ハレムは酒池肉林じゃなかった!? オスマン帝国の「禁区」で行われていたコト

「ハーレム」と聞くと、多くの日本人は「酒池肉林の宴」「1人の男性に多くの女性が傅(かしず)く」などを想像するだろう。しかし、もともと学術的には「ハーレム」ではなく「ハレム」という呼び方が正しいことや、このシステムが、性愛と淫蕩だけではなく、家系を存続させていくための厳密なシステムだと知ると、驚く人が多いのではないだろうか。

オスマン帝国史およびトルコ共和国史研究の第一人者と言える小笠原弘幸氏が、今年の3月に発表した『ハレム―女官と宦官たちの世界―』(新潮選書)では、性愛と淫蕩のイメージで語られてきたイスラム世界の後宮・ハレムを、最新の研究結果を交え、世界史に明るくない人にもわかりやすく伝えている。

今回、この本を発表した経緯から、ハレムというシステムの重要性、さらにトルコ人と日本人の以外な共通点や、ハレムの制度から学ぶべきことなどを聞きました。

▲トルコ周辺 地図:Ystudio / PIXTA

■ハレムと大奥は似ている?

――これまでオスマン帝国史およびトルコ共和国史を勉強されてきた小笠原先生が、ハレムという制度にフォーカスを当てた『ハレム―女官と宦官たちの世界―』を発表された理由を教えてください。

小笠原弘幸(以下、小笠原) 今回の書籍のテーマの元となったのが、2007年に書いた自分の博士論文です。それは、オスマン王家の系譜を研究したものでした。

――そうだったんですね、もうすでにそこにルーツがあったと。

小笠原 はい。オスマン王家というのは、アダムとイブの時代からずっと系譜がつながっていて、伝説上の有名な王様が祖先としてカウントされているんですね。そこをずっと研究していて、王位継承というのは“男子が跡継ぎを作る”ということを抜きにして語れないので、後継者を育成する組織であるハレムというのはどういうものなんだろう、と興味を持った感じです。

――脈々と続く系譜を支えていたハレムというシステムに興味が湧いたんですね。

小笠原 はい。そこでいろいろ調べていくと、単に系譜や継承だけじゃない、さまざまな側面が見えてきてので、1冊の本にまとめようと思ったんです。

――この本を読む前ですと、多くの方がハレムについて、いわゆる酒池肉林の宴、1人の男性が女性を数多く囲っている、というのをイメージされると思います。

小笠原 たしかに、そうやって女性をはべらせて……という王様もいたにはいたんですが、基本的には、王位継承者を産んで育てることを目的とした、とても厳しい規律を持った組織がハレムです。

――個人的には、日本の大奥のシステムに近いのかなと感じました。

小笠原 はい。大奥も将軍が側室を多くはべらせているのが一般的なイメージですが、実際はそこまで自由がなかったことがわかっています。そういう一般的なイメージとの乖離という意味で、大奥とハレムは似ているところは多いかもしれません。

■オスマン帝国の歴史を紐解くことは世界史を紐解くこと

――序文に“近年オスマン帝国について世界的な評価が変わった”と書かれてましたが、歴史の分野において、評価が変わるというのはよくあることなのでしょうか?

小笠原 西洋史や日本史など、研究の進んでいる分野においては、そうそう評価が大きく変わったりすることはないと思います。しかし、オスマン帝国をはじめとしたイスラムに関係した歴史だと、全体的にはまだフロンティアがある、解釈が大きく変わったりする余地のある分野だと思います。

――先生はこれまで『オスマン帝国 繁栄と衰亡の600年史』(中公新書)や、『オスマン帝国 英傑列伝 600年の歴史を支えたスルタン、芸術家、そして女性たち』(幻冬舎新書)を出版されてますが、そもそも小笠原先生がこれほどまでにオスマン帝国に魅了されたきっかけは?

