電子書店「honto」の書店員が100文字でプライベートで買った本を紹介

リアル書店には書店員さんがいます。そして、電子書店にも“顔が見えない”書店員さんがいます。なかなか実態が見えない電子書店の“中の人”に、アレコレ聞いてみる『教えて!電子書店の“中の人”』。今回は、ハイブリッド型総合書店「honto」の宮崎さんと鈴木さんにインタビューしました。

▲ハイブリッド型総合書店honto

■書店員のガチプライベート本棚を公開しました

――自己紹介からお願いします。

宮崎 宮崎と申します。一昨年の11月に入社をして、今はhontoで小説とライトノベルとビジネスのジャンルを担当してます。前職は出版社で出張営業で、全国の書店さんを回っていました。編集業務にも携わっていたので、そのときは初心者向けのビジネス書などを担当していました。

▲hontoの宮崎さん

鈴木 鈴木と申します。私は去年の5月に入社したばかりで、ちょうど1年経ったところなんです。前職は、リアル書店で書店員をしておりました。福岡の書店と、東京の書店の立ち上げをやらせていただいて、店頭にも立っていたという感じですね。今はhontoで実用書を担当しております。

▲hontoの鈴木さん

――それではhontoの紹介をお願いします。

宮崎 「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店を連携させた総合書店です。2012年5月にサービスを開始し、2022年5月でサービス開始から10周年を迎えました。

――10周年おめでとうございます!

宮崎 ありがとうございます。

――サイトでは10周年を記念して、特設ページが作られていましたよね。そのなかで「書店員のガチプライベート本棚」というページを拝見しまして、もしかして今日のお二人なのかなと思っていたんですが……。

honto - 書店員のガチプライベート本棚 hontoの電子書籍売り場担当者たちが自分の本棚にある作品を大公開!:電子書籍( https://honto.jp/cp/ebook/2020/bookstore-clerk-bookshelf.html )

宮崎 私の本棚が「小説・ラノベ・ビジネス担当」です。

鈴木 私の本棚が「実用書担当」です。

――担当ジャンル以外もラインナップされているところに、“ガチ”さを感じます。

宮崎 この企画は、以前から公開していたんですが、コメントは100文字制限なんです。思いを伝えるには100文字って意外と少ないので、今回は10周年ということもあり、長めにコメントしているスペシャルバージョンの『この10年で出会った私の○○な5冊』も公開しています。

――ちょっと勇気が入りますよね、自分の本棚を見せるって。

宮崎 そうなんですよね。

――人となりが知れちゃう気がします。それだからこそ、逆に今回のインタビューのように、普段は姿が見えない“中の人”の血肉がわかるというか、どんな人が運営してるのかがわかる企画ですね。

宮崎 以前にインタビューしてもらった井上も書いてるので。

――もちろん「BL担当」ですよね?

宮崎 「BL担当」です。

――やはり! 愛がにじみ出ていますね。

ハイブリッド型総合書店hontoに誕生したBL沼「すわんぷ」を潜ってみた | 教えて!電子書店の“中の人” | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1056 )

■「通販・電子書籍・リアル書店」の3チャネル

――書店の特徴やアピールポイント、他書店との違いなどを教えてください。

宮崎 hontoは、通販と電子書籍とリアル書店の3チャネルがあるということで、共通IDによりリアルとネットの利用情報を一元管理して、ポイントが貯まる・使える「hontoポイント」や、購買・蔵書管理ができる「My本棚」が非常に強いメリットかと思います。

例えば、電子を買ったときに貯まったポイントで紙の本を買えること。また、紙で買っても、通販で買っても、電子で買っても、一つの本棚で一元管理できます。この機能はお客様の利便性が非常に高いんじゃないかなと思っています。またBL専門フロアの「すわんぷ」なども、他の書店には無い特徴かなと思います。

――hontoさんのユーザーは、ビジネスマン・中高年くらいの年齢層で、特に男性が強いイメージがあるんですが、このBL専門の「すわんぷ」を作ったことで、客層に変化はありましたか?

宮崎 どうですかね。実際、女性の方がお客様としては多いんです。だいたい40~50代あたりの女性が一番の顧客層になってまして、他の書店よりは年齢層が高めですね。「すわんぷ」も、honto10周年のタイミングで2年目だったんですが、この2年でかなり訪問してくださる方が増えたのは数字に出ていているので、私たちもすごく喜ばしいなと思ってます。

――紙も電子も利用するユーザーとしては、「読割50(よみわりごじゅう)」のサービスがすごく助かってます。〔hontoポイントサービス実施店、または通販で、対象の紙の本を購入してから5年間、同一タイトルの電子書籍が50%OFFで購入できるサービス〕 紙書籍と電子書籍で、同じタイトルを買うことが多いので、お得に購入できて、本棚の管理も一緒にできるのがうれしいです。

honto - 『読割50』で紙の本を買ったら電子書籍がおトクに( https://honto.jp/service/yomiwari50.html )

宮崎 逆にお聞きしたいんですが、読むのは電子書籍ですか?

