唸り声を上げるライオンと対面!! そのときサファリガイドがすべきこと

南アフリカ唯一の日本人女性サファリガイド・太田ゆかさん。人と自然をつなぐことを一番の役割として、世界中から野生動物を見たい、自然を体験したいという人に、環境保護についても学んでもらうために、リンポポ州にあるクルーガー国立公園を仕事場としている。今回はコロナ禍で取り組みはじめた「バーチャルサファリ」や、アフリカでの生活、日本とのギャップなどについて聞かせてもらった。

■リアルタイムでサバンナを疑似疾走!

―― コロナ禍で始めた「バーチャルサファリ」について教えてください。

太田 コロナ禍で数カ月もロックダウンをしたので、アフリカに来る観光客も激減しましたが、野生動物を見たいという声は多かったんです。そこで、

野生動物が大好きで、野生動物保護や環境保全に興味がある。 いきなり本物のサバンナは怖いけど、一度は見てみたい。 今は時間とお金に余裕がないけど、リアルなサバンナを見てみたい。

という方向けに、YouTube、Zoomで始めったオンラインサファリとなります。

▲PCなどの画面越しで見られる大自然(写真:本人提供)

太田 私が担当するクルーガー国立公園には、140種を超える哺乳類、500種類を超える鳥類がいます。ゾウ・キリン・シマウマ・インパラといった草食動物や、運がいいときはハイエナ・ライオン・ヒョウなどの肉食獣に遭遇できる可能性もあります。いつどこで、どんな動物に出会えるかわからないドキドキ感は、とてもエキサイティングですよ! 

―― リアルタイムというのも魅力的ですね。

太田 サバンナをドライブしながら、約2時間のバーチャル生中継です。YouTubeの場合、いただいたコメントにもリアルタイムで答えたりしながら、サバンナの魅力を臨場感たっぷりにお届けしています。2022年の4月はアメリカに向けたものが多かったのですが、5月からは日本人に向けたガイドをスタートする予定です。

▲水場ではさまざまな動物が見れることも(写真:本人提供)

―― 自宅で過ごす時間が世界中で増えているコロナ禍、とても魅力的な取り組みですね。情報はどこで発信しているんですか?

太田 これまでは学校の生徒や病院に入院されている方、老人ホームといった団体さんに向けてやることが多かったんですが、一般の人も応募できるバーチャルサファリを考えていて、案内はインスタグラムか、私のホームページで公開していこうと思っています。

■増えすぎたインパラをステーキで!?

―― 約7年をアフリカで過ごしていると、日本が恋しくなったりはしないんですか?

太田 2021年の12月に、日本に一時帰国したんです。あれを食べよう、これを食べよう!って、テンションはすごく高まるんですけど、日本に行ったときの感覚は旅行しているのと同じなんですよね。アフリカに戻ったときのほうが「ホームに帰ってきた〜」という感覚になります。

―― 完全に入れ替わってしまったと。

太田 ただ、日本のごはん、食事は本当においしいんだと毎回思い知らされますね。この前、日本に帰った初日、中途半端な時間で何も食べていなかったんですけど、実家の冷蔵庫に入っていたキュウリを丸かじりしたら、とてつもなくおいしかったんですよ。アフリカのキュウリは、ズッキーニみたいに大きくて大味だからかもしれませんが、日本のキュウリは全然違って、パキッとしてるんですよね(笑)。

―― 日本の野菜のクオリティーに感謝ですね。そのほか食事面で困ることはありますか?

太田 今は、バーチャルサファリの製作会社が借りている一軒家に8人でルームシェアしていて、食事は持ち回りで作っているんですが、南アフリカ人は本当によく肉を食べていますね。私は肉より魚が好きなので、そこはちょっと困っているところではあります。

▲現地のスタッフと(写真:本人提供)

―― 素朴な疑問ですが、何肉をよく食べるんですか?

太田 そうですね、もちろん普通のビーフとかポーク、チキンとかもあるんですけど、インパラのお肉をよく食べてますね。なんでかっていうと、インパラが増えすぎちゃっているからなんです。それを間引くとき、お肉にされて売られているんですね。

―― サバンナで一番多い動物だと聞きました。

太田 柵で覆われた保護区で、ある種類だけの生物が増えすぎてしまうと生態系全体が崩れてしまうので、必要な処置ではあります。

―― ちなみに、どういった味なんですか?

