ギャルの女子高生が運命を変えた! 聞かせ屋。けいたろうが絵本を読み始めた理由

夜の路上で大人に向けて絵本を読み始め、現在では読み聞かせや保育者研修会で、全国を駆け回る「聞かせ屋。けいたろう」さん。読み手だけでなく、自らの絵本も出版するなど作り手としても活躍している。

しかし、彼の人生には数々の苦難もあった。保育士の専門学校に通うも、読み聞かせの道を選んだけいたろうさんに「好きなことを仕事にする」、その苦難と喜びについて聞いてみた。

▲Fun Work 〜好きなことを仕事に〜 <聞かせ屋。けいたろう(前編)>

■この人のために絵本を読んでよかった

けいたろうさんが保育士の専門学校に通っていたとき、授業の初めに絵本を1冊読んでくれる先生がいたという。そのときの経験が「聞かせ屋。けいたろう」を始めるきっかけとなった。

「映画を見てるみたいだなって思ったんです。教室の空気もパンッと張っていて。僕は小さい頃に絵本を読んでもらっていたほうではないし、幼稚園も1年しか通っていないので、絵本を読んでもらう経験がそんなに多くないんですよ。大人になってから改めて絵本を読んでもらって、懐かしさよりも新鮮な面白さを感じました。しかも、時には涙を流している学生がいるんですよ。すごい光景だなと」

この経験から、絵本と出会う機会が少ない、絵本を読んでもらう側ではない大人に向けて、絵本を読むために路上で活動を始めた。けいたろうさんは保育士を目指す前に、路上のストリートミュージシャンとして、池袋のウイロードなどの地下道や駅前で活動していた経験もあり、夜の路上で絵本を読むという発想につながったという。

「夜の9時半とかだったので、暗いなかで誰も止まるはずもない。タクシーや雑踏の音もすごくうるさかったんですけど、そこで読んだんです。でもやっぱり、誰も止まってくれなくて、なんでこんな罰ゲームみたいなことやってるんだろうって思ったけど、ここでやめたらもう二度とやらないだろうな、って思ったんです。このチャレンジを失敗にしたくなかったですし、1人でもお客さんが来てくれて、“この人のために絵本を読んでよかった”って思いたかったんですよね」

やりがいを感じたい一心で活動を続けていたら、けいたろうさんのもとに2人の女子高生がやってきた。1人は金髪、もう1人はまつげが天に届きそうなくらい長い、どこからどう見てもギャル、という女の子たちだったという。

「目の前に腰を下ろして、“なーにやってんの?”って聞くんですね。絵本読んでるんだよって言うと、“いいことやってんねー!”って(笑)。そしたら“私たちまだ時間あるから読んでよ”って言うんですよ。ちゃんと真面目に聞いてくれるのかな……と心配しながら、絵本を読み始めました」

しかし、けいたろうさんの心配は杞憂に終わり、読み終えると2人は拍手をしてくれた。さらに女子高生たちがリクエストをし、けいたろうさんが読み、拍手があがる……。2〜3冊ほど読み終わったあとに、“もう帰らなきゃいけないから”と最後にある絵本を指さした。

「『かわいそうなぞう』を選んだんです。でも、これは戦争のお話だし、僕が路上で読むのもどうかな……って思いました。なんだか行儀悪い気もするし、正しいところで読んでいない気もするし。悲しいお話だからやめようよ、って言ったら、“小さいときにお母さんが読んでくれたから知ってる。懐かしいから今読んでほしい”って言うんですよ。これはもう断る理由がないなと思って」

自分も読んでもらったことはあるけれども、読んだことはなかった。読み間違えないように一生懸命、丁寧に読んで、絵本のページしか見ていられなかったという。

「一度だけ、彼女たちを見たんですけど、彼女たちも絵本しか見ていませんでした。僕が視線を送っても気づかないくらいまっすぐと。そして、読み終わっても拍手がありませんでした。僕もずっと絵本しか見ていなかったから、2人がどんな顔をしているのかわからなくて……、勇気を出して顔を覗いてみたんです。そしたら2人とも、目頭に手を当てて涙をぬぐっていました。そのときに、ちゃんと響いたんだなって、なんとも言えない気持ちになりました。本当によかった、もう周りの人にどんな目で見られていようが全然いいって」

このとき、誰かが大人に絵本を読む活動をしなければいけない、自分がやらなきゃならないと強く感じたけいたろうさんは、各地を飛び回って「聞かせ屋」の活動に力を入れるようになる。

「池袋、赤羽……、横浜や大阪にも行って、ひたすら路上で絵本を読みました。飲み物やパンをもらったりもしました。ひもじいわけじゃないんだけど(笑)。だいたい1人はお客さんが来てくれて、“今日はあなたに読んでもらえてよかったわ”って言ってくれる人がいたので、続けていかなきゃなと思いました」

