“ドミニスタ”も大満足!『ラビスタ東京ベイ』が期待の何十倍も上を行ってる件

全国に「ドーミーイン」などを運営する共立メンテナンスが、2022年7月9日にグランドオープンする都市型リゾートホテル『ラビスタ東京ベイ』。ビジネスホテル「ドーミーイン」の熱心なファンやリピーターである“ドミニスタ”でもあるライターが、都心にありながら水と空が見晴らせるという『ラビスタ東京ベイ』のプレオープンに潜入し、レポートを行いました!

■ワーケーションにも最適『ラビスタ東京ベイ』

今年3月の蔓延防止法全面解除から5月22日まで敷かれたリバウンド警戒期間が終了したことで、およそ2年に及ぶ「ウィズコロナ」の生活も新しいフェイズに入った。

まったく元通りとはいかないまでも、徐々に外食や旅行を再開している人も多いことだろう。かくいう私も、最近になってようやく、出張以外の私的な旅行をしてもいいかなという気になってきた。とは言え、いきなり海外に行くにはまだ不安もあるし、まずは国内旅行から、もっと言えば“リハビリ”も兼ねて近場から……ということで、都内のホテルでバカンスの感覚を思い出してみることにした。

週末ながら、かなりの量の仕事を抱えていたこともあって、あわよくば隙間時間に仕事もしてしまおう、という算段。いわゆる「ワーケーション(=リゾート地でテレワークを行ないながら同時に余暇も楽しむこと)」と洒落込んだわけである。

向かったのは、豊洲に新しくできたホテル『ラビスタ東京ベイ』。ゆりかもめ「市場前」駅から徒歩2分。エントランスをくぐると漂ってくる、欧米のホテルのような香りに気分が高揚する。ロビーに置いてあるすっきりとしたデザインのソファやテーブルをはじめ、シンプルで温かみがありつつも、近未来的な雰囲気を感じさせるインテリアは、洗練された都会のホテルという感じだ。

フロントでルームキーをもらい、ワクワクしながら居室に入ってみる。シングルルームにしてはかなり余裕のある広さで、ベッドはゆったりとしたダブルだ。

早速しつらえをチェック。

トイレとシャワールームは別になっており、洗面台は居室側に独立して設置されている。グレードの高いホテルでも、水回りに置かれているコップはプラスティックのことが多いが、ここのコップはなんと木製だ。口当たりがよくて、しかも軽い。素晴らしい。

洗面台周りに備え付けのアメニティは歯ブラシのみで、コットン・ヘアゴム・綿棒・ヘアブラシなどは、ロビーに設置されているアメニティBOXから必要に応じて取る方式。ムダがなくてとても良い。

デスクは窓際に配置されているので、明るいうちなら自然光で仕事ができる。ホテルの部屋は調光が暗めに設定されているところが多いが、ラビスタの場合は大きな窓から注ぎ込む明るい光で、気分良く仕事に集中できる。窓を開けると、海辺ならではの潮風が香ってくるのも素敵だ。遠くには湾岸線の美しいカーブも見える。

デスクには小物を置く小さなトレイがあって、指輪や時計をまとめて置いておくことができる。居室ではリラックスするため、まず身に着けているものを外す人が多いと思うのだが、そんな人間の行動様式を知り尽くした細やかな配慮、さすがである。

また、個人的にうれしかったのは、部屋に備え付けてあるコーヒーカップが光洋陶器製のものだったこと。シンプルで温かみのある北欧テイストのカップは、とてもスタイリッシュ。あまりにもカワイイので、思わずインスタに上げてしまいました(笑)。

■まさにLA VISTA(=眺望)な露天風呂からの夜景!

チェックインしてから4時間ほど仕事に集中し、キリの良いところでお風呂に入ろうと、最上階の大浴場「蒼海の湯」に向かった。これこそが『ラビスタ東京』最大の持ち味にして最強のバリューと言える施設である。

なぜなら女湯の露天風呂からは、なんと東京タワーと東京スカイツリーの両方が一度に見渡せるのだ! 温泉に浸かりながら新旧の東京のシンボル(それもライトアップされて光り輝いている!)を同時に見られるとは、なんと贅沢なことだろう。

この日は薄曇りではあったが、日が暮れると眼前には宝石箱のような(陳腐な表現で申し訳ないw)夜景が広がってとても美しい。さすが「LA VISTA(=眺望)」という名を冠するだけのことはある。ちなみに、反対側に位置する男湯からはレインボーブリッジが見えるそう。道路をひっきりなしに行き交う車や、沿岸を歩いている人たちを眺めながら温泉に浸かるこの果報。もはや下界を見下ろす神の心境である(笑)。