――好きなタイミングで、繰り返し読むのは電子書籍です。紙書籍は保管用、コレクションに近いですね。あと「honto with」も、頻繁に利用させていただいてます。

honto with - 「丸善」「ジュンク堂」「文教堂」の在庫が検索できるアプリ( https://honto.jp/store/hontowith.html )

宮崎 私の地元は、丸善もジュンク堂もちょっと遠いところにあるので、あまり使えないのですが、できるだけ丸善・ジュンク堂で買おうと思って「honto with」で探して、ないときに地元の書店に行って、と使い分けています。

――取り置きがしやすいのも魅力ですよね。私は移動の隙間などでさっと買いたいので、「honto with」で取り置きをしておいて、書店内で迷うことも、レジで並ぶこともなく、すぐに購入できて助かっています。

宮崎 本棚と言えば、「シークレット本棚」という機能もつきました。購入したけど隠しておきたい、いつもの本棚に入れたくないタイトルを、非表示にすることができます。

■入社してから私の意識も変わったことが面白い

――書店員として「面白さ」を感じるのは、どんなときでしょうか?

宮崎 文学賞の受賞作が、受賞直後からすぐ動き始めるところは電子書店ならでは、と感じています。リアル書店で買うとなると、受賞作が決まってから本屋さんに寄って、仕事終わりに買うと思うんですけど、電子の場合だと、受賞作が決まった直後から売れていくので、やっぱり電子には、リアルタイム感がすごくあるなと思います。

――電子書店だと、すぐに芥川賞などの企画棚ができるじゃないですか。書店員の方もじりじりと備えてたりするんですか?

宮崎 そうですね。芥川賞・直木賞だと、だいたい夕方ぐらいに決まるので、そのぐらいの時間は、パソコンの横に携帯を置いてチェックしたりしています。

――私はSNSで見るより先に、電子書店の棚で受賞作の確認をしたりしてます。

宮崎 ありがとうございます。それに、プレゼント施策やクーポン施策などを実施すると、短期間で数百人、数千人が応募したり、使ってくれたりするので、それはリアル書店でもなかなか味わえない経験だと思います。

――「読書一生分キャンペーン」とかですか?

宮崎 そういった全体的なものよりも、版元さんとの打ち合わせで、著者の本を購入した方にサイン本をプレゼントするとか、BLジャンルだと色校のプレゼントとかですね。そういった施策がバッチリはまったときは、売上も上がります。リアル書店さんもサイン本販売はやっていると思うんですが、プレゼント企画はあまりないと思うので。

――特典画像をデータでプレゼント、などはできても、実物のプレゼントに対応できる電子書店は少ないですしね。

宮崎 hontoは通販があるので、配送や発送が他の書店より運用しやすいというのはありますね。

――なるほど。そこがまたハイブリッド書店の強みとなるんですね。鈴木さんが面白さを感じるときは?。

鈴木 まとめ買いなど、かなりの数の複数冊購入があるところです。リアル書店にいたとき、コミック全巻買いはよくあったんですが、実用書は、紙だとあまりまとめ買いされるジャンルではないんです。コミックに比べると単価も高めですし。

でも電子だと、スマホで持ち歩けて、hontoの毎月のセールのように紙より少しオトクに買えることもあるので、刊行から年数の経過した実用書でも、多くの方に購入していただけるのがうれしいです。 私自身も入社してから、hontoでレシピ本のまとめ買いをよくしています。私の意識も変わったことも面白いところですね。

――わかります。オトクになってるから、ストレスなくどんどん購入ボタンを押せますよね。

鈴木 人それぞれ、紙で持っておきたい本と、電子だけでいい本があると思うんです。実用書は比較的、電子だけでいいって思ってる方も多いのかなと感じてます。

■電子書店員ならではの悩み「お客様の顔が見えない」

――逆に、苦労や悩みはありますか?

宮崎 井上(第4回インタビューの「honto」BL担当)のインタビューを見返してみると、「読者の顔が(電子書店でも)見える」と書いてあったので気まずいんですが、読者の「顔」が見えないところですね。

――きっと井上さんは特殊能力を使われてるんですよ。

宮崎 経験が足りないなと思うところではあるんですけど(笑)。リアル書店だと、その本やフェア棚の前で、立ち止まって見ているのかどうかわかりますよね。電子だと、数字やデータで「こうなんだろうな」という推測はできるんです。ですが、実際どういうふうに迷われてるのか、はたまた見つけてもらえていないのかというのは、なかなか推し量りかねるところがあって。改善策へのテンポが遅れるのが悩みですね。

