんとか兵をまとめて城内に撤退しました。ここで大野治長は、ようやく茶々と秀頼の助命嘆願の交渉に乗りだし、千姫を城外に脱出させ、千姫は祖父と父に助命を願ったようですが、家康さまが聞き入れるつもりがないことははっきりしていました。

家康さまが「将軍さま次第」といい、秀忠が「一度だけでなく何度も戦いを挑んだのだから仕方ない、早々に腹を切らせよ」と仰ったともいいますが、秀忠は家康さまの意図するところはわかっていましたから、そう言うしかありません。

茶々と秀頼は、山里丸の糒櫓(ほしいいやぐら)に隠れました。しかし、片桐且元がその場所を見つけ出し、井伊直孝から大野治長に助命は叶わない、という最後通告があったと言います。この役目を、最初は藤堂高虎に命じようとされたのですが、さすがに浅井旧臣で長政から姉川合戦で感状をもらったこともある高虎は固持しました。

最期を共にした者には、大蔵卿局や長政の従姉妹にあたる饗庭局など、浅井家ゆかりの何人かがおりました。浅井ゆかりの者が、家康さまの掌の上で踊らされて敵と味方に分かれ、とどめを打たされたわけです。

且元は、戦後、4万石に加増されましたが、20日のちに亡くなりました。秀頼を助命してもらうために徳川に協力したつもりが、思いも掛けぬ結末になって、生きていくわけにはいかなくなったと噂されたのでございます。

大坂城が燃え上がるのを見て、家康さまは大政所さまの妹を母とする小出三尹(こいで みつただ)に、「どうだ」と声をかけられたそうです。

三尹は「思し召しの程は心得ず候えども、三尹は未だかかる憂てきことには逢い候こと無し。(おっしゃりたいことは承知いたしておりますが、三尹は思いのままにならないことに直面し、今もなお深い悲しみが続いています)」と真情を吐露したので、家康さまに諂(へつら)って祝いを述べていた諸大名も恥じ入ったといいます。

▲豊臣秀頼・茶々ら自刃の地 出典:barman / PIXTA

京都からも、大坂の方角の空が赤く染まるのが見えました。私がいた三本木の屋敷に近い御所では、清涼殿の屋根に上って眺める公家もいました。

気の毒なのは、秀頼の子の国松です。若狭で里子に出されていたのが、初と一緒に入城し、戦いが始まったので城内に入っておりましたが、そののちに逃げ出したものの囚われ、六条河原で斬殺されました。

一方、娘は千姫の嘆願で助命されて、鎌倉の東慶寺に入って尼となりました。

冬の陣が始まる前に、甥で私の警護をしていた木下利房は、徳川方に付くことも仕方ないと思ったのです。やはり、実家を絶やしたくはないのです。

そのうえで、秀頼と茶々を説得に大坂城に向かったのですが、どうせ聞き入れられないと思っていたので籠城覚悟でした。しかし、鳥羽の当たりで、徳川の兵に押しとどめられて引き返しました。

夏の陣のときは、利房が出陣せず、私を監視するようにと言いつかっておりましたので、何もできませんでした。

■豊国神社への参詣が唯一の楽しみ

それから私は9年間生きておりました。戦いが終わったあと、二条城での能興行に招待されたこともありますが、だからといって何も私の望みは聞いてくれませんでした。

気心をよく知った女たちも周りにはあまりおらず、唯一の楽しみと言えば豊国神社へ参ることだけでございました。けれども徳川は、秀吉は神にふさわしくないといって、神社を取り壊すように命令しました。

私が家康さまに愁訴したところ、崩れるままにということで取り壊しは免れましたが、やがて、智積院の境内になってしまって参拝もできなくなりました。

私は、寛永元年(1624年)の9月6日まで生きていました。浅野長政の妻であった妹のややは、元和2年(1616年)に江戸で死んでしまいました。医師の三折全友の妻だった姉(長慶院は本名不明)は、私より1か月先に死んだのですが、それまでは行き来しておりました。

兄の木下家定の長男・木下勝俊(1569-1649)、次男で足守藩主の木下利房(1573-1637)、三男で日出藩主の木下延俊(1577-1642)、八男で建仁寺の僧となった周南紹叔(?-1633)などは、いずれも私の晩年も元気で、しばしば訪ねてきてくれました。

勝俊は剃髪して高台寺の南隣りに挙白堂を営んで、長嘯子と号して歌人として名をなしていました。上御霊の康徳寺は、私が母の菩提を弔うために創建しましたが、高台寺は、その康徳寺を豊国神社にも近い東山に移したものです。そこに隣接して私の屋敷もつくりました。現在の円徳院です。??

