信長・秀吉・家康…天下を取った男たちの身の毛もよだつ処刑法

夏といえば怖い話。ここでは怪談話とはちょっと違う、現実にあった戦国時代の「こわい」話を紹介します。ホトトギスの例えでも有名な戦国時代を代表とする3人、と言えば知らない人はいないでしょう。大河ドラマでもおなじみ信長・秀吉・家康にまつわる「こわい」話を、歴史作家の濱田浩一郎氏に聞きました。

■信長の残酷行為は当時の人々のトラウマに

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康は、戦国三英傑として、現代の人々にも人気を博しています。「この3人の中で、誰が最も残酷か?」との質問には、多くの人が「織田信長!」と答えるのではないでしょうか。

比叡山延暦寺の焼き討ち、一向一揆の弾圧……そういった信長の所業は、日本史の教科書にも特筆されていますし、現代の時代劇においても何度も描かれてきたからです。確かに信長が、多くの人々を殺めてきたのは事実です。元亀2年(1571)9月には、浅井・朝倉氏に与する比叡山延暦寺を焼き討ち。「根本中堂・山王二十一社、一堂一宇余さず焼き払われた」と信長の一代記『信長公記』(著者は信長の家臣・太田牛一)にはあります。

それだけでなく、山の下にいた老若男女「僧俗・児童・学僧・上人」を捕らえて、首を刎ねたのです。「悪僧は首を刎ねられても仕方ありませんが、私どもはお許しください」と命乞いする女性や小童までをも、信長は許さず、首を落としていったのでした。数千の死体が辺りに散乱していたと言います。

また、謀反を起こした荒木村重一族の処刑も凄惨なものでした。寺に大きな牢屋を拵え、そこに30人ほどの女子を入れ、家臣の屋敷の牢屋にも荒木一族の者を押し込めていましたが、信長は「武将の妻子を選び、磔にせよ」と命じるのです。天正7年(1579)12月13日、120人の婦女子が尼崎の近くで処刑されました。幼子は母親に抱かせたまま、引き上げられて、磔にかけ、銃殺されたのです。

また、槍や長刀で次々と刺殺されていきます。阿鼻叫喚の声が、天にも響くばかりだったと言いますし、その光景を目撃した者は、約1ヶ月は凄惨な光景が目に焼き付いていたそうです。

別の500人は、4つの家に押し込められて、焼き殺されました。周囲に積まれた草に火をつけ、その火によって焼死したのでした。見物人は余りの悲惨さに目を覆い、二度とその様を見ることはできなかったとのこと。私はこうした記述を見るたびに、時代と規模は違いますが、ナチスドイツのヒトラーによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を想起してしまいます。

▲「太平記英雄伝廿七 荒儀摂津守村重」(歌川国芳) 所蔵: 伊丹市立博物館(ウィキメディア・コモンズ)

信長を狙撃した鉄砲の名手・杉谷善住坊にも、悲劇的な最期が待ち受けていました(1573年)。近江国で捕縛された善住坊は、直立のまま土中に埋められ、首を鋸でひかれて処刑されたのです。「上下一同、これ以上の満足はなかった」(『信長公記』)と書かれていますので、特に織田方にとっては、いくら凄惨な処刑でも“大満足”だったのでしょう。

■自分と血縁関係のある姉妹を呼び殺した秀吉

さて、信長の家臣・羽柴(豊臣)秀吉と言えば「太閤様」として、特に大阪では親しまれてきましたし、これまでの多くの時代劇の描かれ方からして、剽軽(ひょうきん)な「良い人」とのイメージがあるかもしれません。

しかし、彼もまた主君と同じような残酷処刑を行っているのです。天正5年(1577)に播磨国の上月城(兵庫県佐用郡佐用町)を攻撃した秀吉。「水の手」を奪ったこともあり、城内の将兵は疲弊。降伏を申し出てきたが、秀吉は拒否。垣を三重に築いたうえで、逃亡を防ぎ、攻撃を仕掛け、ついに城を落とすのです。敵兵の首は悉く刎ねられたと言いますが、それだけではありません。