小笠原 私の指導教員である鈴木董(ただし)先生がおっしゃってたことが大きいですね。私あち日本人は、中国を中心とした東アジアの世界はよく知っているし、欧米やヨーロッパのこともよく知っている。ただ、中東イスラム世界のことは、世界史的に重要な地域だったのに、あまり知らない。私たちは知らない世界の価値観というのをしっかりと勉強する必要がある、とおっしゃっていて。まさにそうだなと思って勉強を始めました。

――実際に勉強をして、どういう印象を受けましたか?

小笠原 オスマン帝国の歴史を紐解くことは、即ち世界史を紐解くことだ、と言ったら少し大風呂敷を広げすぎと言われるかもしれませんが(笑)、個人的にはそれぐらい言ってもいいと思うほど、魅力的な研究対象です。やはり長く続いたということと、一時期は世界の中心ともいえる存在でしたし、世界と密接につながっている歴史を持った国だと感じます。

■トルコ人と日本人が似ている点

――オスマン・トルコは、学生時代の世界史の授業の印象しかなかったのですが、たしかに歴史が長いですものね。

小笠原 正直、最初の頃は今のトルコにそこまで興味はなかったのですが、博士課程の最初の頃に留学したら、トルコの持つ風土や国民性にすっかり魅了されましたね。

――小笠原先生がそういうくだけた理由を話してくださると、こちらもより興味が湧いてきます(笑)。

小笠原 (笑)。オスマン帝国だけではなく、トルコという国もすごく面白いですね。

――具体的に言うと、どういうところが魅力的なんですか?

小笠原 僕個人の感覚ですけど、“人が面白いな”と思います。どこの国もそうだと思うのですが、なかには悪い人もいるので、ニュアンスは難しいのですけど……(笑)、日本人とちょっと雰囲気が似ているのか、僕が知り合った方、友達になったトルコの人々は、幸運なことにみんなウマが合うんです。

――それはとても興味深いですね。

小笠原 信仰上はイスラム教徒が多いんですけど、イスラム教徒じゃなければ、文化も違う僕のような日本人に対しても慮(おもんぱか)ってくれる。ここからは、オスマン帝国史の大家である永田雄三先生の受け売りを一部含んでいるのですが、たとえばアラブ人は生まれついてのイスラム教徒、という気がするんです。というのも、イスラムにとってアラビア語というのはなくてはならないものですが、彼らはアラビア語のネイティブスピーカーだということもあり、自身がイスラム教徒であることを疑っていないような印象を受けます。

いっぽうトルコ人は、アラビア語をそこまで上手に使えるわけでは無い。それもあって、心のどこかで、イスラムに染まりきっていないメンタリティがあるように思います。そういう一歩引いた感じが、付き合いやすさにつながっているのかなと思います。

――その説明はわかりやすいですね。トルコというと、個人的にはアイスの印象しかないのですが、食事はどうですか?

小笠原 そうですね。フランス料理、中華料理と並んで、世界3大料理のひとつに挙げられることもありますが、日本人が食べてもおいしいのは間違いないと思います。トルコアイスのほかには、日本だとドネルケバブも有名ですね。

――今回のこの本を読んで、オスマン帝国にも興味が湧いたのはもちろん、お話を伺って、トルコにも興味が湧いてきました。

小笠原 でも、観光客からぼったくろうという悪い人ももちろんいますので、旅行される際は十分に気をつけてください(苦笑)。

▲イスタンブールの街並み 出典:Luciano Mortula / PIXTA

■この本から日本が学ぶべきこと

――この本の話に戻しますと、現代とは価値観も道徳も全く異なる昔の話を書くことについて、事実だとしても気を遣ったところなどはありますか?