太田 私はあまりお肉が得意ではないんですが、お客さんと一緒に食卓を囲むときは食べますけど……そんなにといった感じでしょうか(笑)。でも、ルームシェアをしているお肉好きの人たちは「柔らかくておいしい」と好評です。ジビエ好きな人にはハマる味なのかもしれません。

―― 水道や電気は快適に使えているのですか?

太田 南アフリカの全体の問題なんですけど、約9割のシェアを持つ電力会社がめちゃくちゃで、半日近く停電する日が1週間続くようなこともあるんですよ(苦笑)。私たちの家は地下からポンプで水を汲み上げているので、本当に苦労しています。

■母ライオンと一触即発!

▲危険な肉食動物も(写真:本人提供)

―― カバが突進してきて死ぬかと思った、というピンチがあったと伺いましたが、そのほかでも危ない目に遭ったことはありますか?

太田 動物に手をかけてしまいかねない危機というのがありました。サファリカーから離れて歩いてガイドするウォーキングサファリでは、より動物との距離が縮まる一方、危険も増すことから、ライフルの資格を取る必要があります。

―― 当然、ガイド中もライフルを手元に携えていると。

太田 そうです。もしも何か危険があれば、サファリガイドはお客さんの命を守るために、その動物を撃ち殺さなくちゃいけないんです。でも、やっぱりサファリガイドは、みんな動物が大好きでこの仕事やっているので、ライフルを使うことなくキャリアを終えるっていうのが全員の目標なんですよ。また、ライフルを実際に使うことが一度もないようにするのが、サファリガイドの責任ではあります。

―― はい。

太田 ウオーキングサファリ中は、それくらいの緊張感をもっていますが、予想もしていなかった瞬間に出くわすこともあるんです。ある日のウオーキングサファリ中、茂みからいきなり、赤ちゃんライオンがパーって出てきたんです。赤ちゃんライオンが出てくるってことは親が近くにいるってことですよね? これはまずいと思った瞬間、案の定、お母さんライオンがうなりながら出てきて、私たちに向かってきて……。

▲親子連れの動物が一番怖い

―― うわー! どれくらいの距離か、覚えてますか?

太田 たぶん、10メートルはないくらいだったと思います。その時、サファリガイドは私と、先輩の男性ガイドの2人でした。サファリガイドのルールとして、先頭を歩く彼が危険を感じて「ガチャガチャ」とライフルに弾を装填したら、後ろの私もそれに従わないといけないんです。

絶対にライオンを殺したくない気持ちと、自分やお客さんの命を守らねばならない義務のあいだで心が揺れましたが、幸い装填する音に驚いたライオンは飛びのいて逃げてくれたので本当に良かったです。

―― まさに、修羅場、土壇場ですね。そんな体験もしてもやはりサバンナは魅力的なんでしょうか?

太田 私は留学がきっかけで、環境保護に携わりたいという自分の気持ちに気づくことができました。学生時代にやりたいことが見つかったのは本当に幸運だと思っていて、あとは私の性格上、迷いはありませんでした。まずは行動するという感じです。今後の目標としては環境保護活動に携わりながら、一生サバンナで生活し続けるっていうのが大きな夢です。おばあちゃんになるまでアフリカで働き続けたいと思っています。

糞から動物探索、怒ったカバ突進…南アフリカのサファリガイド太田ゆかの刺激的な日常 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3110 )

■プロフィール

太田 ゆか(おおた・ゆか)

1995年3月13日アメリカ生まれ。幼い頃から動物好きで、大学時代の留学をきっかけに、環境保護に関わる仕事に就きたいと決意。サファリガイドの勉強のため、20歳の時に南アフリカへ渡りサファリガイドの訓練学校に入学。現在、南アフリカの公認のサファリガイドとして、唯一現地で働く日本人女性。コロナ禍で観光客が激減する中、「バーチャルサファリ」を配信するなど新しい試みにも意欲的。Instagram: @yukaonsafari 、YouTube:「 Yuka on Safari 」、オフィシャルサイト:「 Yuka on Safari 」

関連記事(外部サイト)