ミストサウナや岩盤浴なども楽しみ、心身共にリラックスして大浴場を出ると、ラウンジでは「湯上がりサービス」と称して、アイスキャンディーが無料で提供されていた。ラビスタは「最強のビジネスホテル」として有名なドーミーインでお馴染みの共立メンテナンスが手がけるホテルなだけに、ドーミーインで好評を博しているサービスは、そのまま採用されているのだ。

部屋に戻って冷蔵庫に入れていたビールを開けたが、なぜだかまた仕事をしようという気になった。大浴場でリフレッシュできた効果なのか、不思議なやる気がみなぎっている。そこからまた2時間ほど仕事に精を出した。

22時30分からは、これまたドーミーイン名物である夜鳴きそばが振る舞われる。普段、これをいただくときは混雑を避けるため、開始から1時間くらい経ったところで行くようにしているのだが、この日はその時間帯も大行列。20分以上待って、やっとありつくことができた。このサービスもすっかり浸透して、楽しみにしているお客さんがたくさんいるということなのだろう。

ちなみに地方のドーミーインの場合、具はスタッフの方が適量を盛り付けてくれるところが多いのだが、ここはネギチャーシュー・わかめ・のり・メンマなど、好みのトッピングを好きなだけ入れられるシステム。

結局、この日は深夜1時過ぎまで仕事をして就寝。翌朝5時にはすっきり目覚めて朝風呂をキメた。あいにくの雨で昨日ほどの景色は望めなかったが、一日の始まりを温泉で始められる幸せに変わりはない。

その後はダイニングルームで、これまたラビスタ名物の朝食をいただく。実に70種類以上にも及ぶ料理の中から、好きなものを好きなだけ選んで食べられるブッフェ・スタイル。「鶏と冬瓜のスープ煮」や「チキンフリカッセ」「グリーンピースのフラン」といった凝ったメニューから、定番の「焼き鮭」「肉じゃが」、変わり種としては「おでん」まである。

そのなかでも、豊洲から仕入れた新鮮な「海の幸」は、朝食の目玉とも言える豪華さで、サーモン・マグロ・エビ・イカ・カンパチ・イクラ……いずれもたっぷりと用意されている。これ、全部食べ放題で大丈夫なのだろうか。原価率が心配になるほどだ。スイーツ好きにはうれしいデザートコーナーも充実。朝から食べ過ぎなくらい食べてしまった。

豊洲というと都心からは離れているため、当初は「ちょっと遠いな」と感じてしまったが、いい意味での「陸の孤島感」が旅の非日常性を引き立てる。すぐそばには豊洲市場があるので、ウィークデイならば朝の散歩もおすすめだ。もしも連泊するなら、初日はホテルの朝食を楽しみ、次の日には早起きして市場ならではの食を楽しむのもアリだろう(朝食抜きの場合は、その分の料金を宿泊代金から引いてくれる)。

チェックアウトの11時までもう一仕事。快適な環境のおかげで、仕事も自らに課していたノルマ以上のことができた。

観光学の見地から算出した「ワーケーション」の効果は、作業効率が20%アップし、ストレスは37%も減るらしい。体を休めることができて、かつ仕事も進むとはまさにいいことずくめである。これからも近場のホテルを賢く利用して、仕事のパフォーマンスを上げようと思ったのだった。もちろんファーストオプションは『ラビスタ東京ベイ』である。

<編集後記>
宿泊した翌日、『ラビスタ東京ベイ』の記者発表会にも参加してきました。当日、会見場には多くのメディアが駆け付け、注目度の高さが伝わってきました。会見にはドーミーインやラビスタ東京ベイを運営する「株式会社 共立メンテナンス」のリゾート事業本部の鈴木真樹取締役本部長、鎌田裕之副本部長、東洋大学国際観光学部の徳江順一郎准教授が列席。『ラビスタ東京ベイ』のコンセプトや、アーバンリゾートの意義と展望について説明すると、参加した記者からは多くの質問が飛びました。また、会見後には館内見学も実施され、その豪華な内装に期待は高まるばかりでした。

【公式】ラビスタ東京ベイ|ホテル - 共立リゾート( https://www.hotespa.net/hotels/la_tokyobay/ )

関連記事(外部サイト)