小笠原 そうですね。まず書き方なんですが、ハレムの制度についての話ばかりだと、読者は飽きてしまうだろうな、という懸念がありました。そこで、制度的な説明が長くなりそうなところには、あえて人間ドラマを入れてみるなどの工夫をしました。史実をしっかり伝えるには、読み手にとってのハードルをいかに下げるか、ということに気を使いましたね。

――なるほど、まさに僕も読んでそういう感想を受けました。

小笠原 そして、先ほどのお話にも出た倫理や道徳の話ですが、やはり実際にあったことだとしても、奴隷制度や人身売買などについて書くところは表現に気を使いました。過度に過去を礼賛すると、そういう目を背けたくなるような事実すらも“素晴らしい”と受け取ってしまう方もいるかもしれない。ですから、現代とルールが全く違うところに関しては書き方に気をつけましたし、“現在と過去は別物”ということは記したつもりです。

――同じくハレムを舞台にした篠原千絵先生による人気漫画『夢の雫、黄金の鳥籠』についても、この本の紹介で書かれていますね。

小笠原 はい。ずっと読ませていただいていて、大学の生協で毎回注文していたのですが、最近は注文せずとも取り置いてくださるようになりました(笑)。先日、篠原先生と対談させていただく機会がありまして、サインをいただきまして……すごく感激でした、役得ですね(笑)。作品自体も、ハレムという限定された濃厚な人間関係をとても上手に描かれてまして、私が読んでもすごく勉強されているな、というのがわかる作品です。少しでもハレムに興味を持った方はぜひ読んでいただきたいですね。

――ありがとうございます、最後にですが、この本を読んで、現代の日本人が学ぶべきこと、見習ったほうがいいんじゃないかということがあればお教えください。

小笠原 この本の結論部分でも書かせていただいたんですが、やはり男性だけで家系を継承していくのは非常に困難なことだという事実を受け止めることですね。オスマン帝国のハレムの場合は君主制ですが、それは一般家庭においても同じですよね。無理にでも継続させていくために、一夫多妻とか宦官とか、そういう制度を使っていくわけですが、当然のことながら現在の倫理観からは認められない。なので現在の君主制においては、時代に適した新しい形というのを模索していく必要があるのではないか、ということですかね。

――日本でも常に議論されている、女系天皇とかも当てはまるでしょうか。

小笠原 非常に難しい問題ですが、イギリス王室を研究されている君塚直隆先生によると、イギリス王室も現在そういう面で非常に苦労されていると聞きます。どこの国も昔の君主制を踏襲しようとすると、どこかで無理が生まれてくる。もちろん、歴史を慮るということはとても大事ですが、柔軟に考えていく必要があると思います。

――たしかに、過去の事例を参照することで、よりよい未来につなげていけたら素晴らしいですよね。最後に、今後のご予定についてお聞かせください。

小笠原 このハレムの研究と並行しておこなっているのが、オスマン帝国の滅亡と、トルコ共和国の建国をめぐる歴史です。実は今年2022年がオスマン帝国滅亡100年にあたり、来年がトルコ共和国建国100年にあたります。そういうこともあって、いまトルコ建国の父であるムスタファ・ケマル・アタテュルクについて書いているので、来年それを出版できればいいなと思ってます。

――楽しみにしています。書籍の最後のほうに、ちょうど執筆中にお子さんが生まれたということを書かれていて、次世代に対して“こういう制度を持った国があったんだよ”と教えていく意味合いもあるのかな、と勝手にジーンとしました。

小笠原 ありがとうございます。執筆中、オスマン帝国における王子の待遇や処遇のツラさに触れていたので、子どもを抱きつつ、「オスマン帝国の王子に生まれなくて良かったね」と言いながらあやしていました(笑)。

■プロフィール

小笠原 弘幸(おがさわら・ひろゆき)

1974年、北海道生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。2013年から九州大学大学院人文科学研究院イスラム文明史学講座准教授。専門はオスマン帝国史およびトルコ共和国史。主な著書に『イスラーム世界における王朝起源論の生成と変容』(刀水書房)、『オスマン帝国』(中公新書、樫山純三賞受賞)、『オスマン帝国英傑列伝』(幻冬舎新書)、編著に『トルコ共和国 国民の創成とその変容』(九州大学出版会)など。

関連記事(外部サイト)