1998年の『ark』から2022年現在までのラルク。さらに深掘りしたオススメ5曲

先月に発売された『L’Arc〜en〜Ciel 30th L’Anniversary「L’Album Complete Box -Remastered Edition-」』。アルバムリマスターに伴い、一般的なリスナーも知っているヒット曲ではなく、アルバム曲やシングルのカップリングにも注目が集まっています。

先日のアリーナツアーにも、チケットを購入して見に行ったミュージシャンの高橋翔(ex. 昆虫キッズ)は、小学4年生の頃に見たアニメ『D・N・A2』でラルクのことを知り、それから中学、高校時代も彼らを追い続け、高校卒業のタイミングくらいでラルクは長い活動休止へ。それから時が経ち、2011年にリリースしたシングル『XXX』の攻めた内容が凄まじく、再びラルクを追いかけるようになった。

音楽家とファンの目線を交えて「L'Arc〜en〜Cielのオススメしたい曲」として、1998年リリースのシングル「DIVE TO BLUE」から、2022年現在までの楽曲のなかから5曲をセレクトしてくれました。ファンは頷いたり、付け加えたり、ツッコんだり、また「HONEY」ぐらいしか知らない方は、新たなラルクの魅力をこれで知ってください!

というわけで、1998年から2015年のL’Arc〜en〜Cielの知られざる名曲を紹介します!

■大ヒットシングルのカップリングにも名曲が!

「Peeping Tom」(1998 : from C/W DIVE TO BLUE)

当時、「DIVE TO BLUE」のシングルを持ってた人は多いでしょう。そうです、あのシングルのカップリング曲です。個人的にめーっちゃ好きなんですこの曲。

カップリング曲というポジションもあるけど、ラルクらしからぬ軽快さ。だけど、hyde曲らしく歌詞に関しては示唆的な部分も多く見受けられますね。毎回、ライブのたびにやってくれと懇願してますが、今回の30周年ライブでも叶わず。

「TIME SLIP」(2000?: from REAL)

90年代を夢中で駆け抜けたラルクにも、00年を前に疲労がピークを迎えます。True(真実)を経てREAL(現実)にたどり着いたラルクの姿は、怒りを纏うざらついたロックバンド。『REAL』は今でも聴き返す本当にカッコいいアルバム。

当時は、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやBLANKEY JET CITYなど、ガレージ色の強いバンドの台頭も目立っていたので、ラルクも少なからす影響を受けていたんじゃないかなと。CDバブルも終焉の入り口が見えてきた時代で、泥臭いロックバンドが地力を上げてきたなかで、ラルクもご多分に漏れず、がっつりロックアルバムを仕上げてきたのは、その戦いから目を逸らさないという意思表示だったのかなと、今になって思ったり。

そんな『REAL』収録の「TIME SLIP」は、ある種ノスタルジアとの決別を表明したかのようなメッセージに聴こえます

「metropolis 〜android goes to be a deepsleep mix〜」(2000 : from ectomorphed works)

ドラムのユッキーこと、yukihiroさんによるリミックスワーク集。98年以降のシングルC/W〔シングル盤のコンパクトディスクで、メインの曲のほかに収められている曲〕から、ユッキーのリミックスがラインナップされました。当時は正直、ファンの反応は芳しくなかったです。やっぱり新しいシングルが発売されたら、C/Wでも新曲が聴きたいし、リミックスって何がいいのか楽しみ方がわからなかったしね。

「metropolis」は、「winter fall」のC/W曲で、今でもライブ人気が高いです。今回選んだリミックスは「これ、ライブでそのままやってもいいんじゃない?」ってくらいの異常なクオリティ水準の高さを誇っています。

■11年ぶりに再会したラルクの曲がこれ!

「XXX」(2012 : from BUTTERFLY)

さあ、11年が経ちました。いちばん触れたかったのがこの曲。タイトルの読み方は“キスキスキス”。私をラルクに連れ戻した罪深い曲ですね。シングルリリース当時、渋谷でバイトしていてスクランブル交差点の信号待ちで、ぼーっとビジョンを見てたら、この曲のスポット映像が流れた。

「えらい派手な曲だけど、かっこいいな……。誰だろう。え!! ラルク?!」

再会とはわからないものだね。バイトが終わったらもちろんタワレコに向かいました。こうゆう曲を書くのは、もちろんhydeなんですよ。全く業が深いね。

発端はR&Bを意識した楽曲制作と語っているけど、どう形容していいかわからない、ゴージャスでポップでセクシーなアレンジは、ラルクというブランドの新しい側面を提示した曲になっている。一歩間違えたらヤバそうなチャレンジも、スマートにこなせるのがラルクの凄み。

「Wings Flap」(2015: from Wings Flap)

現時点での最新アルバム『BUTTERFLY』のリリースは2012年2月。ラルクは10年以上アルバムを出していないけど、シングルは2014年から現在まで5曲のアルバム未収録曲があります。

そのなかの「WIngs Flap」は、自分好みなニューウェーブとカリプソが入り混じったhydeとkenの共作曲。このリリースの前後から、hydeのボーカルのボトムが太くなり、以前より力強さを増したと思います。シンセが何本も入っていて、普通ならゴチャゴチャうるさくなりそうだけど、ここもラルクマジックがしっかり発動していて、ひとつの音を追いかけながら聴くだけでも楽しめる。

しかし、歌詞にある「絡み合う熱視線が熱い」って、“頭痛が痛い”ってこと? 本作のC/Wは「HONEY」のボサノヴァアレンジなんだけど、これに関してはノーコメントです。

前後編どちらも、ひどくマニアックなセレクトになりましたが、改めてラルクの奥深さを体感する、良いセレクトになったんじゃないかと考えております。ビジュアルの良さだけじゃなく、各メンバーがプレイングマネージャーとして曲を書ける強みと、ディレクション能力の高さが、ラルクをラルクとして機能させていると改めて考えました。

メンバーも50歳を超えて、更なる進化を期待してしまうのは酷かもしれませんが、残された時間を考えてしまうと、現実的に稼働できる活動も限定されてしまうかもしれないので、まずは次のアルバムを心待ちにします。

1993年の『DUNE』から『HEART』まで。L'Arc〜en〜Cielの名曲はコレだ! | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/3243 )

■プロフィール

高橋 翔(Sho Takahashi)

1984年9月11日生まれ、神奈川県出身。2007年頃に昆虫キッズ結成。2009年3月、”my final fantasy"にてデビュー。2015年1月の活動終了まで4枚のフルアルバム、5枚のシングル、1枚のミニアルバムを発表する。2021年12月、個人事務所兼音楽レーベル「オフィス翔」設立。2022年1月ソロデビューシングル「キセキ」配信スタート。現在、キャリア初となるソロアルバムを制作中。Twitter: @shotakahashi 、Instagram: @0ffice_sho

関連記事(外部サイト)