城内にいた女・子ども200人余りを「播磨・美作・備前の国境」において、処刑したのです。子どもは串刺し、女性は磔という凄惨な方法によって。非戦闘員まで残酷な方法で処刑するということは、そう多くはありません。敵対する毛利方への“見せしめ”の意味もあったのでしょうが、言葉がありません。

▲上月城址 出典:alpha7000 / PIXTA

また、関白になってからの秀吉は、自らの血縁にある者を探し出して殺したりもしたようです。尾張国に住む貧しい農民の姉妹が、自らの血縁にあると知った秀吉は「それ相応の待遇をしよう」と言い、強引に彼女らを都に呼びつけます。

彼女たちは、天下人からの誘いに喜んだのでしょう、幾人かの身内を連れて京都に上っていく。ところが、 その女性たちは京都に着くやいなや、すぐに捕縛されて、斬首されてしまったのです(ルイス・フロイス『日本史』)。秀吉は自分の出自が貧しく「賤しい」ことを打ち消そうとしたとも言われますが、こうした話の数々を見ていくと、秀吉もまた残忍な人物だったことがわかります。  

■家臣を生き埋めにして首を切らせた家康

徳川家康。「戦国三英傑」のなかで、一番残虐ではないように思います。家康は確かに、信長のように大寺院を焼き討ちしたり、婦女子を殺害したりはしていません。また、秀吉のように、卑怯な方法で民間人を処刑したりはしていないと思います。しかし、それでも謀反を起こそうとした大賀(大岡)弥四郎を残忍な方法で処刑しています(1575年頃か)。捕縛された弥四郎は、自分の妻子が磔になっている様をまず見せつけられました。

浜松を引き回され、岡崎に戻されたあとは、牢に入ります。岡崎の街の辻には、穴が掘られていました。そこに弥四郎を埋めるためです。土中に埋められた弥四郎は、指を十本切られ、切られた指を見せられる。続いて、足の筋を切られ、逃げられないようにしたうえで、顔だけ出して、体を土中に埋められたのです。そして、竹の鋸もしくは鉄の鋸で、弥四郎の首を通行人にひかせたのでした。一日のうちに弥四郎は死亡したと言います。

▲徳川家康肖像画(狩野探幽) 出典:ウィキメディア・コモンズ

 大坂冬の陣(1614年)においても、家康は捕縛したスパイのような男の「手足の指を全て切れ。そして、額には(豊臣)秀頼との文字を烙印し、大坂城中に返せ。見せしめとせよ」と命じています。処刑こそされていませんが、手足の指を全て切るというのは、なかなか残酷です。

■戦国武将は「野蛮」だったのか?

「戦国三英傑」の処刑法の一端を見てきましたが、このような処刑法を見て「昔の人は野蛮だったんだな」と思うことは当たりません。

明智光秀が波多野氏が籠る丹波八上城(兵庫県篠山市)を攻略したときは、城兵は切り殺されましたが、非戦闘員までは処刑されていません。信長が美濃岩村城を攻めたときも、城主は磔になっていますが、無関係な女・子どもまでは殺されてはいません。非戦闘員まで大量に処刑される事例は、そうそうないように思われます。

敵方に恨みなどをもっている武将にとっては、憎い者を成敗してせいせいしたと思う場合もあったでしょう。しかし、あの信長であっても、何も好き好んで、荒木一族の女性たちを成敗したのではなく、彼女らを不憫に思っていたこと、成敗の目的として、背いた荒木村重を懲らしめる意味合いがあったこと(『信長公記』)も併せて記しておく必要があるでしょう(秀吉の考えについてはわかりませんが、私は秀吉は信長よりもかなり残酷な性格だったように感じます)。

そうした意味において、武将(武士)と庶民の虐殺に対する受け止め方にも、それほど大きな差があったようにも思われません。

そして、現代でも世界中を見渡せば、残虐な方法で殺害され、命を奪われている人々が大量にいるという現実があります。ウクライナ戦争が始まった2022年だからこそ、そのことを深く考えたくなります。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?