私は相変わらず御所の近くの三本木屋敷(京都新城)に住んでおりましたが、円徳院で過ごすことも多かったのです。

▲京都円徳院 出典:けいわい / PIXTA

また、俊房の子の利次を養子として育てて羽柴姓を名乗らせ、私の領地だった河内1万6千石を相続させました。しかしながら、徳川幕府はこれを認めず、近江で3千石のみを与えて木下姓の交代寄合にしてしまいました。ただ、豊臣家の祭祀を引き継ぐことは認められました。

また、この利次から女系で天野家、押田家を通じて、11代将軍家斉の側室になった香琳院は、12代将軍家慶を生みました。これにより、私の実家である木下家の子孫が、天下を取ったことになります。その家慶のお子が13代将軍家定であり、その継室が天璋院篤姫でございます。

■死の直前まで寧々が手掛けた大仕事

▲高台寺・波心庭の枝垂桜 出典:柳井研一郎 / PIXTA

この頃のことになると、私も重病を繰り返したこともあって記憶もあやふやになっておりますが、死んだ寛永元年(1624年)の4月には、黒田官兵衛さまの未亡人がやってきたことを梵舜が日記に残しています。その前年に息子の黒田長政が京で死んでおりましたが、そのまま京に住まわれていたのです。この頃は、隠居して京に住まう方は多く、ときどき、こうした人たちが私を訪ねてきてくれました。

私にとって最後の大仕事になったのは、高台寺の住職に甥の周南紹叔(しゅうなんしょうしゅく)を住職とするために、高台寺を曹洞宗から臨済宗の寺に変えることでした。曹洞宗に抵抗されたり、実力者だった金地院に邪魔されたりして、これがなかなか大変だったのです。2年ほどかかって、私が死ぬ3日前に、ようやく周南紹叔の師である建仁寺の三江紹益が住職となり、やがて周南紹叔に譲られました。

それから、時は流れ、幕府が倒れたあとの慶応4年(1868年)閏4月、豊国神社の再興を布告する沙汰書が下されました。明治天皇が大阪に行幸されたおりに、木下家の奔走もあって、秀吉を「皇威を海外に宣べ、数百年たってもなお寒心させる、国家に大勲功ある今古に超越するもの」であるとのことです。

1873年(明治6年)別格官幣社に列格、1875年(明治8年)には東山の地に社殿が建立され、1880年(明治13年)には、方広寺大仏殿跡地の現在地に社殿が完成いたしました。

また、黒田長成侯爵や蜂須賀茂韶侯爵らが中心となり、1897年(明治30年)に阿弥陀ヶ峰山頂に、伊東忠太の設計による石造五輪塔が建てられ、土中から素焼きの壷に入った秀吉の遺骸が発見され、丁重に再埋葬されました。

また大阪城では、昭和1931年(昭和6年)に昭和天皇の即位記念に合わせて、秀吉を慕う大阪市民の寄付で鉄筋コンクリートの天守閣が完成いたしました。伏見城趾は、やはり秀吉のことを大事にしてくれた明治天皇が自らの陵墓にとしてくださり、伏見桃山御陵になっております。

そして、ここにも天守閣が欲しいということで、1964年(昭和39年)に城跡の端っこあたりに天守閣が完成いたしました。大阪城天守閣は白い総塗籠ですが、こちらは黒・赤・金などで飾られており、映画のロケに大阪城として使われることがあります。

また、私が創建した高台寺も立派に維持されており、付近の道も「ねねの道」などと呼んでいただいております。

▲「最後の大仕事もやり遂げて満足した気持ちです」 イラスト:ウッケツハルコ

関連記事(外部サイト)