▲初めて路上で読んだ日のことを懐かしみながら話してくれました

■部屋着のまま飛び出して出勤する母を説得した

▲若かりし日の母親とのエピソードに思わず笑ってしまう

専門学校2年生の10月、まさに就職活動を始めていた頃も、聞かせ屋としての活動に精を出していた。11〜12月も頻繁に活動していて、そのかたわらで埼玉県草加市の公立の保育園を受けていた。しかし、不合格となってしまったらしい。そのときは、どんな思いだったのだろうか。

「じゃあ、聞かせ屋をやろうと。落ちたおかげで1年間猶予ができたので、逆にやった! と思いました。就職に向けて“聞かせ屋をやっている”ということで、この活動を続けられるなと思って」

意外なことに、将来に不安を感じるどころか、むしろ活動を続けられることを喜んでいた。しかし、年が明けてすぐ、草加市から電話がかかってきた。

「欠員が出たので、繰り上げで保育園に合格になりました、とのことでした。その電話が朝の9時にかかってきて、明日の19時までにどうするか決めてくださいと。マジで!? たった34時間で?って(笑)。映画みたいですよね。母に“さっきの電話なんだったの、こんな早い時間に”って聞かれて、草加市から採用の電話だったんだけど、保育職じゃないみたいって、はぐらかしました」

保育職の採用じゃないとウソをつくほど、聞かせ屋の活動を続けたい思いが強かったけいたろうさん。草加市への返答期限までの34時間で、たくさんの人に自分の思いや考えを話したという。夜中に友人に会ってもらったり、学校に行って先生や、先輩の保育士にも相談した。

「フリーター時代にお世話になった店長にも電話をかけました。“やりたいことがあるんだけど、保育園が合格になっちゃった”って。そしたら“やればいいじゃん、お前の人生なんだから。好きにすればいいじゃん、やりたいんでしょ?”って言われて、すごく涙が出ました」

「聞かせ屋。けいたろう」の活動のきっかけ、専門学校で絵本を読んでくれた先生にも電話をした。その先生からは“保育園の話は受けなさい”と言われた。信頼や安定が得られるし、あなたなら平日は保育士をしながら、土日に聞かせ屋の活動をすることもできるだろうと。たしかに、土日に聞かせ屋の活動をするという選択肢はなかったのだろうか?

「土日だけの地域の読み聞かせお兄さんじゃないなと思ったんです。聞かせ屋を仕事にしないとって。もちろん保育の道に進もうとも思っていたので、絶対にプラスになるから1年でもやりたかった。たくさんの人に相談したのも、自分のやりたい気持ちを認めてほしかったんです。たくさん反対されても、それでもやりたいっていう自分への確認。だって公立の保育園を断ったら、聞かせ屋で大成するしかない。だから、覚悟を決めたかったんだと思います」

翌朝、昨日の電話は保育士採用に合格した連絡だったんだけど……と打ち明けた。すると母親からは“いいから受けなさいよ、アンタいくつだと思ってんの”と言われてしまう。紆余曲折あって保育士の学校に入学したけいたろうさんは、24歳になっていたのだ。

「出勤しようとする母を、パジャマみたいな恰好のまま追いかけて、ずーっと説得し続けました。駅までの道、通勤電車の中で“前みたいに、歌手になりたいとかミュージシャンになりたいとか、夢みたいなこと言ってるんじゃなくて、保育士の仕事にもつながると思うから、聞かせ屋の活動をどこまでやれるかやってみたい”って。職場の最寄り駅まで来たところで、“もう同僚がいて恥ずかしいから、ついてこないで”と言われて(笑)。“じゃあ自分で決めていいんだね?”と言って、聞かせ屋の道を歩むことにしました」

専門学校を卒業し、仕事は「聞かせ屋。けいたろう」になった。しかし、当初は全く仕事が入って来ず、非常勤で保育士をしながらの活動。公立保育園の採用を断ったことへの後悔はなかったのだろうか。

「後悔だけは1回もしていないです。聞かせ屋の道を選んだからには、こっちが必ず正解になるように頑張る」

保育士の採用を受けることが正解だったかもしれない、と悩んだ時期もあったという。しかし、未練は残らなかった。

「進まなかった道を思い返して悩むことに頭を使うと、聞かせ屋がおろそかになるんですよ。せっかく聞かせ屋になったんだから、この道を正解にしなきゃいけないなって」

聞かせ屋。けいたろう「大人にも純粋に絵本を楽しんでほしい」 | Fun Work 〜好きなことを仕事に〜 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3223 )

■プロフィール

聞かせ屋。けいたろう

1982年東京都出身。全国各地での絵本の読み聞かせや、自らの絵本の出版など広く活動している。保育専門学校での恩師との経験から、2006年に夜の路上で絵本の読み聞かせを始める。代表作に『どうぶつしんちょうそくてい』『たっちだいすき』、翻訳絵本『まいごのたまご』『パパとタイガのとびっきりジャンプ!』など。Twitter: @kikaseya

関連記事(外部サイト)