――お客様の顔がなかなか見えない、というのは他の電子書店員の方もおっしゃいますね。

宮崎 だからSNS、Twitterなどで反応を見てますね。

――電子書店ならではの悩みですね。鈴木さんはどうでしょう。

鈴木 電子だと在庫が無限にあるのに対して、お客様の視野はスマホやタブレットの画面のみ、という点です。画面もファーストビューは1行くらいしかない。実際に働くまでは「在庫管理がないから、いくらでも売るぞ!」みたいな気持ちでしたが、やっぱり実店舗以上にお客様の視野が狭くなる。

お客様に何を売りたくて、何を今売るべきかというのを考えて、画面の配置もしないといけないなと思ってます。多すぎてもページの下のほうは見きれない、でも出したい商品は無限にあるんです。フェアを1つ組むにしても、今まで以上に考える必要があるなと思います。

――リアル書店だと、なんとなくフラフラ回遊しちゃうから、自分の目当てじゃないジャンルにも目がいったりしますけど。電子書籍は欲しいものを検索して見つけるのはすごく簡単だけど、もしかしたら興味があるかも的な本を見つけるのは、なかなか難しいかもしれませんね。

■最近は「地政学」関連書籍の動きが良い

――hontoさんならではの販促キャンペーンなどをお伺いできますか?

宮崎 去年ぐらいからなんですけど、毎月〇〇セールという形で月替わりにテーマを変えて、出版社横断のセールをしています。1回やると何千~1万冊ほどが対象になってくるんですが、そういった大規模な独自セールを行っているのは、hontoぐらいかなと思います。

――独自セールはやってるし、出版社から提案されるセールもやってるし、毎日がセールって感じですね。この前も「読書一生分」のポイントが当たるキャンペーンに参加させていただきました。

宮崎 ありがとうございます。たぶん、年間の数ある施策のなかでも、一番認知度が上がるオリジナルキャンペーンだと思います。

――hontoならではの売れてる本や、売れているジャンルはなんでしょう?

宮崎 自分の担当ジャンルで言うと、ミステリーSF小説や新書は企画を組むと売れて、ライトノベルはよくまとめ買いをしていただいてます。ライトノベルはコミックと同じで続き物が多いのですが、hontoの会員さんは1巻目無料よりも、セットが割引になっているほうが食いつきがいいような気がしています。かなり高額になりますが、まとめて買われる方が結構いらっしゃるんですよね。うちならではというか、電子ならではかなと思います。

――例で上げていただいたのが、『13歳からの地政学』ですね。

▲13歳からの地政学(東洋経済新報社:刊)

宮崎 最近の事例では、地政学関連書籍の動きが良いので、この状況下でできることはないかと出版社の方と話をして、「今こそ世界を知る」というテーマで施策を行いました。

――たしかに、このタイトルは売れている印象があります。私も、そういうキャッチコピーが気になってクリックしたら、そのジャンルのタイトルが集まっていて、たくさんカートに入れた覚えがあります。

■「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」

――これから一番取り組んでいること、これから取り組みたいことをお伺いできますか。

宮崎 ライトノベルのファンを増やすことと、ジャンルの強化ですね。巻数の多いシリーズもたくさんあるので、まずは1巻目を手にとってもらえるような仕組みづくりや、きちんとリコメンドしたものを買ってもらえるような信頼づくりをしていきたいと思っています。施策にもいろいろ挑戦したいですね。

――小説のランキング見ると、ライトノベルがほぼ占めてる印象はありますが。

宮崎 そうですね。ただ、もうちょっとhontoで買う理由みたいなものが必要なんじゃないかなと思っています。

――施策というと、プレゼント施策とかですか?

宮崎 そうですね。出版社の方と一緒にやっていけたらいいなと思います。さっきの実物プレゼントの施策もそうですけど、hontoだからできることがあると思うんです。そういったところで出版社の方と、できれば密にお話して、いろんな企画が実現できればいいなと思っています。

――では最後に、電子書籍の今後について伺いたいと思います。

宮崎 コロナ禍で電子書籍の利便性に気付いた方も多くいらっしゃると思います。電子書籍は、ずっと伸びてきている印象をお持ちの方が多いかと思うんですが、僕自身はまだまだ広がっていない印象があります。電子書籍を食わず嫌いでいる方にも、共食いじゃなくて共存できるんだよっていうところを、なんとか伝えていきたいと思っています。

hontoでは「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供することを目指しているので、好きな作家の小説は紙で買って、すき間時間で読みたいライトノベルやコミックは電子で買うなど、ご自身のライフスタイルに合わせて使い分けてもらうことで、電子書籍だけでなく出版業界全体の活性化につなげていきたいと考えています。

――通販もリアル書店も電子もやっているhontoさんに、ぜひ紙と電子の共存を牽引していただきたいです。ありがとうございました!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?